食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2018-07-09

[]質の高い料理に科学を持ち込む

Bringing science to high-quality cuisine

06/07/2018

http://www.fao.org/fao-who-codexalimentarius/news-and-events/news-details/en/c/1144266/

有名シェフがWHOの食品安全のための5つの鍵について披露

ミシュラン三つ星シェフのHeinz Beckがコーデックスのメンバーとオブザーバーに安全で美味しい料理のための彼の手法について紹介する。Beckは食品衛生の重要性を強調。

手や表面やユニフォームはいつでもきれいにして生肉は他の食品とは分けて、食品はしっかり加熱する、野菜や果物は冷蔵して使う前に水で洗う。

[]靴と服:消費者は皮膚のアレルギーと刺激リスクからもっと守られる必要がある

Footwear and textile clothing: consumers need better protection from the risks of skin allergies and irritation

04/07/2018

https://www.anses.fr/en/content/footwear-and-textile-clothing-consumers-need-better-protection-risks-skin-allergies-and

衣服や靴に関連する皮膚のアレルギーや刺激は定期的に報告がある。ANSESは本日こうした場合の原因である可能性のある化合物についての専門家の評価結果を発表した。さらにANSESはこうしたアレルギーや刺激から消費者をより良く守るための助言も発表した。

皮膚症状に関係する可能性のあるものとしてベンジジン、6価クロム、ニッケル、4-tert-ブチルフェノールホルムアルデヒド樹脂、アゾ色素を同定。助言としてはクロムやニッケルの規制値を設定する、など。

[]研究:目を見張るような、だが間違っている?

Research: Spectacular but wrong?

03.07.2018

https://www.bfr.bund.de/en/press_information/2018/23/research__spectacular_but_wrong_-204842.html

試験管内での「低温」核融合、免疫系をコントロールする「極めて強力な」ホメオパシー物質、遺伝子にヒ素を含む「宇宙から来た細菌」−これらは目を見張るようなものだがおそらく間違っているという共通点がある。これらの結果は第三者が再現できなかった。自然科学にとっては再現性が非常に重要であるにも関わらず。現在特に議論が盛んなのは、「再現性の危機」がささやかれている神経科学のトピックである。今度ベルリンに神経科学者が集まってこの危機を脱する方法について議論する。「科学的結果への信頼性を強化するには、プロセスが信頼できて透明で包括的でなけらばならない」とシンポジウムを共催したBfR長官は言う

2018年7月6日、欧州最大の神経科学会FENS Forum of Neuroscienceにて。

(ホメオパシーは日本では話題にならなかったのでSTAP細胞かな)

[]ニュースレター

NTP Update July 2018

https://ntp.niehs.nih.gov/update/index.html

戦略的再編成としてのNTPトランスレーショナルトキシコロジーパイプライン計画

「化学物質についての公衆衛生上の決定のために情報を提供するには我々は現在の問題への答えが必要である」

科学理事会で人工芝のゴムチップ、携帯電話の電磁波、BPAについての情報更新

動物実験を減らす計画について公聴会

  • 毒性試験に関係するJ:DOマウスの基本性質について

Abstract for RR-06

Baseline Characteristics of Diversity Outbred (J:DO) Mice Relevant to Toxicology Studies

June 2018

https://ntp.niehs.nih.gov/results/pubs/rr/reports/abstracts/rr06/index.html

DOマウスは近交系129S1/SvImJ, A/J, C57BL/6J, CAST/EiJ, NOD/ShiLtJ, NZO/HlLtJ, PWK/PhJ,および WSB/EiJの交配により作られたもので、ヒト集団の多様性への考察に使う目的。

[]法神経学:新興神経学的技術の法的意味を探る:ワークショップの概要

Neuroforensics: Exploring the Legal Implications of Emerging Neurotechnologies: Proceedings of a Workshop

July 6, 2018

http://nationalacademies.org/hmd/reports/2018/neuroforensics-exploring-the-legal-implications-of-emerging-neurotechnologies-proceedings.aspx

特にニューロイメージングについて。

[HK] 違反警告

  • 法令違反サンプル結果。エンツァイのサンプルに基準値超過の農薬が検出された

Excessive pesticide residues found in water spinach sample

Friday, June 29, 2018

http://www.cfs.gov.hk/english/unsat_samples/20180629_6993.html

食品安全センターが検査したところ、エンツァイのサンプルにおいて、メタミドホスが最大基準値0.05ppmのところ、0.21ppm検出された。

  • 法令違反サンプル結果。箱入りクッキーが栄養表示規則に違反している

Boxed cookies not in compliance with nutrition label rules

Wednesday, July 4, 2018

http://www.cfs.gov.hk/english/unsat_samples/20180704_7001.html

食品安全センターが検査したところ、香港のFortune Cookies Limitedの「Chef Nic's Cookies (甜酸苦辣)」において、砂糖が100gあたり3gという申告のところ、100gあたり17.6gであった。

  • 法令違反サンプル結果。きゅうりのサンプルに基準値超過の農薬が検出された

Excessive pesticide residues found in cucumber sample

Thursday, July 5, 2018

http://www.cfs.gov.hk/english/unsat_samples/20180705_7002.html

食品安全センターが検査したところ、きゅうりのサンプルにおいて、ピメトロジンが最大基準値0.1ppmのところ、0.5ppm検出された。

  • 法令違反サンプル結果。キャベツのサンプルに基準値超過の農薬が検出された

Pesticide residue exceeds legal limit in Cabbage sample

Wednesday, June 27, 2018

http://www.cfs.gov.hk/english/unsat_samples/20180627_6984.html

食品安全センターが検査したところ、キャベツのサンプルにおいて、メタミドホスが最大基準値0.05ppmのところ、0.12ppm検出された。

  • リコール。イタリア産アンチョビ2種がヒスタミンに汚染されているので、消費しないよう注意喚起

Stop consuming two kinds of prepackaged anchovy fillets detected with histamine

25.6.2018

http://www.cfs.gov.hk/english/whatsnew/whatsnew_fa/2018_337.html

イタリア産アンチョビのサンプルからヒスタミンが100gあたり220mg及び260mg検出された。

  • リコール。米国から台湾へ輸入された「KRAFTKRAFT 卡夫經典烤肉醬 (1R524300 KRAFT ORIGINAL BARBECUE SAUCE)」が台湾の基準を満たさない値の防腐剤であるソルビン酸が検出された。

The authority of Taiwan – Recall of 「KRAFTKRAFT 卡夫經典烤肉醬 (1R524300 KRAFT ORIGINAL BARBECUE SAUCE)」imported from the U.S. to Taiwan was found to contain a preservative, sorbic acid, at a level which is not complying with the Taiwan standard.

19 June 2018

http://www.cfs.gov.hk/english/rc/subject/files/20180619_4.pdf

  • リコール。米国から台湾へ輸入された「卡夫烤肉醬(210000522800 18Z KR ORIG BBQ 12)」が台湾の基準を満たさない値の防腐剤であるソルビン酸が検出された。

The authority of Taiwan – Recall of 「卡夫烤肉醬(210000522800 18Z KR ORIG BBQ 12)」imported from the U.S. to Taiwan was found to contain a preservative, sorbic acid, at a level which is not complying with the Taiwan standard.

19 June 2018

http://www.cfs.gov.hk/english/rc/subject/files/20180619_3.pdf

  • 香采のサンプルに基準値超過の農薬が検出された

Excessive pesticide residues found in a Chinese parsley sample

Tuesday, June 19, 2018

http://www.cfs.gov.hk/english/unsat_samples/20180619_6974.html

食品安全センターが検査したところ、香采のサンプルにおいて、ビフェントリンが最大基準値0.05ppmのところ、0.34ppm検出された。

  • アイスクリームが香港食品薬品成分及び表示規則に違反している

Prepackaged ice cream not in compliance with Food and Drugs (Composition and Labelling) Regulations

Thursday, June 14, 2018

http://www.cfs.gov.hk/english/unsat_samples/20180614_6969.html

食品安全センターが検査したところ、Magnumブランドの英国産アイスクリーム「Magnum Classic Ice Cream Bar」「Magnum Almond Ice Cream Bar」「Magnum Honeycomb Ice Cream Bar」において、乳脂肪以外の乳固形分がそれぞれ6.5%、6.4%及び5.7%であった。

  • トマトのサンプルに基準値超過の農薬が検出された

Pesticide residue exceeds legal limit in Tomato sample

Tuesday, Jun 5, 2018

http://www.cfs.gov.hk/english/unsat_samples/20180605_6952.html

食品安全センターが検査したところ、とまとのサンプルにおいて、アセタミプリドが最大基準値0.2ppmのところ、0.39ppm検出された。

  • ほうれん草2つのサンプルに基準値超過の農薬が検出された

Excessive pesticide residues found in two Spinach samples

Friday, June 8, 2018

http://www.cfs.gov.hk/english/unsat_samples/20180517_6921.html

食品安全センターが検査したところ、ほうれん草2サンプルにおいて、クロルピリホスが最大基準値0.1ppmのところ、それぞれ0.41ppm及び0.2ppm検出された。

  • ニラのサンプルに基準値超過の農薬が検出された

Excessive pesticide residues found in a Chinese chives sample

June 11, 2018

http://www.cfs.gov.hk/english/unsat_samples/20180611_6963.html

食品安全センターが検査したところ、ニラにおいて、エンドスルファンが最大基準値0.1ppmのところ、0.19ppm検出された。

  • ボトル入り食用油が栄養表示規則に違反している

Bottled edible oil not in compliance with nutrition label rules

Tuesday, June 12, 2018

http://www.cfs.gov.hk/english/unsat_samples/20180612_6966.html

  • 食品安全センターが検査したところ、Colavitaブランドのイタリア産食用油「Colavitaグレープシードオイル(750ml)」において、トランス脂肪0 mg per 100ml申告のところ、0.96g per 100ml検出された。

[MPI] Akaroa Harbourの貝の消費、捕獲をしないよう呼びかける

Do not eat or collect shellfish from Akaroa Harbour

04 Jul 20183

https://www.mpi.govt.nz/news-and-resources/media-releases/do-not-eat-or-collect-shellfish-from-akaroa-harbour/

MPIはカンタベリーのAkaroa Harbour全体で、捕獲した貝の採取や消費をしないよう呼びかける公衆衛生警告を本日発表した。

http://www.mpi.govt.nz/travel-and-recreation/fishing/shellfish-biotoxin-alerts/#map

[]貝のバイオトキシン警告−Pelorus 海峡及びホークスベイ/Gisborne地方

Shellfish biotoxin alert – Pelorus Sound and the Hawke's Bay/Gisborne region

31 May 2018

http://www.mpi.govt.nz/news-and-resources/media-releases/shellfish-biotoxin-alert-pelorus-sound-and-the-hawkes-bay-gisborne-region/

  • MPIはPelorus 海峡及びホークスベイ/Gisborne地方における貝の捕獲に対する公衆衛生警告を延長した。定期検査で麻痺性貝中毒のレベルが安全基準0.8mg/kg以上であった。

http://www.mpi.govt.nz/travel-and-recreation/fishing/shellfish-biotoxin-alerts/#map

http://www.mpi.govt.nz/travel-and-recreation/fishing/shellfish-biotoxin-alerts/#marlborough-sounds-map

[]警告文書

  • Up Inya Gear 6/7/18

June 7, 2018

https://www.fda.gov/ICECI/EnforcementActions/WarningLetters/ucm610604.htm

未承認の医薬品、不正表示の問題。

  • KPC Products Inc 6/20/18

June 20, 2018

https://www.fda.gov/ICECI/EnforcementActions/WarningLetters/ucm612338.htm

未承認の医薬品、ダイエタリーサプリメントのCGMP違反、不純品、不正表示の問題。

  • LNZRO Pizza Empire, Inc. 6/11/18

June 11, 2018

https://www.fda.gov/ICECI/EnforcementActions/WarningLetters/ucm610626.htm

水産食品HACCP、食品CGMP規則違反、不純品、衛生管理の問題。

  • Kaltec Food Packaging Inc. 6/8/18

June 8, 2018

https://www.fda.gov/ICECI/EnforcementActions/WarningLetters/ucm610611.htm

酸性食品、不純品、不正表示の問題。

  • The Health Management Group Inc. 6/6/18

June 6, 2018

https://www.fda.gov/ICECI/EnforcementActions/WarningLetters/ucm610661.htm

未承認の医薬品、ダイエタリーサプリメントのCGMP違反、不純品、不正表示の問題。

  • LiquidCaffeine.com 5/29/18

May 29, 2018

https://www.fda.gov/ICECI/EnforcementActions/WarningLetters/ucm609529.htm

ダイエタリーサプリメントのCGMP違反、不純品の問題。

  • Dual Health Body and Mind 5/29/18

May 29, 2018

https://www.fda.gov/ICECI/EnforcementActions/WarningLetters/ucm609527.htm

ダイエタリーサプリメントのCGMP違反、不純品の問題。

  • Silver Armor, Inc. 5/17/18

May 17, 2018

https://www.fda.gov/ICECI/EnforcementActions/WarningLetters/ucm609437.htm

未承認の医薬品、不正表示、ダイエタリーサプリメントのCGMP違反、未承認の動物新医薬品の問題。

[]安全性警告

  • Herba Banyumas Kapsul Tongkat Ali Power Plus

6 Jun 2018

http://www.hsa.gov.sg/content/hsa/en/Health_Products_Regulation/Safety_Information_and_Product_Recalls/Product_Recalls/2018/herba-banyumas-kapsultongkatalipowerplus.html

検査により、基準値を超えるヒ素が検出されたため、リコール。

  • Herba Banyumas Kapsul Tongkat Ali Super Power Gold

6 Jun 2018

http://www.hsa.gov.sg/content/hsa/en/Health_Products_Regulation/Safety_Information_and_Product_Recalls/Product_Recalls/2018/herba-banyumas-kapsultongkatalisuperpowergold.html

検査により、基準値を超えるヒ素が検出されたため、リコール。

  • HSAは他国で発見された不正な健康製品に関する情報を更新。

HSA UPDATES ON ADULTERATED HEALTH PRODUCTS FOUND IN OTHER COUNTRIES (JAN-FEB 2018)

25 APRIL 2018

http://www.hsa.gov.sg/content/hsa/en/News_Events/HSA_Updates/2018/foreignalertsjanfeb2018.html

ビサコジル、カフェイン、ハイドロキノン、リグノカイン、水銀、オルリスタット、フェノールフタレイン、PDE‐5阻害物質、シブトラミン、トレチノインを含む製品を掲載。製品写真あり。

http://www.hsa.gov.sg/content/dam/HSA/News_and_Events/HSA_Updates/2018/HSAUpdates_Foreign%20Alert%20_2018_Jan_Feb.pdf

[] ファクトシート更新

  • パントテン酸

Pantothenic Acid

Fact Sheet for Consumers

Updated: June 12, 2018

https://ods.od.nih.gov/factsheets/PantothenicAcid-Consumer/

消費者向けファクトシート更新:June 12, 2018

  • パントテン酸

Pantothenic Acid

Fact Sheet for Health Professionals 

Updated: June 12, 2018

https://ods.od.nih.gov/factsheets/PantothenicAcid-HealthProfessional/

医療関係者向けファクトシート更新:June 12, 2018

Table1の乳幼児の値の修正。

  • オメガ-3脂肪酸

Omega-3 Fatty Acids

Fact Sheet for Consumers

Updated: June 8, 2018

https://ods.od.nih.gov/factsheets/Omega3FattyAcids-Consumer/

消費者向けファクトシート更新:June 8, 2018

  • オメガ-3脂肪酸

Omega-3 Fatty Acids

Fact Sheet for Health Professionals 

Updated: June 8, 2018

https://ods.od.nih.gov/factsheets/Omega3FattyAcids-HealthProfessional/

医療関係者向けファクトシート更新:June 8, 2018

ドライアイの疾患に関する項目が追加され、心疾患の項目が更新された。

[]助言:未承認の製品が深刻な健康被害をもたらす可能性がある。

Unauthorized products may pose serious health risks

June 5, 2018

http://healthycanadians.gc.ca/recall-alert-rappel-avis/hc-sc/2018/66890a-eng.php

ヘルスカナダは精力剤や減量のための未承認の健康製品を検査し危険な成分を含んでいることがわかった。ラウオルフィア、ヨヒンビンが検出された。

[]安全性警告

  • One Night Lover錠剤

One Night Lover tablets

28 June 2018

http://www.tga.gov.au/alert/one-night-lover-tablets

TGAの検査により、One Night Lover 錠剤に表示されない成分シルデナフィルが検出された。製品写真あり。濃度の記載なし。

  • Gold Maka 錠剤

Gold Maka tablets

28 June 2018

http://www.tga.gov.au/alert/gold-maka-tablets

TGAの検査により、Gold Maka 錠剤に表示されない成分シルデナフィルが検出された。製品写真あり。濃度の記載なし。

  • Need for Seal 錠剤

Need for Seal tablets

28 June 2018

http://www.tga.gov.au/alert/need-seal-tablets

TGAの検査により、Need for Seal 錠剤に表示されない成分シルデナフィルが検出された。製品写真あり。濃度の記載なし。

  • Platinum - Male Enhancer カプセル

Platinum - Male Enhancer capsules

19 June 2018

http://www.tga.gov.au/alert/platinum-male-enhancer-capsules

TGAの検査により、Platinum - Male Enhancer カプセルに表示されない成分シルデナフィル、サルフォシルデナフィル及びスルホアイルデナフィルが検出された。製品写真あり。濃度の記載なし。

  • Bulbao Male Enhancer錠剤

Bulbao Male Enhancer tablets

19 June 2018

http://www.tga.gov.au/alert/bulbao-male-enhancer-tablets

TGAの検査により、Bulbao Male Enhancer錠剤に表示されない成分シルデナフィルタダラフィル及びヨヒンビンが検出された。製品写真あり。濃度の記載なし。

  • Meltz – Instant Energy For Males錠剤

Meltz – Instant Energy For Males tablets

19 June 2018

http://www.tga.gov.au/alert/meltz-instant-energy-males-tablets

TGAの検査により、Meltz – Instant Energy For Males錠剤に表示されない成分バルデナフィルが検出された。製品写真あり。濃度の記載なし。

[]論文

  • スマートドラッグの使用増加

Natureニュース

Use of ‘smart drugs’ on the rise

05 July 2018 Arran Frood

https://www.nature.com/articles/d41586-018-05599-8

欧州諸国は脳を活性化する効果を求めてリタリンのような興奮薬の使用が最大の増加

これまでで最大規模の研究により、メンタルパフォーマンス向上を期待する薬物の使用が世界中で増加していることがわかった。何万人もの調査で、2017年に過去12か月以内に少なくとも1回刺激剤を使ったと報告したのは14%で、2015年の5%から増加している。

しばしばスマートドラッグと言われる記憶力や集中力を増やすための医学的目的ではない医薬品の使用は調査した15ヶ国すべてで増加している。この調査ではAdderall や RitalinのようなADHD治療薬、睡眠障害治療薬モダフィニル、そしてコカインのような違法興奮剤も含まれる。

International Journal of Drug Policyに発表。

使用率が最大なのは米国で約30%、しかし増加率が最大なのは欧州でフランスは3%から16%、英国は5%から23%。

処方薬の治療目的ではない使用が脳のパフォーマンスを高めるかどうかについては議論が続いている

(この15ヶ国に日本は入っていない)

  • 美味しい食品は脳への影響を介して健康的な食事を促進するかもしれない

Savory foods may promote healthy eating through effects on the brain

6-Jul-2018

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-07/bidm-sfm070618.php

Neuropsychopharmacologyに発表されたうまみ(MSG)による食欲抑制研究。味の素からの研究費助成。

  • 死亡アウトブレイクに関連するアフリカ伝統飲料に毒素ボンクレキン酸の同定

Identification of the potent toxin bongkrekic acid in a traditional African beverage linked to a fatal outbreak.

Falconer TM, et al.,(米国FDAの人たち)

Forensic Sci Int. 2017 Jan;270:e5-e11.

2015年1月、モザンビークの村で葬儀に参加した後、75人が死亡し177人が入院した。死亡はpombeという伝統的飲料摂取に関連する。問題のPombe検体をいろいろ分析し、最終的にLC-MSでボンクレキン酸とイソボンクレキン酸を同定した。定量分析では致死量が検出された。ボンクレキン酸は細菌Burkholderia gladioli pv. Cocovenenansが作る。Pombeからこの細菌は検出されなかったが原料となるトウモロコシ粉からは分離された。この細菌を同じくコーンフラワーから検出されたRhizopus oryzae(クモノスカビ)と一緒にプレートに撒くとボンクレキン酸の相乗的産生が観察された。

  • アロエベラによる急性肝障害:症例報告と文献レビュー

Aloe vera-induced acute liver injury: A case report and literature review.

Parlati L , et al.,

Clin Res Hepatol Gastroenterol. 2017 Sep;41(4):e39-e42.

フランスの68才女性の症例。最近のデータによると肝障害の原因として二番目に多いのがハーブやダイエタリーサプリメント

  • 乳酸菌:そんなに優しくない細菌

Lactobacillus: the not so friendly bacteria.

Pararajasingam A, Uwagwu J.

BMJ Case Rep. 2017 Sep 13;2017

Lactobacillus paracaseiの肝膿瘍と菌血症になった65才の糖尿病患者の症例報告

  • ケニアにおけるアフリカの自然に発酵した乳製品、便中Streptococcus infantarius subsp. Infantarius、直腸結腸腺がん

Investigating the association between African spontaneously fermented dairy products, faecal carriage of Streptococcus infantarius subsp. infantarius and colorectal adenocarcinoma in Kenya.

Kaindi DWM, et al.,

Acta Trop. 2018 Feb;178:10-18.

アフリカの伝統的発酵乳製品(tFDP)は1mLあたり10^8個のStreptococcus infantarius subspecies infantarius (Sii)を摂取する。ケニアの病院で直腸内視鏡検査を行った患者から選んだ病院ベースの調整しない症例対照研究。便中Siiの検出は大腸腫瘍とポリープのある患者で有意に多い(8.4% vs 21.6%: OR: 4.6; CI 1.3–15.9)。tFDP摂取は直腸結腸がんのリスク要因ではないがSiiは関連する

(伝統的発酵食品ががんに関連、というのは「発酵食品万歳」な人たちには都合が悪いだろう。)

  • 母乳に優しく、でもミルクを拒否しない

Breast-Feeding Friendly, but Not Formula Averse.

Lewis J.

Pediatr Ann. 2017 Nov 1;46(11):e402-e408.

母乳は新生児に最適であるが一部の母親には困難で新生児の栄養不良を招くことがあり時に長期にわたって重大な悪影響を及ぼす。適切な時期にミルクの賢明な補充を検討

  • プロバイオティクス治療後の小児科患者の酵母真菌血症

SACCHAROMYCES CEREVISIAE FUNGEMIA IN A PEDIATRIC PATIENT AFTER TREATMENT WITH PROBIOTICS.

Romanio MR, et al.,

Rev Paul Pediatr. 2017 Jul-Sep;35(3):361-364.

1才のダウン症患者、栄養不良で小児ICUに入院していて抗生物質の使用後の下痢があったためプロバイオティクスを使用したところ敗血症ショック

  • Ocimum basilicum(バジル)の健康への影響:薬理学的および毒性学的研究のレビュー

The potential effects of Ocimum basilicum on health: a review of pharmacological and toxicological studies.

Sestili P, et al.,

Expert Opin Drug Metab Toxicol. 2018 Jul;14(7):679-692.

安全上の懸念はアルキルベンゼン類の変異原性と発がん性。食品として料理に使うのは安全だろうがエッセンシャルオイルにはアルキルベンゼン類の上限を設定すべきだろう

  • 脂質低下治療の紅麹による勃起不全の症例

A case of erectile dysfunction induced by red yeast rice in lipid-lowering therapy.

Liu Z, Chen P.

Phytother Res. 2018 May;32(5):953-954.

自分で紅麹を3週間使用していた39才男性の症例報告。使用中止して5週間以内に回復

An (Un)Fortune Cookie: A 2-Year-Old With Altered Mental Status.

Friedman N, et al.,

Pediatr Emerg Care. 2017 Dec;33(12):811-814.

カナダの症例。ナロキソン投与されている。親の友人が車においていったフォーチュンクッキーを食べたらしい

(よくある大麻入りクッキーかな?)

  • タバコの無い世界に向けて前進

The Lancet エディトリアル

Progress towards a tobacco-free world

Volume 392, No. 10141, p1, 7 July 2018

先週世界のタバコ対策の努力が前進した。豪州でプレーン包装への異議申し立てに勝利、FCTCのタバコ製品の違法取引排除計画の発効、中国が列車の喫煙車両を無くす判決、日本の東京で国より厳しい喫煙対策が採択された。

Lancetは2040年までにタバコの無い世界キャンペーンを支持している

  • 中国の減塩

Action on Salt China

Feng J He et al.,

Volume 392, No. 10141, p7–9, 7 July 2018

中国は2017年にAction on Salt Chinaの活動開始

https://www.georgeinstitute.org/projects/action-on-salt-china

その他

  • Nature書評

フリントの水危機:如何にして市民科学者が害のある政治を暴露したか

The Flint water crisis: how citizen scientists exposed poisonous politics

06 July 2018  Mark Peplow

https://www.nature.com/articles/d41586-018-05651-7

Mark Peplowが壊れたパイプとミシガンの約束についての二冊の本を激賞する

Anna Clark著「毒された都市:フリントの水とアメリカの都会の悲劇The Poisoned City: Flint’s Water and the American Urban Tragedy」とMona Hanna-Attisha著「見えていないもの:アメリカの都市の危機と抵抗と希望の物語What the Eyes Don’t See: A Story of Crisis, Resistance, and Hope in an American City」

2014年半ばにLeeAnne Waltersの家族は何ヶ月も健康状態の悪化に悩まされ3才の双子の一人は成長が止まった。2015年1月までにフリントにある彼女の家の水道水は茶色に変色した。彼女が水の入ったボトルを役人に見せたところ、彼らはそれがキッチンの水道水だとは信じなかった。(写真有り)

フリントの水は鉛に汚染されていた。当局は否定し嘘を言ったが科学者と医者と技術者がスキャンダルを暴いた。しかし最終的に潮目を変えたのは重要な水質データを作ったフリントの住人である。この二冊の本はこの危機について記述している。

1960年代からフリントの水はデトロイト上下水局(DWSD)経由でHuron湖から来ていた。しかし水道料金が高く、お金に困った市は自分で給水することにした。2014年4月にDayne Walling市長が切り替え、鉛の水道管から鉛が溶出し始めることになる

(経緯いろいろ略)

フリントの危機を役人のせいだと非難するのは簡単である。しかしどちらの本の著者もより深いところにある要因を指摘する。フリントは典型的なラストベルトの都市である:工場が閉鎖するとともに人口が減った。納税者が減り個人の負担が大きくなった。フリントの水道ネットワークはもっと大きな人口のためにデザインされていたので維持費がかかる。2011年に財政難で「緊急管理者」を置いた。その結果説明されない決定が多数なされ予算削減で環境保護は対応できなくなった。そして最も影響が大きかったのは貧しい地域だった。

(お金がないと健康や環境は守れないというのはどこでも一緒。)

奄美のくろうさぎ奄美のくろうさぎ 2018/07/18 19:10 2015年1月までにフリントにある彼女の家の水道水は茶色に偏食した。→変色
応援

uneyamauneyama 2018/07/19 11:10 ありがとうございます。