食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2018-10-22

[]意見等

  • 香料グループ評価201改訂2 (FGE.201Rev2)に関する科学的意見:FGE.19 の化学サブグループ 1.1.2 の、追加の二重結合がある又はない、2-アルキル、脂肪族、非環式アルファベータ不飽和アルデヒドと前駆体

Scientific Opinion on Flavouring Group Evaluation 201 Revision 2 (FGE.201Rev2): 2‐alkylated, aliphatic, acyclic alpha,beta‐unsaturated aldehydes and precursors, with or without additional double‐bonds, from chemical subgroup 1.1.2 of FGE.19

EFSA Journal 2018;16(10):5423 17 October 2018

https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/5423

食品添加物及び香料に関するパネルは、FGE.19 の化学サブグループ 1.1.2 の2物質、2-メチルペント-2-エナール[FL-no: 05.090]及び2-メチルクロトンアルデヒド[FL-no:05.095]について企業が提出した遺伝毒性に関する追加データを、この香料グループ評価201改訂2で検討するよう要請された。FGE.201Rev1で、パネルはこのサブグループの遺伝毒性の可能性を明らかにするためにさらなるデータが必要だと結論し最初に接触する部位である肝臓と十二指腸でのコメットアッセイで2‐メチルクロトンアルデヒド [FL‐no: 05.095]のin vivo遺伝毒性を調べるのが好ましい選択肢であるとした。2-メチルペント-2-エナール[FL-no: 05.090]及び2-メチルクロトンアルデヒド[FL-no:05.095]両方の新しい遺伝毒性試験が提出された。小核/コメットアッセイの組み合わせで検査した2-メチルペント-2-エナール[FL-no: 05.090]は、DNA損傷を誘発せず、細菌で観察された弱い遺伝子突然変異作用を覆し、in vitro小核試験で観察された否定的な結果を確認した。2-メチルクロトンアルデヒド[FL-no:05.095]は遺伝子組換えラットの肝臓と腺胃で遺伝子突然変異を誘発しなかった。さらに、肝臓と十二指腸のin vivo コメットアッセイで2-メチルクロトンアルデヒド[FL-no:05.095]はDNA損傷を誘発しなかった。全体として、in vitroで観察された遺伝毒性の根拠は代表的な物質である2-メチルクロトンアルデヒド[FL-no:05.095]と2-メチルペント-2-エナール[FL-no: 05.090]のin vivoで確認されなかったため、このサブグループの全10物質[FL‐no: 02.174, 05.033, 05.090, 05.095, 05.105, 05.107, 05.126, 07.261, 12.065 及び12.079]が香料物質評価の手順により評価できたとパネルは結論した。

  • EFSAのリスク評価のためのシステマティックレビューあるいはシステマティックレビューの具体的手順の教育課程

Training courses in systematic reviews or in specific steps of systematic review for EFSA Risk Assessment

17 October 2018

https://www.efsa.europa.eu/en/supporting/pub/en-1483

外部監査報告

[]RASFF Week42-2018

警報通知(Alert Notifications)

中国産ボディービルダー用食品サプリメントの2,4-ジニトロフェノール (DNP) (存在)、英国産ビタミンB6およびビタミンB複合体からのビタミンB6高摂取量、中国産クコの実のクロルピリホス(0.049 mg/kg)・アセタミプリド(1.9 mg/kg)・未承認物質カルボフラン(0.045 mg/kg)及びアミトラズ(0.88 mg/kg)、ポルトガル産冷凍アオザメロインの水銀(2.352 mg/kg)、クロアチア産缶入りイワシのヒスタミン(258 mg/kg)、スペイン産冷凍メカジキステーキの水銀(1.6 mg/kg)、オランダ産ホウレンソウの葉のカドミウム(0.31 mg/kg)、

注意喚起情報(information for attention)

イタリア産チルドシャモアサラミの鉛(0.68 mg/kg)、トルコ産オイル漬けグリルした天日干しトマト入りガラス瓶の蓋からのエポキシ化大豆油(ESBO) (77 mg/kg)の溶出、イタリア産鹿肉サラミの鉛(0.69 mg/kg)、中国産プラスチックカップからのホルムアルデヒド(245.7 mg/kg)およびメラミン(13.9 mg/kg)の溶出、2,4-ジニトロフェノール (DNP)のオンライン販売、

フォローアップ用情報(information for follow-up)

タイ産パーボイルド米の未承認物質トリシクラゾール(0.033 mg/kg)、スペイン産マラスキーノチェリーの着色料エリスロシン(E127) (424 mg/kg)の未承認使用、中国産デンマーク経由再利用できるプラスチックボトルと接触した水の官能特性の劣化(匂いと味)、

通関拒否通知(Border Rejections)

タイ産サワーマスタードの亜硫酸塩(154 mg/kg)未承認及び非表示、トルコ産ピスタチオのアフラトキシン(B1 = 14.64; Tot. = 16.36 µg/kg)、パキスタン産玄米のオクラトキシンA(5.43 µg/kg)、中国産メラミン皿からのホルムアルデヒドの溶出(16.2 mg/kg)、インド産コーティングされたピーナッツのアフラトキシン(B1 = 64.6; Tot. = 73.9 µg/kg)、インド産ピーナッツのアフラトキシン(B1 = 25; Tot. = 29 µg/kg)、フィリピン産シロップ入り砂糖煮の果物の着色料タートラジン(E102)及び着色料ブリリアントグリーン(E133)の未承認使用、レバノン産酢漬けのカブの着色料エリスロシン(E127) (46 mg/kg)の未承認使用、タンザニア産飼料用ピーナッツのアフラトキシン(B1 = 53.3 µg/kg)、インド産冷凍バナメイエビの禁止物質ニトロフラン(代謝物質)フラゾリドン(AOZ)、エジプト産養殖魚及び野生魚各種の水銀(0.79 mg/kg)、マリ産ピーナッツペーストのアフラトキシン(B1 = 218; Tot. = 322 µg/kg;B1 = 250; Tot. = 371 µg/kg)、タイ産サワーマスタードの安息香酸(E210) (989 mg/kg)未承認、トルコ産乾燥角切りイチジクのアフラトキシン(B1 = 14.1; Tot. = 19.1 µg/kg)、

[]ASA裁定

ASA Ruling onPuressentiel UK Ltd

17 October 2018

https://www.asa.org.uk/rulings/puressentiel-uk-ltd-a18-446551.html

アロマセラピーの宣伝「睡眠の質と長さを改善」が未承認製品の医療宣伝ではないかという苦情が寄せられた。事業者側は製品は医薬品や医療機器ではないと主張、理由はみんなやってるから。根拠として論文2報を提出。

ASAはMHRAに見解を求め、MHRAは睡眠障害は病気でありそれを治療できるかのように宣伝するのは医療宣伝であるとしている。ASAは広告全体と文脈を検討し、消費者が睡眠障害が治療できると受け取るだろうと判断、従って違反。将来の広告も未承認製品の医療宣伝を含めてはならない。

(アロマ「セラピー」って言っている時点でグレーだよねぇ)

[]原子力緊急事態時の食品安全対策ウェビナー

Webinar addressing food safety in a nuclear emergency

19/10/2018

http://www.fao.org/fao-who-codexalimentarius/news-and-events/news-details/en/c/1158676/

IAEAとFAOが共同で2018年10月23日にウェブセミナーを開催する

参加希望者は22日までに登録

詳細はIAEAのサイトから

IAEA Offers Webinar on Food Safety in a Nuclear or Radiological Emergency

https://www.iaea.org/newscenter/news/iaea-offers-webinar-on-food-safety-in-a-nuclear-or-radiological-emergency

[]トランプ政権は「食品廃棄を減らすことに勝つ」イニシアチブを開始

Trump Administration Launches “Winning on Reducing Food Waste” Initiative

October 18, 2018

https://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm623790.htm

USDA、FDA、EPAが「食品廃棄を減らすことに勝つ」戦略共同公式合意に署名した。

米国では供給される食品の30-40%が廃棄されていると推定されている

[]FDAは農家や生鮮カット農産物生産者がFSMA要求を満たすのに役立つガイダンス案を発表

FDA Issues Draft Guidance to Help Produce Farmers and Fresh-Cut Produce Processors meet FSMA Requirements

October 19, 2018

https://www.fda.gov/Food/NewsEvents/ConstituentUpdates/ucm623784.htm

ガイダンス案2つ

一つは生産者がFSMAによる農産物安全性規則を満たすためのガイダンス。

この規則は国内外の農家が野菜や果物を汚染から守るために栽培・収穫・包装・保有時に予防的対策を要求するもの。

二つ目は生鮮カット製品の食品安全性ハザードを最小化するためのガイドで、袋入りサラダミックスやフルーツサラダなどがFSMA化でのヒト食品のための予防的管理規則に従うためのFDAの現在の考え方を説明したもの。この規則では食品加工業者はハザードアナリシスとこれらのハザードが食品を汚染する可能性を最小化するための予防的管理を含む食品安全計画を実施することを要求する。

どちらも180日間の意見募集

関連情報へのリンク

  • FDA長官Scott Gottlieb, M.D.の、農家や加工業者が食品安全要求により効果的に従うのを援助するためのFDAの新しい一歩についての声明

Statement by FDA Commissioner Scott Gottlieb, M.D., on FDA’s new steps to help produce farmers, processors more effectively comply with food safety requirements

October 19, 2018

https://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm623819.htm

(農産物はリスクに応じて分類されているのだけれど、例えばスイートコーンは「滅多に生では食べないもの」なのだが一部で生でも食べられますみたいな宣伝をしている品種もあって、そういうのってちゃんとリスク考えてるのか、と思う。小規模で免除される閾値が年商25000ドル(280万円くらい)なので普通に専業で農家をやっているならちゃんとやれということかな。農作業をする人には教育訓練の義務がある。動物は基本的に避けること。アクセサリーは外す。作業中のガムやタバコ禁止。来訪者に注意。堆肥の管理も詳しい。野生生物の管理は難しそう。手洗いは基本使い捨てペーパータオル、とか細かい。現状でこれができる農家は日本では少なそう。差がつくのだろう)

[]論文

  • 健康的な食事は直腸結腸がんのより良い帰結に関連

Healthy diets linked to better outcomes in colorectal cancer

19-Oct-2018

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-10/acs-hdl101918.php

J Clin Oncolに発表された米国癌学会(ACS)の大規模前向きがん予防研究II栄養コホートのCRCと診断された男女2801人のデータを用いた研究。診断前の食事がACSのがん予防のための栄養と運動ガイドラインに従っていると全原因による死亡リスクが低い。また診断後の食事にも関連があった。

注:ACSのガイドライン

ACS Guidelines on Nutrition and Physical Activity for Cancer Prevention

https://www.cancer.org/healthy/eat-healthy-get-active/acs-guidelines-nutrition-physical-activity-cancer-prevention.html

食事関係は、

・健康体重維持に役立つ量を食べる

・加工肉と赤肉制限

・毎日野菜や果物を最低2.5カップ食べる

・精製穀物ではなく全粒穀物を選ぶ

・飲酒は制限する

(ちなみに食品添加物やオーガニック、加工食品、照射食品を関心の高い項目として解説しているが、いずれもがん予防とは関係がない)

  • 英国の飲酒の害を減らすためのキャンペーンDrinkawareを巡って

The Lancet

Partnerships with the alcohol industry: opportunities and risks

John N Newton, Paul Cosford

Published:September 20, 2018•Volume 392,ISSUE 10156, P1401-1402,

Drinkaware: unequivocally committed to reducing alcohol harm

Sir Leigh Lewis

Published:October 15, 2018

https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(18)32551-0/fulltext

活動資金の一部が企業由来であることに反対する立場の人たちもいるので議論が続いている。

(タバコ、酒、大麻、食品と、公衆衛生と企業の関係は多様でグラデーションがあり、全てをタバコ同様企業の悪徳、で済ませるわけにはいかないだろう)

その他

  • 製品レビュー ベータカロテンとタラ肝油を含むビタミンAサプリメント

コンシューマーラボ

Vitamin A Supplements Review, Including Beta-Carotene and Cod Liver Oil

10/19/18

https://www.consumerlab.com/reviews/Vitamin_A_Retinol_Beta-Carotene_Cod_Liver_Oil/Vitamin_A/

11サプリメントを調べて2製品は含量表示が正しくない。また耐用摂取上限を超過し有害影響の可能性があるものも

  • 除草剤グリホサートを悪役にするキャンペーンに成功した後、反GMO活動家と環境団体はアトラジンを標的にする

After successful demonization campaign against herbicide glyphosate, anti-GMO activists and environmental groups take aim at atrazine

Andrew Porterfield | Genetic Literacy Project | October 18, 2018

https://geneticliteracyproject.org/2018/10/18/after-successful-demonization-campaign-targeting-the-herbicide-glyphosate-anti-gmo-activists-and-environmental-groups-take-aim-at-atrazine/

(アトラジンはGMOに特に関係はないがEWGが今度は反アトラジン活動をしている。もともとグリホサートが注目される前からアトラジン反対活動をしていたがあまりうまくいかなかった。でもグリホサートで運動成功のコツを学習したので今度は成功できると思っているようだ。アトラジンはかつてIARCが2Bに分類したことがあるしグリホサートの方が安全だし。)

  • POPagriculture

https://popagriculture.com/

農業に関するポッドキャストが多数投稿されている

Roundup foes driven by hatred for Monsanto

Peter Griffin·12:00, Oct 21 2018

https://www.stuff.co.nz/science/107950579/roundup-foes-driven-by-hatred-for-monsanto

ニュージーランド環境省は先週グリホサートを再評価リストに入れないという正しい選択をした。それはグリホサートへの圧力への抵抗である。環境副大臣で緑の党の党首Eugenie SageはEPAにグリホサートを有害と分類して欲しかった。特に欧州で盛んな、グリホサート禁止運動があるが、そうした運動の動力源はモンサント憎悪である。グリホサートが発がん性だという根拠は弱くIARCの役割には誤解がある

(強固な反GMであるニュージーランドのメディア報道が、グリホサートについてはこんな感じで続いている)

  • 同族優先認識論:最後のフロンティア

Tribal Epistemology: The Final Frontier

Oct 16, 2018, Geoffrey Kabat

https://www.forbes.com/sites/geoffreykabat/2018/10/16/tribal-epistemology-the-final-frontier/#356eeab751f4

グリホサートを巡る議論のような、非生産的議論についての覚え書き

連邦政府で働いている科学者(匿名)に尋ねたところ、農薬としてのグリホサートの安全性についてはもう何もわかっていないことはない(議論の余地はない)という答えだった、という記事

  • コンゴの反政府勢力は軍と一緒にエボラアウトブレイク対策をしていた医療従事者2人を撃った

Congo rebels shoot two health workers fighting Ebola outbreak within DRC army

https://www.independent.co.uk/news/world/africa/ebola-outbreak-health-workers-rebels-shot-drc-army-democratic-republic-of-congo-butembo-mai-mai-a8594356.html

今回のアウトブレイクでの医療従事者を殺したのはこれが初めてのようだ

反政府勢力は複数活動中。エボラの症例は200以上、死者は117

(エボラはワクチンの効果を試験中でもある)

  • 肉の摂取は90%減らす必要がある、気候科学者が言う

Meat Consumption Needs to Drop by 90 Percent, Climate Scientists Say

Shelby Rogers  October, 20th 2018

https://interestingengineering.com/meat-consumption-needs-to-drop-by-90-percent-climate-scientists-say

新しい研究は肉の生産は多くの人が認めるであろうより遥かに大きな劇的な気候への影響がある

  • Nieman:大麻を飲み込んでいる母親は母乳を与えるリスクについて知る必要がある

Nieman: Marijuana ingesting moms need to be aware of breastfeeding risks

Dr. Peter Nieman Updated: October 20, 2018

https://calgaryherald.com/health/family-child/nieman-marijuana-and-breastfeeding

妊娠あるいは授乳中の母親で何らかの理由で何らかの形の大麻を使用することを選んだ場合には医師や助産師や心理学者や看護師は注意深く助言する必要がある

先月Pediatricsに発表された研究によると授乳中の女性が最もよく使う娯楽用の薬物はマリファナであった。

  • 大麻アレルギーは公衆衛生問題、とYukon州の男性が言う

Pot allergies a public health concern, says Yukon man

CBC · Posted: Oct 21, 2018

https://www.cbc.ca/news/canada/north/cannabis-allergy-whitehorse-nurse-1.4871167

Anthony Gucciardoは大麻の煙暴露はアレルギー反応を引き起こす可能性がある、という

看護師。大麻アレルギーは希だと考えられるがどのくらいいるのかはわからない

(カナダはしばらく大麻の話題多いだろう)

sekizukasekizuka 2018/10/23 10:37 〉現状でこれができる農家は日本では少なそう。差がつくのだろう

そんなに差がつくかなぁ?
免除されるのを、そのまま適用すると、かなりが免除されて、大規模なのは契約出荷とか取り組んでるとこが多い(色々ウルサイので)から、そんなに変わらないような?