旧 ユニークフェイス日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-09-13 問い合わせ先 最新情報 このエントリーを含むブックマーク

2016-09-01 ユニークフェイス研究所 このエントリーを含むブックマーク

ユニークフェイス研究所

 顔にケガや病気先天異常がある当事者現実をよりよいものに変えるために、

実験的なアクションをすることを目的に、NPO法人ユニークフェイス元代表石井政之設立

主として、未成年当事者のためのアクションを進めていく。

 非営利のひとりボランティアとしてのスタートになる。

2016年9月1日 石井政之

ユニークフェイス研究所

2015-07-13 NHK ユニークフェイスの戦い このエントリーを含むブックマーク

2011-12-18 「見た目問題」ってどんな問題? 〜顔の差別とむきあう人びと〜

http://www.liberty.or.jp/exhibition/plan/indexmitame.html

「見た目問題」ってどんな問題?

〜顔の差別とむきあう人びと〜

主催リバティおおさか/「見た目問題」展実行委員会

【企画協力】NPO法人マイフェイスマイスタイル

2012年1月31日(火曜日)〜3月25日(日曜日

大阪人権博物館 ガイダンスルーム2

入館料:大人250円 大高生150円

(20名以上の団体料金 大人200円 大高生100円)

中学生以下・65歳以上、障害者(介助者含む)は無料

休館日

2月6日、13日、20日、24日、27日

3月5日12日、19日、21日、23

「見た目問題」とは、顔や身体に生まれつきアザがあったり、事故病気による傷、ヤケド、脱毛などといった症状がある人たちが毎日の生活の中で直面している問題のことです。日本では、80万〜100万人の当事者がいるとされています。

見た目を理由とした採用拒否、学校での不当ないじめ、街の中で周りからジロジロ見られる体験、迷信偏見にもとづく差別など、「見た目問題」の当事者の身に起こる問題は枚挙にいとまがありません。

本展では「見た目問題」に向きあう当事者たちの活動や主張を通して、私たちと「見た目問題」の関わりについて考えようとするものです。

展示構成

声をあげ始めた当事者たち

顔面の社会問題ユニークフェイス設立

広がるネットワーク:マイフェイススマイルの活動と当事者団体

未来に向けて

シンポジウム

■「アルビノに見る現代社会

【日時】2012年2月11日(土)午後2時〜

【会場】研修

講師アルビノ・ドーナツの会

【定員】72名(当日先着順)

【参加費】500円


■「「見た目問題」を見る!聞く!うなる?」

【日時】2012年2月12日(日)午後2時〜

【会場】研修

講師NPO法人マイフェイスマイスタイル

【定員】72名(当日先着順)

【参加費】500円


■「母親になった当事者たち」

【日時】2012年2月18日(土)午後2時〜

【会場】研修

講師】河除静香(顔面動静派奇形寺田利子(アルビノ)相本由利子(円形脱毛症

【定員】72名(当日先着順)

【参加費】500円

シンポジウムに関するお問い合わせ】TEL:06-6561-7173/FAX:06-6561-5995

手話通訳が必要な方は電話FAXにてご連絡ください。

シンポジウムに参加の方は来館時に受付にてその旨を伝えてください。

当事者による展示ガイド

【日時】2012年2月5日(日)および3月18日(日)午前11時、午後1時、午後3時

【会場】ガイダンスルーム2

【ガイド】中谷全宏(単純性血管腫

【参加費】入館料のみ

2011-12-11 匿名の情報に踊らされないように このエントリーを含むブックマーク

匿名情報に踊らされないように。

医師専門教育をうけており、実名仕事をしています。彼らは、患者からクレームから逃げられません。

責任を持っています。匿名mixi無責任情報によって、たいせつなお子さんの治療方針を決めることはダメ。そう思います。