Hatena::ブログ(Diary)

こころの中のアフリカ このページをアンテナに追加

2014-08-02

[]Kぽその2

続くと言いつつ全然続いてなかった…

もう去年聴いてたKぽを並べてみます。

D

D

D

去年出たものではないけど、去年ハマったのがEvolちゃん。

彼女たちは元気なんだろうか…事務所が今絶賛Topp dogg推しなので、不安なところ。デビュー当時はノーマークでしたが、音が面白い!とくにデビューミニアルバム1曲目のLet me explodeが一番面白いかな〜

じゅしの生きがってる感じも見物ですw

D

D

デビュー当初、ツイッターで毎日情報が流れて来たけどスル―してたんですが、たまたまエムカでパフォを見たら若いのに予想外に渋い曲で(No more dream)、びっくりして追ったのがよい思い出です。じみんちゃんのドヤっぷりが本当によいドヤっぷりで…彼はダンス担当な感じだけど、じみんちゃんの声が私は大好き。もっともっと彼の歌が聴きたいんだけど、彼は果たしてボーカルとしてどうなのかよくわからないんですよねー(あのグループにおいては安定感はマンネが圧倒的なんでしょうし)がっつりとは追えないけど、じみんちゃんの今後が楽しみです。

D

D

私、ソンミ好きだなー!と24時間で見た時に漠然と思ったんですが、ぼるむたるを見てやっぱり好き!!と強く思いました。どこがどうそうなのかと聞かれるとよくわかりませんが、JYP師匠の美学が炸裂してますよね。相当餅ゴリさんはソンミのことが好きなんだろうなぁと、曲を通して彼女に注がれる愛と情熱を感じるとこもまた良いです。きぼみちゃんも注目してるようだしね!!

あぁ、だんだん飽きてきた…えまびについてまだ書いてないのにー!

えまびについては前も書こうとして下書きぶっこんどいてそのままなやつもある。ヒィ

えまびいいですよ〜個人的におじくの表現力が素晴らしいと思う。またえまびライブ行きたい…そして記事どうにかしたい(っTωT)ノ

2014-06-07

[]2013年のKPOP、その1

2014年も半分に差し掛かったとこでいきなり去年のこと書きだすという遅れっぷりでございます。

そんな体たらくですが振りかえってみましょー!

その1、VIXX

全然聴く機会もなかったし、バンパイアコンセプトでカムバしたと話題になってたときはあまりにも過激で話題性だけって感じだよな〜と、ビジュアルだけ見て引いてたんですが、しゃいにドリガカムバらへんでまだ活動してらしたので、偶然見たら最初にオレンジ色の花輪くんヘアーの子がいきってるぞ!なになに!と惹きつけられてしまって「いやいや面白いじゃん、曲もいいしパフォーマンス力あるし似合ってる!!」と、感心してしまいました。たちる〜は2013年で一番すきな振付だったんじゃないかなぁ。

D

私のファーストインパクトがこちらだったので、この日のパフォが一番すきです。

れおくんはたちるにおいては前髪上げてた方が好きですが!

そしてHydeカムバはきちんと追ってましたねー。回を追うごとにほんびんくんが表現者として開花していってておもしろかった。たちる〜のほんびんくんはまだまだ表現者として迷ってる感じがしたけど(でもほんびんくんの♪ぱらぼみょうるごいっそが大好きです)、Hydeではどんどん研ぎ澄まされていって。そして呪いの人形で見事ペルソナを手に入れたみたいな印象を受けました。

てだなだのも大好きだったんですが、最後らへん追わなくなってしまって、呪いの人形も曲とパフォは好きだけどMVが過激すぎて、ちょっと素直にはしゃげなくて最近はあまり追いかけてなかったんですけど、今の奇跡活動は久しぶりにわくわくしたカムバでしたねー!

でも呪いの人形も好きですよ!けんくんとえねねんの串刺しパフォーマンスとか。これ地上波ではやらなくなっちゃったけど。でも地上波仕様振付の方が好きな箇所もあって、えねねんがけんくんを刺すんじゃなくて、心臓を奪うかのように腕を脇の下に入れるとこはこちらの方が私は好きです。

びくすはキャラの使い方がすごく分かってるなーと思うんですよね。とくにけんくん!大体被害者になってるっていうか。たちるでみんなが食らいつくのもけんくんだし、Hydeもけんくんはジキル側で最後はハイドに乗っ取られるんだし、呪いの人形でも刺されてよろよろ歩いてるし、奇跡も最後に沈んでくし。けんくんのちょっと困ったような可虐心を煽られるようなルックスにとても合う配役で、いつも萌えています…けんくんごめんね、ありがとう。

ということでとても2013年はびくすに楽しませてもらいました。彼らはめちゃくちゃ2013年活動したけど、やっぱたちる〜が一番好きかな!!

続きます。

2014-03-31 とりあえず

[]2013年俺ベスト

本当に毎回日付詐称…いやいやいや、今日はよんぐくのお誕生日ですよね!オメデトウゴザイマス!!

とりあえずやることに意義がある!記録が大事!な毎年恒例のエントリ、さっさとやりますね。

毎年言ってるように本当に年々新しい曲を聴かなくなっていってるので、最近は逆にさくっとこれだ!と決まりますね^^bbbbb

Field of Reeds

Field of Reeds

2013年に出たものできちんと聴きこんだのこれくらいです…。

てか前作のHiddenもすごく好きだったし、良作だなーと思ってたのでベストに入るはずだったんですが選出する過程で忘れてましたね^q^(てかHiddenってNMEの2010年Album of the yearに輝いてたんだね知らんかった…。そんな風にNMEに持ち上げられてたらしいけど、このバンドぜんっぜん情報が無いのが謎で。弟はパリコレモデルやったりしてるのに。モデル業もこなす利発的な弟と内向的でオタクな兄というバーネット兄弟(しかも双子)にひそかに萌えてるのに本当に情報ない…記事とか写真とか出てきてもほとんどデビュー当時なんです(っTωT)ノ)

彼らはちゃんと1作ずつ進化して行ってるのがすごいなぁと。1stからはちょっと考えられない方向に行ってるんじゃないかな?決してわかりやすくはないので、聴いててちょっとだるいかな〜と思うんですが、でも聴いてるといやいや面白いじゃん、だるくない!面白いことしてるー!って思わされる不思議なアルバムだなぁと。

Organ eternalはPVも含めて大好きです。

D

最後のハミング?の部分がめちゃくちゃ好きなのです…。

あとは本当にKぽとかだったんですけど、2013年発売されたものではないけど、MetronomyのThe English Rivieraにとてもハマっておりました。Metronomyは3人時代に愛着ありすぎで、4人編成になってからなんかビジュアルがMetronomyのイメージじゃない!とか思ってたんですが、完全なる私の間違いでこのひとたち大好きだー!!というアルバムでした^^

English Riviera

English Riviera

このジャケット大好きです。

D

Because this isn't Paris

And this isn't London

And it's not Berlin

And it's not Hong Kong

Not Tokyo

If you want to go

I'll take you back one day

ここのラインが頭の中でぐるぐるぐるぐる回って、香港に行きたくなって香港行ったと言っても過言ではありません!というくらいMetronomyは中毒性がありますね。

その次のLoving armも頭にこびりついて離れない日が何度もありました。

D

鍵盤×4\(^o^)/(お一人はキーボードというよりマニュピレーションって感じぽいけど)

このへんてこだけど静かにゆらゆら燃えてるようなグルーヴが病みつきになっちゃう。

あとはKぽだとどれがベストなのだろう…しゃいにさんはもうなんかちょっと冷静な目で見れないからなぁ。彼らは2013年ミニアルバム含めて3枚もアルバム出してるんですけど、The Misconseption of youとMeは傑作みたいな言われ方してるけど、個人的にはそうなのか?と思っちゃうし、Everybodyに関してはキャリアいち凡作キター!!と思ったクチです…。いやEverybodyのパフォーマンスは大好きなんですけど、ミニアルバム自体は好きになれなくて。でもこないだのソウルコンでパフォを見て「あぁ、ライブの方がいいな」って思ったりしましたけど。なんかまとまらないのでKぽについては後日改めて書きたいと思います。たぶん。では!

Connection: close