ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

電子ガジェットいろいろ 開発メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

主に自分用に色々なアプリ開発のメモや電子工作や色々な開発関連のメモを書いてます


2016-09-20

Genuino 101 (Arduino 101) の加速度センサを使ってみる

今回は簡単にGenuino 101 (Arduino 101)加速度センサを使ってみました。


必要なライブラリは CurieIMU です。
このライブラリはボードマネージャからGenuino 101環境のインストールが終わっていれば、ライブラリをインクルードからインクルードできます。

CurieIMU.begin()で加速度センサを有効化します。
CurieIMU.readAccelerometer()で加速度センサの値を取得できます。

加速度センサのX軸の値をLCDに表示するプログラムを書いたので、参考にしてください

// CurieIMU.hをインクルード
#include <CurieIMU.h>
// 汎用LCDのライブラリ
#include <LiquidCrystal.h>

LiquidCrystal lcd(8, 9, 4, 5, 6, 7);

void setup() {
  lcd.begin(16, 2);              // start the library
  lcd.setCursor(0,0);
  lcd.print("Accelerometer"); // print a simple message
  // 加速度センサ開始
  CurieIMU.begin();
}

void loop() {
  char work[32];
  int x = 0, y = 0, z = 0;
  // 加速度センサの値取得
  CurieIMU.readAccelerometer(x, y, z);
  lcd.setCursor(0,1);
  sprintf(work, "X=%6d", x);
  lcd.print(work);
}

Genuino 101

Genuino 101

2016-09-12

Genuino 101 (Arduino 101)買いました

ちょっと遅くなりましたが、Genuino 101 (Arduino 101)を買いました。
商標問題で色々あり、アメリカではArduino 101ですが、日本ではGenuino 101という名前になっています。



まだサンプルスケッチのBlink(Lチカ)で動作確認しかしてませんが、スペック的にはいろいろ遊べそうです。

スペックの概要は以下の通りです。


CPUIntel Curie
動作電圧3.3 V (5 Vトレラント)
推奨入力電圧7-12 V
最大入力電圧7-20 V
デジタル入出力端子14 本 (内 4 本がPWM出力可能)
アナログ入出力端子6 本
I/Oピン最大出力電流4 mA
フラッシュメモリ196 KB
SRAM24 KB
動作周波数32 MHz
特徴BLE(Bluetooth Low Energy)
6軸の慣性計測装置(3軸の加速度センサと3軸のジャイロセンサ)
サイズ: 68.6 mm × 53.4 mm

このCPUIntel Curie となっており、x86コアなので、インラインアセンブラアセンブラを使ってちょっとしたチューニングをするのも面白いかもしれません。

またシールドを用意しなくても、標準でBluetooth加速度センサとジャイロセンサが搭載されているのも遊べるポイントです。

Arduino自体も現在標準機扱いのUNOの後継として位置付けているようなので、これから色々試してみようと思います。

Genuino 101

Genuino 101

2016-08-08

Flash Air (W-03)をIPアドレス固定で無線LANのアクセスポイントに接続する方法

Flash Air (W-03)をIPアドレス固定で無線LANアクセスポイントに接続する方法です。



基本的に以下の設定をします。

[Vendor]
APPMODE=5 (カード電源投入時に無線LAN機能を起動。無線LANモードはSTAモード。)
APPNAME=[ネットワーク上の名前]
APPSSID=[無線LANAPSSID]
APPNETWORKKEY=[無線LANAPパスワード]

[WLANSD] (この項目は初期状態では無いので追加する)
DHCP_Enabled=NO (DHCPを使用しない)
IP_Address=[IPアドレス]
Subnet_Mask=[サブネットマスク]
Default_Gateway=[ゲートウェイアドレス]
Preferred_DNS_Server=[優先DNSサーバアドレス]
Alternate_DNS_Server=[代替DNSサーバアドレス]
Proxy_Server_Enabled=NO プロキシサーバを使用しない)

詳しいな説明FlashAir Developers - ドキュメント - APIガイド - CONFIGを参照してください。

設定例

[Vendor]

CIPATH=/DCIM/100__TSB/FA000001.JPG
APPMODE=5
APPNAME=[ネットワーク上の名前]
APPSSID=[無線LANのAPのSSID]
APPNETWORKKEY=[無線LANのAPのパスワード]
VERSION=FA9CAW3AW3.00.00
CID=02544d535730384731cad8617900f801
PRODUCT=FlashAir
VENDOR=TOSHIBA
MASTERCODE=7c5cf8952ecd
LOCK=1

[WLANSD]

DHCP_Enabled=NO
IP_Address=[IPアドレス]
Subnet_Mask=[サブネットマスク]
Default_Gateway=[ゲートウェイアドレス]
Preferred_DNS_Server=[優先DNSサーバアドレス]
Alternate_DNS_Server=[代替DNSサーバアドレス]
Proxy_Server_Enabled=NO