Hatena::ブログ(Diary)

うらにっき RSSフィード Twitter

2012-02-02

濡れた本は凍らせると復活する!かどうか試してみた。

BOOKS ABOUT BOOKS
2月が始まっちゃいましたね。今年度も後2ヶ月、気合入れていきましょう。
そんな気合の中、風呂に入りながら漫画読んでいたら愛する『もやしもん(9)』を落としてしまいました。

不覚!!大学でカバンに入れてた水筒からコーヒーが漏れて教科書がシワッシワになった苦い経験を思い出しました。そのままテストとか受けてて周りの友達から可哀想に思われていたのは懐かしい話です。

そんな過去にグッバイ!!こんな記事を見つけました!!
no title
素晴らしい、世界には魔法のようなライフハックが存在したんですね・・・。
記事によるとこんな内容でした。以下引用。

水に濡らしてしまった本や、書類・雑誌は、冷凍庫で凍らせると復活するそうです。ジップロックのようなプラスチック袋に入れ、ジッパーを閉めずに冷凍庫に入れましょう。すると、無駄な水分が抜けるそうです。

うん、なるほど!!それは凄い!!

と思ったアナタ、世の中そんなに甘く無いわよ!!
なぜなら、ジッパーに入れた本が凍っても水は無くならないから。凍ってるだけね。
凍ったまんまで読めるような極寒の地域ならともかく、日本ではほぼ不可能。つまり、脱水作業が必要なんですが、記事には載ってない・・・。なので仕方なく元の記事を解読して見ることに。
no titleこちらが元の記事

1.How to freeze photos, documents, books

Then place the item in a plastic bag, and stick it in the freezer. (途中略)Pack the items just tight enough so that they remain upright.
If a book obviously is wet and is still closed, keep it closed, Hanthorn says. Don’t open it or you may destroy the book. Let it drain, then freeze it.
(途中略)
When you have time and can decide calmly, review the items you’ve frozen. Decide which items you really want to save and which items you can discard. Later, you can get the items out of the freezer – as many or as few at a time as you like – and dry them.

なんか牛乳のケースがうんぬん言ってますが、結局は濡れた本をジップロックに入れて、背表紙下にして、立てて冷凍庫に入れておけ!ということらしい。他に支えるものがあればなお良い。うん、まぁ予想通りか。そこまでやって見ました。このまま冷凍庫へ逝ってもらいます。
f:id:ura3:20120201161128j:image:w360こちらが濡れてしまった直後。シワシワです。
f:id:ura3:20120201162437j:image:w360ジップロックに入れて冷凍庫へ。

ここで一晩冷凍庫へ・・・

2.Drying frozen photos, documents, books

When you’re ready to deal with the items, you may want to contract with a commercial freeze-drying company if you have items of sufficient value and quantity to be worth the expense. Hanthorn is not aware of any commercial freeze-drying companies in Iowa that specialize in library and documentary materials. However, there are companies in other states that offer flood-salvage freeze-drying services.

Or, you can air dry the items yourself. Follow these guidelines:

・ Work in an area that doesn’t present more problems. For example, don’t dry the items in a damp basement. As the items thaw, water will drip and conditions will get humid.
・Place wet items on a surface that won’t be damaged by dripping water. Or place items on a surface that has been covered with polyethylene.
・Documents and photos can be hung on a line.
・Stand books on end, fanned open. You may want to place paper towels within each book, every 50 pages or quarter inch. The towels will act as wicks and pull water out of the books.
・You may want to put paper towels underneath the items to absorb water that will drip during thawing. Change the toweling as it get wet.
・Run a fan to circulate air over and around the items as they dry.
· After books feel dry, close them squarely and stack them under a brick. Let them dry another 24 hours. This should help them resume their shape.

ハッハー!!そろそろフリーズドライ専用の会社に頼みたくなるだろう?そんな必要はないぜ!もちろん、価値のある本ならばそのほうがいいだろうけどねッ!!全米にあるから探してみろよ!
でも、次の手順に従えば自分で出来るんだ!信じられないよ!!

  1. 湿気のあるとことかでやっては駄目だ、溶けてきたら湿度も上がるしな!
  2. 濡れて困るようなとこでやるなよ!ポリエチレンのカバーの上がオススメだ!
  3. 写真とかはひもにとめておくといいよ!
  4. 本を立てる!換気扇ON!
  5. 50ページくらいおきにペーパータオルを挟もう、これが水を吸い込んで吐き出してくれるぞ!
  6. 下にもペーパータオルを敷こう、濡れたら交換だ!
  7. 換気しろ!
  8. 乾いてきたと感じたら綺麗に閉じて、ブロックとかで重しをつけて24時間おいておけ!こうすることで元の形にもどり安くなるぞ!

序盤の手順が鬱陶しいと言うか、そんなん分かるわ!レベルの話でしたが後半は重要ですね。おそらく、凍らせてから乾かすことで紙の反りが抑えられるっていうことなんでしょう。

f:id:ura3:20120201234835j:image:w360
凍った本の間に大量の紙を挟んで乾かします。この状態で換気しつつ、一晩。

ちょっと乾いていたので、上に炊飯ジャーを重しとして乗っけて、さらに一晩。

そして、この手順により復活したもやしもんがこちら!!!!!!!
f:id:ura3:20120202230327j:image:w360
うん・・・・・・これ以上無く微妙っすね。確かに初期状態と比べれば遥かにウネリが取れています。そこは認めましょう、というか認めて下さい。しかし、いざ読もうと開くとウネッてるのが気になるんですよね・・・。さらに、大きな問題があって、それぞれのページを止めていた糊が少し溶けているのか、開くと「メキッ!」という音と共に真っ二つになりそうな勢い。

そして、ふと開いたページに書いてあった一言に私の心は折れました。
f:id:ura3:20120201160523j:image:w360


結論:水没したら業者に頼むor買い直す。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ura3/20120202/1328197767