お宝ゲトー記(PSP募集中!安値若しくはロハで買い取ります!)

2006-11-28 合格

高校時代の友人からとある難関資格試験合格したとの吉報を受けた。

かつて互いに悪態をつき合った奴が,こうして輝いていると何となく嬉しい。

帰郷したら祝い酒を振る舞わねばな。

2006-11-25 学祭

学祭なるものをやっていたので行ってみたが,

祭りよりも閑散とした様相で,盛り上がり云々以前の次元であった。

やはり,近年はこういったイベント流行らんのだろうか。

学校の前の飯屋の方が賑わってたくらいだし・・・・・

頑張れ学生諸君!小生がジャンジャン買い食いしてやったからな。

2006-11-22 特許出願

に向かう途中,警邏中の警察官にしょっ引かれる。

右折禁止とのこと。猛省する次第。

 

今回は初めて自らの手で特許執筆・出願した。

しかし,特許執筆には相当の修行が必要だわ。

学術論文と違って出願後の修正がちと難しいからな。

出願後も「果たしてアレで良かったのか?」と思うとどうも落ち着かん。

さらに,出願時,審査時,訴訟時のいずれにおいても法務関係者と関わる羽目になる。

貴奴らと話すの疲れるんだよな・・・・・

しかし,ここで踏ん張らねばエンジニアは何時まで経っても日の目を見ることが叶わん。

特許業務を生業にしたいとは思わぬが,弁理士なる仕事存在意義が痛感できた。

2006-11-21 SCE

http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20311967,00.htm

PSP不具合も「仕様」と社長が豪語する位だからなぁ。

こんな稚拙言い訳するくらいなら,互換性なんてうたわなきゃ良かろうに。

PS3音源なんざ圧電ブザー(BEEP音)で十分。

ソニーに入社した友人,知人も多いので同社に対する悪口は言いにくい。

従って,うちからソニー製品は殆ど消えておるよ,とだけ言っておこう。

 

そうそう,海の向こうのヤンキー共の香ばしい映像をご紹介しよう。

http://www.youtube.com/watch?v=4CTy7Nx0oPI

やはりアメ公はこうでなくては。

2006-11-14 電子立国日本の自叙伝

今更ではあるが,見直す機会があった。

初回放映から15年。

何やらタイムカプセルを開いたときのような感覚で楽しかった次第。

 

半導体産業における日本の地位は凋落し,当時と事情は随分変わっておる。

確立された製法に基づいた製造プロセスに固執するあまり,

新しい製造プロセス開発を疎かにした結果だそうな。

加えて,新興国の台頭による市場の成熟化もあって,

かつての輝かしい地位はもはや取り戻せそうにはない。

「かようなことにならんように」との教科書であると自覚した次第。

2006-11-13 教育界

一体この国の教育界はどうなっておるんだ。

だってそうだろう?

正義を貫くべき最後の砦でさえ,大人の薄汚れた駆け引きの場となるこの体たらく

教育から理想論を取り除いたら一体何が残ると言うのか?

 

かような教育環境におかれた生徒諸君には同情の念を禁じ得ん。

ここを見た生徒諸君,何か悩み事があるならば小生が相談に乗ろう。

但し,自殺は止め給え。小生は自殺を弁護する気にはならんよ。

2006-11-12 脱臼

ウンコ座りした際に,膝から異音→激痛。

2006-11-11 TV出演

学舎での昼飯時。

友人:「そういえば貴兄,TVに出ておったぞ」

小生:「なぬ?ワシャ知らんぞ。人違いじゃないのか?」

友人:「本学科の講義の様相が映っておった。貴兄,教官イチャモンつけておったよ。」

 

あ,あれね。

なんぞ教室の後ろでコソコソしておると思って追ったらTV局だったのか。

どうでも良いが,今日日「テレビに出た」なんて恥ずかしくて人になんて言えやしねぇよ。

こんなトコロ来る前に低俗番組垂れ流しするの止めたら?

都合の良いときだけ教育番組なんて,節操なさ過ぎだよTV局諸君。

2006-11-10 プレステ3

明日はプレステ3が発売されるそうだ。

小生か?勿論いらんよ。

プレステ2の性能を持て余しているのに3だなんて,

昨今のソニーらしい戦略であります。

勿論,米国のペケ箱の新機に対抗する策を取ったんだろうけど,

一体,同機がソフトの売上げに如何程貢献するのであろうか?

興味もあるし,暫く高見の見物としゃれ込むか。

国内ではカツアゲやボッタクリオークションのネタになるのが関の山だろうが・・・・・

ハードの叩き売りが始まって昔のソフトが出揃ったら買っても良いな。

2006-11-07 黒田残留

貴兄は男だ!

わしゃ一生カープを応援するぞ。

諸君等もジャンジャン応援すべし。