Hatena::ブログ(Diary)

バカの映画評 このページをアンテナに追加 Twitter

2015-12-07

トップガン トップガンを含むブックマーク

親指をビシッと立てる。そして敬礼。敬礼した手をそのまま前方にシュッと動かすと、私はアクセルを踏み込んだ。カーステレオからはケニーロギンスの「デンジャーゾーン」が流れ始める。窓の外の妻と息子(2さい)がニコニコ笑いながら「とっとバイバーイ」と手を振る。私はブレーキを踏み、いったんギアをバックに入れて切り返す。「ハイウェイトゥーザ、デンジャゾーン!」ケニーロギンスがシャウトする。私は再びギアをドライブに入れると、アクセルを踏んで走り出した。バックミラーのなかで妻と息子が手を振っている。おとうさんは今日も頑張って働いてくるからね。待っててね。強烈な朝日が私の目に突き刺さるが、ぜんぜん眩しくない。なぜなら私はレイバンのアビエーターをはめているのだから。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uramibushi/20151207/p1