cinderella story 〜浦野一美ファンブログ〜

2018-08-11

urano_kazumi2018-08-11

AKB48『ジャーバージャ』劇場盤発売記念大握手会

at 幕張メッセ国際展示場5〜8ホール(9:00〜21:30)

https://akb.kingrecords.co.jp/handshake/meeting/002620.html


●購入一覧(使用巡)

大家志津香第7部×3 (握手3)
行天優莉奈第8部×10 (生写真サイン6/握手4)

西村菜那子第8部×3 (握手3)
浅井七海 第6部×3→高畑結希第8部 (握手2)
坂本真凛 第6部×3→吉川七瀬第8部 (握手2)
岡田美紅 第8部×3→行天優莉奈第8部(握手5)


f:id:urano_kazumi:20180813090646p:image




毎度の事象ではありますが・・・。

今回の握手会参加券が添付された、タイトル未定のCDを発注したのが今年の2月。

コレは弊社の年間スケジュールが発表になる、およそ1ヶ月前の出来事。

完全な見切り発車でありますが・・・然の如く通常出勤日に決定となり

諸々調整はしましたが、6部に関しては完全に時間切れorz

浅井七海さん・坂本真凛さん、ゴメンなさい(笑

ここぞとばかり、『推し増制度』の恩恵を有難く享受させて頂きました。


何と申しますか・・・。

やっぱりあたし、己のコミュ障を自覚しました(汗

『お前の商売、喋ってナンボだろ!』って言う的を射たツッコミはご遠慮下さい←

認知の無いメンバーとは、わずか握手券2枚分の時間でも苦しい。

あえてどなたとは申しませんが(笑

平気でご新規メンを何人も廻す方の思考がどうにも理解できません。。。


他方・・・お馴染みのメンバーとの握手はとても楽しい♪

当たり前のハナシではありますが。。。

大家さんに関しては、特にハナシのネタが無くとも十分に間が持ちますし

優莉奈さんに至っては・・・こちらが聞き役に廻る感じ(笑


正直に言うなら、生写真にサインとかイチバン要らない部類のノベルティですが

記入の手間をフリートークと捉えれば、その時間もいとおかし。。。

行きつく会話の中身はと言えば、やっぱり劇場公演のアレコレ。

目下いかに“Innocence”において、オトナ優莉奈を魅せられるかと言うお悩み・・・。

男・メトロポリス@、そのサジェスチョンに一役買えればとホンキで思っております。



f:id:urano_kazumi:20180813090642j:image


3チャンスあったのに、すべてハンドルが微妙に間違っているのは

彼女に対するあたしのアピールが足りない為だと思います・・・。

もっと精進しないと(笑

“がんばろう瀬戸内” 募金箱


今村美月/田中皓子


誰が募金箱を持っていたとか・・・。

本来は無関係なのでしょうが、ソコはヲタク脳ですからご容赦願いたい。

些少ではありますが、被災された皆様に想いを寄せる意味を込めて

寄付をさせて頂きました。

2018-08-07

urano_kazumi2018-08-07

AKB48 8月7日『アイドル修業中♡』昼公演

at AKB48劇場(14:30〜16:30)


映像倉庫枠当選→169番

20巡・センター立ち3列上手柱内1


●出演メンバー

石綿星南/稲垣香織/大竹ひとみ/岡田梨奈/勝又彩央里

黒須遥香/小林蘭/佐藤詩識/庄司なぎさ/鈴木くるみ

田口愛佳/田屋美咲/本田そら/道枝咲/安田叶

矢作萌夏



インターバル1ヶ月と少々、あたし自身2度目の“ゆきりん公演”

前回と全く同じ入場巡、同じく立ち3列目からの観劇とか

表題通りの修業そのものでありました(苦

良席と言うレバレッジに左右されず、純粋に目前の公演を括目して評価せよ!

プロデューサーである柏木ちゃんから、そんな任を託されたのかな・・・なんてね?


本日の公演、注目して観ていたメンバーが2名。

いずれも初見となる、岡田梨奈さんと佐藤詩識さん!


岡田さんに関しては、その動機は皆様お察しの事由と一緒(笑

これまでの秋葉原に、あまり在籍した記憶の無い特異なキャラクターを持つ彼女が

劇場公演の舞台でどんな個性を発揮してくれるか、その一点のみに注目していたのですが・・・。

ポジション4番と言う重責を任されて、意外な程にソツなくこなしていると言うのが率直な感想。

パキパキと踊れてはいるのだけれど・・・。

ソコに彼女らしさを示す何かは、あまり感じられませんでした。

エッジが効きまくったキャラクターを、今後も続ける意思があるのであれば

もっともっと研鑽して、オーディエンスを黙らせるようなパフォーマンスを披露しないと!

厳しいコトを申しますが、あたしはそう思いました。


佐藤詩識さんに関しては、公演で彼女にお逢いできるのを心待ちにしていました。

細かな経緯は割愛しますが、ドラフト期間のshowroomにて気になる存在でした!

彼女は・・・『持っているメンバー』だと思っています。

この公演の初演に出られたのも、チームAから1位指名されたのも

自分以外のメンバーにその一因があって、結果としてそのお鉢が廻って来ている。

“運も実力のうち”とか書くとお叱りを受けそうですが。。。


そんな彼女は・・・ずばりキャラクター迷走中ですね(笑

showroom配信の中の彼女は、終始おっとりとしたアイドルど真ん中な少女でしたが

本日の公演では、三の路線を思わせる表情・仕草が過半を占めていました。

自己紹介MCが典型例ですね、正統派志望を捨てられない姿が見え隠れ。。。

今は必死に足掻いて下さい・・・いつか、答えはきっと出ますから!



f:id:urano_kazumi:20180814104229p:image


安田叶さん!

すみません・・・貴女のパフォーマンスを拝見するのは4回目ですが

本日初めて気づきました、目が節穴で申し訳ありませんでした。

実にツヤのあるダンスを踊るんですね、ちょっとビックリでした!!!

ダンスの上手メンバー、パキパキとキレたダンスを踊るメンバーは他にもいますが

彼女のソレは妖艶そのもの・・・観ていてゾクゾクしてしまう程に。。。

もしも機会があったなら、SDN48楽曲を一度パフォーマンスして頂きたい!

ユニットよりむしろ全体曲で真価を発揮しそう、チュセヨとか佐渡へ渡るなんてどうでしょうか?



自慢気に言うコトではありませんが・・・。

秋葉原の劇場で、何年かぶりに場内監視員からご指摘を受けました。

RIVERが余熱で・・・最終ベル→シア女でぶっ壊れました。

壊れたと言っても、別に何もしていませんよ

ただ、ちょっとフリコピのモーションが彼には大きく映ったみたいです(苦

あと、手で鉄砲を作ってMIX打ったのも気に障った模様←

ご指摘は甘んじて受け止めますが、特に反省は致しません。。。


老兵を久々に熱くさせた、メンバー諸氏の熱量に敬意を表します!

素晴らしい公演でした♪

2018-07-31

urano_kazumi2018-07-31

宮澤佐江さん!

http://flave.co.jp/pages/information180524/


本日、7月31日を以って宮澤佐江さんが所属事務所を退社。

同時に全ての芸能活動を一時休止されるとか・・・。

オーディション当時中学3年生、高校進学と同時にスタートした

彼女の活動期間はおよそ12年半にもなります。



f:id:urano_kazumi:20180731234447j:image


一時はホンキで彼女を応援していました。

独自検証ではありますが、当時のAチームとKチームの両方に推しがいて

しかも互いのメンバーにその事実を伝えていたヲタクは

恐らくあたしが最初ではなかったかと思います・・・。



f:id:urano_kazumi:20180731234741j:image


実際に並行して推していた期間は4ヵ月ほど。

彼女の初年度の生誕を機に彼女の元を離れました。

理由を端的に言うなら『あたしが推さずとも彼女は必ず出世する』と感じたから。

その後の歩みはご承知の通り、48G隆盛の中心に佐江さんは関り続けました。。。


あたし如きが、佐江さんを評するなんておこがましいにも程がありますが

ヒトコトだけ言わせて頂けるなら、彼女は完璧主義者では無かったかと・・・。

元々得意だったダンスは言うに及ばず、最初は苦手だったヴォーカル力もグングン成長しました。

そして・・・女優と言う一面においても、立派な爪痕を残してくれました。

群を抜く慕われキャラの持ち主でもあった佐江さん。。。

恐らく、今回の決断を寂しく思っているメンバー・元メンバーは少なくないハズ。


ゆっくり休んで、自分磨きをして・・・。

もしもまたご縁があったなら、その時はどうぞよろしく!


おやすみな佐江♪

進撃進撃 2018/08/01 00:07 急に芸能活動を休止、いらぬ詮索はヤボというもの。
また休養を経て、明るい姿を見せて欲しいものです。w

懐かしいポラを拝見させて頂きました。(笑)
何度見てもレア感がハンパないです。w
あっちゃんの結婚もそうですが、時代が移り変わっているのですね、きっと。。

ネオネオ 2018/08/01 16:14 佐江さま佐江さま言ってましたね。
確か生誕祭で整理番号1番で1巡先頭じゃなかったっけ?懐かしいですね。

urano_kazumiurano_kazumi 2018/08/14 02:24 >進撃さま
8月13日は、佐江さまのお誕生日です。
高校入学と同時にKチームに入って、もう12年が経過しました。
何事にも全力投球で完璧主義な彼女のコト、幸せになって欲しいですね♪

>ネオさま
本文にも書きましたが、初年度の生誕祭は神憑っていました。
私のヲタク人生のなかでも、あの経験は忘れ得ぬ想い出になっております・・・。

2018-07-24

urano_kazumi2018-07-24

STU48 7月24日 STU48出張公演@NGT48劇場(昼公演)

at NGT48劇場(13:00〜15:00)


NGT48Mobile枠当選→029番

10巡・最後列センター(H-15)


●出演メンバー

石田千穂/石田みなみ/磯貝花音/市岡愛弓/今村美月

岩田陽菜/沖侑果/甲斐心愛/門脇実優菜/新谷野々花

瀧野由美子/田中皓子/土路生優里/中村舞/福田朱里

薮下楓


●セットリスト

M01 暗闇
M02 誰のことを一番愛してる?
M03 Darkness
M04 暗闇求む
M05 Don't look back!

〜自己紹介MC〜

M06 非全力
M07 片想いの入り口
M08 誰かがいつか 好きだと言ってくれる日まで
M09 僕たちはシンドバッドだ
M10 夢力

〜MC〜

M11 STU参上!
M12 少女たちよ
M13 NEW SHIP
M14 思い出せて良かった
M15 君のことが好きだから
M16 STU48

〜MC〜

M17 ペダルと車輪と来た道と


Ec1 夏のFree&Easy
Ec2 ナギイチ
Ec3 ごめんね、SUMMER 
Ec4 真夏のSounds good!

〜MC〜

Ec5 瀬戸内の声


学生の夏季休暇期間ならでは、平日開催の出張公演と言うのは

不定休な社畜勢には大変ありがたい施策であります(笑

STU48の公演を拝見するのは自身3度目、今回からセットリストが変わりました。


M1〜M5まで、徹底して笑顔排除の選曲にしているのは

彼女達なりの挑戦なのでしょうか?

“暗闇”と名の付く楽曲を2曲、“Darkness”も含めれば3曲ですか・・・。

アイドルのセットリストとしてはかなり攻めていますね。

逆にユニット明けはピンチケ御用達←みたいな側面もあって、そのコントラストを意識しているのかな?


東名阪プラス新潟を行脚する今回のツアー。

多少の出入りはありますが、基本的にこの16名が固定で廻り続けるとのコト。

なるほど・・・現状のSTU48が持つ全力をぶつけて来た感はありますね。

多少の語弊はあるかもしれませんが、あたしはベストメンバーを揃えて来たのだと思っています。


前回・5月の陸上公演@山口では、やや辛口な評価をしてしまった瀧野由美子さん!

少なくても今日の公演において、彼女は素晴らしいパフォーマーであったと断言します。

正直決して上手では無いけれど、ヲタクが好む“琴線に響く”ダンスが出来ていました。


全体を通して・・・いわゆる“全力プレー”は貫かれていると思います。

基礎的なダンススキルは、メンバー間の格差が決して小さくない印象がありますが

48Gの公演としては、ソレもある意味で見どころのヒトツだったりするので・・・。

せっかく仕上げた前髪を、くしゃくしゃにしてまで踊る姿こそ劇場の華!

白眉であるとあたしは思っております。


惜しいのは・・・やっぱりMCでしょうか。

福田朱里さん、MC番長として全速力なのは十分に評価出来ます!

ホントに一生懸命なんだけど、そろそろ直球以外の勝負球が欲しくなって来ましたね。

彼女は出来るメンバーだと信じて、あえてのメッセージとさせて頂きたい。。。



良い公演でした!

間違いなく良い公演だったけれど、すべてがスカっと明快だったワケではありません。

恐らく・・・良巡で呼ばれて、メンバーとレスの応酬でもしていたら気づかないレベルなのでしょうが

『まだまだ彼女達は出来るだろう』と言う、漠然とした印象がぬぐえません。

そして何より・・・陸上公演も出張公演も、決して“劇場公演”では無いと言うコト。

『借り物とは言え、劇場でやれば何だって劇場公演だろう』とお叱りを受けるかも知れませんが

そう言う意味ではなく、彼女達には一刻も早く劇場公演のセットリストを演じて頂きたい。


拗らせたヲタクからの切なる願いであります・・・。

行路票


マチネ観劇の為、往路は半年ぶりの“超速いとき”


復路は・・・完全に現場で思い付きの連続(笑

酷暑の万代バス停、たまたま目の前に停まった反対方向のバスに飛び乗ったトコロに始まり

乗車経験のない越後線と弥彦線を何となく絡めてみました。

越後線と言えば、記憶に新しい不幸な事件の現場となった路線。

青山〜小針・・・前面車窓には、何度も報道で目にした鉄製の柵が立つ生活道路が。。。

ココロの中で手を合わせさせて頂きました。



f:id:urano_kazumi:20180731112319j:image


弥彦線は・・・実はちょっと乗ってみたかった路線。

超ローカルと言う場所でも無いのに、とても運転本数が少なくて旅人泣かせなんですよね。

ヲタク的目線で言うと、ココは架線の張り方が直接吊架式と言う珍しい路線。

長閑な田園地帯にちょこんとそびえる弥彦山、穏やかなキモチになれる風景が魅力!


最後、高崎でトランジットしているのは

何度も目撃しつつも、未だに乗車経験のないE7シリーズに乗りたかったから。

自由席特急券であったのと、わずか10分待ちで後続が来るので・・・。

入線して来たのは少数派のW7系W6編成、つまりJR西日本所属車両!


ちょっと予想はしていたのだけれど・・・座れなかったorz

強引にB席とかねじ込めば、イケないコトもなかったけれど。。。

大宮までの24分あまり、トイレ前のデッキで過ごしました

エアコンは効いているので、座れなくとも特に不満はありません(強がりw

唯一の収穫は、“北陸ロマン”のジングルをLIVEで聞けたコト


そうだ、今度はグラン押さえよう←



0935   1049
大宮   新潟(とき311)


1605   1651 
白山   吉田(152M)

1657   1705 
吉田   弥彦(274M)

1721   1730 
弥彦   吉田(277M)

1737   1750
吉田   燕三条(245M)

1756   1857 
燕三条  高崎(とき340)

1910   1934
高崎   大宮(はくたか572)


新白岡→新潟  \9,620-
白山→新白岡  \9,090-

進撃進撃 2018/07/31 13:15 以前よりオススメして頂いてたSTU48に初参戦してまいまりました。
初見にてまったくの知識不足でしたが、大きな収穫もありました。(笑)
メトロポリス@氏が言われる通り現段階での全力プレー、そして「まだまだ彼女達はできる」
そんな伸びしろを感じました。
僕のような節穴ヲタには「一言も文句はありません、パーフェクト」と思った次第です。(笑)

瀧野由美子さん、想像以上に素晴らしかったです。
ここでも僕の目は節穴でした。orz
16人がそれぞれ自己アピールする姿は、まさに「ファンを欲する」それでした。
とても純粋でキレイに映りました。

まだまだ48グループも捨てたもんじゃありませんね。
遅ればせながら勉強したいと思います。(笑)

urano_kazumiurano_kazumi 2018/08/01 00:00 >進撃さま
まずは良巡・良席で公演をご覧になられて何より・・・。
お気づきかと存じますが、今回のツアーに選ばれたメンバーは
現状STU48における“選抜メン”と言っても過言でない様な布陣。
言い方を変えれば、この公演に出ていないメンバーの中に原石が埋まっているワケで
ソコが輝き出すと、より魅力的なグループになるのだろうと。
何れにしろ、私は劇場で彼女達の成長を見守りたいと思っています。。。

2018-07-02

urano_kazumi2018-07-02

AKB48 7月2日『アイドル修業中♡』公演

at AKB48劇場(18:30〜20:30)


映像倉庫会員枠当選→160番

20巡・センター立ち3列上手柱内1


●出演メンバー

浅井七海/石綿星南/稲垣香織/大竹ひとみ/黒須遥香

小林蘭/齋藤陽菜/庄司なぎさ/鈴木くるみ/田口愛佳

田屋美咲/本田そら/前田彩佳/道枝咲/安田叶

矢作萌夏



石綿星南・齋藤陽菜 劇場公演初出演



あたしの映像倉庫枠が初仕事(笑

そうでなくとも、インターバルがジャスト3ヶ月ですので

そろそろお声が掛かる時期ではあったと思うのですが・・・。

実質的なR公演かつ“AKB48の短期的な未来を占う公演”

その部分においては、大変興味深く拝見させて頂きました。

本当はドラ3選考過程で目を惹いた、佐藤詩識さんの英姿を拝見したかったのですが

残念ながら本日は休演、その代わりと言うワケでも無いのでしょうが

期せずしてメンバー2名の初舞台の目撃者になってしまいました。。。


本日の出演者の中に明確な推しはいません。

強いて挙げるなら、先般チーム4へ昇格した浅井七海さんには注目しております。

16期メンに関しては、何とか顔と名前が一致するレベル

ドラ3の皆様は・・・全員が初見でございます。

そんな体たらくなので、比較対象になる公演・チームが無いのですが

最も近いのは、1月16日に拝見した『レッツゴー研究生!』

この評価甘々なあたしが、酷評せざるを得なかったあの公演であります。


総論として・・・前述のレッツゴーに比したら100倍楽しいと思いました!

現時点で16期とドラ3は“水と油”、更に言うなら同期同士の間も決して盤石では無いですね。

こういう書き方をすると否定的に映るかも知れませんが、R公演の趣旨を鑑みれば

廻り全員がライバルと言う環境は、決して悪いモノでは無いと思います。

栄の劇場で1年半あまりの間に存在した、いわゆる“7D2”にも一脈通じる関係性。

対決を煽る気は毛頭ありませんが、この緊張感をしばらくの間は保って頂きたい。



●浅井七海さん!

ネ申テレビのソレに感化されたかの様でイヤなのですが(笑

悔しいけれど、彼女に対する想いは全く同じモノでした。


『ホンキで天下を取る覚悟が貴女にはありますか?』


ダンス・ヴォーカル・ヴィジュアル・そしてキャラクターに至るまで

彼女は必要なタレントを、少なくとも最低分量以上は持ち合わせていると断言します!

あとは、仲間を蹴落としてでも這い上がる決心があるのか?

出来るメンバーだからこそ、あえて厳しいコトバを彼女には贈りたい。


●田口愛佳さん!

正直言って彼女の様なタイプはキライです。

そのココロは・・・持ち合わせた自身の能力をフルに発揮していないから。

あたしには公演中の彼女は巡行モードにしか見えません!

アホみたく激しければ良いワケでは無いコト位、十分に理解しているつもり。

でもね、ココは劇場公演・・・ましてやR公演の舞台なのですから。

察しのイイ彼女なら、きっと判っていると思うのですが。。。


●稲垣香織さん!

危なっかしさ全開だった彼女が、今や公演の中核を成している・・・。

素晴らしいコトですね、まだまだ伸び代があると期待しています。


●本田そらさん・大竹ひとみさん!

一纏めにして恐縮ですが、彼女達がドラフト3期のガバナンスを掌っているのかと。

イイですね、二人とも明らかに強そうな目をしているよね(笑

大竹さんの佇まいが、どことなく研究生時代の横山由依さんに通じる気がして・・・。

今後注目させて頂きたいと思います。


●矢作萌香さん!

鳴り物入りで現れた彼女だからこそ、極力フラットな目で見たつもり。

なるほど・・・確かに他のドラフト生より頭ヒトツ抜きん出ているとは思いました。

ただし、その差は決して大きくないと思います。


『その程度の惑わしに屈する程、おっちゃん達は蒼く無いんだよ!』


ただの強がりに終わってしまうのか(笑



一見の価値がある公演、メンバーだと率直に思います。

冒頭にも触れましたが・・・今後彼女達が背負うであろう運命と言うのは

恐らく想像を超える位に過酷なモノになるのでは?


『16期・ドラフト3期には希望がある!』


その片鱗は感じられたと思います。

素晴らしい公演でした♪

MM 2018/07/04 01:33 おつですw 
浅井、まなかに関してはほぼほぼ同じ考えですねw

浅井、無いんですよw 
伝わらないんだから、それが答えw

まなかは、、、手抜き女王w
なのに、こちらがピーだとなんらかしらで知ると態度かえる。
そーゆーのイチバンいらない。

で、前田はどうでした?w

urano_kazumiurano_kazumi 2018/07/31 12:28 >Mさま
浅井さんはとても育ちが良い印象。
私は・・・彼女は化けると信じたいですけどね。