cinderella story 〜浦野一美ファンブログ〜

2017-03-26

urano_kazumi2017-03-26

『Maxとき315号』卒業?!

http://www.sankei.com/life/news/170325/lif1703250060-n1.html




『最後のトンネルを 抜ければ近づく美しいあの街』



ココで言う最後のトンネルとは、上越新幹線の浦佐〜長岡間に存在する

“滝谷トンネル”のコトを指しているのだと思います・・・。

このトンネルの長さは約2.3km、同区間の中では小規模な部類になります。


あえて野暮な解説をすると、全部で20ヶ所あるトンネルの全てが

高崎〜長岡136.1kmの間に集中しています。

全トンネル区間の距離はおよそ103km、つまり103/136=およそ全体の76%がトンネル区間。

更に申し上げるなら、湯沢から先の区間はトンネル同士をスノーシェッドで繋いでいるので

明かり区間(空が見える区間)は、ほぼ駅のある前後だけとなっております。。。


ココからは想像でしかありませんが・・・。

NGT48劇場のこけら落としに出席する為に、東京から新潟に向かう道中の秋元センセイ。

その瞬間ふと感じたトンネルの長さを、氏が言うトコロの“引き出し”にしまっておいて

後日、この曲の歌詞が出来上がったのであろうと。。。



閑話休題・・・。

先日舞い込んできた、Max型車両(E4系)引退の一報。

慣れ親しんだ二階建て新幹線との別れは一抹の寂しさは禁じ得ませんが

我々の様な“新幹線ありきなヲタ活”をライフワークにしている者にとって

正直、朗報ではありますね(笑



f:id:urano_kazumi:20170328143254j:image



後を引き継ぐのが最新鋭のE7系だそうですから、居住空間の圧倒的な改善は間違い無し!



f:id:urano_kazumi:20170328143810p:image



画像では判りずらいと思いますが・・・。

まず、シートピッチが全く違います。

E4系⇒980mm  E7系⇒1040mm

わずか60mmとは言え、実際に座ってみるとその差は歴然。

ちなみに言うと・・・東海道新幹線では30年以上前にデビューした100系から

ずっとこの数値だったのですが(苦


シートピッチ以上に、実は椅子そのものの造りも全然違います。

E2系・E4系のシートは、そもそも座面の幅が非常に狭く*1なっています。

更にひじ掛けの造りも悪くて、跳ね上げても一定の位置までしか上がりません。

どういうコトかと言うと、隣が空席だった時に2席同じ角度にリクライニングさせたとして

例えばN700系では、ひじ掛けも一緒に倒れてくれるので広々使えるのですが

この車両の場合、背もたれは倒れてもひじ掛けは中途半端な位置までしか上がらないので

肩や背中に当たって誠に不便なのです。

E7系のシートは、もちろんその辺は改善されておりますし

コレはN700系でも採用されていない、ヘッドレストの上下調整までついてくるサービスっぷり。。。

こうなると、背伸びしてロザをチョイスする必要もなくなりますねぇ(汗



E7系と言えば・・・グランクラスの存在が気になりますね。

北陸新幹線で既に走行中の車両は、全編成の12号車が該当するワケですが

コレを上越新幹線にそのまま導入するのでしょうか?


大きなお世話でしょうが、個人的には不要だと思います。

そもそも論として、運行区間・時間の短さが最大の理由。

後は・・・客層の違いと、この路線は比較的通し客が少ないコト。



f:id:urano_kazumi:20170328143334j:image



であれば、山陽〜九州新幹線のN700系7000/8000番台に見られる・・・。

“乗り得な普通車指定席”を切望します!

あたしは一度だけしか乗車した経験がありませんが、2-2アブレストの効果は絶大!

例えばのハナシですが、通常指定席料金に500円プラスとかでも大歓迎(笑

飛行機では当たり前になって来た“プレミアムエコノミー”みたいなハナシですね。


さて、どうなるのでしょうか?

*1:お前が規格外のデブだからだと言うご指摘は甘受しますが、普通体形の方でも同じ指摘をされていますw

2017-03-21

urano_kazumi2017-03-21

SKE48 3月21日『PARTYが始まるよ』研究生公演

at SKE48劇場(18:15〜19:55)


SKE48Mobile枠当選→164番

2巡・最前列最上手(1-A)


●出演メンバー

相川暖花/石黒友月/井上瑠夏/岡田美紅/片岡成美

北川愛乃/倉島杏実/坂本真凛/佐藤佳穂/白雪希明

仲村和泉/野々垣美希/野村実代/深井ねがい/森平莉子

和田愛菜



1月31日以来、2度目ましての7・8期PARTY公演。

直前まで、ご無沙汰している新潟パジャドラだけを狙っていたのですが・・・。

このPARTY公演がまもなく終わってしまうという報に接しての宗旨替え(笑

やっぱりあたしはパーリーピーポーなので。。。


『今夜は負ける気がしない!』と言う、根拠のない自信が功を奏しまして

久々の2巡、もちろん最前・・・フリコピのしやすさだけを考えて最上手を選択。

結果として、コレが今夜の公演を存分に楽しめる決め手になりました!


近いは正義とは、既に言い古したセリフではありますが

1-Aの近いとは、ある意味度を越した近さなんですよね。

ただしメンバーと正体する瞬間は極々僅か、そのチャンスを生かしてナンボ!

ある意味、なかなかの上級者席だと思いました(笑


今夜、隣に座っておられた方・・・。

同輩か少し年配と思しき、スーツ姿の紳士だったのですが

熱心にサイを振りながらも、桜になると灯りを消してフリコピに勤しんでおられまして

PARTY公演慣れをしていらっしゃる、その姿に感銘を受けました。

終演後にお聞きした所、地元の方であるとのコト・・・。

更に『隣が慣れている方でやりやすかったですよ!』と言う、有難いおコトバを頂戴しました。

栄のファンにモノ申す気は毛頭ありませんが、PARTY公演とはかくあるべきかと。。。

この方の振舞いも、この公演を楽しめた一因であります。



改めて・・・今夜も最高に遊んでくれたのは相川暖花さん!

あの←ほののが、ガッつりあたしにマイクを向けて来たり

もちろん指クルも完全にキャプチャー、返す返すもあのほののがですよ(笑

あえてピンチケみたいなコトを言いますが・・・『クッソ楽しかった!』


フリコピに対するシンクロ率が高いのは北川愛乃さん!

多くのメンバーが、彼女のパフォーマンスに対してリスペクトしている様ですが

非常にしなやかでシルキータッチ、でもしっかりとアツいんですよね♪

そして、周囲のコトがよく見えている。。。

深井ねがいさん、岡田美紅さん、森平莉子さんあたりもなかなか・・・。

重ね重ね、PARTY公演ですからねぇ〜


前回に比して、チームとしてのスキルアップは目を見張るモノ。

そして何より、前回は皆無だったメンバー間におけるバチバチ感も随所に感じられました。

研究生ですからね、ソコが無いと伸びていかないと思います。



f:id:urano_kazumi:20170322234750p:image



公演終盤・・・。

おもむろに『ココで私から報告があります。』と切り出したほのの。

あたしを含めて、客席のほとんどの人間は最悪の予想をしたハズ(汗


その内容は・・・PARTY公演の千秋楽と、青ガ公演初日の日取り。。。


『PARTYが始まるよ公演』千秋楽 4月 8日(土)
『青春ガールズ公演』  初日  4月14日(金)    

ほのの、完全に狙っていやがった(笑



こういう演技が出来る様になったんだよね。。。

運営各位、もうほののは昇格させてあげましょうよ!!


ちゃんと応援しますから(笑

行路票


1530        1711
東京    名古屋(のぞみ45)

2022    2203
名古屋   東京 (のぞみ414)


新白岡⇔名古屋 \13,600-
のぞみ×2    \9,100-

2017-03-17

urano_kazumi2017-03-17

青春時計

http://www.sonymusic.co.jp/artist/ngt48/discography/BVCL-798



どなただったかは忘れましたが・・・。

この曲を指して『I'ts a SONYだね』と評しておられました(笑

恐らく多くの皆様とあたしの第一印象は同じモノ。。。


『ん〜〜〜、パッとしない曲だな』(笑


本日4:00AMにMVが解禁だったそうで、朝の情報番組において

サビだけのショットがオンエアされておりました・・・。

最後発組とは言え、ソコはさすがの48グループですよね。






騙されたと思って、このMVを20回リフレインしてみて下さい!

きっと、この曲に対する想いが変わると思います。


ありものの8小節を3つ繋いで一曲に仕立てる、昨今の多くの楽曲とは一味違う

Aメロ・Bメロ・サビ、それぞれにとても強い脈略を感じます。

大サビ→転調と言う、Jポップの常套アレンジも琴線をくすぐりまくり。

最初は平板に聴こえたメロディも、聴き込むとなかなか深い味わいがあります。

良い意味で『どこかで聴き覚えのある』、ノスタルジーを掻き立てられる様な。


何より、歌詞がお見事!

2コーラスのサビまでは、何やらモヤモヤした感じなのだけれど

大サビで判りやすい情景描写、その勢いで感情を爆発させているんですね。


『青春なんて、そんなにキレイごとばかりじゃなかっただろ!』


見透かされた気分であります(笑



この曲、間違いなくフルコーラス聴かないとその良さが判らない。

ソレは商業音楽としてどうなのか・・・。

ヲタクがそんな心配をするコト自体ナンセンスかも知れませんが

MAXとき〜運動公園と言う、鉄板の流れからあえて外して来たその姿勢。

あたしは良い流れだと理解しました。。。



青春時計(TypeC)(DVD付)

青春時計(TypeC)(DVD付)

キタハラホリックキタハラホリック 2017/03/18 11:17 デビュー曲としては厳しいと思いますが良い曲なことは間違いないですよね。
いわゆるスルメ曲ですよね。聞けば聞くほど良い。
前奏間奏後奏を無くしたり遊びも入れつつ面白いと思います。
如何せん今の棒振ってる子達が分かりやすいアップテンポな曲が好きなのが難しく残念なとこですね。

urano_kazumiurano_kazumi 2017/03/21 08:48 >キタハラホリックさま
そうそう・・・本文ではあえて使わなかった『スルメ曲』
楽曲自体に実験要素が多く含まれていますよね?
その部分をヒトツずつ紐解いて、しっかり消化すればするほど良さが判るハズ。
その時間を指してMVを20リピートと表現したのですが・・・。

このご時世、そんな暇人は我々の様な老害だけなんでしょうねw

MM 2017/03/21 17:22 運動公演なら既に200回は見ておりますw

urano_kazumiurano_kazumi 2017/03/23 00:05 >Mさま
ワタクシ、先日その運動公園に行ってまいりましたw

2017-03-16

urano_kazumi2017-03-16

卒業は新しいはじまり・・・。

https://www.daily.co.jp/gossip/movie/2017/03/16/0010003004.shtml



その一報は突然でした。



『AKB中村麻里子が卒業、サンテレビの契約アナに』



正直、驚きました。

同時に・・・彼女らしさも感じました。


古き良き時代とか言うと、またお叱りを受けそうですが

あの頃を知るメンバーの卒業は、やっぱり寂しさを禁じ得ません。

同時に、こうして巣立って行くのがあるべき姿であって

陰ながらではありますが、今後の活躍を信じて見守りたいと思います!



おめでとう!!

そして・・・ありがとう♪

2017-03-14

urano_kazumi2017-03-14

Congratulations!!



行天優莉奈さん



18歳のお誕生日おめでとうございます!!



何と申しましょうか・・・。

『推しは変えるモノではなく増やすモノ』を標榜している弊ブログですが(笑

そんな中でも、かかる熱量に差が出てしまうのは正直なハナシ。。。

お察しの通り、行天ちゃんに関しては最もその割合が多いと自覚しております。


だってさ・・・好きなモノは仕方がない(笑



とっても良いモノを持っているんだよね。

良くも悪くも染まらないと言うか・・・。

『誰かを蹴落としてでも』って言う感覚は、あまり持ち合わせていない様子。

アイドルという世界に身を置く以上、負けず嫌いな部分は秘めていると思うのだけれど。

ある意味、あたしが推すメンバーに共通している部分なのか?(汗



f:id:urano_kazumi:20170314225029p:image



JKと言う冠が取れて、アイドルにとっては最初の岐路に立つ年齢になり

彼女にとってのこの一年は、とても意味のある時間になるのだと思います。

今は色々大変だよね、SRなんて文明の利器があるがゆえ

自宅にいても仕事(?)をしなくてはいけないのだから・・・。



こちらは一兵卒のお爺ちゃんなので、生温く見守るのみ。

悔いの無い一年になりますように・・・。