cinderella story 〜浦野一美ファンブログ〜

2017-05-08

urano_kazumi2017-05-08

SKE48 5月8日『青春ガールズ』研究生公演

at SKE48劇場(18:15〜20:10)


SKE48Mobile枠当選→081番

2巡・最前列下手側通路外2(17-A)


●出演メンバー

相川暖花/石黒友月/井上瑠夏/岡田美紅/片岡成美

北川愛乃/倉島杏実/坂本真凛/白雪希明/仲村和泉

野々垣美希/野村実代/深井ねがい/森平莉子/矢作有紀奈

和田愛菜



『青ガ観るのなんて、B1st以来ほぼ10年ぶりだよ!』

何人かの方にお答えしていましたが、改めて記録を紐解いてみたトコロ

難波のR公演、2013年2014年にそれぞれ1公演ずつ拝見しておりました(笑

その前はと言えば・・・正真正銘B1stの千秋楽公演。

相当なブランクであるコトは間違いがございません・・・。


青ガと言えば・・・何といっても“We are the teamK”

この公演がチームKのアイデンティティを確立させたと言っても、決して過言では無いのかと。

コレは何度も言っていますが、あたしは青ガ公演が好きではありません!

好きでは無いけれど、存在意義のある公演だと思っています。

何より・・・SKE48には最も似つかわしいセットリストですよね。

しかしながら、意外にも今まで一度も演じられるコトは無かった。

その理由は一体何なのか、そしてなぜこのタイミングで青ガだったのか・・・?



8期研究生が劇場デビューして、まもなく半年になろうとしています。

研究生と言う玉響の集合体ながら、なんとなくチームとしての体を成し

尚且つ、メンバーそれぞれの個性も際立って来ました。


最前列、しかもセンターブロックに近い位置に座れましたので

あたしがやるコトと言ったら・・・いかにメンバーと遊んで貰えるかに尽きます(笑

初期の8期生と言えば、自分のダンスパフォーマンスに精一杯なのがアリアリでしたが

今は余裕が出て来たのか、こちらの拙いフリコピにほとんどのメンバーが反応してくれます。

PARTY公演は言うに及ばずですが、この青ガ公演においても

メンバーとフリをシンクロさせるのが、デフォルトだとあたしは信じております。



センターを張る井上瑠夏さんと野村実代さんに死角なし!

両者ともかつてはドラフト2期候補生でありながら、結果的に苦渋を味わったヒト。

デビュー時から若干のアドバンテージを持っていたのは明らか、その貯金はまだ食い潰していない模様。

そんな2人を虎視眈々と追う他のメンバーたち。

研究生公演においてZETTAIに必要な緊張感はちゃんと存在していました!


坂本真凛さん・・・。

今夜は明らかに体調不良のご様子、短時間でしたが袖にはけたシーンもありました。

そんな中にあっても、びっしょり汗を流しながら必至に公演に食らいつく姿は美しい!

彼女のパフォーマンスに関しては、個人的に少々気になる点も見受けられるので

それは後日、手紙にしてお届けしたいと思っています。


初見だった矢作有紀奈さん。

色んな意味で話題の多いメンバーですが、公演中のパフォーマンスはまだ道半ば。

この先どう化けてくれるのか・・・期待の持てる存在だと思いました。


劇的な進化を遂げていたのが・・・岡田美紅さん!!!

以前から注目はしていました、控え目で物静かな佇まいながら根っこには強さを秘めている。

その良い部分が、ビックリするくらい前面に出て来たと思います。

何より、客席に目を向けるだけの余裕が身について来ましたね。

お察しの通り、いわゆるレスにガッつりと釣られて参りました・・・あたしとか安いヲタクなのでw




『青春ガールズ公演』とは、とてもうらはらなセットリスト。

コレを掘り下げてしまうと、三日三晩語り尽くす羽目に陥るので割愛しますが

演者と同じくらい、ファンの力も試されていると栄の皆様は理解した方が良いでしょう。

現に昨夜の公演においても、少数ではありますが推しサイ・推しコール以外の動きが見られました。

他方・・・秋葉原ではお約束だったコールが、まだ出て来ていなかったりして。。。

恐らく地元の皆様も、今は青ガというモンスターとどのように対峙したらよいのか

攻めあぐねているのではないかと勝手に拝察しております。


諸説のヒトツだとは思いますが・・・。

今まで栄でこの公演が採用されなかった理由、ソレは本家と比較されるコトを嫌った為だと。

何を演じたとしても、セットリストが同じであれば当然比べられるのでしょうが

青ガ公演だけはちょっと異質なんですね・・・上手く説明は出来ませんが。

一歩間違うと、あらぬ方向に暴発しかねないのは往時を生きたヲタクならみんな知っています。

あれから十年を経ているのだから、今となってはただの杞憂かも知れませんが・・・。



いずれにしろ、大変見応えのある公演でした。。。

ありがとうございました♪

行路票


1450        1631
東京    名古屋(のぞみ115)


2042    2223
名古屋   東京 (のぞみ254)



新白岡⇔名古屋  \13,600-
のぞみ×2     \8,100-

進撃進撃 2017/05/09 17:11 青春ガールズ公演、僕もTeamK、B、NMB研究生と観てきましたが、正直あまり好きな公演目ではありません。
SKEで初めて行われる為、色んな意味で注目されることでしょう。
栄の研究生がどのように公演目を意識して、そして自分達の色に染めあげていくのか期待したいです。

一度観てみたいと思いますが、初見でハッキリと好ましいかどうか思えてしまうかも知れません。(笑)

キタハラホリックキタハラホリック 2017/05/09 21:59 個人的にはもしかして栄で燻ってるものに火を点けるんじゃないかな〜って思ってます。
難関は好き嫌いが分かれやすいセットリストだという点でしょうか。
おそらく、青ガ自体が実に公演臭い曲が集まっているからでしょう。
そんな曲も僕は好きですが。

PARTYとは明らかに雰囲気の違う公演模様がどんな風に成長するのか期待したいと思います。

2017-05-02

urano_kazumi2017-05-02

行路票


●4月30日


自宅→パシフィコ横浜→羽田空港 車移動

1515     1705
東京羽田   鹿児島(SNA077)

1710     1748
鹿児島空港  鹿児島中央駅前バスタ(南国交通)

1755     1810
バスタ    鹿児島市民文化ホール(南国タクシー)


東横INN鹿児島天文館1 泊
  

●5月1日


1047          1210
鹿児島中央  指宿

1256     1349
指宿     鹿児島中央(指宿のたまて箱4)

1435     1555
鹿児島中央  博多   (みずほ616)


東横INN博多駅前祗園 泊


●5月2日


1210     1713
博多     東京(のぞみ28)





東京羽田→鹿児島  \19,390-(特売7)
南国バス       \1,250-
南国タクシー     \1,270-
鹿児島中央→指宿   \1,000-
指宿のたまて箱    \1,140-
指宿→東京都区内  \16,740-
みずほ616      \5,140-
のぞみ28       \7,500-(ロザ・G特典)
東横イン天文館1   \3,456-
東横イン博多駅前祇園 \5,950-
羽田空港P4      \5,500-

2017-05-01

urano_kazumi2017-05-01

HKT48(TEAM H) 5月1日公演

at 西鉄ホール(18:30〜20:40)


HKT48Mobile枠当選→121番

28巡・上手立ちブロック2列


●出演メンバー

秋吉優花/井上由莉耶/宇井真白/上野遥/岡本尚子

神志那結衣/駒田京伽/坂口理子/田島芽瑠/田中菜津美

田中美久/筒井莉子/松岡菜摘/矢吹奈子/山田麻莉奈

山本茉央

●前座ガール

堺萌香



西鉄ホールに本拠地を移動して以来、自身初めてのHKT48劇場公演観劇。

前回は1年と3ヶ月前、偶然にも今夜と同じシア女公演でした・・・。

この公演を観ようとした目的、ソレはあえて言うまでもありませんが(汗

劇場スタッフの磯田氏と同じ道程で劇場入り・・・。

そんな心持ちでは良巡を曳けるハズもなく、限りなく優勝に近い28巡。

実に手荒い洗礼を甘んじて受けさせて頂きました。


このブログをご拝読下さっている皆様であれば、大抵の方は既にこの劇場を経験済みかと。

その上であえて無粋な説明をさせて頂きますが・・・。

本来は着席最大464名まで収容できる多目的ホール、座席を全部撤収して平土間にもなる様です。

このホールのメインステージ上下に花道を追加、更にはBステージまでも追加。

あくまでも第一印象ではありますが、旧劇場と遜色のないパッケージになっております。

ただし・・・他劇場では重用されている、可動セリ装置はありません。



f:id:urano_kazumi:20170509210901j:image



そしてこの劇場のある意味で最大の特徴!

通常、干された時に案内されるのはステージから最も遠い場所にある立ち見エリア。

完全着席制のNMB48劇場であっても、大抵最後列か極端に視界の遮られる座席しか残っていません。

しかしながら、この劇場の立見席はと言えば・・・。

図の通り、Bステージに向かうメンバーがバンバン目前を通りすぎます。

無論メインステージに対しても、十分に視界のひらかれたポジション!!

ヲタクにスキルさえあれば、ナンボでも爆レスが拾える場所であります(笑


ただし・・・コレは返す返すもヲタクの能力次第。

いくら近いとはいえ、ココは本来であれば関係者が身を隠すようにステージを見つめる位置。

あたしの様な外様にとっては、悲しいかな疎外感を味逢わずにはいられませんorz

幸いに今夜の公演は、秋葉原時代から存じ上げている古参ヲタクの青芝クン。

そして・・・彼の同僚であり、ヲタ仲間である某氏との3連番アライアンス。

コレがピンだったら完全にココロ折れていましたが、最後まで楽しむコトが出来ました!



入場巡が悪いと、公演そのものの評価も辛口になる。

大変申し訳ありませんが、あたしはソコまで人間が出来ておりませんので(笑

そのあたりは割引いてご拝読頂ければ幸いですが・・・。


端的に申し上げると、良くも悪くもHKT48の劇場公演だと思いました。

基本的には緩いよね・・・。

チームによっては、きっちりレベリングしてくるであろう

足のスタンスとか、振り上げた手の角度とか。。。

この辺りは完全に自由裁量、恐らくリハーサルで話題にも上らないのでしょうね。

他方、フリー演技のパートでは皆さん実に楽しそう。

色んな引き出しを持っているのが、ハッキリと見て取れるのはサスガです。



そんな中・・・俄然、あたしの目を釘付けにしたのが

他ならぬ井上由莉耶さん、そのヒトでありました・・・。

もちろん見知ってはいたし、このブログで彼女をフィーチャーするのは実は2度目(笑


もうね、まずはショートにしたその髪型が破壊力抜群!

そしてなにより、パフォーマンスにおける所作のひとつひとつが実に美しい!!

憑依系でもアグレッシブ系でも無いのですが、ただただシンプルに美しい。

例えるコトが正しいのか判りませんが、それは秋葉原のシアターの女神として呼び名の高い

村山彩希さんにも一脈通ずるモノ・・・。

既に卒業発表をしているのは存じ上げておりますが、ただただその美しさに感銘を受けました。



ハナシはコロッと変わりますが・・・。

前述の磯田氏、新劇場に変わってからなのかは存じ上げませんが

以前とはまるでヒトが変わったように、穏やかな語り口に変わりましたね。

そのコトが、今回の公演を観てイチバンの驚き(笑


実は伏線がありまして・・・。

前日のチーム8鹿児島ツアーに、氏はお手伝い要員として駆り出されていたんですね。

あたしは偶然クロークでお逢いしまして、どこかで見たヒトだと思っていたのです(笑


こちらが『明日劇場に行くのでよろしくお願いします』とふったトコロ

『自分も明日は劇場におります、道中お気を付けて!』と実に気さくに話して下さいました。


そんな流れを踏まえての前説、スタッフがドッカンドッカン笑いを取るのは48Gの良き伝統芸(笑

ソレに呼応しているのか、以前に比してオーディエンスのマナーも格段に良くなった気がします。

以前の様に、ちょっとでも応援グッズを高く掲げるとスタッフが飛び出すよな殺伐さは

あたしが見る限り、全くありませんでした。



なんだかとてもイイ関係ですね・・・。

コレも言い古したセリフですが、劇場公演とは三位一体で創り上げるモノ。

最後はお互いの信頼関係なのですから。

キタハラホリックキタハラホリック 2017/05/09 21:52 明治座の裏で行われていた最ベルの頃から凄く伸びたのが井上さんですよね。
中盤曲の衣装のハマり具合もさることながら公演がハマってるかと思います。
正直、今のHKT48ではどうなのか分かりませんが卒業しなかったらと思うことも無くない子だと。
先日も岡本目当てで行った公演で井上さんには楽しませて貰いました。
卒業前に嵐の夜にはが観たいな〜なんて思ってたりもします。
年齢と将来を考えれば仕方のないこととはいえ、勿体ないメンバーであると思います。

yamajuuyamajuu 2017/05/11 01:42 こんにちは。
ご無沙汰しておりましたが、今回は推しが卒業するという初めての体験に困惑中につきご容赦願います。

そんな中でも、推しの由莉耶が褒められているとなると嬉しいもの。
ラスト、一か月ですが、最後の最後まで見届けたいと思ってます。
レポ、ありがとうございました。

2017-04-30

urano_kazumi2017-04-30

NGT48 デビューシングル『青春時計』発売記念 個別握手会

at パシフィコ横浜展示ホールC



●購入握手券一覧

清司麗菜第1部     ×2
西村菜那子第1部    ×3
角ゆりあ第2部     ×2
西潟茉莉奈第2部    ×3
西村菜那子第2部    ×3
荻野由佳第3部     ×3(未使用)


あたしに与えられた、ささやかな黄金週間のオープニング(笑

劇場公演ではお馴染みの皆様ながら、接近戦は全員初体験だったりします。

強いて言うなら、西潟さんとはおよそ2年前に一度だけ・・・。


改めて言うのもアレですが、やっぱり自分コミュ障なんですかね?w

握手会とか、いまいち納得のいく会話を出来た試しがありません。

メンバーはみんな笑顔で、精一杯の対応をしてくれています。

ソコで何も引き出せない、あたしの不甲斐無さだけが後味悪く残りました。


いや・・・原因は判っているんです。

ホンキで何かを引き出したいなら、それ相応の仕込みが必要なのであって

公演を観る→手紙を書く→握手会と言うルーティンがあれば、

大抵のメンバーとはお近づきになれるのでしょうが。。。

それを怠ったまま、いわゆる認知を貰おうなんてのはムシが良すぎるワケで


唯一・・・西潟さんから『初めましてじゃないですよね?』と頂きましたので

ソレは先日の公演のお見送りの残像か、はたまた・・・と思い。

『実は2年半前に一度・・・。』と言うサジェスチョンに、見事に食いついてくれました♪


『(西潟さんが)おぎゆかと新潟を引っ張ってくれていて嬉しい』と言う趣旨のコトを申し上げたら

どうやら佐伯さんへの想いと聞き違えたらしく・・・。

『みかちぃさん頑張ってますよね』と返って来たので

『いやいや、ホントに頑張ってるのは貴女だから!』


満面の笑みでした♪

予想外と言ってはアレですが、良い時間を過ごさせて頂きました。

今度はちゃんと手紙を書きましょう(汗

『TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー 〜47の素敵な街へ〜』鹿児島県公演(夜公演)

at 鹿児島市民文化ホール 第1ホール(18:15〜21:10)



●出演メンバー

佐藤栞(新潟県)/左伴彩佳(山梨県)/歌田初夏(愛知県)/横道侑里(静岡県)/服部有菜(岐阜県)

永野芹佳(大阪府)/濱咲友菜(滋賀県)/中野郁海(鳥取県)/下尾みう(山口県)/吉田華恋(福岡県)

福地礼奈(佐賀県)/寺田美咲(長崎県)/倉野尾成美(熊本県)/谷口もか(宮崎県)/下青木香鈴(鹿児島県)

宮里莉羅(沖縄県)

●お手伝いメンバー

坂口渚沙(北海道)/小田えりな(神奈川県)/太田奈緒(京都府)/山田杏華(大分県)


●セットリスト

◆前座
夢でKiss me! (下青木 w/坂口渚・小田え・太田奈・山田杏)
向日葵     (福地礼・谷口も・下青木・宮里莉・倉野尾)
Maxとき315号  


M01  Birth
M02  言い訳Maybe
M03  重力シンパシー
M04  転がる石になれ
M05  ウッホウッホホ


〜MC〜


M06  鏡の中のジャンヌ・ダルク(下青木・倉野尾・宮里莉・谷口も・福地礼)
M07  ハート型ウイルス    (歌田初・濱咲友・寺田美)
M08  アボガドじゃね〜し      (太田奈・小田え)
M09  純愛のクレッシェンド   (福地礼・佐藤栞・左伴彩)
M10  ペラペラペラオ          (谷口も・服部有・吉田華・倉野尾)
M11  Blue rose               (中野郁・宮里莉・横道侑・下尾み)
M12  スキャンダラスにいこう!(下青木・永野芹)


〜2人MC〜          (宮里莉・歌田初)


M13  メロンジュース 
M14  汚れている真実  (下青木・中野郁・谷口も・吉田華・倉野尾・宮里莉・寺田美・横道侑・福地礼・永野芹)
M15  あまのじゃくバッタ


〜大喜利〜      (谷口も・小田え・太田奈・坂口渚・福地礼)

〜コント〜      (横道侑・佐藤栞・中野郁)



M16  へなちょこサポート
M17  一生の間に何人と出逢えるのだろう 
M18  挨拶から始めよう
M19  星空を君に
M20  制服の羽根
M21  夢へのルート


〜抽選会〜      (坂口渚・小田え・太田奈・山田杏)
抽選会スタート


Ec1  思春期のアドレナリン


〜MC〜


Ec2  ひこうき雲
Ec3  恋する充電プリウス 
Ec4  夜風の仕業    (ピアノソロ:下青木) 
Ec5  桜の木になろう(ピアノ:下青木 歌唱:ALL) 


母親から下青木香鈴への手紙(福地礼奈へのメッセージもあり)
代読:谷口もか


Ec6  47の素敵な街へ


詳細後記

だいだい 2017/05/01 14:19 先日はありがとうございました!
なかなか濃い話ができて、とても楽しかったです!
また機会があれば、よろしくお願いしますm(_ _)m

2017-04-25

urano_kazumi2017-04-25

NGT48 4月25日 研究生『PARTYが始まるよ・ガルベストン通り』公演

at NGT48劇場(18:30〜20:40)


一般枠当選→178番

15巡・立ち最前上手柱外1



大滝友梨亜生誕祭



●出演メンバー

大滝友梨亜/角ゆりあ/日下部愛菜/清司麗菜/高橋真生

中村歩加/奈良未遥/西村菜那子/宮島亜弥

●サポートメンバー

小熊倫実/佐藤杏樹/菅原りこ/太野彩香/西潟茉莉奈

長谷川玲奈/村雲颯香



2ヶ月ちょっとご無沙汰していた新潟の劇場・・・。

日本海の冬にありがちな鉛色の空は、見事なピーカンに変わっておりました。

記念すべきメジャーデビュー月間と言うコトで、ホームであるラブラ2の店内は

どこもかしこもNGT48一色に染まっておりました。

今を去るコトおよそ11年前、秋葉原で同じ時を過ごした者のハシクレとしては

あまりの環境の違いに、思わず涙がこぼれてしまいました。


現地で偶然お逢いしたiwsw氏、そしてチケット購入列でばったり出くわした下手氏

アライアンスを組んで臨んだ抽選は、可もなく不可もない15巡。

初めての立ち最前・上手柱外は、視界の面では決して悪くないポジション。

メンバーとの距離感は・・・フリコピで繋がろう←とするには

正直、険しいと言わざるを得ません。。。



前回の公演と同じ感想で恐縮ですが・・・。

角ゆりあさんがとっても良いですね、まるで憑き物が取れた様に生き生きしています!

元々ダンスパフォーマンスは悪くないので、ソコに磨きがかかりつつ

シチュエーション毎に表情の変化がちゃんとある。

当たり前のコトかもしれないけれど、暗渠の中にいたあの頃に比べたらその差は歴然。

何といってもスカひらが珠玉、何のためらいもなくひるがえる赤チェックのスカートこそが正義(笑

以前『ちょっとスキになった』と答弁しましたが、前言を修正させて頂きます。


『相当スキになりました!』・・・(笑



あとはですねぇ〜

帰宅後にオンデマンドを繰り返し拝見して、何かトピックが無いかと想いを巡らせましたが

ホントに申し訳ないのですが、何も浮かばないんです。

悪くは無いんです・・・決して悪くはありません。

PARTY公演ですからそれ自体が楽しいし、MCなどメンバーなりに腐心している痕跡は見て取れます。

でも、何かの爪痕が残ったかと問われたなら

残念ですが、ソレはノーと言わざるを得ません。。。


どこかルーティンワーク臭が漂っていると思うのです。

彼女達のおかれている境遇を鑑みれば、ソコに酌量の余地は十分にあります。

コレばっかりはメンバー自身がいくら焦っても、我々ファンがいくらいきり立っても

そう簡単に物事が進むとも思えませんが・・・。

品の無い表現で恐縮ですが、アイドルである以上、彼女達にも迫りくる賞味期限ってモノがあります。

安売りはしちゃいけないけれど、もう少しテンポをあげて行かないと・・・。

老婆心ながらそう感じます。

行路票


1406    1548
大宮    新潟(とき323)


2134    2314
新潟    大宮(Maxとき350)


新白岡⇔新潟 \10,800-
とき×2    \8,440-

MM 2017/04/29 17:54 自分の見る限り、みはは一皮向けた感がしますがどうでしょ?何となく、それに刺激を受けてるせいじもまたライター程度ではあるけど火が付いて来てる印象を受けますねー。

末吉末吉 2017/04/30 07:59 ご無沙汰しております
現場でご挨拶させていただきありがとうございました\(^o^)/。久々に県外枠で当たり、センターブロックの最後尾の一つ前でみさせていただきました。角ちゃん一時期は心配になるくらい元気なかったときもありましたが、最近はまた確変しましたね。素敵な笑顔で踊る姿を見生き生きとしてますね。

ルーティンワーク、確かに否めないですね。研究生公演も回数を重ね、いい意味でもわるい意味でも、慣れがでてきてしまってるかもしれないですね。こんなこと書いているにもかかわらず、具体的に、どこがダメといわれると、なかなか明確に指摘しにくいのですが、個人的な願望としては、N3のサポートメンバーがない公演をみてみたいなと思ってます。笑

キタハラホリックキタハラホリック 2017/04/30 17:48 やっぱり最大の魅力は角ちゃんの背徳感ですね。

もしかしてある種の完成を観ているのかもしれませんね。
形として研究生公演は出来てしまっているのでしょう。
N3の新公演が発表されましたが、研究生にも新しい挑戦をさせる時なのかもしれませんね。

出来たことよりも未完成の努力がみたいんですよね。
夏の二次会初日に感じたあの高揚感をもう一度感じたいと思います。