Hatena::ブログ(Diary)

コーリング

2010 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 07 | 09 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2013 | 02 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 11 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2018 | 03 | 12 |

2013-06-28

2013.6.30 TOKYO LANGUAGE SUBMISSIONS

23:11

f:id:uraocb:20130608235652j:image

(FLYER DESIGN BY 猫道!!!!!)


さてさて、いよいよ日曜日です!!!

これぞまさにワンナイトスタンド!!

言葉と音を操る魔術師達が、新宿に召還されます。

この日もまた新しい言語魔術が生まれ

受け継がれていくことでしょう。

お見逃し無く!!!!


TOKYO LANGUAGE SUBMISSIONS


2013.6.30(SUN)

新宿ドゥースラー

http://duusraa.com/


OPEN/START 18:00

1500 YEN WITH 1DRINK


◆LIVE


 田中光

 http://www.whiteholejp.com/

 

 まどがらす(雨風食堂/LHW?)


 はっとりあつし(YOYOYOYORUNO)

http://yoyoyoyoruno.web.fc2.com/info.html


 HONOGURA(灯汰+BEAH)


 uraocb 


◆DJ’s


 DARK DUTCH WIFE

 

 DJ YEW(Mo'Fun,STACKPACK)


THIS IS "SPOKENWORDS" PARTY IN TOKYO!!!!


----------------------------------------------------------


※全パフォーマンス終了後に

 マイクリレー形式のオープンマイクを行います。

 ラッパー詩人は問われません。ご参加下さい!!!


---------------------------------------------------------


追加情報!!!


8th wonder、Buddha Slaveのfake氏が登場!!

まどがらすのライヴで、Buddha SlaveがTLSに降臨します!!


D



--------------------------------------------------------------


タイムスケジュール


18:00 DJ YEW

18:25 uraocb×DJ YEW

18:50 DARK DUTCHWIFE

19:20 まどがらす

19:45 DJ YEW

20:10 はっとりあつし

20:35 DARK DUTCH WIFE

21:05 田中光

21:30 DJ YEW

21:55 HONOGURA

22:20 マイクリレー

2013-06-26

6月30日 TOKYO LANGUAGE SUBMISSIONS 出演者紹介(3)

00:44

6/30 TOKYO LANGUAGE SUBMISSIONS出演者紹介!

最後は、言葉と音の空間で「音」を司る要

DJ DARK DUTCHWIFE、DJ YEWの2人です!


--------------------------------------------------------------


DJ DARK DUTCHWIFE


D


スポークンワーズ界隈の皆様には、

おそらく初めて耳にする名前のDJだと思いますが

何をかくそう、この方は本人も預かり知らぬ所で

TLSというイベントの立ち上げに一役も二役も関わっています。

元々、ドゥースラーに初めて行ったのも

この人のDJを聴きに行くためでしたし、

TLSの発想を最初に思いついた時に、初めに浮かんだ出演者は

ライヴアクトではなく、実はDARK DUTCHWIFEなのでした。


DJ論、というものを話していくと長くなるので省きますが

自分が観てきたDJの中でも、これだけ「ハードコア」という

印象を持つ人は、そうそういないと思っています。

ジャンルとしてのハードコアではなくて、

アイデンティティとしてのハードコア

それを、DJで表現するということの凄さ。

ベースミュージックから、ノイズまでをミックスする姿勢。

この人の音に言葉をミックスした空間を初めに描いていたのです。

単純に楽しみです。後、名前恐ろしいですけど、良い人です!


--------------------------------------------------------------------------


DJ YEW(Mo'Fun,STACKPACK)


f:id:uraocb:20120520214334j:image


ヒップホップとベースミュージックを

スクラッチしてはカットしまくったプレイで

前回のTLSで大絶賛を浴び

あの猫道をブースに釘付けにしたDJ YEW

今回もTLSの要の位置を担う大きな存在です。

様々な場所で勢力的な活動を続けているDJですが

話せば話すほど、音楽やヒップホップに対する

造詣と愛情の深さをヒシヒシと感じます。

そして、これはDARK DUTCHWIFE嬢も同じくですが

言葉を使った表現に対する許容量の広さ

様々なラッパーのビートメイクを手がける一方で

スポークンワーズや朗読にも、強い興味を持っている。

おそらく彼と出会わなかったら、

TLSを続けて開催することは叶わなかったでしょう。


さてさて、そんなDJ YEWですが今回はDJ以外でも活躍いただきます。

今回のuraocbライヴは、DJ YEWとのコラボーレーションになります!

uraocb × DJ YEWです。

uraocbの言葉と、DJ YEWの作り出す音世界がぶつかります。

一体何が生まれるのか?ぜひぜひお楽しみに!!!

2013-06-25

6月30日 TOKYO LANGUAGE SUBMISSIONS 出演者紹介(2)

23:35

TOKYO LANGUAGE SUBMISSIONS出演者紹介

今回は、はっとりあつし、HONOGURAです!


------------------------------------------------------------------


はっとりあつし(YOYOYOYORUNO)


D


ヒップホップやクラブミュージックの出演陣が目立つ今回

唯一の他ジャンル枠からの出演です。

スポークンワーズの世界に足を踏み入れてから

色々なキャラクターに出会ったけれど、

最もインパクトが大きかったのが、この人だった。

スポークンワーズバトルの舞台で

半裸で踊りながら、トークングヘッズを弾き語りしていた

そして、その日のYSWSチャンピオントーナメントで優勝した。

怪演、以外の言葉がなかった、圧倒的な存在感。

その印象は今でも変わっていない。

ギターを弾いていても、パフォーマンスをしても

いつでも、はっとりあつし、という曲を歌っている怪人。

今はYOYOYOYORUNOというバンドをメインにして活躍してますが

はっとりあつしや、盟友関係にある飯田華子、五十嵐五十音という人達は

朗読、映像、美術と本当に多彩で、そんな人達が

何故言葉の世界を出発点にしたのか、不思議なのですが

スポークンワーズという言葉にとっては、鍵になる部分だと思う。

謎は判明するのか、それとも深まるのか。

はっとりあつしとは一体何か?注目です。


-----------------------------------------------------------------------


HONOGURA(灯汰+BEAH)


f:id:uraocb:20120520211940j:image


LIVE陣では唯一昨年に引き続いての出演となった

HONOGURAですが、その理由はいたってシンプルで、

もう一度TLSの空間で見たかった、からです。

それくらい、昨年のTLSでの彼らのライヴは

素晴らしかったし、驚きがありました。


灯汰君を評する時に、硬いリリックという言葉を

良く使ってしまいがちなのですが

TLSで初めて見たHONOGURAは、ポップで

自由自在に観客の心を操っていた。

SP404で生のビートを生み出すBEAH君の音楽観の広さは

相当の物で、このタッグが生み出す音と言葉は

まだまだこれから、ジャンルを問わず多くの人達を

震わせたり、奮い立たせたりしなければならないと思う。

オリジナルだし、創造性があるし

そして何より、独立している!

この音と言葉で、是非身体と頭を揺らしていただきたい。


-----------------------------------------------------------------------------------


ということで、今回もTLSライヴ陣、相当凄いことになっています!!!

この一同が介する機会はおそらく6/30が最初で最後になるでしょう。

是非、その瞬間を目撃して体験いただきたいです!!!!

宜しくお願い申し上げます。

2013-06-23

6月30日 TOKYO LANGUAGE SUBMISSIONS 出演者紹介(1)

22:36

TOKYO LANGUAGE SUBMISSIONSまで、

いよいよ一週間前に迫ってきました。

前回に続いて、今回も私から出演者の紹介をさせていただきます。

その一回目は田中光、まどがらすです。


---------------------------------------------------------------------------


田中光


D


以前ディルディルに出演いただき、

その後のCDリリース、UMB2012への全国大会への出場等

一層の活躍をしていることは、ご存知の方も多いと思います。

今回のTLSには、会場の新宿ドゥースラーゆかりの方が

何人か出演されていますが、彼もその一人です。

ドゥースラーのDJ DON氏とドラムンベースダブステップ

パーティーでマイクを握っていることを知った時は

驚きましたが、またドゥースラーで催すことがきれば

彼に出演を依頼することになるだろうな、と思ってました。


フリースタイル、ライヴパフォーマンス

どれもが極上であることは勿論なのですが

実際に話したり、共演したりすることで見えてきたこともあった

自分のスタイルに対する確固たる信念、視野の広さ

その両方を併せ持っている。

だから、どの場面にも彼の言葉は響く。

言葉によるソウルミュージックだと思います。

今回はソロでの出演になります。自ら音を出して、マイクを握る。

更新されていくことを恐れないし、進み続けている。

新しい田中光を、楽しみにしています。


------------------------------------------------------------------------


まどがらす(雨風食堂/LHW?)


D


今回の出演者の中で、実は唯一生でライヴを拝見していないのが

まどがらす氏です。

というのも、パーティーの世界観を広げるためにも

敢えて自分が触れたことのない人をお呼びしたいと考えて

灯汰君にTLSで観てみたい人はいるかなと相談したところ

名前が挙がったのがまどがらす氏でした。

雨風食堂は勿論存じ上げていましたし、その世界観にも

強い興味関心を持っていたので願ったり叶ったりでした。


ヒップホップという、一般的には特定のイメージを持たれる

ジャンルには、地上から地下まで深い深い幅がある。

田中光とは別の部分で、彼も(そしてLHW?というレーベルも)

ヒップホップに深い拘りを価値観を持っている。

それは純度の高い、ある意味ではアートに近い

表現そのもののコアな部分に向けて放つ言葉と音

それは、ヒップホップというジャンルの懐の深さの中で

決して忘れてはならない断面でもあります。

先日、打ち合わせをした時もそのような話で盛り上がり

ぜひこの人の言葉をTLSで体感したいという思いを

一層強く持ちました。

ポエトリーでも、ラップでも、どの枠でもいいですが。

言葉と音が空間を満たすことでしょう。


そして、当日のまどがらす氏のライヴは

ちょっとしたサプライズがあるかもしれません!

ぜひぜひお楽しみに。

2013-06-08

TOKYO LANGUAGE SUBMISSIONS!!!!

00:20

f:id:uraocb:20130608235652j:image

(素晴らしすぎるフライヤーは、猫道PRODUCTIONS!!!!!)





TOKYO LANGUAGE SUBMISSIONS


2013.6.30(SUN)

新宿ドゥースラー

http://duusraa.com/


OPEN/START 18:00

1500 YEN WITH 1DRINK


◆LIVE


 田中光

 http://www.whiteholejp.com/

 

 まどがらす(雨風食堂/LHW?)


 はっとりあつし(YOYOYOYORUNO)

http://yoyoyoyoruno.web.fc2.com/info.html


 HONOGURA(灯汰+BEAH)


 uraocb 


◆DJ’s


 DARK DUTCH WIFE

 

 DJ YEW(Mo'Fun,STACKPACK)


THIS IS "SPOKENWORDS" PARTY IN TOKYO!!!!


---------------------------------------------------------


6月30日の日曜日に、新宿にあるドゥースラーで

TOKYO LANGUAGE SUBMISSIONSというパーティーを催します。

昨年に一回目を開き、今回が二回目になるパーティーです。


言葉と音をテーマにラップ、スポークンワーズ、

弾き語り、ベースミュージック、様々なスタイルが混在し、

絡み合う極めて濃厚な空間です。

イベントではなく、パーティーを銘打っています。

能動的に動き、踊り、感じる意味でのパーテイー。

昨年の一回目で、ラッパーからDJ、詩人の方まで

様々な方がカオスな音と言葉の空間を

お楽しみいただいた光景は、オーガナイザーの思惑を

遥かに超えた、素晴らしいものでした。


スポークンワーズの世界にやってきて、

最初に時自分が思い描いていたのは、

スポークンワーズのパーティーをやりたいという構想でした。

それは最初に不可思議WONDERBOYが作った

「言葉が無ければ可能性は無い」という

コンピレーションCDを聴いた時から頭にありました。


自分の中ではイギリスグライムラッパー達が

街中で動画を録っているのと、

今村知晃がポエトリーリーデイングをしていることに

違いはなかったし、そういう感覚を

もっともっと多くの方に知っていただきたいと考えていました。

ただ、それを実行する為には

まず自分自身が中に入って何かを残さなければなりません。

そこでオープンマイクやYSWSやSSWSといった

スラムの場に上がっていきました。

決して勝ち続けたわけではありませんが、

様々な人達に出会いました。


スラムやオープンマイクの場で出会った人達は、

切磋琢磨する相手でもあり、

また同じように上がっていく境遇にある同士でもありました。

年齢やジャンルを超えて、素晴らしい場を共にした延長で

今の自分があります。

前回もそうですがTLSに出演いただくパフォーマーやDJの方々は

自分が実際に共演したり戦った上で、

「ヤラレタ!」とか「かなわねえ!」感を

一度でも抱いたことのある人達で、

(というか、実際戦って負けたりしてるし)

もう一度自分が対峙したいな、と思った人達です。


TOKYO LANGUAGE SUBMOSSIONは、いわば真っ白なリングです。

自分が提供できるのは、あくまでも空間で

後はスキルのある出演者がパフォーマンスされて

皆様にそれを楽しんでいただく。

ということしかありません。

シンプルですが、できる限りその魅力をお伝えすることができるよう

また、色々なご紹介をこのブログでしていくことになります。


パーティーやイベントは、

時間軸でいえば「点」にしかすぎません。

そこで起こったことはその場限りで終わってしまいます。

また次の日から訪れる日常の中で薄れていくことは

否定できません。

それでも、クラブやライブハウスでの経験した

瞬間の点と点が繋がり、今の自分を形作っていることは、

どなたにも経験があるのではないでしょうか。

それらは形が無いからこそ記憶された

得難い宝であるはずです。

TOKYO LANGUAGE SUBMISSIONSが

そのような場所にできればいいと思いますし、

スポークンワーズに関心を持たれて、

しかし何を始めればいいか分からない方への

大事な点になることができれば、

それ以上の喜びはありません。

宜しくお願い申し上げます!!!!!!