Hatena::ブログ(Diary)

ドラクロワ&キュクレイン

2017-12-17

真璃

23:50

『さみしがりの』

マリーと同じ名前のお姉さんが

涙を流して悲しそうにしている!

たくさんのお友達がいるマリーさんのところへ

マリーも走って行って

フェルゼンがいるわ!

大丈夫!

と、教えてあげたいわ。

でも、フェルゼンにもなんともできないわよね……

マリーならフェルゼンのことをなんでも知っているけど

卒業式を止めて欲しいとかそういうお願いはないし

大人になること、時が進むことは

悲しいことばかりではないと

みんなが知っているの。

それでも──

幼稚園が苦手なこわがりさくら

マリーがいてあげて

いじめっこはマリーに言いなさい、

観月も頼りなさいって教えてあるけど──

そのうちマリーも立派なレディーに育ったら卒園をしちゃう。

観月もすぐふらっとどこかへ行っちゃうし。

小学校のお姉ちゃまたちは、小雨お姉ちゃまが小学校を卒業するときに

たくさんお世話になったお礼をサプライズで準備しましょうと

すぐ横のソファの影で小雨お姉ちゃまがのんびりしているのに気付かないで話し合って

あわてさせたりしているわ。

それを見ていたマリーもあわてたもの!

でも、やっぱり小雨お姉ちゃまがいなくなると

さみしいって言ってたり

いなくなった後の小学校も

何かあったとき、自分たちだけで何とかできるのかなあとか

小雨お姉ちゃまのことも心配して、中学生になってしっかりできるのかなあとか

まあ勝手なことばっかり言ってるわ。

はあ、それでも

小雨お姉ちゃまにとってははじめての卒業。

マリーにとってははじめての卒園。

不安になってしまうのも仕方ないわ!

お姉さんのほうのマリーさんたちは

大事な場所が消えてしまうのがはじめての経験だったりするのかな──

明るく過ごした日のさみしい顔。

これから一生懸命走りぬいたら

その時の表情は違うのかしら。

マリー、応援しちゃう!

そして──

きっと一生懸命、思いっきり駆け抜けるお姉さんたちを

最後まで見ていたいと思う!

そうしたらぼんやり

さくらを心配しているマリーも

ちょっと変わるのかもしれないし

どきどきしながらくぎづけよ。

ああ──青春っていいわね!

一生懸命な人はいつもマリーの憧れなの。

2017-12-16

夕凪

21:57

『プライベートアイ』

宿題をノート丸ごと家に忘れてきても

トナカイのそりがあればひとっとびで解決。

そういうお仕事でばりばり働いて一儲けできそうなのに。

もうしてるのかな──?

クリスマスが近づいてきました。

気のせいかもうそりが行く鈴の音が聞こえそう!

夕凪の家は地球儀のこのあたり、

遠い北の国からはそれなりの距離

サンタさんがクリスマスの夜に駆け巡るのは

この広い地球儀の全部。

がちがち寒い冬の真っ最中も、まるで反対の真夏の海も

一晩で飛び越え

鈴の音を鳴らしてそりは行く。

世界中の良い子を一人も見逃さないでくれるの。

夕凪が海晴お姉ちゃんの肩を揉んだのも見ている。

凝っている肩は取り合いっこになるけど

早い者勝ち、思いついた子がいちばん先。

感心な夕凪のすることはそれくらい。

でも、クリスマスの夜を渡るおじいさんはそうはいかない。

世界中にいる良い子をみんな調べるのも

そこに届けようとするのもぶっとびすぎだし

本当にやってのけてしまい

やがて絵本になったり、今年もそろそろだねってうわさ話をされたりする。

せめて一晩でって縛りがなければ

夕凪も大人になったらやってやれないことはないんじゃない?

って思うけど。

そのへんもうちょっとなんとかすればいいのに。

夕凪もそのうちお手伝いなんかやってみようってなるのになあ。

すごい力でお仕事はばっちり、お給料もそこそこ良さそうだし。

それにしても細かいところを解決しないで思いつきで毎年続けて

しかも届きませんでしたなんてニュースもないのはすごいよねえ。

あのねえ、たぶんサンタさんの正体は

やさしくて仕事熱心で

なんでもできるすごい人だけど

ちょっとうっかりしたところもある人だと思うよ。

どこにでも──夕凪の近くにでもいそうだね!

夕凪の名推理とちょこまか動くフットワークで見つけてしまったらどうしよう。

氷柱お姉ちゃんにそんな相談をしたら

確かに無茶をする人だから

子供の頃は気になるものだ、

しっかり推理して大変さをわかってあげなさいって言ってた。

氷柱お姉ちゃんも子供の頃からかしこかったし

ものを見抜く目が合ったから

本気になればサンタくらいつかまえるのはわけないって。

でも、そんな子供っぽいことしているほど

ヒマじゃあなかったからね、みたいな。

夕凪がやるなら止めない──らしいよ。

大変なサンタさんのお仕事ほどじゃないけど

氷柱お姉ちゃんのサンタ探しは後継者ができたねえ!

あ、やってないのか。

でも詳しかったからだいたい似たような感じ!

夕凪は氷柱お姉ちゃんの妹だし、真実を見抜く才能がありそうでよかったけど

サンタさんの仕事は誰でもできるものじゃないよねぇ。

他の誰にもできないすごいマホウで

クリスマスの夜は世界中いっぱいになるの。

ほんとだよ。

夕凪みたいな子がたくさんおどろいて、その人を追いかけている。

みんなのすてきなクリスマスを呼ぶちから、

どこからやってくるのか

夕凪はいつか見つけ出すんだよ。

いつまでも続けられるよう

どうかお体には気をつけてください!

2017-12-15

虹子

23:51

ごっこ遊び

にじこは

お兄ちゃんとあそぶのが好き。

いちばん好きなのは

なりきりごっこ。

お兄ちゃんはにじことおままごとをするの。

とてもとても楽しいおままごと。

おにいちゃん、もうねむるじかんよ。

にじ、こもりうたをうたいます。

まいにちねむるまえに

してあげる。

お兄ちゃんも

あそぶの好きだって知ってるの。

だって、サンタさんごっこをしているところ

見てしまったもの!

にじちゃんのプレゼント

なににしようか

だって!

うふふ。

お兄ちゃんったら。

プレゼントを持ってくるのは

サンタさんですよ。

よい子のところにきてくれるのよ。

そんなあそびをしていたら

サンタさんはこないよ!

にじこだけが

プレゼントをみせびらかしちゃうよ。

それもちょっとさみしい……

ので、よい子にしていてください。

お兄ちゃんは、にじのお兄ちゃんだから

サンタさんではありません。

まっしろなおひげもないし

おなかもでてないし

あかいふくとおぼうしは、ホタおねえちゃんが作ってたけど

あんまりしない。

トナカイもそりも、ゆきもない。

それでも

サンタさんごっこをしたいんだね!

たのしいからね。

でも、サンタさんではありません。

もしかしたら

おとなになったら、なれるかもね。

にじこが大きくなって

おかあさんになれるかも。

やさいやさんになれるかも。

うたうたいになれるかも。

ものしりのせんせいになって

お兄ちゃんに

どうしたらサンタさんになれるか

おしえてあげる。

ついでにそのままサンタさんになり

お兄ちゃんのまくらもとの

くつしたをねらう。

どう?

すごいかしら?

お兄ちゃんのほしいものが

ぜんぶみんなわかっちゃう

にじこになります。

よい子のにじが

おとなになったらね。

2017-12-14

海晴

23:56

『かわいい蛍ちゃん』

私の大切な妹の

蛍ちゃんは

ラッキーアイテムを考えてあげたら

昨日も今日も手袋を編んで

私のところにも一つ届けてくれました。

かわいい♪

これならラッキーアイテムももう少し

長女と長男が行くペア南国リゾートとか

秘境の温泉旅行プランとかにすればよかった。

という冗談はともかく。

これから冬の寒さがまた厳しくなりそうだから

もともと蛍ちゃんも寒さ対策を考えていたと思うの。

でも相手は何しろ大自然。

厚着も温かいお料理の準備もするけど

それ以上にできることってあまりないじゃない?

ひとりひとりがそれぞれ気をつけないといけないこと。

なのに

知っての通り、お気楽な子ばっかりで

私たちばっかり心配しちゃう。

あ、私はお気楽なほうのグループに入れてもらえそうだけど。

心配していても何をしたらいいのかわからないときに

こんなに素直にお姉ちゃんの言うことを聞いてもらえるの。

家族を守りたい気持ちが

少し重なったのがいいのかもしれないね?

もらったものはうれしくて

しばらくは忘れずに身に付けたくなるものだし。

見て、雪の花と並んだイニシャル入りの飾り刺繍。

妹の手作りなのーって

友達にも自慢できる出来なの。

こういうのを作って

さりげなくどうぞと贈れたら

みんなを暖めるのに役に立つのに

私が挑戦したら両手を暖める一組に

ひとつのシーズンをまるごと使いきりそうな──

あはは、さすがにそこまではないか。

影響されて縫い方の動画を調べてみて

ななな、なんだこれはーと驚いただけであって

実際にやってみたら案外何とかなるものよね。

とはいっても、蛍ちゃんは早くもマフラーやニット帽の飾りも

真剣に調べている様子だったからなあ──

私が同じように編み物の本を開いても

あんなにわーって喜んで小さい子たちが寄ってきてくれるかしら?

あー、今ちょうど手が空いていてヒマだなー。

あの、もしも弟クンのリクエストがあるならぴったりのタイミングだね。

そしたらすぐに予定を入れて

特別注文で受け付けちゃうよ!

冬を少しでも暖かく過ごしてもらうために

みんなになんでもしたいから──

挑戦してみて途中で飽きる可能性は今だけ忘れて

なんでも希望ばかり話したい

未来へ期待する時間です。

2017-12-13

23:46

『その次の未来』

もう寒くてたまらなくて

困ってしまいますね。

手もカチカチに冷えているし

襟を立てて首を埋めるの。

暖まりたくてもお兄ちゃんはいつもいてくれないし

結局、春風ちゃんと手をつないで帰ってきました。

まあまあ寒さはしのげたでしょうか。

こうなると気になるのは

この先のお天気。

楽しいことがたくさん待っている年末年始は

寒すぎたりしないか

体調を崩したりしないか

みんなを抱っこして暖めたくて

蛍が両手を広げて手当たり次第に襲い掛かる遊びを始めないか

心配になるところです!

うれしいことに、わがやには

お天気予報に詳しいお姉ちゃんがいて

みんなが頼りにして甘える最年長。

おねえちゃんっ♪

海晴お姉ちゃん、これからのお天気を

テレビより先にかわいい蛍にこっそり教えてください。

蛍は絶対覚えて役に立てます。

蛍のすごいお姉ちゃん──

お願い聞いて欲しいな。

と、にこにこしてみたところ

よしっ!

自信はない

お天気予報のお勉強も途中だけど

そこまで言われて引き下がったら

お姉ちゃんがすたる!

だって。

さすが!

あまえんぼうの蛍と違って、頼りになります。

そんな海晴お姉ちゃんの予想によると

年末年始はおうちの中はとても暖かく

お外がどんなに大荒れでも

遠慮なく側によってくっついてみたり

ボードゲームなどをしてすごせるでしょう。

なんですって。

よかったですね!

なんでも予報できる海晴お姉ちゃん、

ちなみにホタのラッキーアイテムは何ですか?

続けて聞いたら、あわあわしながら

えーと──てぶくろ?

ますます自信なさそうに

教えてくれたので!

自分の分もそろそろ仕上げなきゃいけないのを思い出し

なるほどなるほど

さすが海晴お姉ちゃん、よく見抜いたなあと感心をしました。

お兄ちゃんにもラッキーをおすそわけするために

手袋ひとくみ作ります。

クリスマスプレゼントとは別枠で

特に深い意味のない贈り物をしたくなっただけだから

さらりと受け取ってもらえるとうれしいです。

それでちょっと喜ばれたらいいなという下心でした──

えへへ。

おうちになんでも困ったとき話せる

かわいいお姉ちゃんがいてよかった!