Hatena::ブログ(Diary)

ドラクロワ&キュクレイン

2018-10-30

00:12

『ダークライド』

明日はハロウィン本番。

言われてみれば街はどこか

楽しみにしているみたいにソワソワしているような気もするし

こころなしか家の中は

かぼちゃの匂いと

仮装の準備らしい色とりどりの布でいっぱい。

ここにあるつばの広い帽子に鳥の羽、

それから見渡す景色のどこかに埋まっている

真っ白で汚れのない手袋とタイツが

私が衣装合わせをしてきたうちの最終候補。

蛍姉さまが急に思いついて徹夜でも始めない限り

私の衣装は気高くサーベルを悪に向ける

凛々しい剣士になると思うから──

今夜は一度くらい

蛍姉さまの部屋の様子を調べたほうがいいかもしれないわね。

今年は着る人と衣装のギャップが面白いのを

選んだというから

立夏ちゃんは砂で汚れたホルスターを腰に下げる無法者ではなく

和の美しさをたたえたゲイシャガールで準備をしているようだし

小雨ちゃんは──まあ見つけても深く追求しないであげて欲しいの。

というわけで

将来はお固い鉄道関連のお仕事を目指していて

お固くまじめな電車といられればそれでいい

コスプレなんて軟弱な文化を嫌う私が

基本的に派手さ優先となれば定番のひとつとなった

この服を任されたということになる。

それにね、小道具としてであっても

振り回したら危ない剣を身につけるなら

分別があって、そうそう調子に乗ったりしない

私がベスト。

そういうふうに聞かされたものだから

しかたないの。

秋の澄んだ大空へと正邪を問うように掲げる剣は──

ずっしり重い拳銃より決して武器だけに頼れるほどの力はなく

もっと昔に人類の霞む曙光の中を共に切り開いた棍棒ほど

野性に身を任せることなく。

手にしたものが与える力は

ただ、自分が信じるもの。

正義──

勇気──

天から暖かく見つめるまなざしで

私たちを守る神への信仰──

純白の正しき心。

この家族では私しかできない

そういうコスプレなのよ。

知らないけど。

でも同じ剣を構える仲間として

黒い布を仮面にする義賊の星花ちゃんとは

こうやって剣を合わせて友情を誓うといったようなことは

やったほうがいいのかしら、

それとも設定的にまずい気もする……

ううーん、とりあえずその場の雰囲気次第ね。

正義の味方ゾンビやイモムシに襲われていたら

私は危ない剣をしまってから戻ってくるので

星花ちゃんに頼られているあなたが行って助けてあげてね。

おばけが襲い来る日も──

悪者をやっつけるか、無理そうなら急いで逃げて隠れた後に

正義の行いには敬意を評する必要があるのだから。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/urara105/20181030/1540912355