Hatena::ブログ(Diary)

yummy-yummy このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-08-28

TortoiseSVNでコミットしたあとにSubclipseで同期とるとエラーになるのですが

TortoiseSVNコミットしたあとに、Subclipseで同期をとったりするとこんなんで怒られます。マジへこみます。

svn: This client is too old to work with working copy 'c:\workspace\Hoge'; please get a newer Subversion client

subversion: Subversion FAQ によると

1.5.0 upgraded your working copy format to support some new features (in this case, changelists, the keep-local flag, and variable-depth directories). Although 1.4.4 doesn't know anything about these new features, it can at least recognize that the working copy format has been upgraded to something higher than it can handle.

はっきりとは分からんが、どうもTortoiseSVNの1.5系と1.4.4系は互換性が無いよみたいな事が書いてあるようだ。(1.5から1.4をほにゃららするのはOK。1.4から1.5をほにゃららするのはNG)

んで、ちょい下のほうに解決策がありました。

But this automatic upgrade behavior can be annoying, if you just want to try out a new release of Subversion without installing it permanently. For this reason, we distribute a script that can downgrade working copies when doing so is safe:

どうやらchange-svn-wc-format.pyを使えばいいよってな事が書いてあるので、DLしませぅ。

コンソールを開いて次のコマンドを実行

とりあえず、バージョン1.4フォーマットあたりにしてみます。

 >change-svn-wc-format.py c:\workspace\Hoge[目的のフォルダへのパス] 1.4

うまくいったらこんな感じでメッセージが表示
Converted WC at 'c:\workspace\Hoge' into format 8 for Subversion 1.4

これが「めんどいぜ!」ってな方への他の解決策としては亀SVNのバージョンを落とすって方法もありですな。

Windowsな人はPythonインストールしていないと使えないんで、ココからDL&インスコするように。

参考サイト

http://www.asahi-net.or.jp/~iu9m-tcym/svndoc/svn_wcformat.html