No one’s gonna dive

2016-10-13

[]芦原すなお『官能記』角川文庫

ネタバレ一応注意。

天涯孤独の少女、みーこの「女の一代記」。

『山桃寺まえみち』に続いての女性一人称小説。美点も主人公の造形もよく似ています。みーこは強く、爽やかで、頭もいいけど天然ぽさがかわいらしい、しかしそうした理念系的な造形が厭味にならずに、生き生きとした魅力を発散しています。梗概から想起されるところの、「おしん」的な暗鬱さとは真逆の、とても爽やかで、小説技巧の卓越を感じさせる、大人のメルヘンです。

メルヘンと言えば、作中の捨吉との物語がちょっと収まりよすぎるんじゃないかってのと、確かにみーこの思惟には「性」にまつわるものが多くて、それを爽やかにまとめる語り口の巧みさは読みどころの一つだけど、タイトルまであけすけにそれに倣ってしまうのは、内実と相反するイメージを喚起してしまいってもったいないなーってのが、数少ないマイナスポイントかと思います。前者はメルヘンだからまあいいけど。

全体としては、本当にポジティブで愛らしい、素敵な作品だと思いました。

評価はB。

官能記 (角川文庫)

官能記 (角川文庫)

なんか書影表示されねーな…読んだの旧版でデータないし、まあいいか。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/urt13/20161013/p1