uruyaの日記のミラー

2017-09-23

[]余市ゴンドラ登山

0750 自宅発

最近圧倒的に山成分が足りない。自転車成分も足りてないが山は行ける時期が限られてる。とはいえ遠くにいくほどの暇がないので近場でお茶をにごす。


0911 キロロリゾート

f:id:uruya:20170827091142j:image

0915 ゴンドラ乗り場

f:id:uruya:20170827091505j:image

0919 さらば下界

f:id:uruya:20170827091907j:image

というわけでキロロに到着。本来ならここからリゾート所有の林道登山口まで延々1時間歩き、そこからさらに2時間の行程。標高1000mのところ、ゴンドラを使えばたった300メートルの標高である。いやあ文明って素晴らしい。


0938 山頂駅

f:id:uruya:20170827093836j:image

0940 山頂モニュメント

f:id:uruya:20170827094007j:image

0947 登山口

f:id:uruya:20170827094731j:image

しかし山頂駅はごらんのありさま。おっかしいなあ、札幌は快晴だったんだけど。

まあ積丹から手稲にかけての山塊に雲がひっかかって札幌だけ晴れてるなんてよくある現象なので、走っている途中の空模様で予想はしてたが。


1021 花たち

f:id:uruya:20170827102138j:image

f:id:uruya:20170827102144j:image

f:id:uruya:20170827102205j:image

ゴンドラからは「飛行場」と呼ばれる平坦な地形が延々続く。ほぼ平地を2.5kmほど進むと急に下りがあらわれ、コルから一気に余市岳を詰める構造。ここは下り始める手前。

青いのはリンドウの仲間かな。山頂付近にたくさん咲いていて目立っていた。


1022 ガスに隠れる山頂部

f:id:uruya:20170827102215j:image

1025 定天方面

f:id:uruya:20170827102547j:image

ここがいちばん見通しよかったかなあ。南側定山渓天狗岳が見えるはずだが、もう何が何やら。


1106 ニセ山頂

f:id:uruya:20170827110653j:image

急登を詰めた頂上。いかにも山頂っぽいが、これはニセ。本物はこの先、平坦な道を数百メートル歩いた先にある。


1109 枯死したハイマツ

f:id:uruya:20170827110930j:image

山頂までのあいだには這松の枯れ木が多数。山火事の跡だとか。


1112 山頂

f:id:uruya:20170827111200j:image

登り1時間25分。15分休憩。

あーあ、真っ白だわ。晴れる気配もない。適当に休憩して適当にメシ食って下山開始。


1234 下山

f:id:uruya:20170827123418j:image

下り1時間5分。


1326 森のゆ

f:id:uruya:20170827132640j:image

キロロリゾート内で風呂に入っていく。ホテルの日帰り並みのリゾート価格、日帰り1100円。

高いが、人がいなくて貸切状態だったので大満足である。含鉄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉。一部浴槽のみ源泉掛け流し…となってたが、話半分ってとこで。撮影禁止と書いてたので写真は撮ってません。この施設自体にあまり興味もないし。

混むのはやっぱりスキーシーズンだろうねえ、夏場は意外と穴場かも。


1600自宅着

行動食を食いすぎて腹減らないのでまっすぐ帰宅。運動量少ないのに行動食とりすぎw


GPSトラック

f:id:uruya:20170902113330j:image

標高グラフ

f:id:uruya:20170902113348j:image

沿面距離 8.702km

累積標高 437m

所要時間 02:45:53

行動時間 02:28:51


移動ルート

f:id:uruya:20170902113347j:image

121.7km


交通費 1500 +ガソリン代(推定3.7リッター)

入浴費 1100


合計費用 \2,600- +ガソリン代(推定450)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uruya/20170923/p1