uruyaの日記のミラー

2018-07-01

[][][]東北ツーリング その2

0625 朝食

f:id:uruya:20180614062524j:image

自販機朝食。野菜たっぷりカラフルひれかつ丼。

コンビニ弁当クオリティで、さしてうまいものではない、というかぶっちゃけまずいが、なぜか味以上のワクワク感がある。非日常の極み。


0828 県道1号

f:id:uruya:20180614082830j:image

今回は行けるところまで海岸線を走ってみる予定。

ここは白浜海岸だっけかな?GPSデータ消失しているのでよくわからん


0929 横沼展望

f:id:uruya:20180614092956j:image

南下していくと、次第に地形が三陸特有のものになってくる。三陸北部海岸段丘という地形で、隆起した地盤が波に侵食されてできるらしい。


1009 兜岩

f:id:uruya:20180614100928j:image

1010 県道268号

f:id:uruya:20180614101001j:image

1011 つりがね洞

f:id:uruya:20180614101153j:image

久慈・小袖の景勝地。あまちゃんの舞台?見てないのでわからない。

この地形どこかで見覚えがあるなあ、と思っていたが、いま思い出した。礼文華の景色にそっくりだ。


1102 黒崎展望

f:id:uruya:20180614110204j:image

1124 北山崎展望

f:id:uruya:20180614112430j:image

1210 鵜の巣断崖

f:id:uruya:20180614121058j:image

岩手県が誇る自然観光地北山崎から鵜の巣断崖を回る。

海岸線基本的に断崖であり、建物が高所に建っているため三陸北部比較被害が少なかったのだろう。


1252 三王岩

f:id:uruya:20180614125223j:image

1258 たろう観光ホテル

f:id:uruya:20180614125819j:image

なんて言っていると、来ましたよ。ショッキングな光景。

田老にある震災遺構。河口部にある港で、低所にあるため直撃を受けたと思われる。

ここは宮古の少し北だが、宮古を境にして地形がいわゆるリアス式海岸に変わる。山岳地形が海に沈下してできるもので、海岸線が複雑になる。宮古から先は、さながら万里の長城のように防潮堤建設されていた。

100年に1度想定外の津波が来ることがわかっている海岸線に、現代万里の長城を築くことが本当の防災であるのかは、よくわからない。


1324 姉ヶ崎展望

f:id:uruya:20180614132402j:image

1330 浄土ヶ浜展望

f:id:uruya:20180614133016j:image

宮古姉ヶ崎景勝地浄土ヶ浜と重茂半島が見える。では浄土ヶ浜へ行きましょう。


1359 浄土ヶ浜

f:id:uruya:20180614135949j:image

f:id:uruya:20180614140050j:image

やあ、これは美しい。白い岩は流紋岩だそうで。軽くてもろい岩だった。

シーズンには海水浴場として賑わうらしい。こんな景勝地海水浴ねえ…


1424 館ヶ崎展望

f:id:uruya:20180614142449j:image

1432 竜神展望

f:id:uruya:20180614143240j:image

f:id:uruya:20180614143250j:image

浄土ヶ浜へは車道が通じているが、一般車両は入れない。少し離れた駐車場にとめて徒歩でアクセスすることになる。かなりの高度差で高齢者がひいひい言ってた。

歩きついでに周辺の展望所を回ってみる。宮古港が一望。


1534 富士之屋

f:id:uruya:20180614153408j:image

ちょっと早いが昼食兼の夕食。

宮古でメシを食うといったらどうしたって海鮮、しかもウニとかあわびとかの近海ものである。しかし写真を整理してて今さら気づいたのだが、今回1回も海鮮食ってないや笑 三陸海岸線をずっと南下してたのに海鮮を食わないとは笑

宮古のメシで選んだのは、観光客が絶対に行かない、地元民が通う店。大衆中華大衆食堂である震災時にはやはり被害にあったようだが、ひと月ほどで営業を再会したようだ。

ここの名物メニューが四川チャーハンである。当然それをいただく。チャーハンに麻婆豆腐が添えられているという、俺にとっての夢の食い物ファンタジーフード。ダブル大好物

f:id:uruya:20180614151759j:image

まず麻婆豆腐を食してみてびっくり。甘い!すげえ甘いよ!四川名前を冠してこの甘さは…と、とまどっていると、麻婆豆腐の脇に豆板醤がこんもり盛られていることに気がついた。なるほどなるほど、これで好きな辛さに調節しろということか。全量を混ぜてみると、ちょうどよいピリ辛具合に。辛いのが苦手な人には親切設計ですな。

チャーハンはチャーシューがごろごろ入っており、これ単体で十分うまい。麻婆豆腐にからめてもよし。

ボリュームもそこそこあり、ザ・大衆中華といった風情で大変よろしゅうございました。これは地元民なら通っちゃうよねえ、よくわかる。


1604 宿泊部屋

f:id:uruya:20180614160424j:image

この日はここまで。宮古1泊。

市街から少し離れた位置。多少施設は古いがリーズナブル必要かつ十分。落ち着ける宿だった。


2日め

食費 650+790

酒代 1469

宿泊費 (6912-1000)

飲物等 160

その他 250

ガソリン 1429

合計費用 \10,660-

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uruya/20180701/p1