記識の外 このページをアンテナに追加 RSSフィード

記識(きし)…… 書きつける。記しておく。

外(そと)…… 表に現れた部分。表面。外面。

1977 | 02 |
1982 | 01 |
2001 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
2007 | 06 |

2005-07-03

[]『ハッカー宣言』の宣伝。

はまぞうに反映されるようになったみたいなので、厚顔無恥にも宣伝しちゃいます。

amazonで予約受け付け中!

ハッカー宣言

河出書房新社の図書データより。

「いま、労働者階級にかわって登場したハッカー階級が、資本家にかわるベクトル主義階級と闘う新たな時代がきた。ドゥルーズドゥボールの影響下にある新鋭が知的所有権をめぐる抗争を中心に空前の世界を描く」

ハッカー宣言

ハッカー宣言

帯文はこんな感じ。ちなみに本文から。

ハッカーは結合者なのではない。我々は、いかなる集団においても自身の単独性を覆い隠したりなどしない。時代が要求しているものとは、強制的な協調性に基づく階級利害というよりも、むしろ差異の配列に基づいた階級利害を実現化する共同的なハッキングなのである。ハッカーたちは一つの階級であるが、しかしそれは抽象的な階級なのだ。それは、抽象性を作り出す階級なのであり、抽象的に作り出された階級なのである。ハッカーを一つの階級として抽象化することは、階級概念それ自体を抽象化することなのだ。ハッカー階級のスローガンとは、世界的に団結した労働者たちのスローガンthe workers of the world unitedなのではなく、接合された世界の諸作用the working of the world unitedについてのスローガンであるのだ。」

t_hayashit_hayashi 2005/08/18 18:26 上記の「接合された世界の諸作用」のくだり、原文だと”the workings of the world *untied*”となっており、「接合されたunited」どころか「解きほぐされた/ばらばらにされたuntied」という意味であるので、もし誤読であるなら早急に直されるべきでしょう。

あと、文全体の読みとしても、ぼくは「ハッカー階級のスローガンは、世界の労働者workersを団結させるunitedことではなく、世界の働きworkingsを解きほぐすuntiedことである」と読みました。

using_pleasureusing_pleasure 2005/09/30 00:08 あれ、untiedでしたか。
増刷が出るなら(出るのだろうか?)、そのとき直したいと思います。
ご指摘ありがとうございました。

workingsはこの手の本だと「作用」と訳すのが決まってるみたいですし、訳しなおすとすれば「結びつきを解かれた世界の諸作用」という感じになると思います。

using_pleasureusing_pleasure 2005/09/30 00:08 付記:亀レスすみませんでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/using_pleasure/20050703/1120397909