Hatena::ブログ(Diary)

人間学とコンピュータを極める。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-06-22

電子書籍未来

インターネットインフラが充実し、PC携帯電話ハードウェアが普及したこと、さらにはブログSNSなど簡単に発信できる仕組みが普及したことにより、多くの人が文章を書き、それを発信することに慣れてきた。また、電子書籍の登場に伴ない、出版業界は大きな構造変化が起こっている。

アメリカで起こったゴールドラッシュ時、金を掘りに来た人は多くの場合、財を成す事は出来なかった。代わりに鉄道インフラの整備や衣服販売で成功を収めたケースがある。電子書籍の普及を現在のゴールドラッシュと捉えた場合、少なくとも電子書籍そのものを出版する行為よりは、その周辺領域におけるインフラ提供するビジネスが成功する確度は高いの可能性もある。ただし、どういうビジネスが成功するかは誰にも分からない。電子書籍は紙媒体に比べると、低コスト出版できるようになるため、そのリスクコンテンツを作り出す時間ということになるのではないか。時間をどう使うか、それこそ勝負の分かれ道になりそうだ。

私と本

本との出会いが好きだ。本を紹介するのも好き。誰かに本をプレゼントしたり、されたりする。この前の誕生日には、親友から「夜と霧」をもらった。ヒントが散りばめられていた。特に印象深いメッセージは「生きるとはつまり、生きることの問いに正しく答える義務、生きることが各人に課す課題を果たす義務、時々刻々の要請を充たす義務を引き受けることにほかならない。」という部分だった。こういう出会いがあるから、本を読もうと私は思う。

2010-06-19

初めてのUSTREAM体験は衝撃的でした!

ブログを欠かさずチェックしてる人のひとり、渡辺千賀さんがスピーカーとして参加されているセミナー日本でありました。TEDxTokyoを見つつ、TwitterのTLで見つけたんですけど、そのセミナーUSTREAMで中継されてた。

「あ!これはすごいぞ!家に居ながらにしてセミナー見れるじゃないの!すごい!」って思いながら見てた。

僕が最初に見てたページでは、スピーカーカメラの視点が固定されていた。そのページは、よくあるEラーニング教材とはちょっと違っていて、映像の画質はキレイとは言えないまでも、十分に顔は見える程度はあるし、音声はキレイに聞こえている。

「なるほど!そうかぁ〜!」なんて言いながら見てたら、途中からスライドを説明し始めた。

「う!スライドが見えないっ」

そこで、「スライドもみたいなー (#abc619 live at http://ustre.am/jvnu )」ってTwitterに投げたら、すぐにUSTWRAPっていうスライドとスピーカーが同時に表示されるのを紹介してくれた。

「ほっほー!これは便利便利!」思わず、叫びそうになりましたw

実は学生の頃、ある経営学講座に所属してました。そこでは毎週のように企業経営者スピーカーとなって講義をしてくれていて、その熱くて濃い内容を毎回毎回楽しみにしていました。「こんなに良い話なんだから、映像にしてもっと多くの人にも聞いて欲しい!」と思い、ある時から、その講義内容をカメラ撮影し始めました。そして、内容をテープ起こしして、映像字幕をつけるところまでは実際にやってみました。これを蓄積して、Eラーニング教材として配信・販売することがビジネスになると思ったから。でも実際は著作権の整理が出来なかったことやマーケティングや営業がわからなかったこと、そして人間関係トラブルで諦めたことがあったんです。

だから、今回のUSTREAM体験は衝撃的でした。しかも、映像見ながらTwitter上でリアルタイムで議論もできる。こんな素晴らしい世界ができてるんですね。USTREAM、こういう使い方があるんですね。未来を感じました。

今日見たセミナー

2009-12-05

初めてのモニター体験。スマートフィットピローを試用しましたよ

先日、smart sleepというiphoneアプリの発表会がアップルストア銀座でありました。

僕たち夫婦は、「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす(池田千恵著)を読んでからというもの、朝早く起きようと頑張ってたところでした。ですので、何かいいお話が聞けるかも!って思いながらわくわくしてイベントに行きました。

「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!

「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!

すると、なんと、パラマウントベッドさんの「スマートフィットピロー」という枕のモニター当選しました。さっそく、このスマートフィットピローとSmart Sleepアプリを一週間ほど試用してみましたので、今回はそのレポートです。(枕は頂きましたけど、お金はもらってませんよー。)

結論からいうと、寝付きと寝起きがよくなったし、翌日の活動が冴えることが増えたので、以前に比べて睡眠環境が良くなったと思います。

その理由は、この3つをトータルで提供してもらったからだと思います。

  1. 睡眠についての知識(イベントでのお話)
  2. 睡眠の道具(枕)
  3. 睡眠を助けるソフトsmart sleep)*1

睡眠についての知識は、快眠セラピスト三橋美穂さんによる、「ITワーカーのための快眠セミナー」です。当日のログは、http://twitter.com/smartsleepにあります。よい睡眠とはどういう睡眠をいうのか?ここにすら明確な答えを持っていなかった私でしたが、翌日の活動レベルが維持出来ている or 眠いという事実があったとき、その理由を前日の睡眠に求めるようになったことは大きな変化です。

道具はスマートフィットピローです。うちはダブルベッドですが、この枕の横幅だと2つは置けないところがネックでしょうか。寝返りが打てる枕というのを実現するには、横幅は必要なのでしょうね。実際、寝返りがこんなに楽に打てる枕は初めてです。高さを調節できるのも良いですし、僕には硬さも程よいです。

最後にソフトsmart sleepは「おはよう」と「おやすみ」を記録して、寝る3時間前までに食事を済ませるためのアラートがあったりします。また、「おはよう」・「おやすみ」をtwitterにツイートできたりするアプリで、ログがアプリtwitterに残るとところが良かったです。さらに、世界中の人たちの「おはよう」・「おやすみ」がtwitterで見れるっていうのは斬新でちょっと面白いです。*2

最後に、今回のモニターをすることで、睡眠について夫婦でよく話をするようになりました。何より、寝ることについて、考えたり、話し合ったりする、とても良いきっかけになりました。「枕を売る」「アプリを配る・売る」という単体でのものではなく、睡眠という体験をトータルパッケージで提供するっていう切り口はすごいアイデアだなって感心しました。こんな素晴らしい機会をいただきまして、本当にありがとうございます。これからも、大事に使っていきたいと思います。

*1:ただ、アプリはsleep cycleと併用し、二度寝を防止することにしています。

*2Twitterでのハッシュタグは#smartsleepです。

2009-12-04

ATOKからGoogle IME辞書インポート(win)

  1. ATOKから辞書内容を書き出し
  2. 書き出したファイル秀丸等で開き、文末の$やら*を除去
    • 秀丸正規表現をオンにした上で、文末の*を削除
      • 検索:\*$
      • 置換:
    • 秀丸正規表現をオンにした上で、文末の\を削除
      • 検索:\\$
      • 置換:
  3. Google IME辞書インポート

2009-11-03

[]心に残るステキな式になりました。

10/31に地元鹿児島結婚式を無事挙げる事が出来ました。

いままで僕たちを支えてくれたみんなに、感謝の気持ちが 少しでもお伝えできたかなって思います。

出席いただいた皆様、本当に、ほんとうにありがとうございました。おかげさまで、心に残るステキな式になりました。

母からは、「主役だから、堂々としていた方が良かったのに」なんて言われましたが、あまり恐縮しすぎて、挙式のときなんかは、2人で頭を何度も下げてました。おかげで米粒を頭にたっくさん、もらいましたw

式をしてみて、感動したことがいっぱいありました。

そして、新婦幸せそうな笑顔

この日を忘れずに、これからも2人で明るく、前向きに、笑顔の絶えない家庭を築いていきたいと思っています。

これからも、変わらずご支援ください!

どうぞ末永くよろしくお願いします!