Hatena::ブログ(Diary)

東京大学自転車部競技班の練習日記

2011年10月12日水曜日

[] 00:40

ローラー。体重が58kgなので、"290W-10min"を長期目標(春くらいまで)に立てる。試しに280~300Wで走り出してみるも3分と保たず。弱すぎる……。

そうです、森泉さんから継承させて頂き、ついにパワータップをゲット致しました!早くPowerAgentをインストールせねば!

2011年07月31日日曜日

[] 23:56

湾岸クリテリウム(クラス3C):9位

関西勢等、着に絡んで来そうな選手が比較的少ない今回のレース。ロードレース形式のクリテリウムは新鮮で、戦術的な慣れが無かったのが敗因だと思います。常に先頭付近に陣取り積極的に牽いたり飛び出しにチェックをいれたりするのは、どちらかというとポイント形式向きの走りだったかもしれない。クラス3ならば位置取りで苦労することはもうあまりないので立ち上がりに脚を削られることもなかった、、、でも、でも本当に最終回の入りが悔やまれる。800mという短いコース、ゴールスプリントの有利不利はラスト2周で決まるのはわかりきっていたのに、あの一瞬、ずっと集団を牽かずに潜んでいた選手のスパートへの反応が遅れたあの一瞬はバカをしたと思う。これでもう昇格のチャンスは白馬しか残されていないが、いつになくポジティヴでいられているのが唯一の救い。クラス3の選手達の試合中の心理は大体把握できましたし。(中盤栗村さん白戸さんに名前呼ばれてテンション上がって牽きまくってしまったのも敗因の一つ。)

立哨のためだけに来て頂いた森谷さん、清水、ありがとうございました。監督、解説最高でした。

2011年07月17日日曜日

[] 17:16

前日に西武園で調整。取手記録会に、ハロン・1km・ポイントでエントリー。

ハロン(12"58):自分にB基準の可能性があるとしたらハロンだと思い、覚悟を決めて挑んだが。。。コーナー途中までロングダンシングする作戦を採り上手くまとめた感じ。たとえベストを0.4秒更新しても、届かなかったものは届かなかったものとしてタイムとしての意義は薄い。

1km(1'17"71):ソリア域の弱い自分にとって最もキツい種目。スピードに乗れず、こちらもベストを2秒以上縮めるもまだまだ。

ポイント(10/40周DNF):順天堂、日体のエース級が一堂に会したハイレベルなレースとなり、中切れを起こしてしまう。結果的に歯が立たなかったのは一目瞭然だけれども、なんとなーく個人的には手応えはあったつもりです。

数字を見ての通り、インカレ前の最後の記録会、求められたものに及ばなかった。とはいえ、目標を定めて練習することの意味と、それは必ず結果に反映されるということを実感した。ロード練でもほんの少しずつだがパフォーマンスは上がってきている。当分の目標は、東京大学自転車部の戦力になること。トラック団体種目のメンバー、ロードメンバー、それらに自分が入ること。湾岸、白馬での昇格は最低条件になってくるだろうし、それぐらい自分にプレッシャーをかけていくのも悪くない。要は、さっさと試験勉強やります。んでさっさとクリテ2連戦に向けて臨戦態勢に入ります。

artart 2011/07/18 01:12 中村おめでとう!たしかその教えは西薗のだったような。。

なかむらなかむら 2011/07/21 20:11 有田さんお久しぶりです.ありがとうございます.過去の日記を見直してみたら確かに西薗の教えみたいですね.