Hatena::ブログ(Diary)

東京大学自転車部競技班の練習日記

2012年09月09日日曜日

[] 19:03

遅ればせながらインカレのレポートです。2週間に及ぶステージレース(期末試験)の真っただ中より報告します。

山中湖、愛媛、鹿児島合宿を通してレベルアップしていたのは実感していたので、初のインカレでどこまで通用するのか楽しみにしていた。

1周目の長い登り、練習よりもゆっくりのペースでひとまず安心。中盤でスタートしたので何とか前へ上がりたかったが、真ん中の方で埋もれてしまい前にはなかなか出られず、そのままトンネルへ。トンネルといえば木祖村での落車も経験していたので、車間を空けて慎重に走っていたが、その甲斐も無く落車に巻き込まれてしまう。半分くらいの人が巻き込まれたのではないかという印象。怪我はなく自転車もハンドルがゆがんだだけで走れる状態だったが、ハンドルが前の人のスポークに絡んでいたため引き離すのに手間取り大幅タイムロス。それでも後ろを見るとまだ人がいるし、諦めずにみんなでまわし集団を負う。他校の有力選手も多く巻き込まれていたので、グルペットを大きくして、平地、下りをみんなでまわせば、何周かかかるにしても集団復帰できたのではないかと思うが、大きなグルペットはできなかった。数人のグルペットを作っては崩壊、吸収を繰り返して走るも3周で下されてしまった。

今回のインカレは地元鹿児島の方が開催にあたって本当に盛り上げようとしていただいてるのがひしひしと伝わってきて、非常に勇気づけられありがたかった。横断幕に、サドルパンに、各大学のプレートに、温かい声援。。。また、グルペットや一人で走っていても他大学の方に声援をいただいた。ありがとうございます。そして、スポンサー様をはじめ、メニューを相談していただいた柿木コーチ、遠方から駆けつけてくださったOBの方々、忙しい中運転、アドバイスしていただいた監督、出走前日に快くディレイラーの部品を貸してくれた吉田、サポートにかけつけていただいた西岡さん、清水、内田などなど、今回もたくさんの方の優しさによって走ることができました。感謝しきれません。みなさんの応援、やさしさにふさわしい結果が残せなかったことが、残念でなりません。

とりあえずこの悔しさはテストにぶつけてきます。

ありがとうございました。 

都倉 薫

2012年08月25日土曜日

[] 17:31

昨日 周回練3周(長い登り×3、短めの登り×3)、坂の度に山岳賞を狙う練習。長い登りは水田、浦に太刀打ちできなかった。短い登りの方は2回山岳賞GET!かなりハードな練習だった。

今日 いつもの双海、長浜、犬寄のコース。長浜までの平地はかなり追い込めた。3、4、3でグループ分けしたが前のグループとの抜かしあいになり平地レースさながら。ハロンいっぱいやった成果が出てきたのかスプリントのかかりがよくなってきた。途中安井さんのインターバルにお供したが脚は残ってなかった。

今回の合宿のバンク練では松山市中央公園にある瀬戸風バンクを使わせていただきました。とてもきれいで走りやすいバンク。軽い走りができる印象でした。使用するにあたっては競輪課の方にお世話になりました。また愛媛出身の元競輪選手である伊藤豊明さんにはバイクペーサーをはじめ練習にお付き合いしていただき大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

さて明日からはいよいよ鹿児島です。練習の成果をぶつけてきたいと思います。

2012年08月23日木曜日

[] 18:34

愛媛合宿

1日目 午前 高速巡航練 双海の方へ 120? 立教OB小西さんも飛び入り参加!ありがとうございました。 午後 バンク練 ひたすらハロンの練習

2日目 三坂峠でプログレ、インターバル12本 がんばれない回も、、、

3日目 午前 勉強 午後バンク練

4日目 午前 高速巡航練 犬寄峠はかなり追い込めた 午後 バンク練 初めてのバイクペーサーに感動した 伊藤さんお世話になりました

5日目 午前 インターバル試みるも足が死んでて強度上げられなかったので距離を乗る 佐藤、林、吉田の4人で面河の方へ 涼しくて景色もよく気持ちよく走れた

6日目 午前 三坂へ行くも雨がひどくなったのでプログレ1本やって引き返す