Hatena::ブログ(Diary)

杉戸天然温泉 雅楽の湯(うたのゆ)ブログ

2017-11-16

【気まぐれ小話】タマンのバター炒め

私は以前に沖縄の各地の役場の方と、

その各市町村農業に関する仕事も少ししていたこともありまして、

そのことがきっかけで、

日本各地のその土地ならではの食を楽しむのが好きになりました。

実は私は埼玉県民の日沖縄(那覇糸満・コザあたり)にいました。(笑)

そして夕暮れ時のコザ(沖縄市)の島料理屋さんで沖縄の友人(ひ)さんと頂いたのが、

タマンというフエフキダイ科の魚のバター炒め。

f:id:utanoyu:20171115180934j:image:w360

ブドウ、アグー(なきじんそんのブランド豚)の串焼きの後のメインディッシュとして。

これが中々に美味しく、まるでフレンチを思わせるような味わい…。

泡盛北谷長老(ちゃたんちょうろう)のオンザロックをカラコロと、

なんとも最高なのでした。

沖縄でも魚はもちろんお刺身でも頂くのですが、
マグロや青い魚のイラブチャー

料理をした魚も日常的に食べられており、

正直、お刺身よりもお勧めなのです。(笑)

上記のタマンのバター炒めもそうですが、

グルクンの唐揚げ(定番)やミーバイマース煮も大変に美味。

沖縄に行かれることがありましたら、ぜひどうぞ。



そうそう、杉戸と言えば色々にあるのですが、

個人的にはやっぱり野菜ですかねー。

私は20代の後半から既に肉より野菜か魚を好んでおります。(笑)

野菜以外にはうなぎ料理も、

江戸時代は川の流れる宿場町(杉戸宿)のおもてなしとしての食文化の伝統を、

今もなお受け継いでいます。

杉戸にはうなぎ料理の名店が数店ございます。

私にはちょっと手が届かないご馳走ですけどねー。(笑)

f:id:utanoyu:20120803212728j:image:w360

写真は、東武動物公園駅を背にして古川橋の左手にあるうなぎの高橋屋さん。

たった一度だけ、そのご馳走を体験させて頂いたことがあります。(笑)

杉戸に来られることがありましたら、ぜひどうぞ。



今回の沖縄もまたマイルやネットの広告収入等でほぼ無料で行ったのですが、
沖縄は毎年のようにほぼ無料で行きます)

やっぱり良かったなぁー。(笑)

今回最も印象的だったのが握手。

二人の友人を始め、バーで横にいた方も含め何人かの方と握手をしたのですが、

なんだかとても感激しました。

その"思い"が嬉しいのです。

感謝。

f:id:utanoyu:20171115182221j:image:w360

カニ注意だって。(笑)

まんためんそーれ。(那覇空港の看板にそう書いていました)

もちろん、「またいらっしゃいませ」という意味です。(笑)

まんた行きましょうねー。

なんて。



本日もうたのゆでお待ちしています。



ちょっと温泉旅行気分♪
杉戸天然温泉 雅楽の湯
★@nifty温泉さんで全国約1万1千施設の中から4年連続1位に選ばれました。
★杉戸・宮代求人情報 杉戸天然温泉 雅楽の湯