ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

内川電気のblog

2017/04/10(月) 基礎モルタルは、砂利入りです。

午前は、騎西改修工事のその引き続き。

棚高さ決まっていない部分、そこは残して粗方です・

大体になって、午後の作業です。


種足での、駐車場工事です。今日は、2本立ち上げちゃう


着けばすぐ気づく。


f:id:utti0126:20170410182035j:image

一号柱側に、モルタル流し込んでいただいていました。


側溝枡及び、側溝設置に伴い一緒に、一号柱根元に

大量に流し込んでいただいたようです。今日。

ありがたい、根枷とのコンボ


これなら、一号柱の引込東電柱側への傾きもないでしょ。



f:id:utti0126:20170410182037j:image

今日も、手ごねの砂利入りのモルタルです。


ショベルを持って来忘れたので、通常スコップで土堀と兼用

でも練るのは、やっぱ角ショベルの方が、船の隅までかき混ぜられれ良いね

そこは、コテでかき混ぜるか、肉厚なゴム手袋でかき回す。


いつもは、仕上がり面の凹凸あるとなー。

砂利無しでしたが、確かに強度は、砂利ありですよね。

監督さんの指摘で、スーパービバホーム加須店さんに

建柱完了、枠粗方作ったタイミングで調達に行く。


防犯灯工事でも、基礎モルタル入れるし、常備しておけばいいんだけどね。

インスタントモルタルは、さて使うときは固まってしまうもん。


f:id:utti0126:20170410182034j:image

GL予定は、黒ラベルです。


残念ながら、昼間仕事中ですのでアサヒの黒ラベルじゃないです。

この後、そこまでは、枠作って四角く仕上げました。


f:id:utti0126:20170410182036j:image

外灯取付ポールも建って、モルタル基礎まで打ち終わりました。


先週もだけど位、毎日タイトなスケジュールで回してるけど。

楽しいな。この後は夕方の、地元お客様への照明交換です。

一日動いて、いい酒が飲める。

2015/06/01(月) 今日は前橋でコンクリート電柱建柱です。

午前は、自宅のプライベートな用事で、午後から前橋へ。


f:id:utti0126:20150601144505j:image

今日は前橋でコンクリート電柱建柱です。

2013/10/18(金) 建柱車の侵入は、無理です。

今日は、午前中太田へGo!


以前からお世話になっています。

メガソーラー、太陽光パネル、

送電の為の、コンクリート柱、その現調ですが。



f:id:utti0126:20131018101718j:image

これは、建柱車の侵入は、無理です。


入り口は車は入るような、あぜ道だったけど、

その先は、これ。絶望しちゃいました。

建柱云々じゃなく。人が歩ける小道。



東電さんも、ちょうど、

お打合せ時に、現場にいましたので、

電柱建柱場所を考慮して、送電柱の場所は

決めましょうとの話になりました。


戻って、今日は地元です。

2013/01/15(火) 久しぶりのコンクリート柱の建柱です。

昨日の雪で、休業日の昨日から、

電話は鳴っていました。


大概は、アンテナに振り付いた

その積雪が原因だったみたいです。

当店範疇。


昨日も、問い合わせいただきましたが、

今日になっても、受信できないそうです。

すべてのチャンネルが受信できないそうなので、

原因は限られてきますね。


いざ、加須市花崎へ。


f:id:utti0126:20130115182228j:image

雪でケーブルが引っ張られていました。


一時側、ケーブルが雪の重さに耐えれれず、

いっぱいいっぱい。

遂には接線から、抜けていました。

これは、支線、括り付けにて改修です。


数件のお打合せを済ませて、

時間が空けば、防犯灯の新設へ。


f:id:utti0126:20130115181557j:image

鴻巣市役所 笠原 防犯灯新設工事(工事前)。


f:id:utti0126:20130115181556j:image

鴻巣市役所 笠原 防犯灯新設工事(工事完了)。


とは言え、引込は、

東電さんへお任せの図面を書いているので、

簡単に言ってしまえば、自動点滅器を潜らせて、電柱へ防犯灯を取り付けるのみです。

風の強さに、寒さに、負けない。


午後後半からです。

羽生市にて。


f:id:utti0126:20130115181555j:image

12mのコンクリート柱を持ち上げます。


久しぶりの、電柱持ち上げ現場になります。

毎回毎回、この光景は絵になりますね。


f:id:utti0126:20130115181559j:image

土戻し中です。


今回は、根枷も入れられる、手掘りでしたので、

みんなで、スコップもって、土を戻します。

電柱持ち上げるより、こっちが、かなりの重労働。


自分はというと、

建柱場所が、カーブの建柱車が道路駐車でしたので

今回は、旗振り担当です。


首を振り振り。

それでも事故ないように。

でも電気屋ですから。なんだか仕事した気がしない。

自分が仕事したわけでなく。建柱屋さんの紹介ブローカみたいで。


その為。


f:id:utti0126:20130115181558j:image

受け点金具を取り付けました。


建柱車と入れ替わり、当店バケット車の出番で。

お客様から、要望された、支給された、動力・電灯の受け点金具の取付です。


これで、酒が飲めます。

2011/04/12(火) 今回は、7mの電柱建柱です。

後で追記します。

f:id:utti0126:20110412173708j:image

まずは、スクリュー穴掘り、アースオーガの出番です。


f:id:utti0126:20110412173706j:image

穴掘り中です。


f:id:utti0126:20110412173707j:image

一旦泥を落とします。


f:id:utti0126:20110412173734j:image

埋込寸法をチェックします。


今回の電柱は、7m柱ですが、

2mの埋設で、5mに仕上げます。


f:id:utti0126:20110412173703j:image

電柱を持ち上げます。


f:id:utti0126:20110412173735j:image

電柱を抱え込みながら。


f:id:utti0126:20110412173704j:image

電柱は立ちました。


出が、5mの電柱が立ちました。

2010/04/16(金) 必要にかられて、平面アンテナUAH800の試験測定です。

菖蒲町で動力新規引込の前準備です。

午前、アンテナ工事予定が、諸事情によって先延ばしの、

7.0m鋼管ポール建柱の先のアンテナ工事となりましたので、

菖蒲へ、今日作業は、電気工事へ変更します。


ここの現場、付近に東電柱は、その50m先。

結構、設計回しの引込工事で、東電柱を数本立てるのに。

用地交渉も有りますから、時間は掛かってしまうかな。

そんな、動力電気引込工事でしたが、道路の反対側までNTTさんの小柱は有ったようで。


それを頼りに、動力線も引込することができるようです。


内落予定は、20日までと、東電さんから。

また当店内落予定も申請の際に明記していましたので、

際になりましたが、本日、一号柱建柱と、そして、引込ボックス等の準備をです。


f:id:utti0126:20100416213031j:image

穴掘り中です。


引込鋼管ポールの穴掘りです。

道路横断になりますから、5mの地上高を確保すべく、

鋼管ポールは、6.3mのものを埋め込みます。


f:id:utti0126:20100416213036j:image

一号柱引込からは、PF管にて埋設です。


お客様がご用意、

また去年度、近くの動力から使用していたBOX。

そこまで、一号柱から距離が有りましたので、

そこまでは地中埋設で。


ここは、露出部ないならCD管でいいんですけどね。


当店の在庫は、住宅でも使用できるPF管アイボリーに統一していますから。

それを今回は、使用しています。

確かに、オレンジのCD管の方が若干安いですが。


付属品も、統一できる。

その為、屋外劣化対候のPF管の在庫にしている感じです。


f:id:utti0126:20100416213028j:image

今日で後日、東電さんが引き込める体制になりました。


建柱から、BOXブレーカ盤取付、埋設まで。

3h程度で完了です。


平面アンテナUAH800とU204Gの測定比較です。

現場での時間が見つけられたので、ちょっとやってみました。


f:id:utti0126:20100416213129j:image

平面アンテナUAH800とU204Gの測定比較です。


最近、当店にもスタイリッシュな平面アンテナのお問い合わせが多いです。

壁面取付の平面アンテナは、強電界地域のものと思っていたのですが。


DXさんからは、評判の良い、アンテナは出ていたようですね。

通常20素子アンテナ相当だそうです。これが本当なら、うちの標準アンテナU204Gと同等となる。


f:id:utti0126:20100416213021j:image

測定は、菖蒲町小林にて。


結果からすれば、八木アンテナタイプの、U204Gタイプからは、若干劣る。

ビットエラーが発生する場合には、更に、ビットエラーが多くなる感じです。


それでも、受信レベルは、20素子相当レベルは確認できました。


一番ネックなのが、屋根上より下の、

隣の屋根を越えられない、壁面設置となる点で、

県北地域で有れば設置することでしょう。


見通しの良い、そして受信電界も強い。

当店で有れば、白岡町、蓮田市。

それで受信方向が開けていれば、採用可能かもしれません。

2010/03/21(日) 大風でバケットも大揺れです。

大風でバケットも大揺れです。

昨日の予報から、大荒れの日本列島。

これじゃ、外作業は無理かも、思っていましたが、起きれば晴れ。


それでも風の気配を行く車中から感じます。

今日は、電柱上のアンテナ対応でしたので、まずは向かいます。


お客様のアンテナは、児玉局方向のUHFアンテナ、

その為におおむねのチャンネルは受信不安定となっていました。

TV端末で測定してみると、映っているのが不思議なくらい。

テレ玉、NHKを除いては、最近のテレビの復調性能に助けられている感じです。


状況はお問い合わせのメールの通りでした。

前橋局受信を在京キー局のメインにおいて

電柱上のアンテナ調整を進めます。


f:id:utti0126:20100321100718j:image

VHFアンテナは上段でした。


地デジが安定的に受信できれば、

宅内は地デジ移行をしてしまうとのことで、

このアンテナはまず撤去します。


f:id:utti0126:20100321100715j:image

既設のUHFアンテナは中段でした。


こちらが、児玉局受信していたアンテナです。

これは、そのまま使います。


f:id:utti0126:20100321173845j:image

まずは、児玉局方向に既設のアンテナをマストトップにつけます。


比較的小さなアンテナですから、

今日の風の強さを体感して、これをトップに持ってきます。

これはそのまま児玉局受信を。


このアンテナは、テレ玉受信だけを頼りにしています。


f:id:utti0126:20100321110959j:image

パラスタックLS20は、マスト中段の太いところに設置します。


マスプロさんのLS20ともなると、大きく、重い。

これをマストトップに持って来ちゃうと、

その風の揺れが心配になっちゃった。

それが、ここに設置した訳です。


高さも低く。

マストも一回り太いから、安定感はあるでしょう。


f:id:utti0126:20100321103139j:image

羽生市稲子K様 児玉局方向の景色。


こちらからテレ玉。


f:id:utti0126:20100321110956j:image

羽生市稲子K様 前橋局方向の景色。


お客様のお話では、この地域でも東京タワーを向けている、

ご家庭もあるそうですが、群馬テレビも視聴ご希望でしたので、

こちらを在京キー局、NHKを受信します。


f:id:utti0126:20100321111136j:image

羽生市稲子K様 アンテナ工事完了


いつもの通り、マスプロさんのW7Fで混合です。


今日の作業中は、バケット大揺れ。


すんなり作業経過を書いていますが、

バケットは大揺れで、体の体勢力を入れて、風で作業に支障出るくらい。

どんなこと言い訳に、作業中断しようかと、俺涙目な作業でした。


アンテナマストがくの字です。

午前中のご連絡で、そのまま滑川に向かいます。


f:id:utti0126:20100321141444j:image

アンテナマストがくの字です。


数年前自分の立てたアンテナがこの様で。


中学生の男子の一シーン、に似ています。

または、かつて見た、宇多田のAutomaticのプロモーションビデオのような。


今日は、その知らせからの訪問も、まずはこのアンテナが最悪落ちないよう。

その支線補強、そして再訪、のつもりでしたが。

案外、北側の防風林が効いているのでしょう。


ここまで来たんだから。風もそこそこだし。

なんだか、立て直しできそうな気がする。


その見通しが、自分の中で見えたなら、

まずは、こいつは撤去します。


f:id:utti0126:20100321144230j:image

半分の1.8mマストで受信できないか試してみます。


曲った部分からマストカットして、UHFアンテナで仮測定してみます。

これでも、十分映ります。

ですが、その前の3.66Mマストそのまんまには及ばないですね。

CNの方が若干物足りないです。


ですので、やっぱり、3.66mマストの再建柱へGo。


f:id:utti0126:20100321161001j:image

滑川町伊古Y様 アンテナ工事完了。


作業時間は、1h程度で完了です。


f:id:utti0126:20100321160922j:image

分配器の内部は錆びるんです。


f:id:utti0126:20100321161054j:image

分配器には亜鉛メッキスプレー。


屋外用分配器も、蓋を開けてみれば、

カバーは錆びていることが多いです。

ここは気休めにも、メッキスプレーをプッシュ。


f:id:utti0126:20100321174141j:image

鴻巣の陸橋は渋滞です。


吉見方面から、鴻巣へ帰る途中。今日は、連休中でした。


渋滞はいいのですが、坂上がり途中に止まると、少し緊張します。

重い車で、坂道発進はサイドブレーキを引きつつ気を遣いながら。

2009/07/18(土) 穴掘建柱車が欲しくなりました。

コンクリート柱の建柱工事です。

屋根上にアンテナを建てずに。

お客様敷地内に、コンクリート私柱を建てているお客様。

よく見かけます。


今まで何度かお打ち合わせを重ね、そしてO様も、

アンテナ設置は、コンクリート上の設置となりました。


建柱に関しては、知り合いの電気工事屋さんにご協力頂きました。

ありがとうございました。


f:id:utti0126:20090718203849j:image

建柱車の運転は、気を使いそうです。


うちの高所作業車もバケット前がつき出ているので、

気をつけているのですが、その比じゃない。

後ろも前も、大きく電柱出ています。

電柱運搬するだけでも、へとへとに精神使いそうです。

現場へは、大きい直線道路だけじゃないでからね。


f:id:utti0126:20090718205826j:image

穴掘り中です。


慣れた手つきで、操縦はIさん。

そして、補助係はIさんのお孫さんが手伝っています。

ナイスチームプレー。



彫れば、スクリュー穴掘り、アースオーガ部に土が詰まってしまうのですが。

これをシャベルでその都度落とすのかと思ったら。


f:id:utti0126:20090718203556j:image

土落しにバイブレーション。


ぶるぶると。

振動かけて落としちゃいます。

なんだか動作が、可愛い。


f:id:utti0126:20090718091933j:image

建柱車で穴が掘れました。


電柱よりも、2回りほど大きい穴が掘れました。


f:id:utti0126:20090718203226j:image

コン柱のリフトアップ開始です。


お客様でなく、自分からおおおおって、声が上がっちゃう

工事人の立場から思わず出てしまった、興奮の一声でした。


この景色。この絶景。これは一イベントです。

見なきゃ損。


f:id:utti0126:20090718203617j:image

建柱作業中です。


それにしても、うまいもんだよなぁ。

あんな重い電柱を、細かな作業が容易にできるとも思えない重機で。

この辺は、熟練のわざと言うしか有りませんね。


f:id:utti0126:20090718203215j:image

コン柱が立ちました。


しっかり、垂直にそそり立つ。

確かに屋根より高い、コン柱です。


f:id:utti0126:20090718101024j:image

コン柱12m上からの眺め。


1/6の埋込が基本ですから、2mほど埋込。

10m程度の高さになります。


f:id:utti0126:20090718100819j:image

鴻巣市広田O様 東京タワー方向の景色(コン柱上)。


心配していたコン柱上での実地測定結果は、おおむね良好です。

ここまでお膳立てしてもらえれば。次作業以降、当店の出番となります。


上尾市平塚で、実地測定、御打ち合わせです。

午後からは、上尾へお打ち合わせへ。


f:id:utti0126:20090718122303j:image

アンテナは根本で折れていました。


f:id:utti0126:20090718121913j:image

上尾市平塚T様 東京タワー方向の景色。


木々の影響が気になります。

御見積でのアンテナは、LS14TMHをチョイスです。


熊谷市別府に向かいます。

数日前から、地デジ、アナログともに、視聴不能になっていたそうです。


お客様ご自身で、ブースター電源部出力電圧測ったら、DC20V以上?

そんなはずは。思ったのですが、ブースター側配線を外して測ったら

自分が測った時には、電源ONの状態で電圧が出ていません。

その変わりに、電源OFFにした瞬間に、電圧20V程度になってから、落ちる。

なんだこれ。

確かに電源部のほうはおかしな動きをしていますね。



f:id:utti0126:20090718163722j:image

2F天井裏の電源部交換完了です。


まずは屋根裏でのブースターの電源部のみの交換を試みてみましたが、

レベル出てきてくれません。

配線周り、または、ブースター本体の方にも影響が出ているようです。


f:id:utti0126:20090718203301j:image

ケーブル接続は、圧着接続みたいです。


この形は、正しくない接続方法ですね。

お客様にお聞きすると、ここは仮設で接続してそのままだったそうです。

これは、同時に配線接続されていたFMとも接続、配線替えしておきます。


f:id:utti0126:20090718155753j:image

ブースターを交換しました。


ここまでで、児玉局方向の、アナログ、デジタル受信もOKとなりました。


そして、一緒にお客様からご依頼された作業へ。


f:id:utti0126:20090718155747j:image

UHFアンテナと、FMアンテナです。


手前に見えているのが、アナアナ変更で今使っているUHFアンテナです。

奥のUHF、FMマストの方。そちらの方は、トップのUHFアンテナは使っていないそうです。

なら、この機会ですから、使っていないアンテナは撤去しちゃいましょう。


f:id:utti0126:20090718165349j:image

使っていないですから、UHFアンテナを撤去しちゃいます。


パイプカッターで段階撤去。中段のFMのみ残す形とします。


f:id:utti0126:20090718165451j:image

UHFの付いていたアンテナマスト上部はすっきりカットです。


UHFアンテナ本体のみ撤去だと、

マストがビヨーンとFMアンテナの上に出ているのはかっこ悪いですからね。

以前よりは、屋根上がスッキリしたかな。



f:id:utti0126:20090718165154j:image

熊谷市別府K様 児玉局方向の景色。


f:id:utti0126:20090718175956j:image

帰りの17号バイパスは、渋滞です。


2009/04/08(水) 茨城まで来れば、ラーメンを食う。

思えば、遠くまで来たもんだ。

今日は、茨城県の筑西市です。


テラスを作ったことで、エアコンがかかってしまって、

その一旦取り外したエアコンの復旧作業と、照明の増設工事です。


f:id:utti0126:20090408232658j:image

テラスを一部切り抜いてスリムダクトです。


ドレンがありますから。

傾斜をつけたこの位置にプラの外壁に穴あけをすることになりました。

隙間は、コーキングクリアで隙間処理してあります。


そして照明工事のほう。


f:id:utti0126:20090408232708j:image

スイッチの増設完了です。


電源は、エアコンコンセントから取ってね。

スイッチ位置は、その下へ、電線見えないよう断熱材の隙間をおろす形です。


f:id:utti0126:20090408135311j:image

照明器具取り付け中。


工事は、些細なものですね。

移動時間が、往復4h程度だったでしょうか。

遠い現場は、この前の現調もそうですが、いろいろ大変です。

経費ばっかり掛かってしまう。


地元へ戻れば、いい時間です。

東電さんへの内落のお約束は、そろそろですから。

夕方から、防犯灯ポールを立てましょう。


f:id:utti0126:20090408163132j:image

穴掘り中です。


f:id:utti0126:20090408164614j:image

防犯灯の取り付けへ。


f:id:utti0126:20090408170207j:image

防犯灯取付完了です。


近くの東電柱まで50m程度ありますので、このままでは引き込めません。

東電さんの建柱工事、1本行っていただき、今月中には点灯する見通しです。

2009/02/11(水) 電灯の受け点の変更です。

先週末、連絡頂きました。

取り壊しで、電線が絡んできてしまうようです。


多分、電柱からの受け点が絡んできているのでしょう。

電話では、現場が見えませんので

まずは、訪問調査をしてあります。


パッと見、かなり手間のかかる作業になりそうですね。

それは見えました。後は、段取りと。


f:id:utti0126:20090211102956j:image

危うく受け点が、取り壊されそうになっていました。


早く、取り壊し作業を進めたいみたいですが、

チョッと待って。


受け点、メーターはこの農機具小屋に設置してありますので、

移設の必要があるんです。


f:id:utti0126:20090211111240j:image

鋼管ポールの建柱完了です。


電柱から、母屋までの引込距離がありますので、

一旦、ここで受ける形になります。


f:id:utti0126:20090214030026j:image

電線接続中。


f:id:utti0126:20090214025909j:image

基礎モルタル塗り中。


内線切り回しについては、段取り、作業はつけました。

後は、東電さん工事待ちです。

これについては、時間が掛かってもしょうがない。


f:id:utti0126:20090211152214j:image

蓮田市黒浜Y様 東京タワー方向の景色。


f:id:utti0126:20090211150857j:image

屋根上で地震?で安全帯つけて避難です。


f:id:utti0126:20090211132927j:image

蓮田市馬込W様 東京タワー方向の景色。

2007/10/29(月) 送電を待つ一号柱。

後で追記します。

f:id:utti0126:20071029180551j:image

建柱された東電柱。

後ろにもう一本、合計3本建柱されていました。


f:id:utti0126:20071029180554j:image

送電を待つ、一号柱。


f:id:utti0126:20071029180534j:image

豚車内の様子。

2007/03/30(金) 行田・谷郷の動力引込工事。

谷郷H様の畑の暗渠排水。

今までは、ガソリンポンプでくみ上げていた。


これを電動水中ポンプへ変更。

その為の新規動力引込工事です。


3月頭に動力新規申請しましたが、この近辺の電柱には電灯線のみで

動力が来ていません。

東電設計回しとなり、4月頭が動力の送電予定となりました。


今日は、その期日に間に合わせる為に、

内線工事を行います。


f:id:utti0126:20070401030400j:image

動力引込ポール外観。


当店で標準で使っている、6.3m鋼管ポール DD102PTを建柱です。

雨水の多い畑の中、本設置ということで

コンクリート根固めもしています。


枠を作ってコンクリート流し込み。

この方法で基礎作ってもいいのですが。


当店では、ホームセンターでも売っている

300×150×40枡を枠代わりにしています。


こうすることで、境界がきれいに仕上がるし。

枠を外しに行く手間が省けるのですね。


f:id:utti0126:20070330122654j:image

しばらくはこのまま、東京電力様 送電待ちです。

東京電力様がこの後、

上のメーターボックス内にメーター器取付、電柱からの動力線引込を行います。


f:id:utti0126:20070330122643j:image

ウォールボックス内。動力なのでコンデンサーも取付けてあります。


コンデンサーを取付けると、力率改善ということで

月々の電気料金もちょっぴりお得です。


今回の動力工事は、午後から半日作業で無事完了しました。


春だから、春巻き。

夜から、鴻巣のS電工さんちへ。

手みやげは、暖かいコーヒー。


f:id:utti0126:20070401030401j:image

S電工さんちでまったり。

お茶まで出してもらって事務所でくつろいでいます。


f:id:utti0126:20070330201224j:image

夕飯の時間も過ぎて、生春巻きまで出していただきました。

家では、カリカリの春巻き食べるくらいなので、珍しい。


S電工さん奥さん手作りとのことで、本格的です。

ごちそうさまでした。

2007/03/17(土) 伊奈町の地デジアンテナ工事。

伊奈・小針新宿T様地デジアンテナ工事

3月の頭に内川電気ホームページ経由でお問い合わせいただきました。

伊奈のT様のアンテナ工事です。


地ジデ対応UHF(+対応ブースター)とのことで、作業自体は

無難に終わるでしょう。そう考えていました。


ただ。伊奈町。

ご存じの通り、ニューシャトルは通る。

上越、東北新幹線の分岐点なので、現場を見てみないと

新幹線の影響もある。分からないなと思っていました。


ナビで住所セットしても、T様宅にたどり着かない。

付近をうろうろ。

T様お父様が立ち会って頂けるとのことでしたので、

携帯にTELしたのですが、繋がらない。

どうしようか。付近まで来てると思うのですが...。


しかし、そのうち携帯に連絡はいりました。草むしりしていたそうです。

良かったです。

何とかたどり着いた。


伊奈って、ここ数年で、街模様は様変わり。

大規模な分譲地に変わっています。

ナビがそれについて行けなかったのでしょう。



f:id:utti0126:20070317100654j:image

T様宅東京タワー、地デジ取得方向の様子です。

この近辺は、新興住宅ではありますが、方向には傷害となる大きな建物は見あたりません。

気になっていた、新幹線は北方向*1ですから、反射波さえなければ、問題にならないでしょう。

新幹線まで。それでも距離は、300mほどでしょうか。


一つ気になるのは、取得方向にもろにかかりそうな電柱線です。



f:id:utti0126:20070317103745j:image

地デジUHFアンテナ、マスト新規建柱で無事立ちました。

マスト建道具、マストキーパー威力も大きかったです。


これから、屋内ブースターの設置作業を進めます。

作業完了まで、2h足らず。


伊奈町は、県南に近い地域ですから、

電界強度は悪くありません。


  • 新幹線が、電波取得方向にかかっている。
  • 盆地の地形もあるので、若干屋根上でも絶対的で見ると高さが不足する。

この2点をクリア出来れば、無難に地デジは取得できる地域と感じました。


[]マストキーパー。

マストキーパー。

前々からあこがれていた。


アンテナ建柱道具のマストキーパー。

噂には聞いていたのです。

S電工さんのblogにもかかれていたし。


f:id:utti0126:20070317093817j:image

マストキーパ上から。


形は、三脚そのものです。

でもでも、それと一番の違いは、その中心点でボルトで押さえる構造でしょうね。

羽生の発明家、Y電気さんの発明だそうです。

簡単な発想かもしれないけど、これは偉いです。


f:id:utti0126:20070317094111j:image

マストキーパを遠くに望みます。

大きな、しっかりした屋根馬。

そう、お客様には見えてしまうかもしれません。



f:id:utti0126:20070317100325j:image

マストを抱えたマストキーパ。

足の長さか。その自重のせいか、支線を少し引いただけでは倒れそうにありません。

すごいですね。マストキーパー。


f:id:utti0126:20070317100345j:image

マストは、付属のネジでしっかり止めて固定します。


建柱完了後、このネジ緩めれば、この道具が抜けるのが味噌です。


アンテナ工事って、2階3階の高所に慣れれば、ぽんぽん進むものなのですが。

アンテナ工事って、通常2人でないと出来ない工事だったのです。

なぜなら、支線を張るまでは、もう一人がマストを安定させておかなければいけなかったから。

これが、アンテナ工事単価下げられなかった、一因になっていたのです。どうしても、2人作業だから。


この道具使えば、一人でマスト建柱出来ちゃいますよ。

素晴らしい。


一部の工事屋さんしか知らない。

これが、勿体ない。そう感じた道具でした。

榛名局UHF-浦和局、東京タワーUHF混合完了。

先週か、先々週にやった工事でした。

既設を撤去で、BS移設の、UHF×2、VHFのボリュームある工事でした。

半日で、終えようと思ったのが無理だったようで。

UU混合器につまずいてしまいました。


UHFについてお客様の要望は、

  • 群馬TVを視聴したい。
  • テレ玉も視聴したい。
  • 地デジもUHFで視聴したい。

これが、3本柱でした。

3番目の地デジは、OKでしょう。

群馬TVと、テレ玉の混合。

これ、普通の混合器でOKでしょう。思っていたのですが、

電材屋さんが持ってきたのは、サン電子のHM-204T

説明書読んだだけでも、児玉局-前橋局混合...その文字から、

これ使えないでしょう。

思ったら、思った通りでした。

混合入力した、UHFチャンネル酷い画面になっています。


状況は話したのですが。

話を聞く能力も必要なのですね。


そして、今回訪問となったのでした。

普通のUUで混合できる部材をとW7F-Pをつけてみました。


これで、くっきり。

お客様のご要望に有った工事を完了することが出来ました。

f:id:utti0126:20070317155304j:image

納品された部材の為に、一日で終わるところを、

先先まで伸ばしてしまう。


お客様にもご迷惑おかけしてしまう。


電気材料のみを扱う電材のプロは、電材屋さんであってほしいのですが。

それを求めるのは、今の時代難しいのでしょうか。

*1:この写真だと左側

2007/02/01(木) 東電引込線委託工事店講習会(2007年冬)。

東電引込線委託工事店講習会。

f:id:utti0126:20070201142759j:image

DV張ってます。



f:id:utti0126:20070201142332j:image

当グループも建柱までは、完了しました。


委託講習会は、他の電気工事屋さんとお話しする

貴重な機会のひとつであります。


よく聞かれたのが、年末あたりからずっと忙しい。

どの工事屋さんからも聞かれました。

当店のような小さな工事店でも、切れずに仕事は続いているので、

これは、電気工事業界全体の流れなようです。


見通しの見えない他の建築系の仕事の中で。

幸運にも電気関係は、少しづつ景気の良くなる見込みは出てきたようです。

後は、電気工事単価が少しでも良くなって欲しいところです。


100m先に電気を引き込んで。

K社さん、ハウス内に動力設備入れたそうです。


現場を見てほしい、それを聞いて。

委託講習の昼休み。

菖蒲まで行ってきました。


かなり距離ある部分に設備を入れたのは聞いていた。

f:id:utti0126:20070201124104j:image

コロコロで測ってみると、この前動力引き込んだここから100m超えてますよ。

田んぼの中ですものね。ここ。


内線で、電圧降下を考えて、ぶっとい電線で持っていってもいいけど。

今後数棟のハウスにも、動力設備入るかも知れない。


K社社長に直TEL。


事情を話して、今後のことも考えて

電柱工事をしてもらったほうがいいですよ〜。

でどのくらいかかるの?言われたので。

東電設計回しになりますから、2〜3ヶ月見ておいたほうがいいですね。言ったら。


送電までに、1ヶ月くらいで見てみたみたいです。


電柱で付近まで、電源持ってきたほうが良いということは、理解していただき

でも、早めに設備を使いたい。


この設備には、仮設で電源引っ張って。

東電申請も、平行して進める結論に至りました。

2006/10/12(木) 菖蒲の動力工事。

f:id:utti0126:20061012151346j:image

9/21のblogに書いた菖蒲の現場。


結局、この現場はハウス内のバジル、これからの季節夜冷たくなると黒くくさんでしまう、その為のボイラー動力工事

緊急ですから、東電柱の建柱を待たずに、1号柱以降は内線部分として引き込むことになりました。


前日現場偵察から、6.3m鋼管ポール建柱で1号柱までDV引き込み、

それ以降、40mほどお客様敷地内をPF16で地中埋設引込を予定していました。


前日下見で大きなミスをしていました。

地中埋設予定ルートににあった鉄板、

これ農場内なのでぬかるみでも車が通れるようにするものなのですね。

これを甘く見てました。

人力で上げようと思っても、全然びくともしない。1枚だったらいいのですが、すべて溶接で着けられちゃってるので余計に。


これじゃ。

K社、Y社長携帯に緊急TEL。

何とか、ポール建柱、1号柱+2本で架空電線DV飛ばすこと、了解いただけました。

よかった。


今日は、18時に終了。


日は早くなったんものです。

少し前なら、18:00過ぎても作業可能だったのに。

最後は急ぐように。

材料、道具忘れないか気にしつつ現場を後に。

2006/08/01(火) 接地抵抗計と絶縁抵抗計(メガー)。

3時過ぎからは、電灯100V引き込み工事


  • 1号柱*1(鋼管ポール)に幹線ケーブル取付
  • 1号柱(鋼管ポール)の建柱

f:id:utti0126:20060801153532j:image

穴掘りスコップで、建柱中。

電気工事屋さん、実際は、泥臭い仕事も多いのです。


最初に掘った穴、ちょっと道路側にずらした2箇所目の穴とも、

30cmほどでかつかつと硬いものにあたってしまいました。

よくは分からないのですが、土管くさい。


そんなわけで、写真は3箇所目の穴掘りです。

本設工事ですが、今回はモルタル流し込まないので、

いつもの地面から1mほどより少しサービスしてみました。

  • メータ器、リミッター、ブレーカ等の盤取付

  • 電柱から1号柱までのDV線引き込み、接続

この工事は、新規電灯引込。

この電源は主に防犯センサーライト用として利用したいそうです。

それなら、20A1回路フルに使えれば十分でしょう。リミッターは20A契約選択。



また、先週打ち合わせでお話したとき

出来るだけ安価に電気を引き込みたいとのお客様の意向でしたので、

あまり使わなくなった臨時電灯で持っていた部材を流用してみました。



この工事は、臨時電灯工事に

メータ器とリミッターがおまけでついたような工事だったので。

3時間ほどで終わりました。


まだ請求書は書いていないので具体的な金額は分かりませんが。

新品使ったときの工事よりはかなり安上がりに出来たかな、って印象です。

中古部材を使うのお客様に了承いただければ、

抑えた金額で工事を提供することが出来ます。

こうゆう方法も、ありだと思いました。


最後に、コンセントに100V来ていることを確認して

自主検査の接地測定、絶縁測定です。


次は、今日使った電気工事屋さんの道具を紹介です。

*1東電柱から、外線を最初に受けるお客様持ち物の柱

2006/06/02(金) 動力ポール移設工事。

動力工事

今日のAMは、動力ポールの移設工事。


まずは、交換ポールの建柱、盤の引越し。

下の作業があらかた終わったら、高所作業車持ってきて、電柱上の作業です。


引き込み東電柱が変更になるので、

図面の再提出が必要になりました。


既存動力契約は廃止。

そして、今日の工事分の動力工事を新契約にしてみました。


f:id:utti0126:20060602111719j:image

メーター器の取付け・接続


f:id:utti0126:20060602121452j:image

電柱の上は、こんな感じです。

線がこんがらがって、分かりずらいですね。

ひとつの電柱から、電灯・動力を併せて、3〜4の引込線があったりします。



高所の作業になりますから、安全第一を心がけて作業しています。

ヱビスビールとBRAU MEISTER

f:id:utti0126:20060603001642j:image

キリン BRAU MEISTER


富士見町のベルクで、今売れてます、と

目立つ位置にあったので初めて買ってみた。


ホップが大目ですからでしょうか。

苦味の利いた感じ。


後味が、ちょっとだけこのメーカーのラガービール思い出しちゃいます。

だけど。何時までも、口に残ってるラガーに比べて

締まった後味で、やな感じはしません。


f:id:utti0126:20060603001711j:image

サッポロ ヱビスビール


以前は、プレミアムモルツでしたが、

最近は、こっちばかり。最近のヒット。

ヱビス黒の方も、黒ビール、癖ありそう?思ってたんですが。

ぜんぜん癖なし。飲みやすくて美味しい。

こっちもお勧め。


プレミアムモルツは確かに、飲みやすかったのですが、

ヱビスを飲んでしまうと、水ぽく感じてしまいます。


ヱビスは、重厚な喉越しで、それなのに鼻を通る時の香りもいい。


このビール飲むようになったら、おやじといわれてますが。

おやじといわれても飲みたい、そんな贅沢なビールです。