ウツボのはてな日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード





ウツボのはてな日記 プロファイル

2006年度 映画美学校音楽美学講座関連エントリー

2007年度 映画美学校音楽美学講座関連エントリー

TOHUBOHU(トフボフ)01

En-Soph

新宿文藝シンジケート公式ブログ

スナナレ合唱団公式ブログ(活動休止に伴い更新終了)

フロスティッドグラス(むかしやっていたウェブサイト)

ウツボ・アンテナ


さえきかずひこ@nicocas

さえきかずひこ@Tumblr

さえきかずひこ@twitter

さえきかずひこ@Instagram

さえきかずひこ@note

さえきかずひこ@読書メーター(直近の読書感想文を読みたい方はこちらへ)

さえきかずひこ@THE INTERVIEWS

ウツボのお気に入り(ごめんなさいクローズドです)

はてなダイアリー利用者に100の質問(回答)




0015 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0019 | 01 |
0020 | 01 |
1980 | 09 |
1998 | 08 | 09 | 10 |
1999 | 09 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 05 | 06 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2013 | 07 | 08 |
2014 | 04 | 05 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2017 | 01 | 02 | 04 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 |
2999 | 01 |

あわせて読みたいブログパーツ

2003-07-22 お知らせ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

突然ですが、卒業論文を書き始めることにしたので、しばらく更新を休みます。

もっとも遅くても、12月初旬には更新再開します。


明朝午前零時ころには、プライベートモードになってると思います。

では、しばしさようなら。

BROWNBROWN 2003/07/22 21:29 卒業論文頑張ってね。息抜きにまた御茶しよ!

dorhamdorham 2003/07/22 22:58 嗚呼、そんな時期なのですね。ウツボさんの文中毒なのに…(笑)がんばってくださいね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030722

2003-07-21 昨日の機能

[]本広克行監督『踊る!大走査線 THE MOVIE』 本広克行監督『踊る!大走査線 THE MOVIE』を含むブックマーク 本広克行監督『踊る!大走査線 THE MOVIE』のブックマークコメント


怪我人は救急車で搬送したほうが良いと思った。警察官もサラリーマンなんだよ、というお話。

[]倉島節尚『辞書と日本語』読了 倉島節尚『辞書と日本語』読了を含むブックマーク 倉島節尚『辞書と日本語』読了のブックマークコメント


三省堂『大辞林』(初版)の編集長をつとめた筆者による、辞書編集概論&経験談。

『広辞苑』レベルの大きさの辞典を、中型辞典というのだとはじめて知ったり。


ヘボン、大槻文彦(蘭学者大槻玄沢の孫)、見坊豪紀(けんぼうひでとし)の

3人の辞書編集者にまつわる話がとりわけおもしろいです。

赤瀬川原平『新解さんの謎』を楽しく読んだひとには、164-5ページに出てくる

山田忠雄(新解さんの編集主幹)のエピソードを読むだけでも読む価値ありだな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030721

2003-07-20 伝説の演説

[]スガシカオ / SMILE スガシカオ / SMILEを含むブックマーク スガシカオ / SMILEのブックマークコメント


伯爵さんが以前書いてらしたけど、ぼくもこのアルバムいままでのスガ作品でいちばん好きかもしれません。よくできてる。

たとえば、『FAMILY』は、かなり思い入れのある作品なんだけど、でもこれ、イイよ!

声に色と艶が増したかな。なんだか芯が太くなった印象があります。


収録曲では「Go! Go!」がいちばん好き。曲もいいけど、歌詞もいい。

曲中に出てくる英会話の教材にひっかけてか、歌詞に英語がずばんと出てきたのはこれがはじめてかな。

これからもストイック&エロティックな感じをキープしてくれるとファンとしてはうれしいです。

[]プリンス / THE HITS/THE B-SIDES プリンス / THE HITS/THE B-SIDESを含むブックマーク プリンス / THE HITS/THE B-SIDESのブックマークコメント


ただただ、うっとり。

whistlemanwhistleman 2003/07/21 04:10 気になっていたので買ってみようかな。

ウツボウツボ 2003/07/21 14:52 ぼくは友人に借りて聴いたんですけど、いいアルバムですよ。スガシカオはいい感じに枯れていくんじゃないかなー、と思いました。

HIKBHIKB 2003/07/21 16:12 ファンク使いは、それだけぢゃない、っていう、お二人ですね。

ウツボウツボ 2003/07/21 21:16 HIKBさん、先日はお世話になりました。シカオもいいですが、プリンス良すぎです。聴いてるとなにもする気が起きないので、なるべく聴かないようにしています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030720

2003-07-19 あげたりもらったり

[]押野武志『童貞としての宮沢賢治』読了 押野武志『童貞としての宮沢賢治』読了を含むブックマーク 押野武志『童貞としての宮沢賢治』読了のブックマークコメント


思わずその場にひれ伏したくなるような表現も好きですが、どこか不器用な表現も好きです。気分や体調によって欲しいものも違うんだけど。

宮沢賢治の作品の、読んでいると思わず泣きたくなるような比喩ってのも、そこに入るかな。

(泣きたくなるは、おおげさだけど、心にずしっとひびいてくる感じですね)


この本での「童貞」というのは、実際問題、宮沢賢治がセックスを体験したことがなくオナニストだったんじゃないか、

という仮定からはじまっているんだけど、オナニーとひとくちにいってもそれは深く賢治の精神と結びついている。

単純にひとりしこしこやっていたか、いないか、という問題ではなくて、彼の精神性を語るさいのアナロジーとしての「オナニー」ですね。

彼がオナニーしてたか、してなかったかという話ももちろんおもしろいんだけど。


そんなわけで、この本で著者が試みているのは今までのように賢治を「聖人君子」風に偶像化するのではなく、

賢治像をちょっと身近なところへ下ろしてみて、彼の人間くさいところを覗いてみようとする試み。

端的にいうと、賢治はコミュニケーション不全だったんじゃないかという話なんですが。


すぐれた表現者がコミュニケーションに問題を抱えているというのはよくある話です。

他者に何かものごとを伝えよう、とするときそのことにかんしての問題意識が切実であればあるほど、伝える方法も磨かれるから。

方法を磨くには気力も体力も必要だと思うんだけどね。単なる問題意識がある、だけじゃダメ。

考え続けたり、執着して、それを表し続けるということが必要。


円滑に意思疎通できる傾向が強ければとくに伝えよう、伝えたいと思うことはないでしょう。

まあだからといってコミュニケーションに問題を抱えている人間がみなじょうずにパフォーマンスできるか、

というと、そうでもない。ある一部分ではうまくいくけど、ほとんどうまくいかないってことも多い。個人差は甚だしい。

たとえば、日常会話がうまくいかなくて、文章を書くとか。

絵で伝えるとか、歌をつくって歌うとかね。ネットで公開日記を書くのもそうか(笑)。

みんな伝えたいってことではおんなじなわけだけど、それぞれおもしろさが違うという。


賢治はシスコンで女性恐怖で自己の肉体を嫌悪していて、でも同時にすごく愛されることを求めていて、

強いアンビバレントを抱えた人間だったということが書かれています。

病的な自己犠牲精神をもった強烈なナルシストとしての賢治像はとても興味深い。

こういう風に語られると、賢治にすごくシンパシーを感じますね。もちろん彼の作品がすばらしいのがいちばん好きな理由になるんだけど。


おもしろい本です。気が向いたら、読んでください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030719

2003-07-18 大機雷の帰来

[]内田樹『寝ながら学べる構造主義』読了 内田樹『寝ながら学べる構造主義』読了を含むブックマーク 内田樹『寝ながら学べる構造主義』読了のブックマークコメント


この本を読んだきっかけはいろいろあって、細かい話はあっちに書いたけど、junneさんの日記の6月19日分で見た

内田樹『私の身体は頭が良い』というタイトルにも惹かれたので、これも読むと思います。

そういや、先日読んだ『翻訳語成立事情』にも「構造主義」ってことばがでてきてた。

柳父章『翻訳語成立事情』は、すばらしい本なので、自意識(自言語)過剰なひとは読むと良いです。


刺激的過ぎて、一回読んだくらいではとても理解できない。ので、また読むと思います。読んでる間中、心臓がどきどきしてた。

つうか、内田さんにフーコーの『性の歴史』を訳していただきたいです。

渡辺守章ていう有名らしいひとの『性の歴史』、この人の訳、ちょっとわからない。

術語の問題とか、元の文章が難解ってのもあるんだろうけど、もうちょっと非衒学的に訳してほしいなあ。無理?

とりあえず、この本ではフーコーの箇所だけ、3回くらい音読しました。読み終わるのに、3日かかった。


フーコーのいう「権力」が「国家権力」や「イデオロギー(装置)」じゃないってことはわかったよ。

「権力」=「知への意思」っていう理解でオーケー?

人間のいろんな活動を、分類/命名/標準化して、それを誰でもアクセスできる知の百科事典みたいにしようとするはたらき=「権力」って理解でオーケー?

dorhamdorham 2003/07/18 09:35 翻訳語成立事情、古書で見つけたので頼んじゃいました!

ウツボウツボ 2003/07/18 09:46 オーよむがよろしあるー。

かたるかたる 2003/07/18 13:37 『寝ながら学べる〜』はおもしろいよね。この人の他の本も読みたい。

ウツボウツボ 2003/07/18 13:59 読もう読もう。

糸且谷糸且谷 2003/07/20 01:19 この辺り詳しくないのだけど、

糸且谷糸且谷 2003/07/20 01:21 ニーチェの「力への意思」に触発されて、「知への意思」というタイトルになったようで。因に、フランス語の哲学の文章はどうやっても日本語として読みやすく翻訳できないです。ほとんど数学の式みたい。

ウツボウツボ 2003/07/20 10:04 そうなんだ。意味不明の日本語が多いので、バカは読まなくていいよ、と言われてる様で、頭に来るんですよね。でもそういや、去年読んだハイデガー「存在と時間」(原著は独語かな)も意味不明の文章多かったしなあ。日本語として

ウツボウツボ 2003/07/20 10:08 意味の通らないものをありがたがって読む、っていう構造はね、どうかなーと思う。もうちょっとましになるんじゃないか、と思うんですよね。以前、カントの「純粋理性批判」を図書館で見たときも、暗号みたいな文章で参りました。日常語を避けて、術語で語ってるってのもあるんでしょうけど。

吉田恭吉田恭 2003/07/20 16:20 物理学者ソーカル&プリグモンの書いた『「知」の欺瞞』という本には、いくつかの思想書にある科学関する記述は実際に意味が通らないことを指摘しています。面白いですよ。

ウツボウツボ 2003/07/20 23:37 地元の図書館にあることが判明したので、早速読んでみます。読み通せるか不安だー。

糸且谷糸且谷 2003/07/20 23:39 述語もねぇ、しょうがないんだよね。訳せないし他の言葉にできないし。エクリチュールを「記述」と訳すのは実は誤訳だし、パロールは「口語」のみに留まる概念ではないし。

糸且谷糸且谷 2003/07/20 23:41 術語だった(笑)。訳している大学教授たちは、全然翻訳がうまくないと言うせいもあるんだけどね。

ウツボウツボ 2003/07/20 23:50 うん。エクリチュールとか、パロールが訳せないんだな、というのは翻訳関連の本と、先日の内田樹(この字で「たつる」と読ませるらしい)の構造主義解説本でなんとなくわかったんですが、そういう術語を使って日本語で議論するってところで、すでに何か失われてるんですよね。失われてるっていうか、議論に確実にズレが生じていて、そういうものを見ないことにして喧々諤々議論が進んでるのか、と思うと、結構思想の世界(笑)も粗雑なんだなーと思ったりして。しかし、こういうこといいはじめると、日本語の語彙に入っている外来語の中でも、とくに抽象的な概念はことごとくうまく訳せなかったりして、きりがないですね。日本には「社会」ということばはあるけど、「Society」という概念はないんだ、とか言い始めると、もうアレだ(笑)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030718

2003-07-17 乱舞リング・ブレイン・ソング

[]大貫妙子「金のまきば」@NHKみんなのうた 大貫妙子「金のまきば」@NHKみんなのうたを含むブックマーク 大貫妙子「金のまきば」@NHKみんなのうたのブックマークコメント


かわいいファンクでねー。いいんだよー。歌詞もすてきで。アレンジ森俊之。

2,3回耳にしてるんですけど、まだフルコーラスで聴けてないんだな。

[]ジャキー・マクリーン、大西順子 / hat trick ジャキー・マクリーン、大西順子 / hat trickを含むブックマーク ジャキー・マクリーン、大西順子 / hat trickのブックマークコメント


適度な湿度のドライブ感が心地よいです。タフ・ジャズ。

[]ジャコ・パストリアス / HONESTLY ジャコ・パストリアス / HONESTLYを含むブックマーク ジャコ・パストリアス / HONESTLYのブックマークコメント


ベースソロ。リマスターされたものを聴きたいなあ。ちょっと笑える。

[]モダン・ジャズ・セクステット / THE MODERN JAZZ SEXTET モダン・ジャズ・セクステット / THE MODERN JAZZ SEXTETを含むブックマーク モダン・ジャズ・セクステット / THE MODERN JAZZ SEXTETのブックマークコメント


理屈ぬきにいい感じです。聴いていて、気持ちよい。細胞を通り抜ける涼風ジャズ。

[]マイルズ・デイヴィス / VOL.1 マイルズ・デイヴィス / VOL.1を含むブックマーク マイルズ・デイヴィス / VOL.1のブックマークコメント


マイルズのトランペットから若さが伝わってきます。まだ倦怠してない感じ。疾走感あります。

dorhamdorham 2003/07/17 09:48 vol1はホントにだいすきで何度きいたかわかりませぬ。いつもきくってよりたまにむしょうにききたくなるのだよなあ。

utuboutubo 2003/07/17 21:10 マイルズはぼく、ぜんぜんわからなくて、DCPRG聴いてから、聴いたんですけど、なんというか、ずっと耳からうろこが落ち続けているような感じです。ほんとうに興奮させられますね。マイルズは決してトランペットうまくないと思うけど、なんだろうな、この魅力は・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030717

2003-07-16 恍惚のブラウス

[]北野勇作『どうぶつ図鑑 その4 ねこ』読了 北野勇作『どうぶつ図鑑 その4 ねこ』読了を含むブックマーク 北野勇作『どうぶつ図鑑 その4 ねこ』読了のブックマークコメント


ゴジラへのオマージュ「手のひらの東京タワー」。コミュニケーションへの不全感がネットワーク上にプログラムされた意識(人格)を通して書かれる。

「攻殻機動隊」を思い出したりしました。この種のSFはあまり好きではないです。今あるこのわたしの意識も誰かの見ている夢なんではないか、みたいな設定って

おもしろいな、とは思うけど、ことさらその先に進む気にはなりません。東京タワーは好き。


「シズカの海」はドラえもんへのオマージュ。男の子が交通事故で死んじゃうってとこは「鉄腕アトム」入ってるのかな。アトムってけっこうダークな話ですよね。

小1か、小2のとき、父が講談社全集版のアトムの第1巻を買ってきてくれて、はじめてアトムを読んだんですけど(その頃は断然「ドラえもん」好きだった)

要は科学者天馬博士が愛息トビオを交通事故でなくしてその代わりにつくったのがアトムで、アトムはロボットだから背が伸びない。

で、天馬博士は彼が成長しないことに怒って(アホか)アトムを売り飛ばしてしまうんだけど、その博士がアトムに怒っているシーンのコマが、印象的で。

博士が竹刀でアトムの頭をぶったたいてるんだけど、その竹刀がバキッと折れて宙に飛んでいるという。

いま思ったんだけど、ドラえもんの最終回でのび太が植物状態になってなんちゃらって話があって、「アトム」よりそちらに近いかも。

別に元がなんだろうがどうでもいいんですが。


この2篇に挟まれた「蛇を買う」にはあえて言及しません。オチも含めていちばん好きな作品かな。

[]アラン・パーソンズ・プロジェクト / EVE アラン・パーソンズ・プロジェクト / EVEを含むブックマーク アラン・パーソンズ・プロジェクト / EVEのブックマークコメント


ジャケがベールを被った女性二人でいいジャケだなーと思って惹かれて買いました。シンセの音がかわいい(funny)。

[]ライオネル・リッチー / LIONEL RICHIE ライオネル・リッチー / LIONEL RICHIEを含むブックマーク ライオネル・リッチー / LIONEL RICHIEのブックマークコメント


いやー、歌がうまいのって理屈ぬきでいいよなー。でも、もっと癖があってもいい。

[]マンハッタン・トランスファー / BODIES AND SOULS マンハッタン・トランスファー / BODIES AND SOULSを含むブックマーク マンハッタン・トランスファー / BODIES AND SOULSのブックマークコメント


あまり感じるところがなかった。聴いてたら寝ちゃったんで、また聴いてみます。

[]ボブ・ジェイムズ / MR. NEW YORK ボブ・ジェイムズ / MR. NEW YORKを含むブックマーク ボブ・ジェイムズ / MR. NEW YORKのブックマークコメント


ぼくが、フュージョンを好きな理由って、主張のない音楽ってとこなんですけど

具体的には背景音楽として機能しつつ、ちょっと耳を傾けてみると馬鹿テクってとこに惹かれます。気分だなー。

[]プリンス・アンド・ザ・レボリューション / PURPLE RAIN プリンス・アンド・ザ・レボリューション / PURPLE RAINを含むブックマーク プリンス・アンド・ザ・レボリューション / PURPLE RAINのブックマークコメント


白人ロックっぽい音でびっくり。もっとエロファンクかと思ってたから。

歌を聴いて、プリンス→岡村靖幸って線がやっとこさ見えたり。プリンス初めて聴きました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030716

2003-07-15 ゴミといつまでも

[]村上春樹/柴田元幸『翻訳夜話』読了 村上春樹/柴田元幸『翻訳夜話』読了を含むブックマーク 村上春樹/柴田元幸『翻訳夜話』読了のブックマークコメント


読んでいる間に、胸が痛くなってきた。おうおう唸りながら読んだ。最近本を読むときはいつも唸ってます。


「だからビートがない文章って、うまく読めないんです。それともう一つはうねりですね。

ビートよりもっと大きいサイクルの、こういう(と手を大きくひらひらさせる)うねり。

このビートとうねりがない文章って、人はなかなか読まないんですよ。いくら綺麗な言葉を綺麗に並べてみても、

ビートとうねりがないと、文書がうまく呼吸しないから、かなり読みづらいです。」(p.45)


「いろんな誤解があって、たとえ誤解の総量が少ないにしろ、そのひとつひとつの誤解が

それぞれ違う方向を見てたら、できた翻訳というのは、あまり意味がないと僕は思うんですよ。

だから、たとえ偏見のバイアスが強くても、それが総体としてきちっとした一つの方向性さえ指し示していれば、

それが僕は、翻訳作品としては優れているというふうに思うんですよ。音楽の解釈・演奏と同じですね。」(p.192)


「自分とカキフライの間の距離を書くことによって、自分を表現できると思う。

それには、語彙はそんなに必要じゃないんですよね。いちばん必要なのは、別の視点を持ってくること。

それが文章を書くには大事なことだと思うんですよね。みんな、つい自分について書いちゃうんです。

でも、そういう文章って説得力がないんですよね。」(p.236)


注:発言はすべて村上によるもの。適宜省略改行した。

[]大友良英ニュージャズクインテット@新宿ピットイン 大友良英ニュージャズクインテット@新宿ピットインを含むブックマーク 大友良英ニュージャズクインテット@新宿ピットインのブックマークコメント


久々にピットイン行って来ました。菊地休養&バンド自体の活動停止疑惑のせいか

(MCでバンド自体は存続すると大友さんが言ってたので、続くようです)150人から160人くらいの客で蒸れ蒸れ。

流れは、ハット・アンド・ベアード(Eric Dolphy)のあと、ムーン・シャインズという曲、

8分の6拍子の不穏なワルツ調の曲、ストロベリー・フィールズ・フォエバーのカバーで1セット目終わり。

で、ここで40分くらい休憩に入りました。これが立ち見なのでかなりしんどかった。

タバコやめてから、タバコの煙がダメになってしまって、それもきつかったです。

後半はどっぷり音世界に浸かりこんでいたので、記憶が曖昧なのですが、最後に

やった音響ジャズっぽい大友さんのオリジナル曲がおもしろかったです。

もう、音が体の組織をどんどんどんどん突き抜けていって、悪いものを浄化してくれるような感じで、とてもよかった。


大友さんは、ほんとオンリーワンなギタリストだな、と思います。音圧がジミヘンみたいで好きです。

ボ、キョピーってフィードバックするのが好きなところもジミヘンを感じます。

コロコロこびとが笑っているような繊細なトーンも出せるし、振れ幅の大きさが魅力的です。


きょうはでも、最初からバンドのアンサンブルがすごくロックっぽかったなあ。

なんというか、DCPRGと似たダイナミズムを感じて、気づいた部分をいえば、

ドラムがところどころかなりダンサブルなビートになってたところと、アルトとテナーの

ユニゾンが多かったような。あーユニゾンではなくて、インプロ時のアルペジオのせいかも。

芳垣ドラムはスネアのタイム感と音がめちゃくちゃ気持ちいい。うっとりしました。

菊地さんはアンコールで明らかにばててました。しょっぱなからすごい勢いで吹いてたもんなー。

フェロモンむんむんな感じでした。しかしビートルズのカバーにはびっくり。

『マジカル・ミステリー・ツアー』は大好きなアルバムなので、その収録曲が聴けてうれしかったです。


そう、肝心なことを書き忘れていたけど、今日のピットインライブの楽曲と

明日スタジオで録音される楽曲からアルバムが作られるそう。年末頃発売予定だそうです。

7/15 ONJQセットリスト 7/15 ONJQセットリストを含むブックマーク 7/15 ONJQセットリストのブックマークコメント


1.HAT AND BEARD (ERIC DOLPHY)

2. MOON SHINES (JAMES "BLOOD" ULMER)

3. WALTZ(新曲、大友良英)

4. STRAWBERRY FIELDS FOREVER(LENNON-McCARTONEY)


5. SONG FOR CHE (CHARLIE HADEN)

6. REDUCING AGENT(新曲?、大友良英)        

7. MEDLEY;ORANGE WAS THE COLOR OF HER DRESS,THEN SILK BLUE(CHARLES MINGUS)〜音響ジャズ(新曲、大友良英)


8. EUREKA(JIM O'ROUKE)

引用元:ASD:BBS。村井康司氏の書き込みにぼくが手を加えました。新曲の「WALTZ」と「音響ジャズ」は適当に印象を名前にしただけです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030715

2003-07-14 お前はダリだ

[]○OoドレミノテレビoO○ ○OoドレミノテレビoO○を含むブックマーク ○OoドレミノテレビoO○のブックマークコメント


最初は興味ないとか言ってたのだけど、毎週月曜の朝の楽しみとなりつつあるドレミノテレビ

きょうは「きく」でした。そしてとうとう番組オリジナル曲が登場・・・。作詞UAの「ドレミミズンド」!

ああ、このタイトルセンス。曲もいいです。要チェックよ。

ほうそうよてい

[]7/12 難しい音楽@京都精華大学 7/12 難しい音楽@京都精華大学を含むブックマーク 7/12 難しい音楽@京都精華大学のブックマークコメント


  • 概要

講義は、菊地さん→大友さんの順で。

菊地さんのテーマは「難しい音楽ってどんなことか?」で、いろんな音楽を楽譜を身ながらCDで聴いて、「いまのは難しいと思いますか?」みたいな流れで講義してました。

結論から言えば、現代音楽で譜面が第三者に読みとり不可能になった時点で、難易度の面からみた難しさはすでに意味不明になっている(恣意的にわからなくされてるから ex. Pierre Boulez)んですが、

ティポグラフィカは、第三者が読みとり可能な状態で極限まで難しい音楽をやろうかなーというのが1つのテーマでした。でも難しくしすぎて売れませんでした。だそうです(笑) 

配布された楽譜はバッハのチェンバロ協奏曲、boulezのピアノソナタ、はだかのランチ、重力の虹など。

おかしかったのは板書してみて「うわー書けない」ってぐちゃぐちゃ書いてたのかなー(3回目で受けなくなってました)。

最後にデートコースの「構造1(現代呪術の構造)」をかけて、リズム分解をしてくださってたのがよかったですー。

「構造1」は4分の5拍子ベース≒4分の4拍子リズムで出来てます、みたいな(譜面付き)。全部やってほしかったです。

  • 難しい音楽の例(大江光、ブーレーズはdelicateな音楽であり、DCPRGはdifficultな音楽である)

まず、問題をとても単純化します。きちんと考えても答えが出ない問題を、私たちは「難しい問題」とは呼ばず、悪問と呼びますよね。

そして、きちんと思考や手順を積み重ねてゆけば最終的には解ける問題、これを私たちは「難問」と呼びますよね。

前者がdelicateな難しさ、後者がdifficult、hardな難しさと考えてみてください。

さて、大江光の音楽ですが、批評することが難しい音楽、ではなく、コメントすることが難しい音楽、と云い換えてみてください。

その難しさというのは、彼が障害者だったりノーベル文学賞受賞者の息子だったりという、delicate(びみょー)さに結び付いている。

つまり、その「難しさ」は、きちんと考えたり、何らかの訓練を積んでも解消(クリア)されない「難しさ」ですよね。或いは、

現代音楽。講義ではその代表例として、楽譜の指示通りには弾くことができない、ピエール・ブーレーズのピアノ・ソナタが挙げられましたが、

難しさのための難しさを追求し、最後にはドグマの袋小路にはまり込んだ現代音楽の難しさもまた、「難問」ではなく「悪問」のそれです。

そして、やはり「難しい」と云われる菊地氏の音楽ですが、それは大江光・ブーレーズ的な「難しい音楽」とは別の「難しい音楽」なわけです。

つまり、がんがん踊ることや、あの、時に音楽よりも面白すぎるテクストを読んだりすることで、菊地氏の音楽は、どんどんその「難しさ」が解消されていきますよね。

つまり、最後には難しさが消えてしまう音楽なわけです。

講義の最後で菊地氏は「DCPRGは難しさの屍体」であると仰有ったのですが、それは、このプロセスの結果を指しているのだと考えます。


引用元:ASD:BBS菊地成孔Part9

[]7/13 DCPRG@京大西部講堂 7/13 DCPRG@京大西部講堂を含むブックマーク 7/13 DCPRG@京大西部講堂のブックマークコメント


  • 概要

で、デートコースは、やー、楽しかったー。定食(ちょっと本編短め)+アンコールで構造1、2。

昨日授業受けたのにリズムの取り方わからーん、と思ってたら、菊地さんが会場に向かってカウント指示出しはじめたので、

非常にわかりやすかったです(笑) 授業の続きだったんでしょうか? あれ、慣れるまでやって欲しいです。

あとなぜかずっとオカマのまねしてた。京都だから? 浅田彰だから??(あれ、ゲイの哲学者ってほかの人ですっけ)

  • 西部講堂セットリスト


1 catch 22

2 playmate at hanoi

3 circle line~hardcorepeace

4 hey joe

5 mirrorballs


アンコール

1 構造1

2 構造3


楽しかった。アンコールで菊池はスカジャンぽい龍の刺繍のTシャツと下はアディダスの3本ラインのジャージで登場。おしゃれ!!


引用元:ASD:BBS菊地成孔Part9


注:誤字は元の文章そのままです。適宜改行しました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030714

2003-07-13 ハウシーライフ

[]北野勇作『どうぶつ図鑑 その3 かえる』読了 北野勇作『どうぶつ図鑑 その3 かえる』読了を含むブックマーク 北野勇作『どうぶつ図鑑 その3 かえる』読了のブックマークコメント


全6巻のうちの3巻目。8篇収録。北野は実に隠喩の巧みな作家だと思う。

ストーリーそのものもかなり隠喩的なのだが、それがいやみにならずに読めてしまうところが不思議だ。

といっても読後感はすこぶる不安に満ちてるんだから、たまらない。うなりながら読んだ。


どうぶつ図鑑シリーズの1冊目にも収録されていた、カメリの連作がいちばん好きだ。

ヒトデナシのアイドル、カメリをはじめ、地球の内側に住むユーモラスないきものたちの、素朴な生活が描かれているところになんとなく安心する。

収録作品の多くは生への不安や現実の不確かさがテーマだから、後半に現れるカメリたちの地に足の着いた生活ぶりが実に微笑ましく思えること請け合いだ。

[]エリス・レジーナ / ESSA MULHER エリス・レジーナ / ESSA MULHERを含むブックマーク エリス・レジーナ / ESSA MULHERのブックマークコメント

[]ガル・コスタ / MINA D'AGUA DO MEU CANTO ガル・コスタ / MINA D'AGUA DO MEU CANTOを含むブックマーク ガル・コスタ / MINA D'AGUA DO MEU CANTOのブックマークコメント

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030713

2003-07-12 ゲットファンクで伊豆

[]DCPRG@6/27 渋谷クラブクアトロ フォトレポート DCPRG@6/27 渋谷クラブクアトロ フォトレポートを含むブックマーク DCPRG@6/27 渋谷クラブクアトロ フォトレポートのブックマークコメント


先日の第二期DCPRG初舞台の模様がフォトレポートされてます。

写真はid:maikokkoさんによるもの。大儀見さんの表情がイイネ!

[]水木しげる『コミック 昭和史』(全8巻)読了 水木しげる『コミック 昭和史』(全8巻)読了を含むブックマーク 水木しげる『コミック 昭和史』(全8巻)読了のブックマークコメント


引越しをきっかけに、6年ぶりくらいに1週間かけて再読したのですが、おもしろかった。

やっぱり、戦争のところが、読んでてわくわくするんだよな。戦後の貧乏生活もいいけど。

水木先生の魅力は、超然とした感覚と、素朴な下世話さのミックスってとこでしょうか。

ちなみにぼくのもっている第7巻には20ページ以上にわたる大乱丁があってとってもトリッピーです。

magramagra 2003/07/12 18:52 クアトロね。そう、大儀見さんがずっと良かったんだよー

ウツボウツボ 2003/07/12 21:49 失敬、失敬。訂正しました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030712

2003-07-11 ノメソタケ

[]20世紀ノスタルジア、日本映画専門チャンネルで放映 20世紀ノスタルジア、日本映画専門チャンネルで放映を含むブックマーク 20世紀ノスタルジア、日本映画専門チャンネルで放映のブックマークコメント


スカパー!とCATVの「日本映画専門チャンネル」でどうぞ。今夕11時から。

[]柳父章『翻訳語成立事情』読了 柳父章『翻訳語成立事情』読了を含むブックマーク 柳父章『翻訳語成立事情』読了のブックマークコメント


めっぽうおもしろかった。西洋のことばが日本語に訳されるとき、常に生じることになった意味のズレを丁寧に解説している。

とりあげられている語は「社会」「個人」「近代」「美」「恋愛」「存在」「自然」「権利」「自由」「彼、彼女」。

抽象的な概念にかんしては、とくに理解にズレが生じやすいのだなーとよくわかった。

(とりあげられている語はすべて、かなり抽象的な概念だ。たしかに「電話」と「Telephone」の間の意味のズレを比べてもしかたがないよな)


読んでいてしびれたところをちょっと引いてみる。


「ことばがこうして、いいとか、悪いとか価値づけされて受けとめられている、ということは、ことばが、人間の道具として使いこなされているのではなく、

逆に、何らかの意味で、ことばが人間を支配している、ということを示している、と考える。「近代」が「混乱」であり「地獄」であると思い込むものは、

「近代」と名のつくものを、考えるよりも前に、まず憎むであろう。他方「非常に偉い」ように感じている者は、冷静に見てみるよりも、まずあこがれるであろう。


人がことばを、憎んだり、あこがれたりしているとき、人はそのことばを機能として使いこなしてはいない。

逆に、そのことばによって、人は支配され、人がことばに使われている。価値づけして見ている分だけ、人はことばに引きまわされている」(p.46-47)

dorhamdorham 2003/07/11 19:40 なるほど。

dorhamdorham 2003/07/11 19:41 すごく面白そうな本ですねー

ウツボウツボ 2003/07/11 21:05 「翻訳語成立事情」おもしろいですよ。おすすめ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030711

2003-07-10 ダークレイン

[]タンゴスチン美術館 タンゴスチン美術館を含むブックマーク タンゴスチン美術館のブックマークコメント


EXHIBITIONのコーナーで音源のアップが開始される模様。

Saturday Evening Postに興味のある方は、たまに覗かれてみてはいかがでしょう・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030710

2003-07-09 キッスと花粉

[文]菊地成孔へ10の質問(text:山内志な子)@M2 [文]菊地成孔へ10の質問(text:山内志な子)@M2を含むブックマーク [文]菊地成孔へ10の質問(text:山内志な子)@M2のブックマークコメント


もったいぶってしまいましたが、これが後篇です。いい質問が多いな。


Q1:最初に買ったレコードは?

A1:フォーククルセダーズ「帰ってきたヨッパライ」


Q2:初めて行ったライヴは?

A2:中学の時、地元のジャズ喫茶で名前も知らないような人


Q3:好きなテレビ番組は?

A3:ハードコアに見ますよー。NHKは本当に良くなった。完全に60年代の輝きを取り戻したね。

受信料払いたい気分にさせるってすごいことだよ。教育の「エイゴリアン」「ピタゴラスイッチ」とか好きだね。

あとね、さまぁ〜ず。三村は徳が高いね。神経症の患者さんは見たほうがいい(笑)


Q4:得意料理は?

A4:料理屋の息子ですからね、好きですよ。スノッブなこと言うと、鴨のコンフィが得意。自由が丘のどんな店より美味しいね。


Q5:毎月愛読している本は?

A5:PJとCasaブルータス


Q6:好きなお酒は?

A6:呑まない


Q7:お勧めの旅行先は?

A7:アムステルダムとハンブルグ


Q8:意外だと思われる交流は?

A8:常盤響。20年くらいの付き合いで、デートで使ってるオルガンは常盤君のオルガンです。


Q9:最近行ったライヴは?

A9:タワーレコードの決起集会みたいなのが品川プリンスホテルであって。ゲストで呼ばれたんだけど、

社長のキース・カフーンが「今年の売り上げ優良店、大阪の何々店!」とか言って表彰するの。それがかなり面白かった!


Q10:名古屋といえば?

A10:地下街が広い、そこが好き。もっと広くなったらいいと思う(笑)。


(おわり)

2003-07-08 近代一京助

[]菊地成孔(DCPRG)インタビュー(text:山内志な子)@M2  菊地成孔(DCPRG)インタビュー(text:山内志な子)@M2 を含むブックマーク 菊地成孔(DCPRG)インタビュー(text:山内志な子)@M2 のブックマークコメント


名古屋在住Uさんのご好意で、名古屋で配られているフリーペーパー『M2(エムツー)』第五号(菊地成孔インタビュー掲載)を送って頂きました。その内容を今日と明日の二回に分けて、ご紹介します。


●新しいライヴ盤は2枚組で、1枚には「Catch 22」(ライヴの冒頭で必ず演奏される全員違うリズムでグルーヴを出す曲)のバージョン違いだけを収録してますね。


今のCDは80分入るからギリギリ79分まで入れた。うちら99年から活動してるんだけど、初期は音源もまさかライヴ盤出すとは思ってないから残してないの、全く。だからわりと収録時期も幅広くなく。聴いてみたら良かったですね(笑)。というかこんな風になってたんだって感じ。譜面は毎回同じだけどジャズと一緒で演奏は毎回違うからね。実は今回までライヴの音源ちゃんと聴いたことなかったのね。ま、僕の場合、デートに限ったことじゃないけど作った音源聴かないの。今回は初めて聴いたね、テイク選ばなきゃいけないし、編集もしなきゃいけなかったから。


●DCPRGは戦場のような音楽をやりたいってことで始めたんですよね?


立ち上げた99年はね、オンタイムで言うと全然戦争なんか来そうもない雰囲気ね。新世紀待望論のオプティミスティックな雰囲気にもなってて。コソボのNATO空爆とかもあったけど、あの頃誰も反戦デモとかやってないし。でも、その段階でもう絶対戦争来る来るって、備えておかなきゃって気分だったわけ。それで9.11があって戦争が起こって。すごい簡単に言うと不安神経症の症状なんでしょうけどね。


●で、実際起こってしまった、と。


全然気分違いますよ。不安神経症としての戦争不安だから現実となった時点では解消されるわけです。でもあれは世界的に始まりというか、全く戦後がないっていうか。21世紀になってどこが戦前でどこが戦後かっていう20世紀的なぱっきりした枠がもうなくなったんだよね。イラク戦争も戦後処理とか言ってるけど、そんな気運はバグダッドにもないと思うし、またテロは起きる。だから全員びくびくしてるのね。いつ来るかって。その疑心暗鬼というか、インターネット的な戦争のあり方って、いつテロが起こるか、いつネットに悪口書かれるかっていうびくびくしたメンタリティを世界中に蔓延させちゃった。その気分をさ、初期デートは敏感に持ってて、何の根拠もなく。それを音楽で解毒するようなやり方でフロアが熱狂しちゃってる。みんな踊ってるんだけど、この子達きっと引きこもりなんだろうな、とか、対人ストレスとかさ。ちょっとでも傷つけられちゃったらもう現場に行かなくなっちゃうような子が踊り狂ってる。フラストレーションで踊ってるんだよね、対人恐怖症とか、ぶっちゃけ精神状態的に異常がある人ね。そういういろんな形の神経症的なものが治癒されていく過程、癒しって言葉もあるけど、デートの場合はもう治療だよね、簡単に言うと。治療のバリエーション。電車乗れないとか家を出られないとかそれが国民的に増えてきた。今も治療中だけど、自分は音楽とか精神分析で治ったから、そこが音楽をやるアイデンティティをゲットしたんだよね。デートのファンってジャズ好きもテクノ好きもファンク好きもいて、レイヴやトライバル好きもいて、くるりファンもいる。それを一括してまとめるキーワードがあるとしたら、結局治療でしかないわけ(笑)。


●うんうん、家でデートのCD聴いてても踊りたくなっちゃう。時々やばいな、って思うんです。


ああ、そうなんだよね(笑)。僕も自分で思うんだけど、こんなに踊りたくなる音楽ってちょっと異常じゃないかなって。病的だと思う、ははは(笑)!恐ろしいなと感じるよ、自分でやってて。ちょっと中毒性が高いというかドラッギー。危険な感じがするよ(笑)。


●戦争不安が消去、次の方向は?


「構造と力」、ファンクって構造の音楽でしょ?それが力を生んでいく、という根本。それとヒーラーが集団で踊ってヒステリーや精神分裂を治すダンス治療があるでしょ、昔から。トランス状態みたいなのは日本にもあった。そういう治療としてのダンスの側面ね。構造としてのファンクが自我の構造とくっついて治療に向かう、と。回りくどいこと言ってるけど、「ゲット・ファンク!」ってことなんだ。


●名古屋初ライヴ、楽しみにしてます!


2時間半やるよ、秋に出る新しいアルバムからもやるし。メンバー相当モチベーション上がってるからね!


ちなみに、あさって7月10日(木) DCPRGライブ 午後7時半スタート@名古屋クラブクアトロ (前売り3500円)ということなので、中京地域在住のDCPRGファンはぜひ楽しんできてください。


(つづく)

2003-07-07 七夕

utubo2003-07-07

ごぶさたしてます。更新再開します。


[]「新世紀エヴァンゲリオン」第六話、第七話鑑賞 「新世紀エヴァンゲリオン」第六話、第七話鑑賞を含むブックマーク 「新世紀エヴァンゲリオン」第六話、第七話鑑賞のブックマークコメント


みなさん、かつて…エヴァが好きだったことを…隠していませんか(笑)。

なんかすごいDVDが最近出たらしいから、マニアの間ではまた盛り上がってるのかな?


先日引越ししたさいに、6年前に再放送をエアチェックしたヴィデオが出てきてひさびさに見たら…。

これがおもしろいんだよ!困るなー。しかしエヴァってホントにブームでしたね。懐かしい。


第六話って前半の山場なんだよね。八島作戦だっけ。ここでのシンジはわりと男前なんだ。

「笑えばいいと思うよ」ってやつですよ。しっかしレイのキャラクターって謎だよな、と思ったり。

ストーリー進めながら作っていったんですかね。けっこうデタラメですよ。


第七話は、JAっていうロボットが出てきて、それを裏でネルフだったかゼーレだったかが

狂わせて、なんか主にテーマは「隠蔽」とか「陰謀」な感じ。

大人の世界のややこしい鬱憤や軋轢を皮肉っているような感じがしなくもない。


ひさしぶりに見る「エヴァ」は、なんだか昔見たときとずいぶん違う味がするのでした。

dorhamdorham 2003/07/07 12:14 ひとまず、おかえりなさいませ。嗚呼。長かった(笑)

ウツボウツボ 2003/07/07 13:52 とりあえず今日までの6日分埋めました。これからもどうぞよろしく:-)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030707

2003-07-06 無題ドキュメント -6

[]養老孟司『からだを読む』読了 養老孟司『からだを読む』読了を含むブックマーク 養老孟司『からだを読む』読了のブックマークコメント

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030706

2003-07-05 無題ドキュメント -5

[]掃除と整理だけの一日 掃除と整理だけの一日を含むブックマーク 掃除と整理だけの一日のブックマークコメント


いちにちじゅう、本の整理をしてました。かなりごみが出て、いろんなものを捨てました。

夕食の後、本を読もうとしたけど、まったく頭に入ってこないので、読むのをやめました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030705

2003-07-04 無題ドキュメント -4

utubo2003-07-04

[]きょうは何の日トゥルットゥー きょうは何の日トゥルットゥーを含むブックマーク きょうは何の日トゥルットゥーのブックマークコメント


1. ロサンゼルスの病院でバリー‘愛のテーマ’ホワイト氏が死去。享年58歳

2. ウツボの母、49回目の誕生日

3. 米国の英国からの独立記念日


[]音が空気の振動であることを楽しむ方法 音が空気の振動であることを楽しむ方法を含むブックマーク 音が空気の振動であることを楽しむ方法のブックマークコメント


1. エレキギター以外のギターを用意する(よく震えないとダメなので)

2. 胴板のくびれてるところに顎を乗せる(できれば誰も見ていないところで、顔の表面を胴のくびれにぎゅっと押し付けたほうがいいです)

3. その姿勢のまま、弦をつまびいてみる(力強く、ときに繊細に)

4. 振動が伝わってきて、唇やうまくいけば歯まで震える(6弦が太いひびきで楽しい)

5. できれば誰かに見られないうちにやめておく

たんぽぽたんぽぽ 2003/07/08 05:22 わー、同じ誕生日だ! お母さん若い! <おめでとうございます(これで4人目)

dorhamdorham 2003/07/08 06:18 チューニング用の音叉とかでもできますよね。ギターは部屋の音響特性も分かって面白いです。

ウツボウツボ 2003/07/08 08:13 >たんぽぽさん ぼくは母が26のときの子供です。結婚したのは24だっていうから驚きだ。まあ、高卒ではたらいていたらしいんですが。

ウツボウツボ 2003/07/08 08:15 >dorhamさん そうそう、今、引越しして新しい部屋なんで、音の響きがおもしろいんですよね。誰もいないときにステレオを大音量でかけて家のいろんなところで聴いたりしてます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030704

2003-07-03 無題ドキュメント -3

utubo2003-07-03

[]ルベーン・ゴンザレス / introducing... ルベーン・ゴンザレス / introducing...を含むブックマーク ルベーン・ゴンザレス / introducing...のブックマークコメント


今年存命であれば、84歳になるキューバ人ピアニストの作品。曲目はソン(マンボ)が多いです。

全体的にとても乾いた音。マンボときいて社交ダンスを思い浮かべるようなひとは聴くと驚くかも。

キューバは湿度の低い気候なのかな。ピアノが紡ぎだす独特のタイム感が癖になります。'96〜'97年ハバナ録音。


[]ジョアン・ジルベルト / AMOROSO ジョアン・ジルベルト / AMOROSOを含むブックマーク ジョアン・ジルベルト / AMOROSOのブックマークコメント


トミー・リピューマとヘレン・キーン(誰だか知らない)プロデュースによる'77年発表の作品。

最初聴いたとき、オーバーダビングされたストリングスが安っぽくしつこく感じた。

何度か聴いているうちに、なんともいえず中途半端な感じが心地よくなってきました。音楽はふしぎだな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030703

2003-07-02 無題ドキュメント -2 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

夜、コウリョウくんと電話。サタデーのレコーディング終わったそうで、お祝いのことばを

留守電に入れたら、かけてきてくれた。そのうち、音がかたちになるみたいで楽しみだ。

ひょっとすると8月、茅ヶ崎の「ぼくたちの休暇」で物販あるかもしれません。


電話のあと、彼とあってしばらくしてからもらったミックステープをひさびさに聴く。

中低音の強調されたわりとゴスなミックスなんだけど、選ばれてる曲が曲だから

ひずんでてもなんかおかしい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030702

2003-07-01 無題ドキュメント -1

[]養老孟司『バカの壁』読了 養老孟司『バカの壁』読了を含むブックマーク 養老孟司『バカの壁』読了のブックマークコメント

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20030701
    フォロー