Hatena::ブログ(Diary)

Vaceba’s Diary RSSフィード

2014-04-09

戸部 良一他「失敗の本質」

戦時中のいくつかの戦闘を例に日本軍の何が悪かったのかを分析した本。太平洋戦争開戦時、日本軍は世界最強とみられており、ゼロ戦も世界最強だった。しかし戦争目的はあいまいであり、大本営は陸軍と海軍を統合できず、指示について自分勝手な解釈が横行し、失敗しても責任はとわれず、むしろリベンジみたいな任命も多かった。米軍が戦争初期の失敗を教訓に装備や戦術を改革していったのに対し、日本軍は旧態依然としており、精神論を振りかざすだけで進歩がなく、失敗にも学ばなかった。物量の違いもあるからこの辺が指摘と違っていても勝てるとは思えないが、自国の被害、損耗を少なくすることはできただろう。指摘の内容は現代においても、また自分のまわりでもよく思い当たるようなことが多い。かわってないのだ。日本とはそういう国なのだ。自国の性格をよく把握していいところを生かし、悪いところは対策していかないといけないだろう。