Hatena::ブログ(Diary)

Vaceba’s Diary RSSフィード

2018-03-05

海水ウランの大いなる可能性

アゴラに投稿し掲載してもらった。

http://agora-web.jp/archives/2031414.html

こっちにも載せておこう。


「海水ウランの大いなる可能性」

日本の原子力の現状

 日本はエネルギー自給率が低く、それを解決するために原子力及び高速増殖炉による核燃料サイクル計画が立てられたが、福島第一原発事故やもんじゅの失敗により、その先行きは暗い。日本は高速増殖炉開発をフランスに相乗りする形で続ける方針だが、そのフランスでも開発縮小が伝えられている。高速増殖炉がなければウラン資源は限りあるエネルギーであり、今後中国やインドが原発を増設すれば入手が難しくなる可能性もある。原子力は準国産エネルギーとされているがウランは純輸入品であり、今のままでは反対運動がなかったとしても脱原発せざるを得ない。

海水ウランとは

 一方で日本は海に囲まれた海洋国である。海にはウランがわずかながら溶け込んでおり、それを回収できればウランの枯渇の心配はなくなる。海水ウランは使っても減らないと言われており、事実上無尽蔵で再生可能エネルギーと言ってよい。原子力は再生可能エネルギーの仲間入りができ、純国産エネルギーの仲間入りもできる。海水ウランが実用化できれば原子力は環境の点でも自給の点でも制御性の点でも申し分ないエネルギーになることができる。海水ウラン捕集の実験はすでに行われており、実際にウラン抽出の実績もある。技術的に可能であることは実証されている。

 

海水ウランの実情

 ところが、海水ウランは非常に薄いためその回収には多大のエネルギーが必要で、海水ウランを作って発電しても発電エネルギーが回収エネルギーを下回るということが起こりうる。例えば年間1200tのウランを回収する計算では沖合に係留した167万本もの捕集材を使用する。回収する船は1000t積み116隻が年間を通して稼働する。船の燃料に重油を使うようだとそのエネルギーも必要、コストも必要、CO2も出てしまう。ウランを回収しても軽水炉で使うには精製、濃縮が必要である。これらのエネルギーが発電エネルギーより大きければせっかく海水ウランを回収してもエネルギーはかえって赤字だ。これまで海水ウランのエネルギー収支の報告はなく実態は不明だが、海水ウランがエネルギー源として役に立たない可能性は高い。

再生可能エネルギーはどうか

 では、太陽光発電風力発電などはどうか。これらは再生可能エネルギーであり、燃料費ゼロの純国産エネルギーであり、温暖化ガスも出さないし、導入ポテンシャルも十分あり、世界的にも望ましいエネルギーとされ日本でもFIT制度のもとで導入が進んでいる。ところが、太陽光や風力などの変動性再エネは制御性がないので大量に導入すると、発電するときは皆一斉に発電するので電力が余ってしまい、発電しないときには皆一斉に発電しないので電力が不足する。稼働率が20%程度しかない再エネで十分な量のエネルギーを確保しようと思えば時により最大需要の5倍発電してしまうこともある。これを対策するためにEVやFCVの活用が提案されているが、すべての車をEVにしてもすべてため込むのは無理であり、ため込める電力量も限られる。水素ならため込む量の制限はないが、体積はかさばるし漏れやすく危険でもあり、大量かつ長期の貯蔵性には難がある。変動性の再エネがエネルギー供給の主体となったとき、その変動性をいかに克服するかは難しい課題であり、各国とも頭を悩ませている。

海水ウランの活用

 そこで再び海水ウランが登場する。海水ウランは回収や濃縮にエネルギーが必要だ。そのエネルギーを回収したウランから得られなくても太陽光や風力発電の余剰エネルギーを使えばウラン燃料はできる。これは太陽光や風力の余剰エネルギーをウランに貯めていることに相当する。ウランは非常にエネルギー密度の高い燃料だ。つまり、どんなに太陽光や風力の余剰エネルギーがあってもウランにしてしまえばその貯蔵は楽なのだ。しかも安定だから一度作ったウラン燃料は長期保存も可能。いくらでも余裕のある揚水発電のようなものである。今日の昼発電した電気を今日の夜使うというような用途には向いていないが、去年の再エネの余剰エネルギーを来年使うというような使い方が海水ウランで可能になる。

 

再エネ社会の完成

 

 こうしてできたウランは再生可能エネルギーであり、純国産エネルギーであり、温暖化ガスフリーであり、しかも制御性もよい、理想のエネルギー源になる。再エネが余れば余るほど、ウランをため込むことができ、それは日本のエネルギー安全保障を確かなものにする。再エネは原子力を救うのだ。一方で太陽光、風力などの変動問題を原子力が解決できる。ウランというこの上なくエネルギー密度の高い蓄電池を活用することにより再エネの導入制限もなくなる。原子力で再エネも救われるのだ。

 

再エネと原子力の共存

 

 福島事故から7年。原発推進派と再エネ派は互いに反目しあっている。その理由の一つに変動性の再エネと出力制御を行わない原発の共存が難しいという側面がある。しかし、海水ウランを活用することにより再エネの変動を海水ウランで吸収出来る。同時にウランの枯渇問題を再エネが解決する。変動性再エネと原子力はお互い必要不可欠な存在になる。再エネが多くある方が余剰エネルギーも増えて原発の燃料がたくさんできるし、原発の出力制御も50%程度は十分可能であり、原発が十分あれば再エネの変動も原発の出力制御で解決できる。原発か再エネかではなく、両者ともお互いのためにお互いが増えることが有利になってくる。

 

原子力の環境整備

 

 海水ウランの活用のためには原子力活用の環境が整っていなければならない。海水ウランが活用できるなら原子力は未来永劫使えるエネルギー源である。その活用のためには未来永劫原発が受け入れられる社会環境が必要だ。しかし現在の状況では原発の新設・増設は見込めない状況にあり、原子力の活用ができる環境とは言い難い。約一年前、日本社会が原発を受け入れやすくするアイデアの一つとして「根室原発特区構想」を提案した。日本のすべての原発を根室に集中立地する提案だ。これと海水ウラン活用を組み合わせれば日本のエネルギーは未来永劫安泰だ。そうなる鍵は技術でなく社会にある。既存原発再稼働、核燃料サイクルだけが原子力ではない。過去の路線は白紙に戻し、未来に向けて社会が納得する原子力の姿を考えていくべきだろう。

参考資料

ウランは充分あるか? http://agora-web.jp/archives/2022455.html

海水ウラン回収技術の現状と展望 https://www.jaea.go.jp/03/senryaku/seminar/s09-3.pdf

根室原発特区構想 http://agora-web.jp/archives/2024855.html

2018-02-18

脱原発政策は国家を滅ぼし国民を不幸にする」

エネルギー会が「脱原発政策は国家を滅ぼし国民を不幸にする」という資料を発表している。中で明らかな間違いがあるので指摘しておこう。

http://www.engy-sqr.com/media-open2/20180214datugennpatu.pdf

11、12pのエネルギー収支比についての記述。最新のドイツの研究とはこの論文のことだろうと思われる。

http://festkoerper-kernphysik.de/Weissbach_EROI_preprint.pdf

その最終ページに12pと同じ図が載っている。左から5番目、エネルギー会の資料にはLNGとあるが、論文にはCCGTとはあるがLNGの記載は無い。ドイツはロシアからのパイプラインがあるからドイツの論文でLNGを比較する必要が無い。ドイツ論文では液化はしていないということだ。

では液化した場合のエネルギー収支比はどうなのか。電中研H7

http://criepi.denken.or.jp/jp/kenkikaku/report/download/2uabJbYFY0yhUTbskum6WNbmIlWEZBIu/Y94009.pdf

原子力学会天野2006 http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/01/01040119/07.gif

ウイキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/エネルギー収支比

産総研 2008 https://unit.aist.go.jp/rcpv/ci/about_pv/e_source/RE-EPR.gif

定義が違うのか、値も比率も様々だが、LNGのEPRは太陽光や風力より低いかせいぜい同等というものが多い。もちろん最新の研究で変わる部分もあるだろうが、それは再エネのEPRが高まる方向に働くだろう。

ワイスバッハはEPRの高いCIGS等の化合物半導体を考慮に入れていない。産総研は寿命後のリサイクルを考慮に入れている。産総研とワイスバッハの比率が大きく違うのはたぶんそのせい。どちらが実態に近いかと言えば産総研だろう。

つまり、エネルギー会の資料は液化しない天然ガスの資料を液化したものと誤った表示をしている上、再エネの実態も反映していない資料を参考にしている。いずれも正しく評価すれば再エネのEPRがLNGを超えることは十分期待できる。

日本の今の主力電源がLNGなのだからそれよりエネルギー収支比の高い再エネを使うことには少なくともエネルギー収支比の点からは問題がない。残念ながらエネルギー会の資料は都合のいい資料を探し出して根拠にしている感が強く、説得力のあるものとは言えない。

以上は資料のうち再エネを批判する目次の1の内容の一部。全体目次はこうなっている。

1. 安定供給の視点から 再生エネには限界がある (安定供給)

2. 温暖化対策の柱として原子力発電は不可欠である (温暖化対策)

3. 脱原発・再エネ全面依存は国民負担の増大で国民生活を脅かす(経済性)

4. 我が国のエネルギー安全保障上 原子力の利用は欠かせない (安全保障)

5. リスクゼロの追求は国民を幸福にできない (原子力安全)

6. 核燃料サイクルにより日本のエネルギーは盤石に(Pu利用 )

7. 高レベル放射性廃棄物は地中深く安全に処分できる (廃棄物処分)

8. 我が国の産業基盤維持のため、原子力産業の発展はゆるがせない(産業基盤)

9. 原子力指向の世界的潮流の中で取り残されてよいのか (世界的潮流)

10.日本のエネルギーの将来は (原子力あるのみ)

それぞれコメントしてみよう。

1.変動性再エネが安定供給上難があるのは皆わかっている。それを改善する技術開発は必要。しかし限界を先に決めてしまってはだめだ。

2.温暖化対策には原発は有効だが、国土が狭く地震・津波・天災の多い日本でやらなくても問題はない。また、再エネも温暖化対策に有効。つまり日本では温暖化対策として再エネがより適している。

3.再エネは設備費割合が大きく一時的に負担が大きくなるのは避けられないが、再エネ価格は世界的には大きく下落しており、経済性も認められている。将来的には燃料費ゼロで寿命を延ばすほど経済性は改善する。日本が高いのは土地代人件費が高いなど日本特有の事情があるが、その費用は国内で還流する。経済性もすぐに答えをだせるものでなく、改善努力でよくしていくことができる。

4.安全保障なら燃料が不要の再エネが一番。原子力はウランが輸入できなければ終わりだ。ただし海水ウランを実用化すれば別だ。エネルギー安全保障を言うなら海水ウラン研究を進めるべきだろう。

5.リスクゼロなんて国民はだれも追及していない。追及しているのは安全神話を宣伝する電力会社。なぜリスクゼロを言わなければならないかというと保険がないからだ。無保険なのに安全神話を信じて原発を動かせば国民は不幸になる。

6.もんじゅも再処理工場も失敗続きでいったいいつの話をしているのだろうか。プルトニウム利用ができるころには元になるウランが枯渇しているのでは?

7.そりゃ処分はやればできる。しかし何万年の安全を確認できる人はいない。反対運動は当然起きる。そしてこれまでのところ処分地選定は成功していない。学術会議が当面中間処分とレポートを出しても無視。やる気があるとは思えない。

8.だいたい、原発をターンキー契約で買った国に産業基盤なんてない。下請け企業の集合に過ぎない。国民の半数が再稼働にすら反対で、ウランは将来枯渇するのだから国内の原発産業の衰退は明らか。産業が大切なら海外で思う存分活躍すればよい。

9.原子力の世界の潮流が原子力拡大ならウラン枯渇は早まる。つまり早期撤退がベスト。逆に原子力縮小なら日本は世界の潮流の先端だ。

10.この期に及んでもプルトニウム活用を主張するなどの頭の固さはどうなっているのだろうか。様々な選択肢があるのに他を否定することだけに全力を注ぎ、過去の路線の延長だけが有効と思う人だけで日本の原子力は構成されている。百歩譲って原発を活用するにしても根室に移転すればいろいろといいこともたくさんあるのだが。やるべきことは原子力関係者の性格を改善することだろう。まあ、無理だろうな。

http://agora-web.jp/archives/2024855.html

2017-10-04

東北電力はひどい

ニュース2本

《東北の基幹送電線、空き8割 「余力ゼロ」本当? 京大検証

2017年10月4日05時00分

空き容量が「ゼロ」とされる東北の主要な送電線の利用率

 「空き容量ゼロ」として、太陽光や風力などの発電設備が新たにつなげなくなっている東北地方の14基幹送電線が、実際は2〜18・2%しか使われていないと、京都大が分析した。東北電力は送電線の増強計画を進め、発電事業者に負担を求めているが、専門家は「今ある設備をもっと有効に使うべきだ」と指摘する。》

《被災地の電力計画断念 大手電力から法外な負担金

被災地の福島県飯館村で風力発電を計画した飯館電力は、4億円の事業費に対し、東北電力から送電線の増強費として21億円を求められ、事業を断念したということです。各地の再エネ事業者は、エネルギーの地産地消を目指していますが、原発を優先する大手電力から送電線を使わせてもらえず、負担金を求められるケースが相次いでいるとしています。》

総括原価方式で痛みなしで作った送電線なのでがら空きでも痛くもかゆくもない。せっかくある設備を活用する工夫を何らやろうとせず、再エネ分を増やすことが必要だとして再エネ業者に法外な送電線代を請求し、事業断念に追い込む。こうやって大手電力の再エネ妨害がされていく。その結果、純国産エネルギーは増えず、国富流出は続き、エネルギー安全保障は危うくなり、CO2は増える。こういうのはもはや国賊だ。なぜ使っていないのに空き容量がゼロなのか。それは動いていない原発の電気を流すためだろう。つまり、脱原発をすれば再エネは増やせる。根室原発構想でも既存原発を根室に移すことにして既存原発を廃炉にすれば送電線が再エネに開放され増やせると指摘した。それは正しかったということだ。原子力は再エネ導入を妨害する。希望の党が脱原発を明言したのは単なる票集めでなく、将来を考え再エネを増やすために必要なことだと考えたと期待したい。2030年脱原発を公約にしようとして失敗した民進党がなくなったのは喜ばしい。原子力利権漬けの自民党の支配が続くと再エネは増えずウラン枯渇とともに日本も滅ぶ。

2016-12-08

キンドル読み放題記録

「女子の本懐」

女子の本懐―市ヶ谷の55日 (文春新書 602)

女子の本懐―市ヶ谷の55日 (文春新書 602)

時の人、小池百合子が防衛大臣になったときの記録。日記みたいなもの。政治家をやろうというだけでも立派なもの。加えて女性第一号の開拓者はさらなるエネルギーが必要だが、エネルギーは満ち溢れているようだ。さすがと思うが、本としてはあまり面白くなかった。

「原発ゼロへ! 小泉純一郎脱原発宣言 全文」

伝えられていることから想像できる範囲。とくに新たな発見はなかった。情報が正しいかどうかも怪しいところもある。とはいえ廃棄物の問題でも事故対策や廃炉でも原発を今のまま動かすのは問題があるし、即ゼロが社会を変える上ではインパクトがあるのは確か。郵政民営化をやってみせた小泉さんがいうことだけに説得力はる。

「生き方―人間として一番大切なこと」

生き方―人間として一番大切なこと

生き方―人間として一番大切なこと

現代の経営の神様と言われる稲盛和夫だが、これはほとんど宗教本だ。自身すでに仏門にはいっているし。とてもついていけない。スーパーマンのまねはできないし、そういう宗教的な理想も持てない。でも心意気は伝わってくる。

2016-10-18

新潟知事選

新潟知事選は柏崎の原発の再稼働に深く関係しているので注目していたが予想外の結果にびっくり。原発にいろいろ文句を言っていた現知事が急に次は出ないと言い始めたので次は無投票と言われたこともあったようだ。原発を動かしたい与党側の候補は長岡市長を務め市長会でも名を挙げた人。かなり強力な候補だった。反原発の候補はでないのかと思われた告示六日前に今回当選した人が出馬を表明したが、所属する民進党は電力労連が与党側候補を推すことが決まっており支援できず、民進党を離党しての立候補。推薦は共産党、社民党、生活(自由)の弱小政党だ。こんな状態なら普通なら10:1、良くても3:1くらいで負けるだろうと思われた。それが10:11くらいで勝ったのだ。これはびっくり。脱原発票の力としか言いようがない。おそらく政府はもう事故から5年もたって半分程度は原発のことなんか忘れているだろうと思っていたと思う。それがこんなハンディキャップを跳ね返すほど原発稼働反対の意思は強力だった。政治家は選挙が何より怖いからこんな結果になったら考えなければならない。民進党が電力労連と手を切って反原発を前面に打ち出したら政権を取られると思うだろう。今後どんな展開があるか楽しみだ。

2013-11-27

脱原発と温暖化

小泉さんが即脱原発と元気に言いまわっていて話題になっていた。一方、先日のサイエンスゼロでは2000年から温度上昇が止まっているのは温暖化がなくなったのではなくて深海に熱を運んでいる挙動によるようだ。それが終了したらまた温度は上昇し、上昇すると台風は巨大になるし集中豪雨は激しくなるし海水面も上昇するだろうということである。原子力がCO2排出削減に役立つのは確かだ。一方再生可能エネルギーはほとんどが不安定電源であるため電源安定化のために出力調整可能な火力を増やすことにつながり、相当増えるまではCO2の排出量の削減にはたいした効果がない。だから原子力からの撤退はしないほうがいいとは思うのだが、温暖化は地球の問題で脱原発は日本の問題なので日本がどうするかはまた別だ。そして、過去40年原子力が社会に果たしてきた影響を見ると、原子力安全神話とか、安全研究を止めたり、反対派を弾圧したり、地熱発電を妨害したり、RPS法で風力を妨害したりと、反社会的と言ってもいいような行動ばかりしている。その挙句が原発事故である。小泉さんは自民党をぶっ壊すといって選挙に勝ったが自民党は健在だ。そのかわりに世代交代が進んだともいえる。今は小泉さんの言うとおり即脱原発を実行しても原発はなくならないだろう。そのかわり、反社会的な行動が消え温暖化防止に役立つことが周知されればよい。その意味で小泉さんの意見には賛成だ。ところで話題の秘密法案と原発にはこんな話もあるらしい。「実は昨年6月、『原子力の憲法』と言われる原子力基本法が改正され、『我が国の安全保障に資する』ことも目的にする、との文言が滑り込みました。それを根拠に原発情報を丸ごと特定秘密化することが可能になった。核燃料サイクル推進派の官僚の入れ知恵ですが、事程左様に秘密が『少なくなる』保証なんて何もないんです」「原発ホワイトアウト」の若杉氏が語ったらしい。こういう非倫理的な話を無くすためにも即脱原発は有効だ。

2013-11-25

「孫正義のエネルギー革命」

小泉さんは即脱原発と言っているが孫さんはどうかというと、原発をどうするかよりとにかく再生可能エネルギーをふやそうというものだ。有名なスーパーグリッドは主としてモンゴルの砂漠に太陽光や風力を大量に設置してその電気を安く持ってくるために語られる。原発事故後にすべて考えたのだろうか。やはりたいしたものだ。まあしかし再生可能エネルギーの価格はいうほど下がらないだろう。再生可能エネルギーで電力をまかなえば電力価格は上昇し、供給は不安定になるだろう。私はそれでいいとおもうが世間はどう考えるだろうか。

孫正義のエネルギー革命 (PHPビジネス新書)

孫正義のエネルギー革命 (PHPビジネス新書)

2013-11-23

本感想

小説 イチエフ

小説 イチエフ

4号機の爆発は事故ではなくて関係者が燃料プールのメルトダウンを防ぐために企てたものだったという小説。ちきりんと同様のキンドル電子本の自己出版のようだ。おもしろくないわけではないが短くいまいち。

知って得する英語練習法

知って得する英語練習法

イチエフと同じ作家による無料本。これも映画の活用を勧めていて10本ぐらいは暗記するくらいでないといけないようだ。

これは出版社がからんでいるが電子本の出版のようだ。ウインドウズの開発にも携わった技術者が原発事故をうけて脱原発を主張したブログを書いたら菅総理の目にとまって官邸にまねかれたということだが、まねかれたときとかその過程の話はほとんどなく、菅総理の印象とか本人の脱原発論がほとんど。題名から期待したようなものではなく題名が長いだけにちょっと不満。ただこの人の原発観は自分と近く、そうだそうだと思ってしまう。

ドラッカー名著集1 経営者の条件

ドラッカー名著集1 経営者の条件

1960年代に書かれたとは思えない。古さをまったく感じさせず、ゴールドラットの著書と言われても納得するかも。ただ、やっぱり話が一般的になるほど抽象的になりわかりにくい。

ソニーの一般社員が後にコンサルタントになってソニーを指導する立場になったという人の著書。ソニーの中も外もわかっているので面白い人だが、この本はその期待からはちょっとはずれる。あまり整理されておらず、エッセイ的で焦点が定まらない。まあ読み物としては悪くないが、読んだ充実感もあまりない。

サラリーマンの悩みは・・・と同様なことを期待したが、それほどのものではなかった。経済学の考え方を実生活に応用するといろいろいいことがあるよというようなことだが、それほど新しい発見があるわけでもない。NHK教育の「オイコノミア」という番組をときどきみているがそんな感じ。学問を実例に適応するというのはなかなか難しい。やはり「もしドラ」とか「ザ・ゴール」などはたいしたものだと思う。

というわけで今週読んだ本はあまり面白くなかった。紙の本だとこういうのは図書館で借りたり、古本屋に売ったりできるが、電子本だとそういう回収は難しい。やはり購入時にもっと吟味して買ったほうがよさそうだ。

2013-11-10

「今こそ原子力推進に舵を切れ」

WEDGEという雑誌の記事を電子書籍にしたもの。100円。WEDGEという雑誌は知らなかったがJR東海の広報誌のようなものらしい。kioskにポスターが貼ってあったりするし、新幹線のグリーン車にはタダでおいてあったりするようだ。JR東海の社長は原子力を擁護しているので雑誌の主張もそれに沿っているのだろう。読んでみたが、言っていることはわかる。原子力のメリットがいろいろあるのは確かだ。だから事故があったからといって原子力を捨てるべきではないという主張はわかる。そして事故の対策により津波に対して安全性が従来の1000倍になったという主張も正しいかも知れない。しかし、逆に言えばこれまで原発を運営してきた国と電力会社は今より1000倍危険であったものを見逃していたということだ。その能力不足や価値観が問題だ。鎖の強度は一番弱い輪で決まる。今回津波対応の輪が弱くてそこを1000倍に補強しても次に弱い輪が1.1倍しか強くなかったら次はそこが事故を起こす。常に一番弱い輪を探し出す努力が必要なのだ。これまで原発は安全神話を守るため弱い輪を発見してもそれを公表することもなく対策もしなかった。そういう隠蔽体質こそ安全の敵である。東京電力ですらまだ隠蔽体質が残っているのに他の電力会社からなくなったとは思えない。本当に原子力を推進したいのならもう少し掘り下げた推進策が必要だろうし、その矛先は脱原発派ではなく電力会社や国の体制をどうするかということになるはずなのだ。しかしここまで強硬に原子力を擁護されると新幹線に乗るのもちょっと考えてしまう。とはいえ選択肢はないのだが。実は特集の中のどうして事故がおきたかを解説している記事はけっこういい出来と思う。あそこの部分だけ発展させて一冊にしてもらいたいものだ。

2013-09-24

アゴラの興味深いコメント

アゴラに「福島原発事故、専門家は責任から逃げるな」というエントリーがあってそのコメント欄に興味深いコメントがあった。

「反保 元伸 · トップコメント投稿者 · JAEA Post-Doctoral Research Scientist

軽水炉の安全研究は、30年前から途絶したと、先輩から聞いています。その理由を簡単に言えば、「安全といわれる原子炉がすでに動いているのに、安全かどうかを研究するというのは矛盾するからだ」と言っておりました。多額の研究費を電力会社からもらっていた当時としては、会社の意向に逆らうことはできなかったんでしょうね。」

JAEAの現役の研究者らしい方のコメントである。JAEAとはいわゆる原子力研究所であって、高崎の原研もその一部である。研究所といえば俗世間に関係なく研究をやっているイメージがあるが、ここまで電力会社の魔の手が伸びてきて安全研究をストップさせていたということは、日本では30年間原子炉の安全研究はどこもやってないということだろう。私は原子力は活用できるものなら活用したほうがいいと思っているが、こんな話を聞けばやはり日本は脱原発するしかないのかなーと思う。

f:id:vaceba:20130924071340p:image