R30夫婦のお気楽日記

2008-07-12

[][][]色々あった一日

この日は夏日。朝暑くて目が覚める。

オットに促され、先日買った「ドリラー・キラー」を起き抜けから共に鑑賞。途中まで見る。

オットは「ドリルが小さい!」とご不満のご様子だった。


夕方から映画「カメレオン」(監督:阪本順治)を観に有楽町に出掛ける。


「カメレオン」は、我々にとっては久々の丸山昇一脚本作品だった。

一応「丸山節」は感じられたが、この映画全体に流れる「70年代の大衆娯楽的アウトロー映画」

特有の荒唐無稽なテイストを、観客は理解できるのだろうか?

藤原竜也が並外れた身体能力を発揮。新たなアクションシーンを表現していた。


オールド・ボーイ (HD-DVD) [HD DVD]

      これは役作りの参考にしたという「オールドボーイ」  →

      たしかに、髪型、髭、コスチュームに影響色濃い





映画鑑賞後、「四安料理 シーアン」で軽く呑む。

ということで今日のつまみ

f:id:vanda18:20080712210920j:image f:id:vanda18:20080712211220j:image

こちらのお店には時々来ますが、今日のフードは初めて食べました。

押し豆腐の和え物が、サッパリしているけど程よい塩加減で美味しかった。


帰宅後、なにげにテレビをつけたら「鉄腕バーディー」がやっていた。

絵も良く動くし、意外に面白く最後まで見てしまう。

アニメは「ゆうきまさみ」(原作)の絵では全くなかったが、その方がかえってよかったのかも?

ゆうきテイストを活かしつつも今風にすっきり描きなおされていて、キャラクターデザイン

のセンスを感じた。今後も見てみようかなー?

そういえば、原作はヤングサンデー連載だけど、7月末でそのヤンサンは休刊を決定しており、

今後どうするんですかね?(クーラン)

[]ネタバレあり「アフタースクール

過日、内田けんじ監督作品「アフタースクール」を観た。


以下、映画をご覧になっていることを前提に話を進める。


冒頭のシーン。

団地の一室で妊婦さん(常盤貴子)と若い会社員(堺雅人)が朝食を食べながら会話している。

男「ご飯まで作ってもらっちゃってありがとう」

女「これくらいしか出来ないから。最近、疲れてるみたいだからあんまり無理しないでね」

そこへ、初老の男性が入って来る。

初老の男「これからは、少し無理してもらわんとな」

などと、会話している。

窓からは、柔らかな光がさしこんで、幸福な空気が三人を包み込んでいる…


…ように見える。


これが、クセモノで、映画やTVドラマで、同様のシーンを何度も見ている我々は、無条件に

このシーンを「ああこの若い二人は夫婦で、夫は妊娠している妻を気づかって

食事、無理して作らなくていいよ、といっているにもかかわらず、妻は健気にそれを作り、

愛し愛されている関係が成立している。

そして、妻の父親はそんな夫のやさしさを、どこかたよりなさからくる甘さと感じ、もう少し

頼れる男になってくれないかな、と感じている」

そんなシーンだと勝手に解釈してしまう。


しかし、作り手はそんなことひとこともいってない…。

実際、若い二人は夫婦ではないし、初老の男は父親でもない。


この、観客が過去の映画等の記憶からシークエンスを「勝手に解釈」してしまうことを逆手にとる

という演出、これはなかなか上手い。

本作は、このあともそれを多用して、観客及びモニターごしに映像を見る劇中の人物たちも

みんなが「勝手に解釈」の勘違いをしてしまい、そこから生じる騙し騙される状態が

上質のミステリーを作り上げている。


更に、新宿の裏通りを徘徊するカメラが、非常にヤバイ雰囲気を盛り上げていて

お人好しの中学教師大泉洋)が、ひょんなことから、やくざな探偵(佐々木蔵之介)に

かかわってしまったばっかりに、平和な日常の裏側に口を開けている暗く汚れた世界に

引きずりこまれる、という怖さが上手く表現されていて、この辺りとても映画的。


後半、いきなり逆転して主役に躍り出る大泉氏の演技も出色で、心地良く騙される快感を味わう事ができる。


そして終盤の大泉教諭が、アウトローを気取る佐々木探偵に放つひとこと

「おまえみたいな生徒、クラスに必ずひとりはいるんだよ。

わかったような顔して、斜に構えて、全てくだらねえとか言って

勝手に人生つまらなくしてるヤツ」

これは心にズシンときたなー。高校時代のドロップアウトしたオレやアナタだ!


という訳で、キラリと光るなセリフあり、達者な演技あり、見事な脚本あり、秀逸な描写あり

の充実の逸品でした。(○)

[][]涼しくなりそう?

明日の朝9時から放送の「ゲゲゲの鬼太郎」。

ザ50回転ズ」がゲスト出演しますよ〜。もちろんアニメですよ〜。

なんだか、ちょっとコワイっす(いろんな意味で)。

しっかし、今度の鬼太郎はイケメンっぽいよな〜。(クーラン)