Hatena::ブログ(Diary)

地に足をつけて遠くをみつめる。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2019-01-24

酸とアルカリと、善悪と

季節外れだけど、紫陽花の話をすればわかりやすい。


紫陽花は、どこに植えるかによって、花の色が変わる。

この色が可愛いなあと思って、気に入って手に入れてきても、

自分の家の庭に植えたら、全然違う色になったりする。


これは、色に限らず、形状がどんどん変わったり、

あるいは、移植したら育たず枯れてしまうことも、そうだ。


なんの実験だったかな、金魚もそうだ。

金魚は、人工的に、あのキラキラした鱗になるように交配させられてる。

だから、レメディを与えたら、もとのグレーなフナに戻っちゃう。



何が善で、何が悪か、というのはまさにこういうエリアの話で。

それ単体で、周囲との関連性や、ストーリーの変遷なくして、断定できるものじゃない。


別のことを調べてたのに、ひょんなことででくわした知恵袋のテーマから

いろいろ思い出していた。


「梅シートをたべすぎると歯が痛くなるのはどうしてですか? 」

という投稿だ。

歯が傷むときには、2つのベクトルがあって、ここでも書かれているような、酸によって、

外からの影響によって腐食する場合(酸蝕歯)。

それから、乱暴な言い方をするなら、体液の状態が酸性過多になっていることにより、

菌の温床になってしまうことによる、腐食。


安直に、pHの酸性が強いものを食べないことが大事、みたいなことだけで話が終わるのは、

ちょっと乱暴すぎやしないか、とわたしは思うのだ。

こういうブログはまちがいなくグーグルの検閲にひっかかって上位には入らないようになるだろう。

自分で読み解ける人だけ読んでくれ。


古くからの食養では、歯痛のときに、梅干しを歯に詰めると痛みが止まる、

と言われることもある。

これは、体全体が酸性に偏っていることへの中和、という意味でもまっとうな対処なのだ、本来。


梅干しは確かに、酸っぱい。pHも酸性であろう。

だが、よく健康界隈で言われる酸性アルカリ性、というのは、食品単体のソレではなくて、

体内に入ったときにどう働くか、という、わたしと食品の相互作用の結果について問うている。


中動態みたいなものである(ちょっと違うけど)。


大体、酸っぱいものを食べると、否、食べなくても、この記事で「梅干し」というキーワードを

視界に入れただけで、人はもう、口の中に唾液がたくさん分泌されるだろう。

その、身体の持っている自然なバランスをとろうとする力。


酸っぱいものを摂取して歯が溶ける、という話は、酸っぱいものを摂取したせいだけではなくて、

その、唾液が自動的に出てきて、相互作用がはじまる、ということが鈍っている、

そこにテーマがあるのではないか、とわたしは思うのでした。


ドライアイとかドライマウス、という病もあるけれど、あれだって、外から薬品や生理食塩水的なものを

補給する、というのは後手後手なのである。

そういうことをいろいろと思ったときに、

その人の身体、そして、その人が生きてきた経緯においてにじみでてきた色、というものを踏まえないと、

単体だけで、とってつけたように、何も扱えないと思う。


偶像崇拝や、春を売買する世界は、経緯をぶったぎる世界だ。

それは、ネガティブなストーリーのどつぼにはまっている人にとって、それをかなぐりすてて

逃避できる手っ取り早いツールのように輝いて見えるだろうが、

実際はより、そのストーリーから出られなくなり、泥沼に足を取られることを深めてしまうだけに、なる。


見ていないけど気になっている映画に、MOST BEAUTIFUL ISLAND がある。



映画『MOST BEAUTIFUL ISLAND』オフィシャル・サイト



この映画がテーマにしている領域について、わたしもわたしなりの方法でずっと追ってきて、

それなりにいろいろ思うことがある。


つくづく、表層的にきちんとしていることの闇の深さへの対峙、これしかないと思っている。


昨今、いじめられている側でなく、いじめている側へのケアがないとどうしようもないのではないか、

という論点がでてきて、世の中変わってきたなと思ったりするけれど、

それは、自分に置き換えてみると、どこかでそういう、嘘くさい自分と、そのしわ寄せを無自覚に、

弱い誰かに押し付けて救われようとしてないだろうか、ということへの対峙になってくる。


そういうことをもやもやと、ずっと考えてしまう今日このごろの、メモでした。


・・・そういうことをごまかさないまま、揺らぎをそのまま見据えながら、生きていきたい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/vegihappy/20190124/1548331302
2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2010 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 |
2011 | 01 | 02 | 05 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 07 | 08 | 12 |
2019 | 01 |
日記の検索