暗闇のほとりで

ブクログ←主に読了記録。
 

2016-02-07

雑記


 それなりに忙しくてあまり読書は進まず。津村記久子『二度寝とは、遠くにありて想うもの』二度寝とは、遠くにありて想うものから「溺れる乗客は藁をもつかむ」のエッセイ群を読み、著者の抱く問題意識へのアプローチと今この時の解を現す思考に、ちょっと息が詰まりそうになる。切実に思えつつ、思考を辿った先の己の形を肯定するきらいが強いようにも感じて( これは読んだ時の自分の心境が大きく影響していると思うので、時を置いて読み直せば、また違う印象を持つはず )、エッセイ群のタイトルに得心が行く。生きることに真面目でありつづけること、その偉大さは様々な面を見せる、という印象もある。また読みすすめていく。

2016-01-30

雑記


 1日休み。競馬を観るのも準メインを前に寝落ちして、ヒーターの前で毛布をひっかぶって日が暮れる。

 食べる量は木曜日から増えだし、土曜がピーク、月曜でリセットしてまた木曜へ、という波で、徐々に体重は減っている。今度の健康診断では去年より10キロ減っている状態になっておきたい。なので明日はウォーキングしつつ、スーパーへ缶コーヒーの買い込みだ。ココアの粉末も買おう。

 三浦靖冬「薄花少女」3巻薄花少女 3 (サンデーGXコミックス)を読みおえ、団鬼六『真剣師 小池重明』と金井美恵子『夜になっても遊びつづけろ (金井美恵子エッセイ・コレクション[1964−2013] 』から「若者は無言のノンを言う」を読みすすめ、ゴージャス宝田「キャノン先生トばしすぎ ぜんぶ射精し!!」から同人誌掲載分を読む。「キャノン先生〜」は初回限定版を持っているので、お目当ては同人誌掲載分で、特に「あくまでパクるとゆうのなら女エロマンガ家には女エロマンガ家のカタのつけかたがあります!」を読み、もちろんここでも「トばしすぎ」なのであった……せ、正義、か。

 種々の才能を触れる度に、凡人としてできることは今考えていることを書き出してあとから顧みることくらいじゃねえかなと考える。現実的な視座を持っておもしろいことを成す人は興味対象への己の意見を表にすることに、熱情が滾って躊躇がない、その様がやたら眩しいのだ。

2016-01-29

雑記


 今日はなんだかいろいろあった。本当にいろいろ、社交辞令を鵜呑みにしないくらいの頭はあるにせよ、手を繰り出さなければ先は無く…経験がものを言うんだなやっぱり。

 団鬼六『真剣師 小池重明』真剣師小池重明 (幻冬舎アウトロー文庫)を読みはじめる。おもしろいノンフィクション-というか評伝-が読めることのよろこびを噛み締めながら、ページをめくっていく。流浪、転々たる生活の様に、どうしようもねえ人だなあと思うも、目が離せない気持ちを追憶する不思議こそ、人を魅せる才能なのかと考える。読みおえたくないな……さて、つづきを読もう。

2016-01-28

雑記


 仕事にしても日常にしても、いろいろとがんばらねえとなー、と人と話す度に思い、また明日へぶつかっていこうと思える、ここは忘れない根っこのところだ、と考えて今のところを生きている。つまるところ、明日も働いて美味しいものを食べて飲んで、まったりしたい……。

 カツヲ「ひとりぼっちの○○生活」2巻ひとりぼっちの○○生活(2)<ひとりぼっちの○○生活> (電撃コミックスNEXT)を読みおえ、「名は体を表す」をど直球の威力で繰り出してくる技は2巻でも健在で、本当に、倉井佳子さんの過去は一体何があったんだろうか…?ぼっちとソトカの師弟関係から友達へと変わっていく様が、愛らしさいっぱいで良かったなあ。3巻も楽しみだ。もっとつづいてほしい!

 アニメは「おしえて!ギャル子ちゃん」第1話や「この素晴らしい世界に祝福を!」第2話を観たり、当たりの作品を観ることが出来てうれしい。

2016-01-27

読書など

 やりたいことがやれるうちはとにかくやっておこう、と語彙力の無いことを思いながら、日記を書く。忙しい時は書かない、時間が取れる時は書き出してみる。

 中原昌也中原昌也の人生相談 悩んでるうちが花なのよ党宣言』中原昌也の人生相談 悩んでるうちが花なのよ党宣言をケラケラ笑いながら読みおえる。人生相談は相談内容を突き放して天と底を見据えた自分の意見を伝えてなんぼ、という見立てを持っている者からして、この本はまさにうってつけの人生相談本、そして中原昌也のスタンスと考える愛が伝ってくる、良い本だった。博愛主義だな、やっぱり……。あと、「僕はこの女性に会ってみたい(中原)」の人生相談の文章が、中原昌也の述べる通り、読点の打ち方が良くて、相手を自分の手のひらに転がせるのがものすごく上手いんだろうなと感じさせる、読み手の意識を泳がせる淫靡な文章で、これはただただ惚れる。エロいのはいいことだ。

 本書には各人生相談の解消にちなんだ中原昌也のセレクトした映画1本が紹介されており、全140本のうち、気になった映画をここに挙げておく。いつか観るかもしれないし、観ずに本書の紹介文を何度も読みかえすだけかもしれないが、観た時はなにかしら感想は書いておこう。

 ・リストラ・マンリストラ・マン【字幕版】 [VHS]

 ・バーバーバーバー ― 2枚組 DTSスペシャルエディション (初回生産限定版) [DVD]

 ・グリードグリード《IVC BEST SELECTION》 [DVD]

 ・恋恋 [VHS]

 ・恋人たちの予感恋人たちの予感<特別編> [DVD]

 ・ガール6ガール6 [Blu-ray]

 ・ミスター・グッドバーを探してミスター・グッドバーを探して [VHS]

 ・アルフィーアルフィー (1966) [DVD]

 ・隣の女隣の女〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選7〕 [DVD]

 ・2番めのキス2番目のキス (特別編) [DVD]

 ・コレクターコレクター [DVD]

 ・殺人幻想曲殺人幻想曲 [DVD]

 ・鬼火鬼火 [DVD] (HDリマスター版)

 ・6才のボクが、大人になるまで。6才のボクが、大人になるまで。 [Blu-ray]

 
プロフィール

view

ここは、更新間隔がえらく適当なダイアリーです。小説やマンガを読んだりアニメを観たりしています。