Hatena::ブログ(Diary)

花屋がお届けするお花のトリビア

2011-07-09

7月9日はギボウシ!

13:28


7月9日の誕生日花はギボウシです!

f:id:vintage1187:20110709132749j:image

画像引用:ウィキペディアギボウシより

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%82%B7

ギボウシ(擬宝珠)とはユリ科APG植物分類体系ではリュウゼツラン科に入れる)の多年草ギボウシ属(Hosta)の総称である。山間の湿地などに自生し、また花が美しく日陰でもよく育つため栽培される。花言葉は「落ち着き」「沈静」「静かな人」。

特徴 [編集]東アジア原産で40種ほどがあるが、種間雑種ができやすく(特に栽培品種には多い)分類には諸説ある。江戸時代の日本で変異個体が多数園芸品種として固定され、さらにこれがシーボルトらによってヨーロッパに紹介されてヨーロッパでも多くの品種が育成された。葉は幅広く根元から出る。夏に総状花序に青(白の品種もある)の細長い花をつけ、マルハナバチなど大型のハナバチの訪花によって受粉される。果実は朔果で3裂するが、栽培品種には結実しないものもある。日本にはオオバギボウシ(H. montanaまたはH. sieboldiana var. gigantea)など20種ほどが野生し、これらはウルイの名で山菜としても利用される。ただし若葉が毒草バイケイソウに似ており誤食事故が多いので注意を要する。スジギボウシ(H. undulata)やその他雑種などが栽培される。

ギボウシの名はつぼみ、または包葉に包まれた若い花序が擬宝珠に似ることから付けられたという。英語名Plantain lilyは「オオバコユリ」の意味で葉がオオバコに似ることから。






////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

f:id:vintage1187:20101202183128j:image

プリンセスピンクスタンド花二段


花のヴィンテージ

http://www.vintage1187.jp/

最寄駅:JR常磐線三河島駅、JR山手線日暮里駅京成本線新三河島駅、都電荒川線荒川区役所前

東京都荒川区荒川3-69-2

03-3805-0187

営業時間外やお急ぎのお問い合わせはこちら

ヴィンテージモバイル

080-5180-8711



東京都荒川区日暮里より、日本全国に送料無料でお花をお届けいたします。

東京23区に、スタンド花も配達料無料でございます。

その他近県の配送は、当店までお問い合わせください!

当店のお花は、自慢の目利き力、アレンジ力で皆様にお喜びいただいております。

是非一度ご利用ください。



>>花屋 東京 /開店祝い 花/

2011-07-08

7月8日はホオズキ!

15:15


7月8日の誕生日花はホオズキです!

f:id:vintage1187:20110708151546j:image

画像引用:ウィキペディアホオズキより

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%AA%E3%82%BA%E3%82%AD

ホオズキ(鬼灯、酸漿)は、ナス科ホオズキ属の多年草。またはその果実。カガチ、ヌカヅキとも言う。花言葉は偽り。

原産地は東南アジアで、その他に南欧やアメリカ大陸など温帯に自生している。主に観賞用や食用として栽培されるが、野生のものもある。

概要 [編集]ホオズキ多年草で、草丈は60〜80cm位になる。淡い黄色の花を6-7月ころ咲かせる。この開花時期にあわせて日本各地で「ほおずき市」が開催されている。中でも、7月初旬に開かれる東京浅草寺のものは江戸時代から続いており[1][2]、60万人にのぼる人出がある有名なものである[3]。花の咲いたあとに六角状の萼(がく)の部分が発達して果実を包み袋状になり、熟すとオレンジ色になる。種蒔き、株分けで増やすことが出来るが、ナス科植物との連作障害が有る。アメリカ原産のセンナリホオズキ(Physalis angulata)が日本で野生化している。

観賞用としてのホオズキは、鉢植えやドライフラワーなどに用いられ、その愛好家も多い。果実は、以前はホオズキ人形や口で音を鳴らすなど子供の遊びにも使われていた。食用や薬用としても知られているが、腹痛や堕胎作用があるために多用は禁物である。

日本の仏教習俗であるお盆では、ガクに包まれたホオズキの果実を死者の霊を導く提灯に見立て、枝付きで精霊棚(盆棚)に飾る。

毎年7月9日、7月10日に東京都台東区浅草浅草寺ほおずき市が催される。

名前 [編集]一説に、果実を鳴らして遊ぶ子どもたちの頬の様子から「頬突き」と呼ばれるようになったという。 また、「カメムシ(古名:ホウ、ホオ[要出典])がこの植物によく集まって吸汁することから「ホオ好き」と呼ばれるようになった」といった説もあるが、これは一種の民間語源であろう[4]。 なお、ホオズキにしばしば群生するヘリカメムシ科のカメムシは、今日ホオズキカメムシとの和名を与えられている。

漢字では「酸漿」のほか「鬼灯」とも書く。これは中国語で小さな赤い提灯を意味する[要出典]。中国語では酸漿の名のほかに「金灯」「錦灯籠」などとも言い、英語では Chinese lantern plant と呼ばれている。

薬効・毒性 [編集]地下茎および根は酸漿根(さんしょうこん)という生薬名で呼ばれている。

ナス科植物の例に漏れず、全草に微量のアルカロイドが含まれている。特に酸漿根の部分には子宮の緊縮作用があるヒストニンが含まれており、妊娠中の女性が服用した場合、流産の恐れがある。そのため酸漿根を堕胎剤として利用した例もある。

平安時代より鎮静剤として利用されており、江戸時代には堕胎剤として利用されていた。現在も咳や痰、解熱、冷え性などに効果があるとして、全草を干して煎じて飲む風習がある地方が存在する。

観賞用 (園芸) 品種

毒性及び苦みがあり食用にならない。

ホオズキは、世界中でその土地の環境に応じて変化し約80種類が分布している。

実の大きいタンバホオズキ、矮性種の三寸ホオズキ

食用品種 ショクヨウホオズキ (Physalis pruinosa)

甘酸っぱく食用にされる。

ヨーロッパでは古くから栽培されていて、秋田県上小阿仁村の特産品。北海道では1995年から由仁町江別市などでも生産される。旬は秋。袋が茶褐色に変わり中の直径2cmから3cm位の実が黄色くなって食べ頃を迎える。ストロベリートマトという名前で出荷されている。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

f:id:vintage1187:20110109091655j:image

エレガンスローズ


花のヴィンテージ

http://www.vintage1187.jp/

最寄駅:JR常磐線三河島駅、JR山手線日暮里駅京成本線新三河島駅、都電荒川線荒川区役所前

東京都荒川区荒川3-69-2

03-3805-0187

営業時間外やお急ぎのお問い合わせはこちら

ヴィンテージモバイル

080-5180-8711



東京都荒川区日暮里より、日本全国に送料無料でお花をお届けいたします。

東京23区に、スタンド花も配達料無料でございます。

その他近県の配送は、当店までお問い合わせください!

当店のお花は、自慢の目利き力、アレンジ力で皆様にお喜びいただいております。

是非一度ご利用ください。



>>花屋 東京 /開店祝い 花/

2011-06-29

6月29日はアガパンサス!

14:46



6月29日の誕生日花はアガパンサスです!

f:id:vintage1187:20110629144617j:image

画像引用:ウィキペディアアガパンサス属より

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AC%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%B9%E5%B1%9E

アガパンサス属 (Agapanthus) とは、単子葉植物の属のひとつで、南アフリカ原産。日本では園芸用に球根が販売される。

分類 [編集]およそ10種がある。

所属する科は、分類体系により異なり、クロンキスト体系ではユリ科、新エングラー体系ではヒガンバナ科、APG分類体系ではアガパンサス科に所属する。

アガパンサス科 [編集]APG植物分類体系ではネギ科、ヒガンバナ科と姉妹群をなすとしてクサスギカズラ目に入れられる(APG IIIではヒガンバナ科にまとめる)。

被子植物 Angiosperm

単子葉類 Monocots

クサスギカズラ目 Asparagales

アガパンサス科 Agapanthaceae

主な種 [編集]ムラサキクンシラン (Agapanthus africanus)

単に「アガパンサス」というと通常は本種のこと。半耐寒性多年草で花期は6-7月頃。南アフリカ原産。

花言葉花言葉ギリシャ語で「愛の花」という。

外部リンク [編集]ウィキメディアコモンズには、アガパンサス属に関連するマルチメディアがあります。ウィキスピーシーズアガパンサス属に関する情報があります。カリフォルニア州アーバイン市 - アガパンザスが市の認定花



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

f:id:vintage1187:20101213162523j:image

ロイヤルパープルスタンド花一段


花のヴィンテージ

http://www.vintage1187.jp/

最寄駅:JR常磐線三河島駅、JR山手線日暮里駅京成本線新三河島駅、都電荒川線荒川区役所前

東京都荒川区荒川3-69-2

03-3805-0187

営業時間外やお急ぎのお問い合わせはこちら

ヴィンテージモバイル

080-5180-8711



東京都荒川区日暮里より、日本全国に送料無料でお花をお届けいたします。

東京23区に、スタンド花も配達料無料でございます。

その他近県の配送は、当店までお問い合わせください!

当店のお花は、自慢の目利き力、アレンジ力で皆様にお喜びいただいております。

是非一度ご利用ください。



>>花屋 東京 /開店祝い 花/

2011-06-24

6月24日は赤いバーベナ!

14:06


6月24日の誕生日花は赤いバーベナです!

f:id:vintage1187:20110624140642j:image

画像引用:ウィキペディアバーベナより

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%8A

バーベナ学名:Verbena)はクマツヅラ科クマツヅラ属(バーベナ属)の総称。約250種の一年草および多年草を含む。

高さは芝のように地面を這うものから1mを超すものまである。葉はたいてい単葉で対生し、細かく裂けるものもある。花は小型で花弁は5裂し、色は白、ピンク、紫、青など、総状花序になる。

大部分はアメリカ大陸原産で、一部はユーラシア大陸などに自生する。園芸用に栽培される雑種が多数あり、ヴァーベナと表記されたり、ビジョザクラ(美女桜)などの名でも呼ばれる。ハーブとしてはフランス語風にヴェルヴェーヌとも呼ばれる。

主な種 [編集]クマツヅラ(V. officinalis L.)

日本に自生する。葉は生薬として用いられ馬鞭草(バベンソウ)と呼ばれる。

ヤナギハナガサ(V. bonariensis L.、サンジャクバーベナ)、アレチハナガサ(V. brasiliensis Vell.)

南アメリカ原産の帰化植物。日本で野生化している。

V. × hybrida Voss ex Groem. et Rumpler

観賞用に栽培される。花期は4〜11月頃。ビジョザクラ、バーベナといわれるものは本種が多い。


外部リンク [編集]バーベナ、バーベイン、クマツヅラ、バベンソウ(馬鞭草) - 「健康食品」の安全性・有効性情報 (国立健康・栄養研究所


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

f:id:vintage1187:20091003020517j:image

【アレンジメント】メモリアルフラワーアレンジ「彩華」 さいか


花のヴィンテージ

http://www.vintage1187.jp/

最寄駅:JR常磐線三河島駅、JR山手線日暮里駅京成本線新三河島駅、都電荒川線荒川区役所前

東京都荒川区荒川3-69-2

03-3805-0187

営業時間外やお急ぎのお問い合わせはこちら

ヴィンテージモバイル

080-5180-8711



東京都荒川区日暮里より、日本全国に送料無料でお花をお届けいたします。

東京23区に、スタンド花も配達料無料でございます。

その他近県の配送は、当店までお問い合わせください!

当店のお花は、自慢の目利き力、アレンジ力で皆様にお喜びいただいております。

是非一度ご利用ください。



>>花屋 東京 /開店祝い 花/

2011-06-23

6月23日はムラサキツユクサ!

13:51


6月23日の誕生日花はムラサキツユクサです!

f:id:vintage1187:20110623135118j:image

画像引用:ウィキペディアムラサキツユクサより

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%83%84%E3%83%A6%E3%82%AF%E3%82%B5%E5%B1%9E

ムラサキツユクサ属(むらさきつゆくさぞく、学名:Tradescantia)とはツユクサ科の属の1つ。別名はトラデスカンティア属。

温暖な地域を中心に200種くらいが分布する。

主な種 [編集]ムラサキツユクサ(T. ohiensis)

鑑賞用によく栽培されている。花期は6?9月頃。原産地は北アメリカ。また、オシベの毛を細胞の原形質流動の観察でよく使う。

オオムラサキツユクサ(T. virginiana)

トキワツユクサ(T. fluminensis)

帰化植物として野生化している。斑入り種は、観葉植物として栽培される。

T. albiflora

観葉植物として栽培される。

ムラサキゴテン(T. pallida, 'Purpurea' )

ウィキメディアコモンズには、ムラサキツユクサ属に関連するカテゴリがあります。



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

f:id:vintage1187:20091229022530j:image

ヴィンテージ 【お任せスタンド花】


花のヴィンテージ

http://www.vintage1187.jp/

最寄駅:JR常磐線三河島駅、JR山手線日暮里駅京成本線新三河島駅、都電荒川線荒川区役所前

東京都荒川区荒川3-69-2

03-3805-0187

営業時間外やお急ぎのお問い合わせはこちら

ヴィンテージモバイル

080-5180-8711



東京都荒川区日暮里より、日本全国に送料無料でお花をお届けいたします。

東京23区に、スタンド花も配達料無料でございます。

その他近県の配送は、当店までお問い合わせください!

当店のお花は、自慢の目利き力、アレンジ力で皆様にお喜びいただいております。

是非一度ご利用ください。



>>花屋 東京 /開店祝い 花/

Connection: close