ストレンジアトラクション

2018-06-02

[]土曜展望

ダービー外しても目黒記念でなんとか出来たことは嬉しいのですが、

ワグネリアンを信じ切れなかった自分が情けないですね。

福永騎手は勝つための競馬をして勝つべくして勝ったと思います

エポカドーロは調子落ちとみて切りましたが、

本馬場入場前のケアとか、陣営が出来ることをやり切った結果、

僅差の2着まで持ち込めたのでしょう。

菊はまともに挑めばさすがに長いと思いますが、

世代トップの力があることは間違いないですね。

コズミックホースは近年の日本ダービーに置ける

3着穴の典型みたいな感じでおさえも考えてはいたのですが、

内に入ったタイムフライヤーなどを優先して切ってしまいました。

反省しなくてはいけません。

まあより反省すべきは本命対抗の選択過程ですが……

やはり調教と実績を甘めに評価すると失敗するなと思わされました。


と、長々ダービー反省を語ったところで本日の予想を。

明日安田記念に向けて馬場のチェックをしつつ、

阪神鳴尾記念をサクッと取って資金を作りたいですね。

鳴尾記念

トリコロールブルー

○ストロングタイタン

▲ヤマカツライデン

☆モンドインテロ

トリオンフ

サトノノブレス

ナスノセイカン

テイエムイナズマ

6週あけての開幕週。

馬場状態回復が気になるところですが、

時計は出ていますからそれ程気にしなくてよさそうです。

気になるのは逃げ2頭の争い。

それぞれタイプが違うだけにやや乱戦になると予想していますが、

この距離ならヤマカツに部があると考えています

本命にしたのはトリコロールブルー

前走はハンデのOP特別ではありましたが、

巧みなレース運びで勝ちパターングァンチャーレ差し切ったのは、

大いに評価出来ます

今回は内回りに変わるので進路取りが鍵になりますが、

逃げ馬2頭がおり、頭数も落ち着いているので捌きやすいでしょう。

時計も詰められると思いますので、一気の重賞制覇を期待できそうです。

相手筆頭はストロングタイタン

前走完敗も中間から一変の気配。

2000Mの方がレースをしやすいはずで、

ペースに合わせて立ち回れれば怖い存在です。

ヤマカツライデン中央場所重賞では家賃が高そうに思えますが、

離して逃げられれば馬場アシストで残り目十分です。

モンドインテロダート2戦がいい目くらましになっていて狙い目。

無欲のイン強襲で上位進出可能です。

馬券3連単◎1着固定流し、馬連◎軸流し、○▲☆。

単勝代わりの3連単で高配当を狙います

2018-05-27

[]日曜展望ダービー除く)

昨日はいいところなしでした。

葵Sは勝ち馬を特注評価にしているので、惜しいといえば惜しいのですが、

本命に出来なかった時点でダメですし、

本命にした馬の状態評価も誤っていたように思えるので、

外れるべくして外れたということでしょう。

さて、ダービーデーの今日OP特別重賞が計4つ。

1つでもいい予想を披露したいところです。

なお、ダービーの予想記事は別枠を作り、

こちらでは京都目黒記念の予想を掲載ます

安土城S

モズアスコット

ムーンクレスト

▲コウエイタケル

☆トウショウピスト

カラクレナ

ダイメイフジ

マイネルバールマン

ボンセルビーソ

アポロノシンザン

安田記念を目指していたモズアスコットが、出走馬決定賞金不足のため

このレースに参戦。勝って安田記念への連闘も検討しているようです。

(勝てば出走順入れ替わって出走可能になるため)

レースぶりは自在ですし、

内枠引いてハンデも手ごろとくれば逆らう必要はないと思うので、

素直に本命にします

ただし、相手は難解で捻って考える必要がありそう。

面白いのはムーンクレスト

近走目立った成績を上げられていませんが、

今回は京都1400M、外枠、ハンデ55kgと好走条件が揃いました。

逃げ馬を見ながらの競馬で一発の可能性は十分にあると思います

馬券馬連◎と○軸流し、3連複◎-◯▲☆-○以下、○▲☆

白百合S

オメガラヴィサン

○サラキア

メイショウテッコン

△アルジャーノン

△アイトーン

△フィールインラヴ

ダービー裏に持ってこられてしまった「残念ダービー

葵Sが重賞に昇格したとはいえ、土曜の10Rでもよいのでは?

と思ってしまいますが……

それはさておき、今年はアイトーンとメイショウテッコンの逃げあい

非常に楽しいレースになりそう。

馬券を買う身からするとその2頭を買うのはやや不安になるので、

本命は別のところからになりますが……

選んだのはオメガラヴィサン

ここまで1600M以下を使われてきましたが、

レースぶりからむし距離延長は向きそう。

引っ張ってくれる馬もいますので、

末を生かすレースが出来れば勝ち負け可能でしょう。

対抗サラキアとの決め手比べなると最高ですね。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、○▲、3連複◎1頭軸流し。

目黒記念

◎ノーブルマー

ブライトバロー

チェスナットコート

☆リッジマン

△サウンドオブアース

パフォーマプロミス

ソールインパクト

ポポカテペトル

△ウインテンダネス

△コウキチョウサン

しょっちゅう言っていますが、

東京芝2500Mは2400Mと100Mしか違わないのに

レース傾向がガラッと変わるコース

切れる馬よりも長くしぶとく脚を使える馬を狙いたいですね。

本命はノーブルマーズ。

前走メトロポリタンSは好位からしぶとく踏ん張って2着。

今回も同じような競馬を出来そうな枠、メンバー構成ですし、

前走から1kg減の55kg、東京2500Mという条件も向くと思います

相手筆頭はブライトバローズ。

7か月半ぶりがカギになりますが、

調教を見る限り状態はよさそうなので

レース勘が戻っていればここでもやれるでしょう。

54kgの斤量も戦ってきた相手からすると

人気どころからここ数戦の内容が圧倒的なチェスナットコート

斤量56kgは他の有力馬に比べると非常に恵まれています

特注はリッジマン

向かない条件だった前走の惨敗で人気を落としているのはしめたもの

条件替わりの一発が大いに期待できると思います

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、○▲☆ボックス

3連複◎1頭軸流し、○▲2頭軸流し。

[]東京優駿日本ダービー展望

ダービーは今も昔も位置取りが大事レース

Cコース替わり初週で行われるようになり、

さらに内の馬場を通れるかという点も重要になりました。

外枠の馬はある程度前につけるか、

昨年のようにスキをみて仕掛けていかない限り、

厳しいと考えていいはずです。


なお去年は大外のアドミラブルを本命にしましたが、

それはもう少しペースが流れて、

かつ同馬がちゃんと仕掛けていけると考えたため。

残念ながらそれはかなわず3着が精一杯でした。

今年は昨年以上に内が有利そうな馬場

先行出来ない8番より外の馬を本命にするのは、

まりよろしくないでしょう。


また、皐月賞は上がり最速を繰り出せる馬が活躍するレース

2003年以降は超不良馬場開催で優勝したロジユニヴァースを除き、

勝ち馬は全て2回以上上がり最速で勝利

あるいは2戦連続で上がり最速を繰り出していました。

(それ以前もサニーブライアンくらいしか該当しない馬はいません)

もちろん、今回後ろから行っているようではどうしようもなく、

そういう下地がある上である程度ポジションを取れる馬が

優勝候補となります

それでいて調教でもじっくり乗りこめている馬であれば、

さらによいといえるのですが……

残念ながら枠、上がり脚、調教全てがかみ合った馬は

今年はいないと考えています

そこで調教はある程度緩めに判断し、強さよりも乗りこみ量を重視。

結果として、印は以下の通りになりました。


◎ゴーフォザサミット

キタコマンドール

ブラストワンピース

☆ジェネラーレウーノ

ワグネリアン

ダノンプレミアム

△グレイル

△オウケンムーン

ステイフーリッシュ

タイムフライヤー


本命はゴーフォザサミット

勝利、500万を上がり最速で連勝し、重賞でも期待されましたが、

追いこみ切れずの競馬で4,7着と連敗。

しかし、蛯名騎手に乗り替わった前走は、

好位追走から直線半ばで追いだすと一気に突き放して完勝。

時計馬場状態を考えるとまずまずでしたが、

青葉賞はあまり早い時計で走ってしまうと反動が出やすいため、

これくらいで十分。

レース内容も本番に繋がる内容だったと思います

中間は前走前に比べればややおとなしい調整内容になってしまいましたが、

乗りこみ量は豊富状態はキープしていると判断

有力馬に不安がある今年なら突き抜けてもおかしくはないでしょう。

相手筆頭はキタコマンドール

前走はいかにも仕上がり途上という状態でしたが、

後方から脚を伸ばして権利獲得。

まだ体が固まりきれていない感じはあるものの、

調教内容は今回の方がよく勝ち切るだけの力はあると思います

フサイチコンコルド以来の重賞勝利馬によるダービー制覇を

見てみたいですね。

続いてブラストワンピース

レースをこなすごとに新たな面を見せてくれる底知れない馬。

東京2400Mがマイナスになることはなく、

狙いすました異例のローテーションを問題なくこなすようなら、

無敗のダービー誕生もありうるでしょう。

特注にジェネラーレウーノ。

ダービーの傾向からは逸脱した脚質の馬ですが、

何かやらかしてくれそうな魅力を秘めた馬。

スタミナ勝負に持ち込んだとき、あっと言わせることもあると思います

ワグネリアンは枠発表まで本命を考えていた馬。

調教も絶好でしたし、後は枠だけと思っていたらまさか17番。

まれたくない馬で外枠は悪く無いのですが、

距離不安もある中でのことを考えると大きく割り引かざるを得ません。

ダノンプレミアムアクシデント明けも中間じっくりたてなおし、

最高の1枠1番を引いてまともならあっさりまであります

ただし、スタンド前発走で、馬体が仕上がりすぎているように思えるので、

気性の悪さが影響してのびきれない可能性もありえます

以下4頭は魅力こそあれ基本3着、あわよくば2着の穴。

勝ち馬ダノンプレミアムまでの6頭から現れると考えています


馬券馬連◎と○軸流し、▲☆、3連複◎1頭軸流し、○-▲☆-▲以下。