Hatena::ブログ(Diary)

small site

2017-09-04

八方ヶ原をサイクリングしてきた

前日に歩き回ったせいか遅く起きてしまった休日。

天気が良いのでどこかに行きたいが、開始時間が遅いので遠くまでは行けない。


近場で良いとこないかなーと考えていたところ、

参加を断念したブルベ(BRM916宇都宮)のコースを一部走るサイクリングを思いついた。

コースの半分弱だし、比較的楽に走り切れるだろうと、

安易に考えていた自分を小一時間問い詰めたい……




f:id:vivi_o:20170903233143j:image

まずは矢板方面に向かう。

台風が通り過ぎた後だからか、天気は抜群に良い。

ただし、吹く風は完全に秋のそれ。

もう夏ではないんだなぁと実感する。



f:id:vivi_o:20170903233137j:image

矢板セブンイレブンで補給。

自転車ラックにマット?が掛かっていて、

自転車をかけられないのはご愛敬。




f:id:vivi_o:20170903233132j:image

遠くに見えるのは那須岳



塩谷から県民の森に向かう。

ここから登坂の始まりで、

およそ3週間ぶりにロードバイクに乗った為か、

体が重い。

最近はジョギングをすることで体重は維持しているのだが、

自転車で登坂する為の脚力を鍛えることは

難しいようだ。


f:id:vivi_o:20170903233126j:image

県民の森に到着。



f:id:vivi_o:20170903233121j:image

県道56号に合流。

眼下に見えるのは矢板市街地だろうか。


ここから八方ヶ原の登り本番なのだが、

ここまでにかなり体力を使ってしまい、

時速7km程度でじりじり登る。

ちなみに道中、宇都宮から来たという

女性ローディーと会った。

この道、結構ポピュラーなのかな?



f:id:vivi_o:20170903234033j:image

体力とボトルの水が尽きたところで、

山の駅たかはらに到着。

し、死ぬ……


f:id:vivi_o:20170903234028j:image

アイスで体力チャージ。



山の駅で休憩後、走り始めるが、

正直なところ、体は帰宅を求めている。

でもせっかく来たんだしと、日塩もみじライン方面に向かうことにする。



f:id:vivi_o:20170903233116j:image

体(体力)と頭(理性)の折衷案として、

塩原温泉郷には降りず、ショートカットしてもみじラインに向かう。



f:id:vivi_o:20170903233112j:image

この道、交通量が少ないし走りやすいしで、好き。



f:id:vivi_o:20170903233107j:image

すすきを見て、秋を実感。



f:id:vivi_o:20170903233100j:image

第二関門である日塩もみじラインに到着。

百合(隠喩)は終了です。。。




もみじラインだが、ショートカットのおかげで登坂高低差は400m弱。

楽々登れるはず・・・なのだが、八方ヶ原で脚を使い切ってしまい、

全く登れない。

この場合、使い切った脚を短時間で回復させる能力を得るのが良いのか、

坂を坂と感じなくなるぐらい鍛えるのが良いのか。


f:id:vivi_o:20170903233055j:image

8%で死にかける体たらく・・・



f:id:vivi_o:20170903233423j:image

ほうほうの体で峠の茶屋に到着。


f:id:vivi_o:20170903233418j:image

すかさず天ぷら蕎麦を食べる。

うん、おいしい!



ここからもみじラインを下り、

そのまま鬼怒川方面に下ってサイクリング終了。

実際のブルベではこの後、湯西川〜土呂部〜霧降高原と駆け抜けるのだが、

今の私では逆立ちしても無理である。


強くなりてぇな・・・と呟きながら、帰路に着くのだった。





↓本日のルート

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/vivi_o/20170904/1504527452