Hatena::ブログ(Diary)

MoonMintの日記

2017-02-12

ネット上に載ってることがいいわけでもないこと。LINEはそもそもありか?

LINEは、Wikipediaをみると、心配になるけど。
中国に情報を流していたとかいないとか・・。
かなり不透明なかんじなのに、平気で使うことが常識になっているNippon。

無料で電話できることでも、使うことが当り前。

ネットに載っていることは、もはやWikipediaしか信用できないくらいになっってきた感があるけど、検索一位が確かなことが書かれているという確証はもはや、ないと思う。
誘導されちゃってるんじゃないかなぁ?疑惑すらある。

LINEについて

電話に関しては、050電話アプリも無料なものがあるとしても、アクセス権がかなり怪しくもあるかなぁ。
なので有料なものの方がというかんじであるけど、OCNとかね。

まぁ、韓国がバックに見え隠れすることでも、違和感を覚えてしまうのだが、ある程度仕方ないことでもあるはず。

スマホもgalaxy S5を購入してしまったのだけど、今は後悔しちゃってる。
そもそも消せない元から入ってるアプリが消せないのも、かなり怪しいのだ・・。
アンインストールもできないので、強制終了だったか、そうしていても何か動いている気配すらかんじる。データーなんちゃらの部分で、消しても数字が上がってるけど、、なんだかわからん。ん〜〜。

全て初期状態にしてみて、あまり情報は消して使うしかないかなぁ。
あるウェイブサイトではLINEを使った時点でアウトとか書いてあったが、そうなのかとしても、使い続けるのもやはり、そのスマホではネットバンクなんて使えないなぁ。楽天アプリさえアンインストールしなければってかんじ。
(パスワードとIDを乗っ取られて買い物されてしまうことも考えられる。)

あ、セブンイレブンなどのあっちこっちにあるいわゆる無料Wi−Fiはノンセキュリティであるらしいことでも、使うとoutになりかねませんね。300円払ってOCNのセキュリティが確保されているWi−Fiを使うとかだよね〜。
無料Wi−Fiは野良Wi−Fiと同じであると思うことでも、そこで楽天の買い物などはもっての外でしょう。
そもそもネット上いたるところで、無料Wi−Fiを使いましょうが当たり前に書いてあるのも、おかしいんだよね。
どうなってるのやら・・。

2017-02-05 2017年2月5日(日)日記

意外とハテナダイアリーもいいんだよね。

このテンプレートもなかなかいいかんじ。
ハテナは意外とこんなのが眠っていたりするのだ。
ちょうどいいブログというかんじ。
意外とこれでもSEOもばっちりだったし、(今もそうだと思うけど)使い勝手もかなりいいだよね。
なんかさ〜あのやっかいなkeywordがなくなったみたいなのだが、仕様がかわったということなのだろうか?よくわからないけど。
ブログモードとか三つほどモードがあるけど、日記形式に書けたりするのがけっこういいかもしれないのだよね。
なのではてなブログとかに移行しなくてもいいように思うのだけど。なんでいそぐんだろうかってかんじもしますね。併用できないってこともないだろうけど。
まぁ、ここまでの日記であった。(これが便利)

2016-10-27

いわゆる光ファイバーのネット代が高いと思う。

安くても光電話込みで6000円なのだが、ネット使用料が10Gぐらいであったら、、高いことになるのだ、、。(マイネオ)
困ったなぁ〜。
コラボを解約すれば電話番号が変るみたいだし、、この際、、電話番号は無視して、、SIMからネットにつなぐことを検討し始めているわけでもある。
モバイルからすれば、、高いのだよね〜。
電話番号がネックにならなければ、、スマホからデザリングでPCを動かすことの方が、、月、10Gぐらいならお得なのだ。
なので困惑してしまうのだ。
(今、galaxy S5のスマホにこれ入れてるけど・・10Gにするか迷うのだ。)

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

mineo:au、docomoとどちらのスマホも使える。

とりあえず、家の電話をもとにもどすか、、否かという問題もある。
光コラボもちょっと、安いからとうかつに変更してしまったのだが、、今のところ、、家電の電話番号が変ってしまうリスクもあるので心配だった。
ちなみに、コラボは、、exciteです。
月4360円。

光電話は500円なので
4360+500+200+電話料金+税金=約6000円
(200円はNTTから使用していたネット回線端末のアレ!)
この200円もひっかかるんだけどね〜。
exciteもちょっと、、相談の電話が繋がり難かったりして、なんかおや?となる点も多いみたい・・・。
ちなみに、光電話で番号案内にかけると、、NTTでなくて、、、exciteの方にかかるみたい。一件60円ぐらいかかってるよね〜〜。
exciteでは番号案内のサービスもしてるみたいだなぁ〜。
excite上のマイページの、、電話先と時間やら料金ページに載ってた。

本店なはてなブログの補足的なブログも必用かも。

はてなブログの方でドラマ感想を書いているわけだけど、本音を書けないときもあったりするから、、こちらでは補足的なことを書こうかなぁ〜と思いが強くなってきた。
本音って意外と書き辛かったりするというか、埋没してしまうみたい。

金曜日のヨシヒコも、「運命に、似た恋」も、なんかつまらなくなった。
もう、金曜日は観るドラマがなくなってしまったというかんじなんだけど、、ヨシヒコや運命に似た恋を観るなら・・・その後の吉祥寺を舞台にした不動産屋の話の方がまだ、面白いし、さらに陰湿なことでも絶対に観ないドラマの砂の塔を観た方が面白いと思ってしまった。
というわけで本音とタテマエがあるのだ。
本音を出す為に書くわけでもあるのに、、ん〜どうもブログへの取り組み方がまずいことにもなっていると反省。
ぶれぶれでもあるかなぁ・・。

ほんとうはさ〜運命に、似た恋とかは見たくないんだよね〜。
我慢して、、観ている状態。
吹っ切れないもどかしさ・・。ハァ〜〜〜。
ってことで、こちらを本家にアップしてしまうことにしようと思うけど、我慢するっていうのは実に、、毒なので、、毒を吐くのもブログじゃないのかなぁ〜って気もする。

2016-10-18

ドラマを観る物差しの差が視聴率へ反映される憂鬱。

ドラマを観る物差しの差が視聴率へ反映される憂鬱。

なんだろうなぁ〜。
つまりそういうこと。

大概何かしらの縛りが発生している視聴サイドってことだよね。

キャストについて今迄感じてきたいろいろなことなどの、既成概念が覆いかぶさったりと勝手なイメージで見ているということは多かれ少なかれあるということ。

それでもってネット上に感想を書いていると、一方的な偏見をばら撒くという問題になってくるということ。

そこで止まっていればいいのだが、ほどよい文言は得てして、さらなる波紋を呼ぶという構図。
それはただの憂鬱に過ぎないってことなんだよね〜。

そんなことを考えながら感想を書いてます。

まとめ


問題は自分よがりな勝手なイメージによって、キャストをみてしまっているのに、それに気がつかず、ネットに反映されてしまうというのは問題(憂鬱)にすぎないということ。

2016-10-16

運命に、似た恋 ラストについて予想。 (ネタバレです。注意)

4話でユーリがアムロだと嘘をついていたことがわかった時点で、ほぼ展開は読めてしまうと思う。(笑)

最大の秘密は、なぜ嘘をついたかである。

それも、、ほぼこのドラマのユーリの場面に入れ込まれる過去映像との違和感からして、わかってしまうと思うのだ。

(じっくり考えると、自力でわかってしまったけどね〜。)


秘密はやはり書かない方がいいかとは思うので書かないけど、、ラストは予想していくと切ないのだよね。多分なのだが。

予想もネタバレになるかもしれないというか、必然的に導き出されることでも、ネタバレとは違うはずなのだけど、こちらであえて書いているわけでも、いいかなぁ。


(既成事実)
ユーリはアムロではないのに、嘘をついてしまった。

予告で師匠がお前が死ねばよかったと言っていたのだけど、そうすると大分わかってしまいますね。

アムロがつまり亡くなったことを意味するわけで、、ユーリもアムロ(あだ名)と多分同じ状態だったことも予想される。

真相を話したら香澄はユーリから離れてしまうことも予想されるけど、つまり、真実を告白し香澄はダメージを受けて、ユーリから離れるということは容易に推測できますね。

最愛の人から見放されて絶望感に覆われるユーリということかなぁ。

既成事実として、、海に沈む人影がドラマのラストに毎回登場するということ。

つまり、そういうことですね。
差し伸べる手も描かれているわけだけど、多分それは香澄の手なのかもしれない。

切ないです。

愛を拒まれてしまったユーリ。
多分、昔の海に沈むことを選ぶほどの秘密は、どうにもならないほどに、アムロの思いを受け継いでいるってことだよね。
その秘密とは、、今はやめておこう。
とにかく切ないストーリーであることは間違いないなぁ。

いや〜鬼悲しいドラマをよくも、、ラブストーリーの神様がつくったってことみたい。(笑)

HP上にこんな言葉が・・

「もう一度、、、めぐり逢うために生きた」

意味深い。かなりくすぐります。
これは、、涙が溢れるってものではない予感。



今さっき読み返したら、自分でも気が付かなかったけど・・
コレ、ヤバイドラマだよ。
(うまくいったら。)号泣もの。
読んでるだけで涙が出てきた。