Hatena::ブログ(Diary)

風月舎

2009-09-10

安房直子

宮沢賢治

椋鳩十

新美南吉

あまんきみこ

秋から冬にかけて

学校の国語は日本の重鎮?!の方々作の物語が

登場します。

それにあわせて

なんと今年は

椋鳩十宮沢賢治、学校にある作品をぜんぶよむぞ!!」

とおおきな目標をたててみました。


宮沢賢治は多少よんでますが

椋鳩十はぜんぜんなんで(そのわりまたたくさんあるんだなこれが)

ちょっとしたチャレンジになってしまいそうですが

がんばります!!


先日の研修でベテランの先輩からすすめられた1冊


にんげんにじゃまされないでくらすために

人間のきらいなもので山をつくってそこでくらそう考えた動物たち。

なんとゴミで山をつくってしまいます。


よそうどおり、人間がよりつかなくってよかったのですが

メタンガスがたまちゃってたいへんなことになってしまいます。


においが山からおりてこないように

ふもとからにおいでふきとばしてしまえー!


ということできつね隊が山をとりかこんで

みんなで一斉に「きつねのさいごっぺ」(これがくさいらしい、椋鳩十作品には時々登場しますね)

を放ちます。

それでもだめで

おならといったらこの方 スカンクが登場します。


スカンクが一斉にガスを発するなんて


考えただけでも鼻が・・・



なんてシュールなお話なんでしょう!!


椋鳩十がこんな話をかいていたとは驚きです。


この本を早くこどもたちにみせたいなあ

今から楽しみ。

2009-09-09 古きよきもの

わたしはこんな仕事をしていてなんですが、

こどもの頃、そんなに本が好きな子ではありませんでした。

本にかこまれるような環境でもありませんでしたし。

そんな数少ない読書経験の中で

幼いころ「おお」とおもった覚えのある本が

こどものともコレクション2009にはいっていたので

すごく懐かしくなりました。

http://www.fukuinkan.co.jp/campaign/kodomonotomo2009/


そのなかから



最近のよみきかせのお気に入り

だぶだぶ (こどものともコレクション2009)

だぶだぶ (こどものともコレクション2009)


けんぼうは

あそびにいこうとおもったら

おにいちゃんのおさがりのだぶだぶの上着と帽子を

着せられてしまう。


のっけから

かっこうのだささに

子どもたちは引き気味。


あるいてると

 猫

 犬、

 鳩

に出会い、それぞれ上着のポケットと帽子にいれてあげる。


この辺までは

まだまだ子どもたちは

「あっそ、へー それで」

みたいな顔してます。


で。もりにたどりついてたんけんをはじめるのですが


ここでおおかみ登場!


「まるまるふとったあさめしだー」と


つけねらわれることになるのですが、


おおかみをスイッチにこどもたちの目つきが

「キラーン!!」とかわり


その後は

おいかけられたり、にげたり


「おお!」とか「わあー!」


とかいいながら最後まで一気にお話が進むことになります。


で、お話がおわると


「だぶだぶ」 「だぶだぶ」と

唱える子続出♪


ふ、ふ、ふ

どうーすごいでしょーと

ちょっと得意げになる1冊

2009-08-17 わたしの品格

自分のそだった家庭を

ふりはらうように飛び出して


結婚して自分の家庭をつくりました。


新しい家庭は

とても心地よく、幸せな日々でしたが


いつかこの日がくることがわかってたんですよね。


わかってるなんてそんなはっきりした感覚でなくて


幸せな時間の底に

ひっそりと恐れがひそむように

まるで光には陰があるように



その日がきたとき

絶対、きっぱりと潔く手をはなそうと


そういう自分でいるために

日々をすごしてきたつもりだったのに


でもその日がきてみたら


もう、ぜんぜんダメで


やっぱりわたしは


手がはなせなくて



みっともないぐらい


追いすがってしまいます。



そんなことをして


世界を閉ざしたくないって


つよく願っているのに。



その矛盾に


自分がくるしむのもよくわかってるのに




もうちょっと


自分が大人になってるとおもってたんだけどなあ

2009-08-16 愛と依存と束縛と

愛と依存と束縛と


家族について考えるとき

いつもこのテーマにぶつかります。



というか、

もう長い間ずーっとおともだちってかんじ。


結婚して母から離れたとき

それはそれははればれとしたものでした



でも、あたらしい家族との関係でも

「これは愛?依存?束縛?」と

悩むことはなくなりませんでした。


いまも、

家族がそれぞれ人生の岐路にたっているので

もう、私の頭はぐしゃぐしゃ


そんななかよんだ1冊

恋愛について、話しました。

恋愛について、話しました。


天才岡本太郎のパートナー岡本敏子さんと

作家よしもとばななさんの対談


恋愛というとなんかピンクでラブリーな本が多い中

いさぎよいぐらいすっきりした装丁が印象的


で、なかみはビシバシ系恋愛本です。

 

岡本太郎のようなモテモテマンとずっと一緒にいるって

すごい気疲れしませんか?

という質問について

 ないない。だってあんなすてきな人なんだから

 みんなが好きになって寄ってくるのは当たり前だと思うの

 もっともっと寄ってきて当然じゃないかと思うの。

 


ムリムリ絶対ムリ

嫉妬メラメラ系のわたしには絶対こんな気持ちわかんない!!

あぁ、愛って大きくてふかいのねー


その他にも


 癒しなんて卑しい言葉をつかうな!!!


 そんなことを考えてるからダメなんじゃない。今やりたいこと、やらなければならないことを

 一生懸命やっていれば、癒される必要なんてないのよ。


  今、自分がここにいて、彼がそこにいて、

  向き合っているんだからそれでいいじゃない


とビシバシやってくださっています。


自分に喝!!というときのカンフル剤にどうぞ、

2009-07-30 誕生日占い LOVE

きょう職場の先生とお昼たべてたときに

結婚のことが話題になりました。


「結婚したいと思ってるんだけど

 自分にはどんな人がいいんだろうとか

 はっきりわかんなくて・・・

 のんびりしてる人と一緒にいると楽なんだけど

 そのうちイライラしてくる気がするし

 ぐっとひっぱってくれる人は

 疲れる気もするんだけどなんかイライラはしない気がするし・・

 私はほんとはどっちをもとめてるんだろう??

 どうしたらいいんでしょうね?」


いつも気持ちよくお仕事してくださる大好きな先生なので

私としては絶対幸せになっていただきたいと思い

悩める彼女に私の一押しの本


コワイほど当たる! 誕生日占い LOVE

コワイほど当たる! 誕生日占い LOVE


をおすすめしておきました。


題名や装丁などそと見はちょっと「信用できるのー??」って感じが

するかもしれませんが、

なかなかたよりになります。

これから恋をする人だけでなく

もうすでにお相手がいる人にもおすすめです。


相手のことなんてそんなものわかってるにきまってるじゃん!

なんておもってる男性には

特にオススメ。


占いとありますが

どちらかというと性格分析に近いです。


くだんの先生のように

自分がこっちがいいんじゃないかと思うのと

実際が食い違う理由も

この本をよめばきっとなにかつかめるんじゃないかと期待しています。



結婚の話題がでたのでもうちょっとかかせてもらっていいですか?



哲学者池田晶子さんが

著書の中で

「ほんとに結婚したいですか?」

「ほんとに燃えるような恋がしたいですか?」

みんながみんなそういうのが好きなはずなない

雰囲気にながされるのではなく

自分がほんとに望んでることはなにか考えなさい

というようなことをかいていらっしゃいました。



自分が30代になって思うんですけど、

30代になると成長にエネルギーをとられない分

頭が使えるようになって少し視野が広くなるんもんなんですね。


その広くなった視野で

「結婚」をきっかけにして自分をみつめられるのは

とても素敵なことではないでしょうか?



わたしは結構若い頃に結婚をしました。

今でも視野が広い方ではありませんが

当時はもっと狭かったので

結婚する以外の幸せなんて考えられない!!みたいにおもってたんですよね

今になってみると我ながらほんと若さってコワイって思います〜。



だからかもしれませんが

悩んだり考えたりして自分の道を選んでいく人を

自分の足でちゃんとたってる感じがして

とても素敵だと思っています。



どんな答えでも

自分がこうしようと決めたことなら

その人をいっそう輝かせると思います。



ぜひ自信をもって自分の道をすすんでください。




と、長々と書いてしまいました。

最後までおつきあいくださりありがとうございます



話に登場した先生以外にも

この何ヶ月かで何人かまわりで結婚について悩んでる人がいたんです。

いつかちゃんと私がおもってることを言葉にしてみたいと思ってたので

かかせていただきました。

Connection: close