Hatena::ブログ(Diary)

制服買取販売スタッフの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-03-07

2018年3月7日:制服入荷情報 日本大学櫻丘高校

中古制服販売のウイングです。本日は東京都の制服を追加しました。



日本大学櫻丘高等学校(冬・中間

制服は、2001年度から男女共学になるのにともない、冬服のみ、セーラー服スタイルからシックな紺地のブレザースタイルに変更されました。こちらの制服は、変更後の新タイプとなります。新タイプの冬服は、紺色のシングルのブレザーに、同色のスカートの組合せで、胸元にはクレスト柄のリボンを付けます(副装用のリボンもあります)。また、中間期用として、ニットベスト、セーターも付属しています。

2018-02-28

2018年2月28日:制服入荷情報 尚絅高校 弘前学院聖愛

中古制服販売のウイングです。本日は熊本県青森県の制服を追加しました。

f:id:w-uniform:20180228115817j:image:w300

尚絅中学校・高等学校(冬・中間)旧

冬制服は、ベルトの無いジャンパースカートに、ハーフコートのような厚いブレザーを重ねます。ブレザーのデザインが個性的で、美しい曲線を描く襟は、大きな一つボタンで留められます。付属品として長方形の校章と学年章、黒タイツが付いています。

f:id:w-uniform:20180228123424j:image:w300

尚絅中学校・高等学校(夏・中間)旧

夏制服は、半袖ブラウスにジャンパースカートの組合せを基本に、サマージャケットを組合せます。ジャケットのデザインは冬と似ていますが、夏用はボタンがダブルになっています。付属品として学年章と指定の白ソックスが付きます。



弘前学院聖愛中学高等学校(冬・中間・夏)

制服は、伝統の金色の3本ラインの入ったセーラー服で、胸元には赤いスカーフを結びます。セーラー襟背面のラインの折り返しにも特徴があります。また、昨年には有名アイドル写真集で着用して、甲子園にも初出場したことから話題になった学校制服です。

2018-02-21

2018年2月21日:制服入荷情報 跡見学園

中古制服販売のウイングです。本日は東京都の制服を追加しました。

f:id:w-uniform:20180221142530j:image:w300

跡見学園高校(冬・中間)旧

制服は、1875(明治8)の開校当初は「はいからさんが通る」でも描かれている紫の袴(はかま)を着用。1930(昭和5) には洋装校服が制定。それ以来受け継ぐ伝統の制服は、紺の3つボタンのシングルジャケットにジャンパースカートの組合せでしたが、2016年度より、創立140周年を期に、廣川氏デザインの新しい制服になりました。こちらの制服は旧高校の制服です。旧服は、ベルトのバックル形状も大変ユニークで特徴があり人気がありました。

f:id:w-uniform:20180221143623j:image:w300

跡見学園中学校(夏)旧

旧夏服は、ジャンパースカートと半袖ブラウスの組み合わせで、ベルトのバックル形状が大変ユニークで特徴がありました。ジャンバースカートは着物のデザインが基になっています。

2018-02-15

2018年2月14日:制服入荷情報 川村中学校 愛徳学園 東海大学付属相模高校

中古制服販売のウイングです。本日は東京都兵庫県神奈川県の制服を追加しました。

f:id:w-uniform:20180213140631j:image:w300

川村中学校(夏・中間

制服は、中高同じデザインの白地に紺の襟のセーラー服で、胸にはスナップ式のタイを付けます。(高校はスカート、中学は吊りスカートの若干の仕様の違いはあります。)また、長さの異なる3本ラインが特徴で、襟と袖に入っています(襟と袖は取り外しができます)。

f:id:w-uniform:20180213155837j:image:w300

愛徳学園中学校・高等学校(夏)

夏制服は、修道院のシスター服を模したジャンパースカートに白いブラウスを組み合わせます。この清楚なデザインは、カトリック・ミッション・スクールらしい雰囲気を醸し出しています。

f:id:w-uniform:20180213160430j:image:w300

東海大学付属相模高等学校(冬・中間)

制服は、1992年に新制服へ変更。その後、ダブルからシングルへとマイナーチェンジされました。こちらは変更前の旧型です。旧制服は、紺のダブルのブレザーに、落ち着いた紺×青のチェックスカートの組合せで、胸元には特徴あるクロスした紺のチェックリボン(ホックで取り外し可能)をつけます。ブラウスはセーラー風なのが特徴で、襟無しのブレザーからセーラーカラーを外に出します。また、セーラーカラー背面の右端、エンブレムの中央には、東海大学の理想を象徴するカモメが、翼を広げて飛翔する様が的確に表現されています。

2018-02-07

2018年2月7日:制服入荷情報 東海大学付属相模高校 富士見丘

中古制服販売のウイングです。本日は神奈川県東京都の制服を追加しました。

f:id:w-uniform:20180207142631j:image:w300

東海大学付属相模高等学校(冬・中間

制服は、1992年に新制服へ変更。その後、ダブルからシングルへとマイナーチェンジされました。こちらは変更前の旧型です。旧制服は、紺のダブルのブレザーに、落ち着いた紺×青のチェックスカートの組合せで、胸元には特徴あるクロスした紺のチェックリボン(ホックで取り外し可能)をつけます。ブラウスはセーラー風なのが特徴で、襟無しのブレザーからセーラーカラーを外に出します。また、セーラーカラー背面の右端、エンブレムの中央には、東海大学の理想を象徴するカモメが、翼を広げて飛翔する様が的確に表現されています。

f:id:w-uniform:20180207144654j:image:w300

東海大学付属相模高等学校(夏・盛夏)

旧夏服は、白いセーラーブラウスに、紺×青のチェックスカートの組合せで、胸元には特徴あるクロスした紺のチェックリボン(ホックで取り外し可能)をつけます。また、特徴のあるセーラーカラー背面の右端には、東海大学の理想を象徴するカモメが、翼を広げて飛翔する様が的確に表現されています。その他、盛夏期用のポロシャツも付いています。

f:id:w-uniform:20180207145751j:image:w300

富士見丘中学高等学校(夏)

制服は、中高同じ統一デザインの制服です。夏服は、半袖ボタンダウンブラウスに青系の千鳥格子柄のチェックスカートを組み合わせます。胸元には、特に何も付けません。また、ブラウスには、校章の刺繍が全体にモノグラムとして入っています。