Hatena::ブログ(Diary)

路傍亭@はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

路傍亭@はてな by 傍見頼路
備忘録とか記録とか
《 WebSite:傍(かたはら),Blog:路傍亭,TWITTER:YORIMICHI,tumblr:徒 cahier

2016-05-19

納豆のメモ

思う所あって九州市販のパック納豆の記録をとります。順次追加。

元気納豆昆布たれ付(熊本)

f:id:w-yorimichi:20160617070759j:image:medium:right

f:id:w-yorimichi:20160617070820j:image:medium:right

f:id:w-yorimichi:20160617070923j:image:medium:right

商品名:元気納豆 昆布たれ付

製造者九州大豆食品協業組合熊本

販売者マルキン食品熊本

販売場所熊本県熊本市(マルミヤ)

タレの味:納豆たれ ほの甘い 甘味度小

     昆布たれ 甘じょっぱい 甘味度中 海苔佃煮

カラシ:なし

おかめ納豆(茨城)

f:id:w-yorimichi:20160630180033j:image:medium:right

f:id:w-yorimichi:20160630180053j:image:medium:right

f:id:w-yorimichi:20160701073713j:image:medium:right

商品名おかめ納豆ミニ

販売者タカノフーズ茨城県

販売場所熊本県熊本市ローソン

タレの味:しょっぱい 出汁醤油の味 甘味度無し

カラシ:あり

コンビニで売っているいわゆる全国の味。タレに甘味を感じない。

全国レーベルの納豆

おかめ納豆茨城)、ミツカン愛知)ともにマルミヤ、マックスバリュ熊本市)での販売は「『たれ』のみ添付、カラシ添付なし」が多い

おかめ納豆ローソン熊本市)での販売は「たれ」とカラシの両方が添付されている。ミツカンも私の記憶では関東北陸東北では「たれ」とカラシの両方が添付されていた。

全国レーベルでも少なくとも熊本地域スーパーでは味を変えて出品しているのではという仮説が立った。

今後の検証

事例(スーパーの売場)

f:id:w-yorimichi:20160602181143j:image:medium:right

マックスバリュ熊本市)のおかめ納豆茨城)は、「カラシ無し、うまかたれ付き」と「カラシ付き、たれ付き」の2本立てで販売しているのを発見。(上の表記を訂正しました。)比率は3対1でうまかたれの数が圧倒的。味の比較はこれからやります。

補足

マックスバリュ熊本市)の納豆売場、地元大手(元気納豆)が再開したら、全部「カラシ無し、うまかたれ付き」系の品揃えになっている。熊本スーパーではこれがスタンダードなのだろう。

事例(おかめ納豆 タカノフーズサイト

味は文化地域性も大切 糖度計。製造時から継続的に糖度を確認。糖度の変化を見ることで日持ちを確認する。 「例えば、九州地方では、甘味料が添加されている甘口醤油食文化があります。これを尊重して考えると、納豆のたれも甘く仕上げるのが自然なことです。また、関西では、だしといえば昆布だし+薄口醤油関東ではかつおだし+濃口しょうゆといわれています。こうした各地域食文化の違いを考慮し、長い間支持されてきた味を納豆のたれの味づくりに取り込んでいくことは、とても重要なことだと考えています。」

たれへのこだわり | おかめ納豆 タカノフーズ株式会社

納豆のタレが違うのは九州だけじゃなく関西関東も違う味のタレがついている模様。