ワハハ本舗スタッフダイアリー このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-04-19 初見物。有難くて、ふがいなくて、、 このエントリーを含むブックマーク

そんな訳で(どんな??)、身分証はもったものの財布もカードも

ない、ないないない〜♪おさいふがない〜♪なアンダー40な私。

(オーバー30の方は、♪の部分はメロディー付でど〜ぞ。)

そんな私を気遣って、友人が夕食に誘って下さいました。

ひょこひょこ向った六本木。同行した中学からの同級生Cちゃんに、

傘も買ってもらって、準備万端?!

丸正スーパー前で待ち合わせて向った先はフレンチなビストロ。

いやぁん、見せられたメニューには、けっこうな“0”が並ぶエク

スペンシブゥなお店でございます。小さなポーチにいくばくかの銭しか

もたない根無し草状態な私は、ビビリまくりました。いくら、ご馳走

してくれるって言われてホイホイ着いて行っても、いちようはいい大人

な年齢ですから、お返しができるのか?不安倍増致しました。

「こんな時は、美味しいもの食べて元気出さなきゃ!」と涙ちょちょぎれる

お言葉を賜わり、とてつもなく美味しいコース料理とチーズとワインを

振舞っていただきました。いやぁ、多分、お財布紛失してなかったら

いけなかったであろう御店でございました。あまりに普段着で行ってしまった

のですが、懐がたんまり温かい時に(そんな日が来るのであろうか?)、

よそ行きな服で着飾って再度訪れてみたいっすね。

六本木のビストロマルスという御店です。すごく、美味しいお店なので、

道楽の方はチェックしてみて下さい。小さなお店なので予約必須でございます。

その後は、女3名で東京ミッドタウン見学してきました。

私、初見学です。他の2人は、オープン当時にチェック済みでした。さすが!!

ご馳走してくれたA姐さんは、もうどこにどんな御店があるか把握していて

スイスイ歩いていました。私は、都内のオシャレスポット、この人にいつも

案内してもらっています。六本木ヒルズ初見物もA姐さんと一緒でしたわ。

ミッドタウン内のBARにて、今度はCちゃんにシャンパンをご馳走になり、おかわり

のワインはA姐さんがまたまた驕って下さいました。若手劇団員のような扱われ方っす。

この人は、お金がない子だから驕ってあげなきゃね〜、という慈悲に溢れた振る舞いに、

私、ただただ恐縮するばかりでした。でも、ごくごく飲んだのは言うまでもないわね。

いやぁ、友人の心温まる気遣いに有難く思い、今さらながら、すっとこどっこいな

自分にふがいなさを感じる夜でございましたわ。

皆さん、友達は大切に!そして、財布はカバンの奥にしまって盗まれたり落とすことの

ないように気をつけましょう!! って、私のことだわね。

Connection: close