Hatena::ブログ(Diary)

キャズムを超えろ! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006-07-22

UIE中島さんの【ソシアルビデオクリッピング付きHDDレコーダ】エントリで極秘社内企画書が公知のものとなってしまったのでヤケクソになって企画書を公開!

彼がCNETこんなエントリを書いた後、個人Blogにてこういった意見募集を行っていた。YouTubeネタが大好きで、家電向けネットサービスを企画している私としては何としてでもTrackBackで議論をしてやろうと構えていたのだが、社内で「ソシアル・ビデオクリッピング機能付きHDDレコーダ企画」を進めていたものだから、社内機密との関係上本音での議論ができないと判断し、静観していた。匿名Blogとはいえ流石にぶっちゃけちまうのはまずいよね、ということで。

そしてスッパ抜かれましたよorz


何というべきか、中島さんとは年が20年近く離れているとは到底思えないほど、考え方が良く似ているなといつも思うが、ここまでぴったり同じものを考えていたとは...。まぁ、同業者は皆考えてる事など似たり寄ったりなのかもしれないが。とにかくこれで公知になってしまったわけで、特許も今から出しても通らないことが明確になった為、こちらで作成していた企画書を贈呈しようと思う(笑

中島さんのページにはEPGの絵はあったが具体的なデータフローの部分に触れられておらず、コメント欄でのフォローとなっていたようなので、こちらの資料を使ってもらえれば説得もしやすかろう。そのまま家電メーカーに持ち込んだところ『あれ、この図どっかで...』なんてことになるメーカーがあるかもしれないが ;)

次回来日時には是非ともこのネタで一度お話をさせていただきたいものである。

12

PDF形式のファイルはこちらからどうぞ。

※内容を動画でプレゼンテーションしてYouTubeにUPってのも面白いかもしれんなぁ...



ただ、彼のこういった何でもOPENにして世の中を変えていこうという動き方は、競合他社と同じものをつくっていては儲けが取れない、という家電メーカーのビジネススタイルとマッチングさせることが難しいように思う。Blogで公開せずに自社で特許*1押さえた上で家電メーカーに持ち込んだら、もしかすると『おお、これすごい! え? ウチにしか話をしてない!? え? 30万$支払えば弊社が国内で2年間は独占供給デキるって!? おお、それじゃぁぜひやりましょう』なんて話になるかもしれないからだ。

勿論、Blogで公知にしてしまったうえで、『お客さんは要望してるんだよ、だからほら、みんなやらないと。ネタ公開しちゃったんだから他社もどんどんやってくるよ、やらないと置いていかれるよー』とケツを叩き、その上で『で、そゆのを便利にやれるUIEngineって技術をウチは持ってんですけどねウヒヒヒヒ』...という彼の攻め方はCGM時代にマッチした先進的やりかたではあるものの、果たして受け入れられるんだろうかとちょっと疑問を持ってしまう。

売り込み先はバッファローやIOデータといったPCペリフェラル系メーカーとし、UIE社がサーバも含めてASP提供、メタデータはUIE社の持ち物とする、というスタイルで家電界のGoogleを目指すというスタイルで攻められたほうが長い目で見て会社を大きく成長させられる可能性を持っているのではなかろうか。

※ってな考え方は既にお持ちとは思うが...。スッパ抜かれたのでスッパ抜き返してみたつもりw

追記 > タイトルがちょっと失礼だったかなと思い修正

*1:うまく本質がばれないようにプリミティブな特許に落として

snakajimasnakajima 2006/07/22 22:08  確かにご指摘の通りかも知れません。この手のアイデアを秘密にしておき、どんどんパテントとして権利化し、大手家電メーカーに高額でライセンスする。その方が商売のやり方としては正しいのでしょうね。

 しかし、それって本当に「良いものを一日でも早くユーザーに届ける」「人々のライフスタイルにインパクトを与える」という意味でプラスになるのかが疑問です。本来特許とは、開発者にインセンティブを与えて時代の進歩を早めるためのものだったはず。しかし、最近はそれが逆の力として働いて、進歩を遅らせているように思えます。

 一太郎裁判は幸いにも最終的にはジャストが勝ちましたが、そもそもあんなものがパテントとして認められていること自体が間違いだと私には思えます。

通りすがり通りすがり 2006/07/22 23:48 2枚目に商品名がのってますがそれもスッパ抜き

通りすがり2通りすがり2 2006/07/23 01:32 ほんとだ・・・

wa-renwa-ren 2006/07/23 03:03 snakajimaさん >

仰るとおり、私も特許が産業の発展スピードを遅らせていると感じています。その点ネットサービスの世界はぶっちゃけ特許なんてなんじゃらほい状態で突っ走っているので、日々これだけ楽しく便利なサービスが生まれています。一太郎裁判は....酷いもんですよねありゃ(笑 Amazonのワンクリック特許なんかも近いものがあります。イノベーションを起こして、人の生活をどんどん変えていく、そんな仕事のやりかたをしたいものです。

家電メーカーの幹部はなかなかそういった仕事の進め方に合意をくれないので、別の方向から攻めてみられてはどうでしょう? という意見提示でした。

通りすがりさん >

商品名と画像は色んなメジャー家電メーカーの商品を並べて所属をわからないようにしています(笑) TVはシャープ、DVRの画像は東芝、文言は松下ですww

通りすがり3通りすがり3 2006/07/23 20:23 公開された企画書のどこに特許性があるのか、よく分からないのですが、新しさと技術的な工夫が見えないのですが。。。
でも、他社へのプレゼンなどで公開する前に特許出すというのは常識ですよね。

wa-renwa-ren 2006/07/23 21:36 通りすがり3さん > 

まぁこのスライド程度で特許性があるなら、現状はBlogに書かれたってだけでは公知と認められない節があるので、気にせず出願強行します(笑 私は知財のことはようわからんのですが、紙メディアになってると公知だ、といって突っ返されるようですが、Blogで書かれたぐらいならまだ大丈夫のようですし。

ただ、元の中島さんのBlogのコメント欄にも登場しておられるメタキャスト社のテレビブログ・サービス(と、連携する動画プレイヤー)が既に製品として実現していますし、そんなに新しいネタではないかと。メジャーにはなっていませんが。


...と、ストイックに言ってしまうと面白くないネタになってしまうので大げさに騒いでみたつもりなのですが、実際は中島さんのBlogのコメント欄などで指摘されている「容量問題」と、BM特許になってしまいますが「メタデータシェアリングの効果的な手法(ユーザが飛びついてくれそうな見せ方)」あたりが鍵だと思っており、そこには触れない程度にネタ公開させていただいた次第です。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。