Hatena::ブログ(Diary)

キャズムを超えろ! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007-10-22

工具不要で合法! 10円で完成するWiFi感度アップ工作。 〜自作電波リフレクタ〜

この↓WiFiリフレクタの効果すげー! という話。

http://www.freeantennas.com/projects/template2/index.html


WiiWiFi受信感度はあまりよろしくないようで、自宅リビングでのWii Opera Browserが快適に使えないことがある。そこで、WiFi環境を調整することにした。現状、無線LAN APリビングが自宅の対角線上にあり、間に壁(ドア)が2枚挟まっている上体。メーカーが発売している指向性アンテナを購入することで受信感度が良化することは想像できたが、何千円という出費を覚悟せねばならないし、購入したからといってどれぐらい良化するかはやってみないとわからない。さらに、 802.11nへと切り替わらんとする時期のため、ルーター(AP)買い替えの際に使えなくなってしまう可能性が高いアンテナを買う気にはなれなかった。

で、ダメモトで試してみたのがこちらの動画にある、自作無線LAN電波リフレクタ(以下反射板)だ。

詳しくは日本語で下記ページに説明があるので割愛するが、材料はA4用紙1枚と料理用のアルミホイルのみ。原価10円ぐらい?時間も10分もあれば作れてしまうお手軽アイテムなのだが効果は絶大。

下記がリビングで計測した802.11b電波受信感度状態。Think Pad x30*1内蔵無線LANを利用し、network stumblerを用いて計測。

WiFi Booster 利用結果

反射板を取り付けた状態で計測を開始、10:45:50時点で反射板を取り外してメーカー出荷状態のダイポールアンテナのみの状態に。速度差があるだけでなく、反射板なしの状態だと電波状態が安定せず、乱高下を繰り返しているのが見て取れる。それじゃぁと、リフレクタを逆方向(リビングルームと正反対の向き)にしてみたところ、感度激DOWN。明らかに『リフレクタ』として機能していることがよくわかる。

数値にすると10〜15dBm近い感度UPを実現し、さらにその状態で安定した受信状態を確保できることもわかった。無線LANの感度でお悩みの諸氏は是非ともだまされたと思って一度試してみて欲しい。尚、送信側・受信側双方に取り付けるがベストだが、今回は受信側がノートPCだったこともあり、送信側(WiFi AP)のみにリフレクタを取り付けた状態での計測である。

尚、無線LANアンテナの改造は違法だが、反射板の設置は問題ない模様。

日本語による細かい製作ガイドラインなどはこちら→http://gnr.seesaa.net/article/38884055.html







あー、べたぼめしたけど1個だけ課題が。なにせ元が台所用アルミホイルだけに、ちょっとかっこ悪い..... orz

WiFi booster(reflector) with LaFonera

*1:古っ!という話はおいといて。10th aniversary editionなのでいまだに気に入って使っているのだ!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。