Hatena::ブログ(Diary)

キャズムを超えろ! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-06-23

iPhone+AppStoreは本当にAU+EZアプリより優れているのか?

iPhoneネタ(特に日本向けiPhone関係)なんて腐るほどあるから...と書かずにいたんだが先のMXTVがらみのエントリで触れちゃったしここでアプリケーションプラットフォームについて少し語ってみるのも悪くなかろう。

で、iPhone+AppStoreはDoCoMo+iアプリやらAU+EZアプリ(BREW)より優れているのか?という「優れてる」なんて見方によってどうとでも取れる、意味のない振りをしてみる。まーなんていうか一部の人たちの間ではiPhoneSDKがヒートアップしてるようだが、それってEZアプリ(BREW)と何がちがうんだろうか。配布には審査が必要だけど割と低いレイヤーを叩ける言語で書ける、アプリの課金代行やってあげる、って意味ではAUのモデルとほぼ同じ。もしかしたらダウンロード一発課金のみで月額課金とかはできないかもしれない(もし現実ならAU比で退化)。iアプリのようにメモリをバイト単位で削りながら職人魂でくみ上げる、なんて面倒くささはないのかもしれないけれど、SDKの出来がいいんです!だけではプラットフォームが優れていることの理由にはちょっと弱い。

あと、これはDoCoMo比の話だけれど勝手アプリを許可しない、って方針はどうなんだろう。Appleは昔から"Open化"という思考とは正反対の選択をすることが多かったので驚きはないが、これが吉と出るか凶と出るか。フリーソフトは公式サイト経由でフリーで配布してあげるよ、という点だけが今の日本のキャリアが持つ3rdパーティアプリ取り扱い基準と違うところか。



とまぁこんな感じで「みんな騒いでっけどAppStore+iPhoneSDKなんてAU+EZアプリ(BREW)と変わらんやないの」と冷めた目で見ているのだが、期待している点が2つだけある。1つははAUやDoCoMoがSDK設計やアプリ審査の段階でいろいろと縛りをかけている『電話帳など端末内データを自在に用いたアプリ』や『複数のWebサイトが連携するようなマッシュアップ系アプリ(ex. 価格比較アプリなど)』でよく出来たものが多数登場し、ブレイクするというケースが成立する可能性がわずかながら残されているということ。もう1つは、マルチタッチディスプレイを用いたキラーアプリが登場すること。これもDeNA社やmixi社のようにマスを狙う会社は5-60万台売れないと見向きもしないし、iPhoneでしか楽しめないバージョンと他キャリアバージョンを両方開発するとも思えないので期待薄ではあるのだが。

視点をユーザーではなく開発者に移すと話は変わってくる。世界中で何千万台と売れる(予定の)iPhoneが共通のアプリプラットフォームを採用している、という点では"アプリ開発者にっとって"魅力的な仕組みであることは間違いない。これまでもNokia用にアプリを作ればそこかしこの国で利用してもらえる可能性があったわけだが、AppStoreという万国共通の仕組みを通じて配布・課金代行までやってくれるというのは大きいはずだからだ。

ユーザー視点で見た場合、英語圏のユーザーやスペイン語圏のユーザーにとって、これはすばらしいアップサイド要件かもしれない。アプリ開発者は率先して(利用人口の多い)英語やスペイン語に対応したバージョンを作るため、当該言語における潜在的なアプリ開発者の数がどんどんと膨れ上がるはずだからだ。ただ、利用人口が少ない日本語のアプリを、世界中の人々がじゃんじゃん作ってくれるということにはならない。だから、先のAU+BREW時代と何が変わるのかいまいち見えないというわけだ。



AppStore構想を聞くたびに、独自のアプリ配布プラットフォームを設け、独自の高度なアプリ(ゲーム)の開発ができるSDKを提供し、泣かず飛ばずで終わったNOKIAのゲーム機風ケータイ「N-ゲージ」を思い出してしまってならない。

kokorohamoekokorohamoe 2008/06/23 06:43 つ DoCoMo+iモード

gaziro2000gaziro2000 2008/06/23 10:23 BREWの審査とかめんどくさすぎ。1度審査落ちると1ヶ月後とかだし。
新機種発売時には全機種テストしろとかも結構大変です。最近はよく分からないですが・・・

wa-renwa-ren 2008/06/23 12:36 gaziro2000さん > あーたしかに全機種テスト関係はダルいですね。一度落ちたらつぎいつになるか、ってのはAppleもどうなるかわかりませんがwww

ToyolinaToyolina 2008/06/23 12:46 盛り上がってる開発者がいるかどうかは違いとして大きい気がする。お祭り系ブランドのAppleとしては特に影響ありそう。

stlmixstlmix 2008/06/23 16:02 auのBREWアプリの開発経験者ですが、

・企画審査が大変
 →個人レベルでは不可能に近い。確か法人登録レベルが必要
 →(書かれていますけど)お上の審査次第で潰される企画がある(ex jigブラウザ)

・開発が大変
 →BREWプラットフォームの癖、機種ごとに挙動が微妙に異なる、などの問題
 →対応する機種を増やせばそれだけテスト、実機が必要など、時間的、金銭的な負担大

などの理由により、EZアプリは段違いに“個人”で遊べないプラットフォームだと思います。
決定的に違うのは、個人でも作れるiPhoneと、個人では作れないAU+EZアプリって所でしょうか。
(iアプリの場合も勝手アプリの場合は公式キャリアの回収代行が使えないので、そういう意味ではAppStoreは面白いと思います。)

とおりすがりとおりすがり 2008/06/23 20:13 >泣かず飛ばずで終わったたNOKIAのゲーム機風ケータイ「N-ゲージ」を思い出してしまってならない。
N-GageはNokiaのハイエンド端末の血となり骨となって今も生きてますよ。Nokiaは先行き過ぎたという方が正しいんじゃないですかね。
http://japanese.engadget.com/2007/08/29/nokia-n81-n-gage/

新作としてメタルギアも出ています。
http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20080520mog00m200011000c.html

aquila2664aquila2664 2008/06/24 22:05 EZアプリに一日3MBの通信量規制がかかっていることが広く知られていると思いますが、このようなアプリケーションを作るにあたっての制約が、iPhone SDKにどのぐらいあるかが鍵でしょうね。

EZアプリと同様に、通信に対して厳しい制約をかけているとしたら、「あちら側」を活用したアプリは生まれようがありませんから。

wa-renwa-ren 2008/06/24 22:19 とおりすがりな方 >

N-Gageそのものは確かにがんばってますよね。専用端末はだめでしたがww
メタルギアやってみたいんですがさすがに端末がなく(笑)

aquila2664 >

通信量規制は「かける」ことを名言してますもんね。
あとは審査スピードとか審査手続きの煩雑さといったところをどこまで簡単にしてくるか、か。

DoCoMo公式サイト作るときに作成する電話帳をやれとはさすがに言わんでしょうが、
どのへんまで敷居を下げられるのか。あと、端末内情報を扱うアプリがどこまで作れるのか、
またそれらが認可を通るのか。


そう簡単には解決できないように思うので、お手並み拝見ですかね。

aquila2664aquila2664 2008/07/06 00:44 SBM側から、速度規制がかかることが正式に発表されましたね。

http://mb.softbank.jp/mb/iphone/price_plan/packet/index.html

youtubeやニコ動は当然制限されるのでしょうが、どこまで制限が広がるかに注目したいと思います。

なまえなまえ 2008/12/11 12:02 現役BREW開発者としてはAppStoreがうらやましいです。基本的な仕組みに違いはありませんが、
アプリの審査に1ヶ月かかり、数十台の端末での動作チェックが必要で、1日3MBしか通信ができず、あらゆる場所でアプリ中断を意識した開発を強いられ、コンパイラに10万円を払う必要があるBREWはとにかく規制が厳しくてめんどくさいのですよ。
ちなみに最近のドコモ端末はメモリが多いので「iアプリのようにメモリをバイト単位で削りながら」なんてことはしませんよ〜。アプリサイズが1MBのくせにメモリは8M以上あるんで内部データを全部読み込んでも全然余裕。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。