ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

キャズムを超えろ! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-09-22

名刺1枚でデジタル一眼の室内撮影を格段に美しくする方法

デジタル一眼レフカメラを買ったはものの、室内で撮影すると「いかにもシロウト」って感じの写真になってきれいに撮れない...とお悩みの方へ。勿論、BESTな解決方法は角度調整可能な外付けフラッシュ+明るいレンズ、であることは言うまでもない。でもそんな高価なアイテム買えないよー or 外付けフラッシュはでかいから持ち歩けなくて不便...というときは、この"名刺ディフューザーバウンサー"を試してみてほしい。

まず、名刺など白くて分厚い紙を用意し、下図のようにアクセサリーシュー*1に刺さるようはさみやカッターでカットする。

IMG_5377

次に図のようにアクセサリーシューに突っ込む。

DSCN0776

以上終わり。完成するとこんな感じ。

DSCN0775

で、コレをつけると何が起こるかというと、一部の光は白い紙面で反射され、天井を明るく照らす。つまり、外付けフラッシュにおけるバウンス撮影と同じような効果を得ることができるというわけだ。さらに、厚紙を通して残った光は拡散されつつ被写体に正面から当たる。バウンス撮影のみでは鼻の下などにできやすい影を消してくれる光になるわけだ。勿論、キャッチライト的な効果を出すこともできる。写真印刷用光沢紙などを使えば、バウンス量がより増える。さらにバウンス量を増やし、正面からの光をゼロに近づけたいときはつや消しシルバーの模型用スプレーなどを使ってシルバーに塗装してやるといい。また、バウンス量を減らして正面からより強い光を当てたい場合は、カッターやはさみなどで切れ目を入れてやるといいだろう。

撮影時は感度(ISO)を高くしてやろう。デジタル一眼レフ内蔵フラッシュは外付けフラッシュにくらべて光量が少ない。天井が低い日本の家庭においても、バウンスさせてしまうとほとんど光が被写体に届かなくなってしまう。ノイズが増えるのは覚悟のうえで、ISO800〜1600に増感して使ってほしい*2

撮影サンプル

百聞は一見にしかず。撮影サンプルを見てほしい。左が内蔵フラッシュを直接当てたもの、右が先の"名刺ディフューザーバウンサー"を取り付けて撮影したものだ。バウンサーを取り付けたほうの写真にほとんど影が出ていないこと、ボタン類や衣類などの立体感に違和感がないことなどを確認してほしい。

IMG_5272IMG_5270

IMG_5387IMG_5391

※左右の写真で変えたのはフラッシュの発光量補正だけ。右写真のほうが+1、フラッシュ発光量をプラス補正してある。左の写真も+1すれば同じように写るんじゃないのか、というのは愚問。直接フラッシュを炊いて+1なんぞすると、服やら顔やらが真っ白に飛んでしまって見れたものではなくなる。


たった1枚の名刺で映りがこれだけ変わってしまうのが面白い。写真をうまく撮るには1に構図、2にライティングと言われる所以である。なお、人物写真を撮ればもっと差が良くわかるのだが、適当なモデルがいなかったため割愛するorz

おまけ: 先のカメラ(α707Si)写真を蛍光灯のみで撮影したサンプル写真はこちら。カメラの真上あたりに普通の電球型蛍光灯(60w)を1個ぶらさげて撮影。カラーバランスが白っぽいのはご愛嬌

IMG_5250

追記:広角レンズを使うと、名刺では幅が足りなくなっちゃうので注意。はがきあたりを使ってほしい。もともとこれ、50mmレンズ(フルサイズ機なら75〜80mm)前提で作ったので。17mm(フルサイズで27前後)レンズでこのバウンサ兼ディフューザを使うとこーなる↓orz

IMG_5228

※当然だけどこの写真をベースに影が消えてないだの露出がアンダーだのと突っ込むのはなしね。あくまで広角でとるならもっと幅広の紙を使わんとだめよ、という説明用の画像

※ディフューズ機能を削ったバウンサーについても試作してみた↓ いまいちだったorz

http://d.hatena.ne.jp/wa-ren/20080926/p2

*1:外付けフラッシュを取り付けるところ

*2:標準レンズなどF5前後で使用する場合

k-hk-h 2008/09/22 13:05 はじめまして、もの凄く参考になりました。
有益な情報を本当にありがとうございます!!

一言一言 2008/09/22 16:17 おもしろいアイディアではありますが、ディフューザーを使えば格段に美しくなるとは言い切れませんし、これをライティングと言うには余りにも. . .色温度が下がって、黄色に振れてますし、(これはホワイトバランスを取り直せば良いだけですが)彩度が落ち、メリハリ(コントラスト)や力強さが無くなってます。影があるからより存在感があるとも言えますし、雑誌はもとより、広告写真でも柔らかい光の方が良いとは言ってないと思います。まあ、写真の用途、つまりケースバイケースではないでしょうか。

wa-renwa-ren 2008/09/22 18:31 ちなみに黄色くなってるのは部屋の照明が2400kぐらいしかない白熱灯色の電球型蛍光灯だからです、念のため。

ga-yaga-ya 2008/09/22 20:07 お手軽に「柔らかくしたい!」ってのには良いアイデアですね。
色はホワイトを取り直せば良いだけの話ですし、ほとんどタダで色々試せるのは大きいですよね。

me-trome-tro 2008/09/22 23:05 素朴な疑問なんですが、
部屋の照明の色温度の影響を受けてるってことは
フラッシュの光はあまり届いていない。
ってことなのでは?と思ってしまいました。

フラッシュなしの比較写真も見て見たかったですねぇ。

wa-renwa-ren 2008/09/22 23:10 me-tro > あとでUPしておきます。内蔵フラッシュなんで限度はありますね。ただ、フラッシュなしでは手持ちではキツイぐらいのシャッター速度になります。

p-articlep-article 2008/09/22 23:42 ISO感度を高感度に設定するのって、増感なの?って思ったんだけど、デジタルだと結果的には増感処理をしていることになるのかな??

感覚的には、デジタルの場合でもアンダーで仕上がったものをRAW現像時や、レタッチで露出補正する感じなんだけど…

(もともとの受光素子の設定値をこえたところでの設定でしか、増感・減感って言わないような気もする)

wa-renwa-ren 2008/09/23 00:47 チミンの兄貴 > 用語はよーわかりまへんw

ブコメでアルミホイル張れ言うてる人 > それだとただのバウンサーで、ディフューザー兼用にならないからw

774774 2008/09/23 09:32 トレーシングペーパーの方が良いのでは?

wa-renwa-ren 2008/09/23 12:11 トレペだとただのディフューザーになってバウンスしなくね? あと、超簡単にカメラにトレペ取り付けられる方法があるならkwsk

つけたままで移動、落ちないことが重要。

YUYU 2008/09/25 13:24 立体的に折ればトレペでもきっちり立って固定できますよ。
薄いのでカメラのボディのパーツの合わせ目などに差し込んだりもします。
フラッシュの前に紙を置く以外にも、指1本あてて光量を落としたり、なんてこともやります。

wa-renwa-ren 2008/09/26 01:16 yuさん > 指でおさえると結構熱いw

akio0911akio0911 2008/10/02 01:34 「名刺1枚」というのがポイントですね。
きちんとしたライティングとして考え始めると
お手軽じゃなくなっちゃう。

なまえなまえ 2008/12/07 00:02 てst
みづらいぶろぐだなあ

風来坊屋風来坊屋 2012/06/28 15:24 今まで色々な改造みてきましたが、作るのが複雑だったり、かさばるなど、採用にいたってませんでした。
今回の名刺を利用しては最高です。目からウロコです。
これなら財布の中にでも携帯できます。
ネットで情報をアップしていただき、感謝いたします。
ありがとうございます。

美麗美麗 2012/12/03 15:47 感動的でした!
カメラは素人なんですが
幼稚園での室内撮影で
明るさが足りない時に
シャッタースピードが落ちてしまい、
動き回る子供の撮影に苦労していました。
今週おゆうぎ会があるのですが
長女の時にフラッシュ無しでは撮れないからと
安易にフラッシュを焚いてしまって
味気ない写真になったことを踏まえて、
色々と試行錯誤していたところで
こちらのサイトにたどりつきました。
今日幼稚園の会場で試したところ
効果テキメン!
私のような素人がお金をかけずに
これだけの変化を実感できて嬉しいです。
バウンス量を増やすため、
写真用光沢紙をそのままの大きさで使いました。
色々細かいことを言っている人もいますが、
素人が個人で楽しむ範囲ではこれで十分です♪

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。