Hatena::ブログ(Diary)

キャズムを超えろ! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-11-14

日本の家電はどうして高機能化一辺倒なのか(北米と比べて)

下記エントリーに対するBookmarkコメントを読んで、意外に本質っぽいところを突いている方が少なかったので、フォローしておきたいと思う。

米国に住んでいて「あー日本の家電はこっちじゃ売れないよなあ」と思ってしまう理由

まず、元エントリのyoosee氏の指摘はごもっとも。実際マーケットを見ていてもそう感じる。「じゃぁ、どうしてそうなの?」を斬っていくと、単純に米国の家は広いからだとか、日本人がハイテクオタクだからとか、根本的にはそういう話じゃぁない*1

結論は2つある。日本人が"異常なまで有名家電メーカー品(特に国内モノ)にこだわる"という特性があることが1つ。もう1つは"日本の大手家電メーカーはハイテク(インテリジェント)家電の勝負でしか生き残れない"かだら。

つまり、日本人が日本の大手家電メーカー品にこだわるあまり、大手家電メーカーが望むような商品以外の選択肢を絶たれてしまっている...と。ちょっと言葉は悪いが、イメージとしてはこんな感じ。


では、詳しく解説していこう。

日本の大手家電メーカーの強みは要素技術・機構設計・生産技術

今日の本題はここ。不必要なまでの「ハードウェアにおけるハイスペックさ」こそが日本大手家電メーカーの強みであり、競争力の源泉である。ハードにおけるハイスペックとはこれすなわち、要素技術・機構設計・生産技術の3つによってもたらされるものでなければならない。

どうしてか?

ありふれた要素技術を組み合わせ、枯れた機構を用いて設計された、生産が容易な商品なんてものはパナソニーシャープなんてブランド名をつけて売ろうとすると、まったくもって価格競争力を持てないのだ。不良率・故障率を一定の率以下にしなければブランドが傷つくし、サポートデスクに繋がらなければこれまたブランドが傷つく。ブランドを背負う以上、環境に配慮した部品選定をしなければ許されないし、日本で働く正社員の給与も高い。さらに、重厚長大な本社機構・R&D機構の人員を食わせるためにはそれなりの+αの費用がかかる。他の商品群のことを考えると、量販店やその他チャネルとの不必要な摩擦は避けたく、チャレンジングな流通との交渉などもし辛い。

この話をするときにはいつもビデオカメラを例に出すのだが、小型ビデオテープを巧みにローディングする複雑なテープ送り機構を(壊れないように)設計し、小型の高倍率ズーム光学機構と組み合わせて手のひらサイズに凝縮、大型液晶を備え、それでいて少ないバッテリー長時間駆動するというDVテープ後期のモデルなどは要素技術・機構設計・生産技術それぞれで強力な参入障壁を築き、価格を高いレベルでとどまらせることに成功した典型だ。

記録はSDカードにしてくれればよくて、そんなに高画質・高倍率のズームレンズなんていらないし、画質もVGAか720Pでいいし、バッテリーも1時間持てば十分だよ、という市場の要求に応えてしまうと、中国・台湾メーカーの商品に価格面で勝てなくなってしまうのだ。結果、ハイスペック、インテリジェント、といった方向にしか活路を見出せなくなってしまったわけである。

一例を挙げよう。下記Walmartサイトで販売されているAiptekのビデオカメラ、1080p(横は1440だが)が撮影できて光学3倍ズームがついたSDカード記録モデルが$149だ。実際購入して使っているが、とってもチープな作りだし、オートフォーカスの精度もいまいち。レンズは暗いし、バッテリーもそれほど持たない。でも、これで十二分に使えてしまう。むしろデカくてゴツいJVCやPanasonicのカメラよりも使い勝手が良い場面も多々あるぐらい。

http://www.walmart.com/catalog/product.do?product_id=9208238

流石にこの価格帯で勝負するのは無理だし、できたとしても利益は期待できない。


国内有名家電メーカー品にこだわる国民性

日本の大手家電メーカーの商品はこれでもかと言うほど品質(サポートも含めてあらゆる意味で)が高い。これは誰もが認める事実である。日本は世界でもっとも「グローバルで上位を争ってるメーカーがひしめいている国」であることも間違い無い*2。結果、安かろう悪かろうではない、高品質なものを作っているメーカーだらけの国だからだろうか、海外製家電を買うという文化がまるでないという特性になった。

SamsungもLGもPhilipsKodakも日本市場には入ってこれない。彼らの商品もモノによっては良く出来ているのだが、誰も買わない。

そしてハイスペック品ばかりの国ニッポンに

かくして、ハイスペック品だけしか選択肢が無い国ニッポンが出来上がる。中国・台湾・韓国メーカーの安価な商品が流入してきたときに「ハイスペックな奴ぁいらないからこれで十分」として市場が日本メーカーにそっぽを向く、ということがないことがわかっている以上、ロースペック商品を突っ込んで収益性の低い事業をやるメリットは(大手メーカーには)ない。

たまに中堅メーカーの誰かが浮気して、ロースペックな商品を市場投入したとする。例えば先のAIPTEK製ビデオカメラのような商品をF社なりが出したとしよう。そうすると、体力に余裕がある大手メーカー(PとかSとか)が、利益率無視でさらに安い(あるいは同価格でスペックが少し高い)商品を突っ込む。結果、体力のないF社は価格についていけず低価格商品から撤退。それをみて大手メーカーは低価格商品そのものをやめてしまう、あるいはモデルチェンジのタイミングでじわじわと高性能化させて価格を引き上げていくことで市場をもとの健全な「ハイスペック品ONLY」の状態に戻すことができるというわけだ。競合プレイヤーの数が限られているうちはこの戦略が通用する。日本の家電メーカーの数なんて知れているのだから、数社をこれで蹴落としてしまえば当分安泰である。

では北米でこれをやったらどうなるか? 勿論先のAIPTEK社はつぶせるかもしれない。だが、それをみてしめしめと価格・スペックを引き上げにかかった瞬間、第二第三のAIPTEKが中国・台湾から何社も押し寄せて来て、永遠に終わらないループが始まってしまうのだ。


とはいえ収入格差の大きい北米市場において低価格帯商品を完全に切り捨ててしまうわけにもいかず、アメリカ市場スペシャルという形で、キヤノンやJVCは驚くほど低価格のモデルを投入し、『ちょっと高級な低いスペック品』によって中国・韓国メーカーのシェアを少しでも食ってやろうと牽制を続けているというのが現状だ。

CanonはFS100というSDカードに書き込めて$400を切るようなモデルを出しているし、SONYNSC(Net sharing cam)シリーズという$149の激安モデルを出しているが、これらは先のAIPTEK製品のようにハイビジョン動画を撮影することはできない。中国・台湾モデルでVGA撮影ができる製品となると$100を切っているのだから、見てのとおり価格では戦えていないのである。

※当然だが、これらのモデルはメリットがないので日本市場には投入されていない。表向きはそんな低いスペックの商品をほしがる日本人はいないからだということなのかもしれないが、もし流行ってしまったら、折角10万円前後に価格を高止まりさせている国内ビデオカメラ市場の平均販売価格が下がってしまい、収益性が低くなってしまう可能性があるので投入したくない、という部分も多分にあるはず。Panasonicは試験的にオンライン限定で北米用低価格モデルを国内に投入している(http://panasonic.jp/dvc/s7/)


まとめ

というわけでビデオカメラを例に見てきたが、他の家電群においても基本この傾向は変わらない。冒頭引用したエントリーの「でかくて安い」論にもどると、米国ではLGだろうがAIPTEKのような無名メーカーだろうが、使途に合ったスペックの商品であれば購入する文化がある。というのが、この話の根底にある最も重要な要素。

そうすると、必要最低限の機能で安い、という商品を米国市場に投入する中国・台湾・韓国メーカーが多数現れる。結果一部のマニアや高収入者はスペック重視の日本製高性能品を購入するかもしれないが、大多数の人は安い商品に流れる、という図式ができあがるわけである。これがアメリカ市場で「シンプル」で「安い」あるいは「デカくて安い(機能はSimple)」な商品ばかりのように見える理由。

そして国内商品が無駄にハイスペックでインテリジェントなのは、それらを実現するための要素・設計・生産技術が競合阻止要因だからだ。静かな掃除機、超低消費電力な冷蔵庫、無駄に多機能な電子レンジといった白物の世界も、今回例にあげたビデオカムコーダーと同じようなものである。超高倍率ズーム技術やそれを実現するための部品を、静音化技術やそれを実現するための部品(高級ベアリングや特殊素材のファンブレードなど)に置き換えて読み替えてもらえばいいはずだ。

おまけ・補足

ちなみにここまでで述べた国内大手家電メーカーに、船井電機ならびに三洋電機の一部は入っていない。

あと、家電製品ではなくPCにおいては徐々に「国内メーカー品じゃないと買わない」という文化が崩れ始めてきたため、DellHPASUSACERといった台湾系(米企業だけど中身は台湾)商品によって国内メーカーによる高スペック縛りが解け始めているのが現状である。

というわけで諸兄が国内大手メーカーじゃない商品を積極的に買っていくことで、現状が変わってゆくかもしれない。



※某大企業の社内誌の取材を受けて話した内容とほぼ同じなので、某大企業の方は社内報で同様の内容を見てウンザリするかも。お許しを

*1結果論的には洗脳されてそうなってしまっているとしても

*2:ちなみに2位は韓国

ムーンムーン 2008/11/14 14:06 収入が減る=購買力が減る、ですので安ければいいというのはどうか?何事もバランスです。
たとえば国内工場そのものが必要と無くなって人切り、人は溢れ物を買わない、そういう流れを加速させます。
ただでさえITは人切りの道具に使われてるのが現状で揶揄されてるのにあんまり良い調子な事言わない方がいいかと思います。

なまえなまえ 2008/11/14 15:45 Canonについては国内でもiVIS FS10という商品名で非HD機を販売していますよ。

bulbul 2008/11/14 16:57 国民のニーズが大きかったんだと思うけど、洗脳だとしたら立派なイメージ戦略でしょ。エコまで網羅して文句のつけようがない

dicdic 2008/11/14 20:28 国内大手家電メーカーの白物家電でも中国や韓国メーカーと同価格帯の商品は有るが・・・
三洋電機の一部ってなんなんだ?三洋電機は大手じゃないのという認識なの?
ハイスペックで培った技術を廉価でフィードバック出来るのも大手家電メーカーの強みじゃない?

おやぢおやぢ 2008/11/15 00:43 高スペックよりも、現場で必要な機能を選択して商品すれば
高機能ではなく便利ということで売れると思うのですが、
こういう地味なことはどのメーカーもしないんですよね。。
やっているのは、携帯のメール機能くらいに思うし、
ある1プロジェクト内で行われて、この商品は便利な機能がついていても
次の世代では確実に抹消される。。
はっきり言って、メーカーにしてもそうだろうけど、
年寄りが増えることによって船頭多くして船山に上るになるわけで、
「数字」として表しやすいスペック偏重になり、
営業が「数字」のとおり商品化を承認して不便な商品ばかりになる
という悪循環が定着したように思えてなりません。
「買う気」にならないのも、どうせ高スペックでも操作できないし、
せっかく操作しても穴ばかりだから結局使い物にならないことが
どの商品を買っても繰り返されれば、
買いたくなくなるのは当然だと思います。

いずれにせよ、馬鹿が商品開発しても無駄だということははっきりしていて、
天才が動ける世の中にならないとしょうがないわけです。
どうせ出る杭を死に物狂いで打ち砕くのが日本なんです。
細かいことをやり切ってきてこれまでやってきた方法論はもう通用しないし、
けっきょくは頭にくるだろうけど、発想の良い一握りの人間の言うことを
聞かないといけない世の中になったんじゃないでしょうか。
そのほうが民主的だと思いますがいかがでしょうか。
いや、聞くまでもなくそうだと思いますが。。
どうせ、ちょっと小賢しいことを抜かす馬鹿になんて
群れにならないと心配で寂しくてしょうがない子羊には
なーんにもできないでしょうけどね!

dintheddinthed 2008/11/15 01:48 興味深く読ませていただきました。
デジカメの画素競争しかり、ユーザー置いてきぼりの高スペック競争を感じます。
その一方で日本のユーザー側も製品に対する過剰な要求をするという一面がありますね。
例えばXBOXでディスクに傷が付く問題も本国では全く意に介されなかったですし。

guldeenguldeen 2008/11/15 03:12 要は、1万以上払って・かつサポート体制が薄いなんて商品は、日本人なら買わないというだけのことでしょう。

また、日本での家電の購入に関して忘れてはいけないのが、いわゆる『特約店制度』。
もとは戦後の高度経済成長を支えていたシステムですが、現在では高齢者への家電購入&修理サポート網になってます。パナの例でも、量販店ではなく特約店を通して販売しているモデルは、かなりあると聞きます。
こういうのはつまり、自動車や保険商品などの購入と一緒で、「信頼できるディーラー」からでないと『その後のサポートが不安』なため、ユーザは“浮気”しにくいんですね。

あと、PCに関しては「ユーザ側に知識があれば自己解決が出来る」例があまりに多いため(つまり、使う側のスキルに依存する部分のバラツキが大きい)、一般家電と同じに論ずるのはやや危険かと思われます。

bulbul 2008/11/15 18:36 >おやぢ さん
けど元エントリ見ると別に誰も困ってないんじゃないかとw
日本の場合は多機能な製品が好みに合わせて選び放題な上に格安家電も主流になれないだけで探せばあるという状況なんだから理想的でしょう。
和蓮さんがチョットこの状況をひっくり返したがっているのは見て取れますが。

wa-renwa-ren 2008/11/15 19:41 dicさん > SANYOとFUNAIはOEMメーカーとして、ローエンド商品(こういう言葉は好きじゃないが、所謂アメリカ市場とかが好みそうなシンプルで安いもの)で強い競争力を持っているため。

B2CというよりはB2Bの会社だし、価格競争力がある・ないの話において「FUNAIやSANYOならあるはずだ!」という異論反論が予測できたため削除したまで。FUNAIはほとんどがOEMだけれど、SANYOの場合はコンシューマ部門もそれなりにあるため、一部の部門(OEM系)と書いてます。

lightbodylightbody 2008/11/15 22:32 wa-renさん、はじめまして。

>日本の家電はどうして高機能化一辺倒なのか(北米と比べて)

私の観点ですが日本人の気質から来ていると思います。

1、他者を気にする
2、細部にこだわる

1ですが一人浮いているのを極端に嫌い、他者と同じ事で安心するという気質が日本人は特に強いです。そのため会社という単位でも「他者並み」という言葉がよく使われその裏には「他者並みにしていおけば無難である」ということがあると思います。競争が激しいなめその基準はだんだん高くなってきています。地デジTVや携帯にどれだけの人員とコストがかかっていることか。このやり方が続く限り、技術者の残業は減らないでしょう(^^;。

2ですが日本人は極端に細かいことまで気にします。TVで言えば画質や機能にこだわりすぎだったり、携帯ならより使いやすさを求めるため、細かい機能が要求されます。ただ私の周りでも多くの人が多機能な機器を使いこなしていませんが。

なまえなまえ 2008/11/15 23:50 このふたつの結論は独立したものではないでしょうね。そこを考察して欲しかった。

"異常なまで有名家電メーカー品(特に国内モノ)にこだわる"
"日本の大手家電メーカーはハイテク(インテリジェント)家電の勝負でしか生き残れない"

ベルト太平洋ベルト太平洋 2008/11/16 09:14 もともと必要とされてないところに市場を作って、商品を売り込んでいく、というのは資本主義の基本ですからね。既に出来上がった市場向けに安価な商品を供給するだけでは、いずれ尻すぼみになるのは目に見えているのです。日本のような特殊な消費者のいる中で様々な高機能商品を開発し販売が行える市場というのは、メーカーにとってみて次の市場開拓のための巨大な実践テスト場とも言えます。

サムソンなんかが、大して売れないと分かっていても日本市場に参入してきているのは、そのような理由があるという記事を見たことがあります。

ほとんとがダメになるでしょうが、その中で生き残った機能が世界で通用していくようになるでしょう。あまり悲観的になることもないと思いますよ。

wikiwiki 2008/11/21 23:51 日本の家電メーカーは何故高機能化一辺倒か?
真面目だからだと思います。不真面目であれば、WindowsやIpodのようないい加減な商品でもビジネスが成立することを第一に考えますが、公式どおり言えば、より高機能=より対象ユーザーが多い&より高価格設定可能&より差別化可能=より競争に勝つ可能性が高い。逆を言うと、公式以外の要素を入れる能力が弱いともいえる。

mikanmikan 2008/11/22 01:06 アメリカは、豊かな人と、そうじゃない人の二極化が進んでいて、、価格帯の安いハイスペックじゃない家電を買う人(下流の人)も多いってことなんでは。
お金にある程度余裕があれば、多少高くても高性能、高品質、高ブランドな製品買うと思います。高価格帯の家電(テレビ)に関していえば、日本よりも市場はデカイですよね
日本は、下流であってもまだまだ中流以上でいるつもりの人が多くて、多少高くてもブランドがある程度確立されたメーカの製品を買ってしまうんでしょうね。

>日本の大手家電メーカーはハイテク(インテリジェント)家電の勝負でしか生き残れない
ってのはその通りだと思います。
そのポジションを維持して生き残っていければ良いのではないでしょか?家電のコモディティ化によって今後、国内メーカの再編・淘汰は進むと思いますが。私も悲観的になる必要は全く無いと思います。

親父親父 2008/12/20 21:42 私は元ガチガチの国産電機メーカに勤め、現在、外資系コンピュータメーカに勤務しているサラリーマンですが、日本人の国民性から来ていると思います。

日本:農耕稲作民族 → 突出した個性を嫌い、和を重んじ、細かい事に異常に拘る。

欧米:狩猟民族 → 個性を重んじ、細部に拘らない。

つまり逆です。

tabetabetabetabe 2009/01/10 11:50 こういうたとえはよく目にするが、根拠はないだろう。

なぜ日本人が農耕民族で、欧米人が狩猟民族?
狩猟民族って、たとえばいつの時代の何という民族?

korega起業人korega起業人 2009/02/05 19:39 プロフィールで
いまだに
松下電器
と言っている香具師が
マーケティングを語られてもな。

てか、
ネットサービス部門事業企画(商品企画?)
あんたの所属してた部署がなにやってるか把握できない香具師は
マジで語って欲しくねえよ

wa-renwa-ren 2009/02/12 03:17 korega起業人 > お、そういえば。一応直しておいた。ちなみに居たときは松下だったから、あながち間違いでもないんじゃね?

gkrsnamagkrsnama 2011/01/26 12:35 日本の車は中級車中心なんですが家電は別なのかな。

オーディオでは、国産超高級機はあまりないし、あっても海外勢に負けてます。ファッションも同じです。と考えれば、日本人は実用高級品(中の上)を作るのは得意でも、メリハリをつけて低価格品と並べて超高級品を作って売りまくるのは苦手なんでしょうね。

インドの激安タタ自動車がジャガーを作っているでしょう。ああいうメリハリが必要になるかも。

gkrsnamagkrsnama 2011/01/26 12:44 超高級品は実用高級機と違って最先端ハイテクなんて問題じゃないんですよ。

今、ボディで36万円のデジカメがありますが、AFAEなしでレンジファインダと戦前レガシー技術の塊みたいな機種です。ただ一つのとりえは、大昔からのレンズがみんなつくという点。結構売れてますよ。

ポルシェだってフェラーリだってブガティだって同じでしょう。走りっこすればGT-Rに負けるかもしれない。でも価格2-10倍でも飛ぶように売れている。ロールスロイスもにたようなもんでしょう。

日本はその辺がダメなんだなあ。せっかくの日本のイメージ力を生かしきってていないって感じですよね。

uniconunicon 2011/01/26 12:58 1970年代にS社の電子レンジが日本で10万円もしていたのがアメリカでは100ドル(当時のレートで28000円)で売っていた。ドイツでミノルタ700がミノルタ7000となって日本の半分で売っていた。S社に問いただしたら日本向けには色々な機能が付いているからと言っていた。ま、今思うと行け行けドンドンの時代で生産台数確保のため海外に安く輸出して何も知らない国内向けに高く出して帳尻を合わせていただけ。今や電化製品や車は誰でも造れる商品になってしまった。Appleみたいな囲いを作り参加者から寺銭を吸い上げる方式がベストだ。

kristenpartkristenpart 2011/01/26 12:59 「ウォシュレットは日本を救う」http://bit.ly/fwnvce / 『「産業日本語」、「オタク日本語」は日本を救う』http://bit.ly/h269QK などで、意見を述べております。よろしければご覧ください。

tomocanadatomocanada 2011/01/26 13:12 北米カナダのバンクーバーに住んでいます。

20年近くこちらに住んでいて、どんどん韓国や中国の家電が店に進出してくるのを見て、日本の家電会社はどうしてるんだ!!と苛立つことばかり、もしかして北米へ進出しても採算が合わないのか、貿易協定なので無理なのかと思ったりしてました。

日本製カメラはいくら沢山の機能があるから韓国、中国、カナダ人は買いたがるですよね。

家電も同じ、安い電化製品は中国、韓国製にまかせ、高級品志向でもいいから、ぜひカラフルで機能付き電化製品を販売して欲しい。

主婦としたら真っ白かシルバー、ドアが2つ、3つあるだけで、
ましてやチルドもない冷蔵には幻滅してしまう。

ここここ 2011/01/26 13:20 机上の想像どまりの評論ですね。

現場をしらないで数字ばかり見ているとこんな評論になるのでしょう。

コムたんコムたん 2011/01/26 13:45 日本の家電は過剰スペック、評論家は売れないとと言うが、あなたがもし評論家でなく同じ製造メーカーだったら、そんな楽なコメントは出さないと思うが、スペックを削りコストを考えた商品を製造したらどうなる、ますます中国などの商品と比較できなくなり、最後は値下げ競争、さらに日本は苦しい状況に立たされる。何が問題なのか販売戦術がとても下手であること、付加価値の良さ、使い方の戦術など、安い金利で長くローンを組める戦術など、安い物を売るだけならバカでも売れる、日本は人件費が高いだからスペック商品をつくり差別化が必要。スペックを追求することは先端の技術進歩に繋がる。

結局は結局は 2011/01/26 14:29 国民性だろ。

"異常なまで有名家電メーカー品(特に国内モノ)にこだわる"

1.これは、過去に日本ブランドが世界に溢れていた時のまま、まだ日本は世界1と信じて疑わない。
2.無駄に、高級志向。
3.物事の本質を見抜けない。
野菜なんか買うときもそうなんだけど、同じブランドで、見たくれが悪いと、安くても買わない。見た目良いのを買う。

消費者の意識が変わらないと、企業も変わらない。
だから、全てがガラパゴスと化すのです。

まじめに、早めに意識変えていかないと、世界で生きていけない国になるよ。

auauauau 2011/01/26 14:29  韓国・台湾・中国の企業と低付加価値商品で競うこと自体に無理があるのです、人件費や経費や税金が格段に違いますからね、同じものを売っていくには無理があります。高付加価値部分に注力している日本企業があながち間違いだとは思えません。
 例えば液晶テレビなどLGやサムスンにシェアを奪われているでしょうけれど、その製品の基幹部品や基幹素材は日本製だったりするのです。つまり高付加価値のパーツ(資本財)だけ作って韓国企業に売るのです、そして韓国企業が最終製品(消費財)として自社名ブランドとして売るわけなんですね。その証拠に韓国の貿易統計を見てみてください全体では412億ドルの黒字なのですが、日本に対しては361億ドルの赤字です。韓国の輸出が増えるほど韓国の対日赤字幅は大きくなる構造なのです。この構造は台湾や中国でもおなじです。
 日本企業はいかに高付加価値のモノを売るかが勝負なのです。そのためには日本の国内市場は、すばらしい市場なのです国内での厳しい競争もあり、国民には高い購買力と高い技術嗜好があります、この市場で生き抜くには常に最新を目指さなくてはなりません、結果として日本の国内市場は技術力を磨けるすばらしい市場なのです。単に安いということにしか魅力を感じないという国民性の市場に成り下がるなら、そのときこそ本当の意味での日本企業の没落が始まるのではないでしょうか?
 豊かで技術嗜好の高い国民が支える市場があってこその日本企業だと私は思ってます

こんにちはこんにちは 2011/01/26 17:08 この文章の筆者が本当に読者に伝えたいのは、今後この市場のニーズを考えなければならないということではないでしょうか。M型社会の構成が徐々にはっきりしており、「基本的な機能を持てば安いものを選んでもいい」という考え方を持っている人が、もっと多くなるだろうと予測されています。多くの力で市場のニーズに応じない商品にこだわるより、韓国企業のように、どうすれば多くの人のニーズに応じるものを開発するほうが、ずっといいではないでしょうか。

michikomichiko 2011/01/26 17:21 こんにちは!始めてお便りします。私は、アメリカはオレゴン州のポートランドに住んで10年以上になりますが、日本の家電を見るのが楽しみな時期がありました。Costcoに行くと,入り口にずらっと液晶TVが並んでいて、その前を通らないと奥へは進めない構造になっています。で、どうしても液晶TVの前を通るのですが、『ッん?この画像いいな!』と、見るとも無く見ていたのが、そろいも揃って、良くなじんだ日本の会社名でした。パナソニック、ソニー、東芝、三菱、シャープ、とても、晴れがましい気持ちで,made in Japan の家電と made in japan の自分自身を自覚したものです。しかし、ある時から、サムスンが突然弾頭して、少しずつその晴れやかな場所を、サムソンがしめる様になりました。我が日本製はどうしたものでしょう。何処も問題は無いのですが,価格がただ高いのです。僅かですが、やはり一割以上高額です。アメリカの消費者にとっては、サムソンも日本の家電も同じ外国製品なので、その違いは価格意外には大した違いは無く、日本人が日本国内でサムソンを見た場合とは、完全に感覚的に違います。そんな訳で、最近ではComputer 等も台湾製Acer等が入って三つ巴の感があります。家電業界の価格競争が世界規模で進んでいる中、日本製品は価格で競争するよりも、次の違う分野を狙う事を期待します。例えば、高齢化社会を視野に入れた、火を使わないキッチンストーブ(ガス台)や、人の緊急を知らせるアラームシステム等、最先端の技術で世界に役立つ製品作りに転化して行く事が出来たら、モット誇らしい気持ちになる事と思います。

あしっくすあしっくす 2011/02/23 20:02 日中韓で方向性が違うのだから単純に比較できるもんじゃないだろう。
韓国は家電企業を国策企業として税金突っ込んでやってるが、こちらでは大企業群のひとつでしかない。そもそも、価格の面では勝負にならんのは物価が違うんだから当然だろう。そういう事情を考慮せずただ単に隣の芝を見習えという意見は稚拙すぎてお話にならない。産業だって日本の方がはるかに規模が大きいわけで、家電業界だけを優遇しろというのは無理がある。
それに、国民生活を軽視して国策企業を重視してる国がなぜ参考になるのだよ。北欧は素晴らしい一点張りの人間のような偏った考えだよそれは。
安い方が良いといって、国際市場で戦うために海外に工場シフトしていったからこそ、雇用問題に発展するわけでな。高機能で勝負するのは日本の方向性としては正しいよ。今みたいな世界レベルでの日本いじめのような世界通貨安の中で家電業界はよく生き残れてると思うんだが、そういう部分を評価すべきじゃないの?
悪い部分、粗ばかり探してたんじゃ日本全体の勢いがなくなる。iPhoneのおかげで、高機能携帯が世界でも受け入れられる素地ができた。流れは確実に日本に来ているんだから、後はお役人が天下り団体などで足を引っ張らず、世界の標準規格に合わせるようにすれば日本の家電も陽の目を見るようになる。

シンプルイズベストシンプルイズベスト 2016/08/19 00:34 私もシンプルな製品の方が好きです。
そして生き方もシンプルでありたいですね。

シンプルイズベストシンプルイズベスト 2016/08/19 00:34 私もシンプルな製品の方が好きです。
そして生き方もシンプルでありたいですね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。