ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Ein Hoehle von Wachthai このページをアンテナに追加 RSSフィード



Dec 12, 2013

[]抜海、といふ地名が 抜海、といふ地名がを含むブックマーク

ピアノの先生のお口から発せられて、途端に昔の旅のことを思ひ出す。なんでも木造駅舎を紹介する小番組で御覧になつた抜海駅の映像が大変綺麗で印象に残つたといふお話であつた。

其れで帰宅して古い写真を探すも、確かに行きの各駅で通つた覚えはあつても流石に駅を撮つた写真まではえ見つけず、代りといふのもナンだが一寸思ひ出写真館的に抜海駅を経た(筈の)昔の旅の記録を御覧頂かうと思ふ次第、なんせ旅といへば未だポジフィルムを十何本持歩いて居た頃のものとて色あひのレトロさもマ、御愛嬌といふことでお楽しみ下されば有難く。
因みに旅したのは1997年の9月頭、マザー・テレサやダイアナ妃がかむさつた辺り、Mac OSはやつと8発売だつたか。月末には軽井沢ー横川間の機関車数珠繋ぎ路線が廃止になつたんでしたね。←二月に乗りに行きました。
皆様何をしてをられましたか、フッフ。

f:id:wachthai:20131213005536j:image:w360
女満別駅。
f:id:wachthai:20131213005714j:image:medium
今は綺麗な特急に様変りした、宗谷号。
f:id:wachthai:20131213005711j:image:medium
難読駅名色々、紋穂内(もんぽない)。次の駅は恩根内(おんねない)。
f:id:wachthai:20131213005702j:image:medium
馴鹿(トナカイ)牧場のある幌延
f:id:wachthai:20131213005659j:image:w360
抜海に一番近い処で撮つた、筈。海の向ふの利尻が地続きに見える。
f:id:wachthai:20131213005656j:image:medium
稚内駅着。前日から二十時間位列車に乗り通しだつた。今ならもそつと早く着けるんか知らん。
f:id:wachthai:20131213005650j:image:w360
翌日利尻へ渡る。自転車で島中くるくる。
f:id:wachthai:20131213005646j:image:w360
其の次の日は一日礼文。澄海岬。水が此の色の通り恐しく冷たく足先すら付ける気にならない。帰れば関西は未だ熱帯夜だといふのに。
f:id:wachthai:20131213005829j:image:w360
最北端ではなく最北限、の、須古屯(すことん)岬。岬の袂の売店で買つた生クリームの浮いた青草臭い牛乳の味が忘れられない。←態々日本の端ッコへ出向いた感想が其れか
f:id:wachthai:20131213005823j:image:w360
夕日を背に稚内へ戻るフェリーから。
f:id:wachthai:20131213005817j:image:medium
札幌からは奢りの境地、北斗星だ。シャワー付きの部屋に籠り窓外眺めつ十数時間を過す。

なんといふか此の時期は半ばヤケになつて居て、不意と貯めて居たなけなしの金を全て叩く気で思ひ付く最遠の場所へ只行き只戻る、といふことをしたかつた。今思ふにどッか箍が外れて居たのに相違ない。残る自分撮りにも何処となし飽いたやうな斜な構へが見て取れる。遅い反抗期、だつたんかも判らない。
f:id:wachthai:20131213005826j:image:medium
最後の最後でお目汚しでどうも。

然し今再訪したらばエライことになるだらうな。利尻は先づ山頂に立ちたくなるだらうし自分撮りした礼文の桃岩周辺も半日は掛けて歩きたい(当時はタクシとバスと乗継ぎ)。第一呑み喰ひに恐らくあの時の三倍程持合せが必要になることだらう。大嘆息。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/wachthai/20131212

Apr 07, 2013

[]白い悲しいお報せ 白い悲しいお報せを含むブックマーク

放置してをり失礼失礼。

庭の住民2種が消滅。
クレマチスのモンタナ・スノーフレークス、及びイングリッシュローズのクレア・オースティン。
スノーフレークスは数年毎の株の更新が必要な処、すつかり作業を忘れて居て古い株が絶へて仕舞つた。掘り起しても掘り起しても黒々と、時に弱々しい茶煤けた髯根が残るばかり。昨春の花後に嫩い枝を数本地に伏せて置けばこんなことには。

在りし日の、スノーフレークス嬢。
f:id:wachthai:20070505104126j:image:w360
f:id:wachthai:20070505104111j:image:w640
f:id:wachthai:20070512142246j:image:w640
春になると白い花の柱が立つやうで、薫りはせぬ乍らも気に入りの株であつた。嘆息。


さうしてクレア・オースティンは昨年辺りから元気がないと思つて居たら、冬越しの養生を解いてみれば既に太い枝が土気色。
呆気なくスボリ、と抜けた主根の穴付近に黄金虫の丸々と太つた幼虫が二匹、ハヽァ土気色は此奴等の所為か。
生かして置けば他の薔薇が被害に逢ふので、摘まみ上げて傍なる川へ放るのを止して其儘足元へ落し長靴の踵で踏潰す。少し力が入つたのは流石にコンニャロウ、といふ恨みがあつたものらしい。

在りし日の、クレア嬢。余り写真に残つてゐないな。此れ位しかなかつた。
f:id:wachthai:20120526085653j:image:w360
f:id:wachthai:20120526085638j:image:w360
2010年に庭へ来たので3年保たなかつたことになる。
順々に鉢増しする算用が「工場長」の突然の巨大鉢への植替へで株毎の間隔が充分取れず、同時期に購入した紅薔薇ファルスタッフと、桃薔薇ブラザー・カドフィールの丁度影になつて仕舞つたのが悪かつたのか。殊に油虫に好かれる花で見付け次第対策はして来て、其の後シュートもやヽ細め乍ら其れなりに出て安心して黄金虫への対策が遅れたことが悔やまれる。こんなことなら棘ばかし立派な絞り咲きの薔薇に替へてこちらも庭植ゑにするのだつた。

二種共こつちの、昨春からの厄介ごとにかまけてゐた怠惰の所為で枯らしたんだから文句の云ふ先なんぞない。何のことはない身から出た錆で生きものを無駄にして仕舞つた訳である。
クレマチスは土を天地換へ+新たに足してモンタナを一種、其の他のをもう一種買ひ足した。
白薔薇に就ては今直植ゑにしてあるウィンチェスタ・カシードラルに新芽が出てゐるのを大切にすることにした。空になつた「工場長」の大鉢一ッは、返却することにしよう。

生きもの相手は兎に角、恒常心が大切なんである。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/wachthai/20130407

Oct 16, 2011

[]よォお越し よォお越しを含むブックマーク

f:id:wachthai:20111016103500j:image:left朝露が消える時分になつて池の近くの苔育成現場に雑草(の、小さいの)が目立つのを抜きなぞしてゐたらこんなお客がやつて来る。
褄黒豹紋のお嬢さん。
決め手となる裾のはうがすり切れた括弧付き「お嬢さん」、とは云へこつちとて御同様の身の上、何やら親近感も湧くのでよォお越し、まぁこちらの温い石の上へでもお憩ひやすとお声掛けをしてみた次第。
昨日買替へた携帯のカメラの具合を試す算用で撮つてみた、ら、右端に己の影が写り込む。此れァ機器の試し云々以前の技量の問題かも知れぬ。

「夏休みの宿題が未だ済んで居ませんよ」の聲が再度せぬ内に、差し当り二年前の稜線歩きの記録位から過去記事が、増えて行く予定。あくまで予定です。(←何処迄も日和鮫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/wachthai/20111016

Jun 16, 2011

[]りふれじれいた りふれじれいたを含むブックマーク

冷蔵庫をシェアして電気代が安くなりましたなんぞといふたれにでもは適用し難い節電の話を聞いて瞬間思ひ出したのが懐しいダイア・ストレイツの例の歌。Stingの乾いた声のバックボーカルが入るあれです。お蔭で今日の脳内BGMは雨降りに似つかはしくなく乾いてゐて結構結構。(序で乍らドラムはフィル・コリンズ。こつちも乾き系か)
処で此の歌、初めのはうで「ガイジンサン」と聞こへる箇所があつて気になり乍ら歌詞をつひぞ見ずに何十年過して来て、今見てみたらば"guys ain't dumb"だつた。That's the way I do it...

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/wachthai/20110616

Apr 03, 2010 伯耆大山周回鉄道 旅の記録

此の旅の写真はこちら↓から通しで御覧になれます。
2010.04tetsu - 覺鮫暗函

[]JR西日本の JR西日本のを含むブックマーク

カード特典に「通常料金でグリーン車利用出来マッセ」といふのがあるのを利用せずに来たら愈々特典の有効期限が切れさうになる。西日本の管轄エリア内といふことだから甲信越へも九州へも行けない、から折角ならばと日帰りで特急グリーン車の一筆書きでもやつてみべえ、と卒然として思ひ立つ。

一筆書きのルートなら幾つか候補のある中、どうせなら遠くへ出向けるものにして、行き先は伯耆大山、を、くるうりと一周するルートに決定してみどりの窓口へ行きチケを入手、するのが割と骨の折れる作業だつた。
イヤ別に骨の折れるのはヤツガレでなく窓口のヒトで、単にさういふ通常→グリーン、の交換が出来るのだといふことが窓口業務上周知徹底出来てゐないことが判明したといふだけのことだつたんだが。ゴメンねヤヽコシイお客さんで。
とまれ、なんとか希望の座席を確保するを得て、列車乗り放題で過す春の卯月の一日が始つた、訳である。

三ノ宮からスーパーはくと1号に乗込み席を探す。グリーン車は

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/wachthai/20100403