Hatena::ブログ(Diary)

京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-06-17 講座:新しい概念を用いたがん治療14 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

前回は、がん治療における食事療法の重要性についておわかりいただけたかと思います。

今回から3回は、これまでのおさらいをして、最後のまとめに入っていきます。

炎症については前回少しおさらいをしましたが、非常に簡単に言うと、からだの中で火事が起きているような状態を言います。がんや糖尿病のような疾患時には、この炎症が慢性的に起こっており、長期間、火がくすぶりつづけているイメージになります。

f:id:wadahiromi:20160620114848p:image:w360

がんは炎症が続くことによって進行するわけですが、肥満も常に増えすぎた脂肪を燃やそうと炎症状態が続いている慢性炎症の一例で、肥満の方はがんになる確率が高いことが知られています。体内でどの程度の炎症が起きているかを把握する上では、CRPという血液検査の項目が指標になります。このCRPが0.05mg/dl以下になっていることが望ましい状態です。

f:id:wadahiromi:20160624123519p:image:w360f:id:wadahiromi:20160620114846p:image:w360

がんは、自分のからだで生まれたものですので、生まれた原因は、食事や運動、睡眠といった生活習慣や、仕事によるストレスなどさまざまな要因が関与していると考えられます。がんの治療ではこのような自分のこれまでの生活について振り返ることが大切で、それはご自身でしか知り得ない情報です。

治療をする際には、まず自分の生活を振り返り、その上で医師と相談し、患者さんが主体的に取り組むことが何より重要です。医師は、その取り組みに全力でサポートするのが役目ですから、ぜひ、患者さん自身の生活について親身に聞いてくれるような医師を信頼するようにしてください。逆に言えば、あまり話を聞いてくれないような方は、患者さんの体質などを考慮してくれない可能性もあるかもしれませんので、良く医師を見るようにされると良いと思います。

f:id:wadahiromi:20160620114845p:image:w360

次回も引き続きおさらいをしていきたいと思います。

Connection: close