Hatena::ブログ(Diary)

京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-07-15 講座:新しい概念を用いたがん治療16 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今回は、本講座の最後のまとめとなります。

がん細胞の特性とそのコントロールについては、何度もお話していますが、ブドウ糖の制限と塩分の制限がとても重要である、ということです。

f:id:wadahiromi:20160712115539p:image:w360

がん治療においては、自分の身体と向き合うこと、そしてがんになってしまった生活習慣をきちんと改善してから、抗がん剤などによる治療を行うことがとても重要です。

f:id:wadahiromi:20160712115538p:image:w360

このような治療の概念は、ハーバード大出身のケリーターナー博士が、劇的にがんが寛解した患者さんの事例について約1000例くまなく調査してまとめた著書「Radical Remission」において紹介されているものととてもよく似ています。劇的寛解した患者さんの多くが、生活習慣の改善や、ハーブ・サプリメントを取り入れるなど、私のクリニックの方針と似たようなことを行っていたようです。

f:id:wadahiromi:20160712115537p:image:w360

f:id:wadahiromi:20160712115536p:image:w360

f:id:wadahiromi:20160712115535p:image:w360

ケリーターナー氏の著書は日本語訳もされていますので、ご興味のある方はぜひ読んでみてください。

ここまで治療の具体的な方法と事例について紹介してきましたが、私が提案する治療においては、がんを恐れず穏やかな心・気持ちで治療を行っていくように患者さんにお話しています。心や気持ちの持ち様はとても重要なのですが、これも軽視されがちです。がんと向き合うときに混乱するのは当然のことです。迷ったときには、ぜひ一度今回の話を思い出していただいて、落ち着いてよく考えて行動するようにしてみて欲しいと思います。

f:id:wadahiromi:20160712115534p:image:w360

本講座などの内容については、下の図のように書籍にもなっていますので、ぜひこちらも読んでみてもらえれば理解が深まると思います。

f:id:wadahiromi:20160712115533p:image:w360

これまで本講座では、がん治療の新しい概念について説明してきましたが、がんに対する理解を深めていただくことはできたでしょうか?

また次回以降も、新しい講座をはじめていきますので、ぜひそちらもご覧いただければ幸いです。

ご覧頂いた皆さまにはこの場をお借りしまして、御礼申し上げます。ありがとうございました。