Hatena::ブログ(Diary)

萌え燃えブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

お知らせとお約束
真冬

このブログはwadakyonと真冬が各自の気になることを語ってるチラシの裏なブログです!
不定期に更新していますが、土日の更新が比較的多いです!
たまにまったく更新しなくなるのは、元気な証拠だと思います!もしくは死んでます!
ぷろふぃーる
このブログのお約束!
■めーるあどれす(☆を@にかえてください!)→mahuyu☆moemoeblog.dojin.com
■管理人確認環境→Firefox 3.x.x & Sleipnir 2.x.x & IE8
■デザインは今のところ試行錯誤中・・・!
 記事のサイズにウィンドウ幅を適当に合わせてご覧ください!
 多分、フルスクリーンではデザインがおかしいと思いますが仕様です。
■TOP絵はOMCで依頼して描いて頂いたものです。気が向いた時に違う絵に変えてます。
真冬のお店ができました!
人気ブログランキング!
WEB拍手
 

 

2006-09-30

[][]FFXI『ジョブ調整について』その1

TGSで若干発表されていたジョブの調整ですが、

その時に公開された内容より少し詳しいジョブ調整の詳細について公式サイトで公開されており。

今回はその1ということで、【侍】のジョブ調整の内容のようです。

<公式サイトより>

侍の調整方針について

通常の戦闘におけるジョブアビリティおよびジョブ特性のパフォーマンスを見直すとともに、

侍が両手武器を使用するジョブのサポートジョブとしても有効となるような調整を行います。

 

【新たなジョブアビリティについて】

攻撃と防御の特性を持ったジョブアビリティの追加を予定しています。

状況に応じて両方のジョブアビリティを使い分けられるよう、

いずれの使用間隔も短く設定してあります。

また、サポートジョブでも使用しやすくするために、

習得レベルは比較的低めになっています。

 

・八双 (Lv25 使用間隔:1分 効果時間:5分)

両手武器使用時に攻撃間隔、命中率、STRにボーナスを得る。

 

・星眼 (Lv35 使用間隔:1分 効果時間:5分)

両手武器使用時に心眼にボーナスを得る。

 

▽星眼について

「星眼」の効果中はジョブアビリティ「心眼」の使用間隔が50%に短縮されます。

(このアビリティの導入に伴い「心眼」の効果時間を調整します)

さらに「心眼」によって攻撃を回避した際に、

「心眼」の効果が継続する可能性のほか、カウンター攻撃を行う可能性が付与されます。

このとき「心眼」の効果が継続する確率は、

効果発動時からの経過時間に応じて、徐々に低下していきます。

 

▽注意点について

・「八双」と「星眼」の効果を同時に得ることはできません。

 両方のアビリティを使用した場合、後から使用したアビリティが優先され、

 先に使用していたアビリティは無効になります。

・「八双」と「星眼」は両手武器を装備している状態でのみ使用することができます。

・「八双」と「星眼」の効果が継続している間は、

 魔法・歌・忍術の詠唱時間、再詠唱時間にペナルティが発生します。

 

【既存のアビリティについて】

ジョブ特性については、格上の敵に対しても効果を発揮できるように「正正堂堂」を調整し、

「意気衝天」の実用性を向上させるために「残心」の確率を見直します。

また前述のとおり、ジョブアビリティ「心眼」の効果時間も調整します。

具体的な変更点は以下のとおりです。

 

・ジョブアビリティ「心眼」:効果時間を30秒に変更

・ジョブ特性「残心」:習得レベルを20とし、

 以降は段階的に、再攻撃の成功確率が上昇するように変更

・ジョブ特性「正正堂堂」:能力値1につき、

 敵の正面からのウェポンスキルのダメージが5%上昇するように変更

【侍】ってTPが溜まりやすくて、WSをどんどん撃っていく・・・

そんな感じのジョブだったと思ったんですが、

なんか今回の調整内容を見てると、サポにしか使えないよというかサポでも微妙・・・って感じ?

まぁ、侍がレベル10しかない僕には今ひとつわからない話ですg(以下略)

>>公式サイト

2006-09-29

[]2006年09月29日のもえメモ

LastUpDate 2006.09.29 23:59

■[アニメ][CD]ドラマCD『ひぐらしのなく頃に 暇潰し編』詳細公開

発売日が12月27日に決定したようで。

毎回枚数がすごいこのシリーズですが、今回は3枚になるようです。

またキャストも公開されており、

<ドラマCD公式サイトより>

赤坂衛:子安武人

古手梨花:田村ゆかり

大石蔵人茶風林

園崎魅音雪野五月

入江京介:関俊彦

園崎お魎:尾小平志津香

公由喜一郎:塚田正昭

おやっさん:たてかべ和也

佐藤:チョー(長島雄一

葛西辰由:立木文彦

誘拐犯:小杉十郎太

赤坂雪絵:神田理江

牧野:樫井笙人

ナレーション:松本保典

ちなみに・・・誘拐犯は、

祭囃し編】に出てきた**のリーダーと同一人物ということでいいようです。

>>ドラマCD公式サイト

2006-09-28

[][][]【リアル】それはもう決まってることなのですよ☆【綿流し】1

アニメやゲームのファンサイトなんかに行くと、

けっこうよく見かけるのがその作品の舞台となった場所への巡礼。

一番有名なのは『おねがい〜』2作品の舞台となった長野県の木崎湖周辺でしょうか。

■『おねがい☆ティーチャー』&『おねがい☆ツインズ

>>おねティ・おねツイ散策記

>>「おねティ・おねツイ」巡礼記

こんなサロンもあったり・・・

>>おねてぃサロン.net

たまには旅行に行きたいなぁ・・・なんて近頃思ってるわけですが、

どうせ行くなら、何か目的をもって行きたい→聖地巡礼っぽいのが面白そうだ、

となったわけで(笑)

舞台に行って見たい作品として思い浮かぶのは、

マリア様がみてる』か『ひぐらしのなく頃に』の二つ。

前者は・・・東京のとある学校が舞台のようで、関西在住の身としてはちょっと遠く。

(ていうかその前に、男が女子高に入っていったらつかまりs・・・)

参考:マリア様がみてる 舞台探訪

で、ひぐらしがどこか調べてみたところ、

興宮のモデルは千葉のようなのでちょっと遠いのですが、

参考:興宮探訪

雛見沢の方は、岐阜県の白川郷がモデルとなってるようで比較的近いんですよねぇ。

参考1:ひぐらしのなく街へ

参考2:ひぐらしのなく頃に 舞台探訪

ということで安直に雛見沢に行ってみることに決定!

・・・したのはいいのですが、お金がないのですぐにはいけないのですよorz

ていうか事前情報を何も持たずに行き当たりばったりで行っても、

何も見れずに帰ってくるのがオチなので、とりあえず情報収集も必要ですしね(笑)

来年の綿流しの時期に行く・・・というのは、

なんかもう自分的に決定なので、その決意表明の記事なのでした。にぱ〜☆

[]2006年09月28日のもえメモ

LastUpDate 2006.09.28 23:45

■[FFXI][ネットゲーム]なんかよさそう・・・?

解体禁書(1)

商品の紹介記事によると、

ネットゲーム完全攻略本!

掲載タイトル『ファイナルファンタジーXI』『ギルドウォーズ』『モンスターハンター2』

ファイナルファンタジーXI』の公式攻略本に掲載されていない、

「全マップの公開と地形ギミックの解説」「全クエストのクリア方法をフローチャートで紹介」

「全ミッションのクリア方法をフローチャートで紹介し、報酬データも掲載」

「武器・防具・食事効果のデータベース」「魔法のデータベース」を掲載します。

攻略サイトはいろいろとありますが、いちいちネットで見るのも面倒だしねぇ。

ほんとに一通りのっていれば、けっこう買いな内容でしょうか・・・。

 

UpDate 2006.09.28 22:45

■[ネットゲーム][FFXI]FFXIチョコボ育成の追加・調整について』(2006/09/25)

大人のチョコボになってからもずーと育成していく、

というスタンスだったため、あんまりステータスは上がらないかったようなのですが、

現在のように、ステータス上がるのにあまりにも時間がかかるようだと、

育成してる・・・っていう感じじゃないので、次のバージョンアップで調整がくるようで。

うちのチョコボもどのステータスも"あるかないか"なので、

やっと成長してくれるんでしょうかねぇ。またその調整のほかにも、

新しい色の追加や前回見送られた外見が変化する要素も追加されるようで。

>>公式サイト

[]『ローゼンメイデン』第7巻

初回限定版は真紅のフィギュア付だったので、当然のごとくAmazonで予約したわけで。

ですが・・・『ローゼン』人気あるし、初回版封を切らずに取っといたら、

あとでプレミアついて高く売れるんじゃね?

なんて考えを起こして通常版をもう一冊買うバカがいたわけで。

現時点でAmazonはまだ在庫がけっこうある模様、マーケットプレイスの出品もけっこう・・・

はい、どう考えてもプレミアどころか、下手すると原価割れしそうな勢いです。

本当にありがとうございましt(以下略)

//以下ネタばれ気味に付き要注意なのですよ、人間☆

Rozen Maiden 7 (バーズコミックス)

Rozen Maiden 7 (バーズコミックス)

続きを読む

2006-09-27

[][][]ひぐらし・祭囃し編のめもめも

アニメの『ひぐらしのなく頃に』。

当初から途中で終わるとは告知されていましたが、【罪滅し編】で終わっちゃいましたねぇ。

まぁ別に【皆殺し編】【祭囃し編】が放映されなかったことについては、

そのうちOVAでも出るんじゃないだろうかと予想してるのでいいんですが(笑)

罪滅し編】の終わり方が個人的に不満だったり。

原作ではアニメのあの後、******があって**以外の**が**わけですが、

アニメでは、**が**から**と**が死んだって事を聞かされて、

まだ事件は終わってないんだ、みたいな感じのみで終わっており。

なんか中途半端な感じで終わった感が否めないラストでした。

月夜の下での**と**の一騎打ちの描写は良かったんですけどねぇ。

 

//以下【祭囃し編】のネタばれです。

ひぐらしのなく頃に祭 お持ち帰りぃ~セット(限定版)

ひぐらしのなく頃に祭 お持ち帰りぃ~セット(限定版)

続きを読む

2006-09-26

[]2006年09月26日のもえメモ

LastUpDate 2006.09.26 23:55

■[コミック]角川『ひぐらしのなく頃に』フェア

鬼曝し編】の帯についている応募券を、

コンプエースVOL.009についている応募台紙に貼って送ると、

全員に書き下ろしストーリーの『鬼曝し編プレミアブック』がもらえるようで。

小為替450円が必要ではありますが、まぁ本一冊分の値段と思えば安いんでしょうか(笑)

締め切りは11月25日までのようです。

>>ひぐらしのなく頃にフェア

2006-09-25

[]ドラマCD『ティンクルセイバーNOVA 昼下がりのウィスパー』

<あらすじ>

いつもながらに快勝を続ける正義の味方部。

それを打破せんと夕霞が提案したのは征服部の新たなるブレインの起用!

そこから広がる今までにない作戦に味方部も大混乱!?

新たな仲間、ソルセイバーも迎えて、賑やかさと華やかさも増した

ティンクルセイバーのCDワールド、またまた見参です☆

 

<キャスト>

鈴鳴はやな:國府田マリ子

京月葵:折笠富美子

天宮さつき:水樹奈々

九行稜:こやまきみこ

藤代霧瀬:久川綾

不和久遠:冬馬由美

九行律:鳥海浩輔

秋篠夕霞:根谷美智子

浅凪九郎:置鮎龍太郎

八重草遊:甲斐田ゆき

司木橙也:間島淳司

天羽翔子:松岡由貴

連載は読んでないのでわかりませんが、

現時点で発売されている2巻までの時点では、まだ稜は仲間になってないはずなんですが、

ドラマCDではすでに仲間になってるという・・・(笑)

同人での連載ではもうちょっと先まで話が進んでいたので、

そっちを読んでる僕はネタばれじゃありませんでしが、

コミックだけで話読んでる人が聞いたら、かなりネタばれなドラマCDだよなぁ・・・(笑)

2006-09-24

[][]『ひぐらしのなく頃にコミケ70グッズゲット!

以前にanimate.tvで通販されていたひぐらしのグッズ。

お持ち帰りCDが欲しいためだけに購入してしまったわけで!

<内容(Dセット)>

■『ひぐらしのなく頃に』2006_SUMMER TVアニメ応援SUPPORTER BOOK

■CD+DVD『かけらむすび 〜ハジマリ〜』

■おしゃべりぬいぐるみ3種セット(レナ・魅音・圭一)

■お持ち帰り〜☆ミニCD 2006SUMMER『ひぐらシンデレラ・しんどろ〜む・・・!?』

ブックはだいたい20ページほどで、

アニカン号外のひぐらし特集(原作者インタビュー)

□オープニング絵コンテ

□監督、シリーズ構成、キャラデザ、各コミック版作画の方々の色紙

といった内容になっており。

おしゃべりぬいぐるみのは・・・セリフが各人形共に何種類かセリフをしゃべるのですが、

なぜか圭一のセリフがすべて発症しています(笑)

そしておまけのはずの個人的本命お持ち帰りのミニドラマCD。

ベタっちゃベタな内容ではありますが・・・イイネ☆

べたべたな配役もさることながら、やっぱり魔法使い梨花ちゃまが・・・にぱ〜☆

オヤシレオヤシラオヤシレロ〜☆ガラスのすくー(以下略)

はぅはぅはぅ。お持ち帰り〜☆

とりあえず高いお金を出して貰ったので、これ以上ネタばれするのはやめます(笑)

詳しく内容を知りたい方は・・・!!

意味深にwadakyonへメールを送るためのリンクを貼っておくのですよ、にぱ〜☆

>>wadakyonへメールを送る!

2006-09-23

[]『ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編』第2巻

12月にPS2で発売される予定の『ひぐらしのなく頃に』。

一本道だった原作とは違い、

選択肢によって各編に分岐していくとようになってるようですが、

今週のファミ通によると、

その選択次第では惨劇が回避できたりしちゃうようで。

とすると・・・たとえば、

綿流し編で魅音に人形を渡さなかったことを違う世界で圭一は後悔していましたが、

そこで人形を渡すという選択ができ、惨劇が回避される・・・

なんてこともあるんでしょうかねぇ。

まだ正確な発売日は決まっていませんが、発売が楽しみで仕方ない(笑)

同じ時期に開催される冬コミでは、ファンディスクっぽいのも出そうですしねぇ。

ひぐらしのなく頃に祭 お持ち帰りぃ~セット(限定版)

ひぐらしのなく頃に祭 お持ち帰りぃ~セット(限定版)

前置きが長くなりましたがっ!

今回はひぐらし初の外伝【鬼曝し編】の完結編となる2巻のこと。

さっき読み終えましたが・・・

祭囃し編】でひぐらしの世界の仕掛けをしっている今、

なんかいろいろと納得する部分の多い内容でした。

<あらすじ(コミックより)>

昭和58年、夏。

ある寒村で発生したガス災害が、夏美の運命を大きく変えた。

TVから流れるニュースは、

夏美たちがかつて住んでいた町を巻き込む大災害が発生したことを告げていた。

この街に引っ越してきてから1年。

新しい生活にも慣れ、友人たちに囲まれた平穏な毎日を送る夏美。

「このまま幸せな日々が続けばいい・・・」

そんな願いは脆くも崩れ去った。

事件を境に始まった祖母の奇行。祖母が訴える『オヤシロさまの祟り』とは・・・。

祖母が母が・・・、家族の絆が壊れていく・・・。

日を追うごとに酷くなる祖母の行動に家族が下した決断は―――!!

 

<収録話>

第4話:崩壊

第5話:秘密

第6話:決着

第7話:真実

実録あとがきまむが〜惨劇回避への道

ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編によせて

//以下ネタばれ気味につき、読まれていない方は要注意。

続きを読む

2006-09-22

[]『ゼロの使い魔9 双月の舞踏会』

萌えと言えば!

メイドさん!!そしてツンデレ!!!!

その二つが合わさったとすれば、ある種最強!!!!!

しかもオプションでネコ耳がついてきてさらにダメ押し!!!

・・・ということで今回のルイズたんは最強です。

そんなこといきなり冒頭で書いてる僕ももうダメです!

<あらすじ(裏表紙より)>

才人は使い魔として異世界に『召喚』されてしまった高校生。

トリステインとアルビオンの戦いで、可愛い魔法使いのご主人様・ルイズと

離ればなれになってしまったが、ようやく再会を果たした。

前よりもお互いの距離が近くなったように感じ、

ルイズは自分の気持ちに素直になりたいと思う。

だが、才人を助けてくれた少女ティファニアやシエスタの存在が気になって

ぎくしゃくしてしまい、うまくいかない。

そんなこんなで表面上は変化のない関係を保ちつつ、

才人たちがトリステインに戻ると、今度は女王アンリエッタまでが才人を特別扱い!?

大混乱の恋模様の一方、見えざる敵はじわじわと動き始め・・・・。

とりあえず45ページです。45ページのイラストです。必見です。

メイドさんツンデレネコ耳・・・あとはわかるな?

・・・ってやつです!

すでに感想にもなってないですが、今回はもういいんです!

あとは本を買って読めばわかります!<オイ(爆)

[][]コバルト2006年10月号

今月号はなんと大増ページの特大号だそうで!

増ページということは、マリみての連載ページも増えるのか!!

と思いきや、休載のようです・・・orz

Cobalt (コバルト) 2006年 10月号 [雑誌]

Cobalt (コバルト) 2006年 10月号 [雑誌]

そんなわけで、今月読むところは、

最初の10ページくらいのOVAのマリみての特集くらいしかなく、

マリみてしか読まないならなんで定期購読なんかしてるんだと自問自答するわけですが、

「そこにマリみてがあるから!」

なんていういかにも頭の悪そうな答えしか思い浮かばないわけです。

閑話休題(それはともかく)。

けっこう情報はいろいろと出ていて、(現時点で公式サイトにも情報公開されていますが)

OVAでの3rdシーズンは全5巻になるようで以下の通り。

第一巻:『子羊たちの休暇』【11/29予定・本編50分】

第二巻:『略してOK大作戦(仮)【1/31】

第三巻:『涼風さつさつ』【3/28】

第四巻:『レディ、GO!』【5/30】

第五巻:『チャオ ソレッラ!』【7/25】

どの巻も通常版6300円、コレクターエディション9240円

秋の文化祭直前までの話のようですねぇ。

可南子絡みの話が完結するのは、

たしか『チャオ ソレッラ!』の次の巻の『特別でないただの一日』くらいだったので、

なんか中途半端なところで終わる感じがしないでもありませんね。

これはきっと第四期をやるぞという布石なのでしょうか・・・(笑)

ちなみに可南子の声優も発表されており、キャストは小清水亜美さんになる模様。

エンディングはI'veが手がけるようで、

タイトルは『Chercher〜シャルシェ〜』(歌:KOTOKO)のようです。

>>公式サイト

2006-09-21

[]2006年09月21日のもえメモ

LastUpDate 2006.09.21 23:10

■[ネットゲーム][FFXI]FFXI チームコメント掲載(9/20)

今回掲載されたチームコメントでは、

アトルガンミッションの続編や、新たなクエストについて若干触れられており。

中でも気になるのは・・・新たなミッションで【アノ人】が登場ってあたりでしょうか。

【アノ人】のSSなんかが掲載してありましたが、

メガネをして変装(?)してはいるものの、

どう見てもウィンダスの【アノ人】にしか見えないんですが・・・(笑)

クエストはアサルトのシステムを利用したものが追加されるようで、

レベルは無制限で3〜6人で挑め、なおかつ新装備などのアイテムが報酬で出るんだとか。

あくまで予想ですが・・・ENMのアサルト版みたいな感じになるんですかねぇ。

>>公式サイト

2006-09-20

[]2006年09月20日のもえメモ

LastUpDate 2006.09.20 01:45

■[CD]ドラマCD『ひぐらしのなく頃に』製作日記更新

暇潰し編】の発売が遅れる可能性があるようで。

今のところ11月29日のようですが、

発売日が確定してからキャストや価格などの公表が行われるようです。

>>ドラマCD公式サイト

 

UpDate 2006.09.20 01:00

■[アニメ]『涼宮ハルヒの憂鬱』【ハレ晴レユカイ】ダンス完全版振り付けコンテ公開

そういえば昔こんな運動とかもありましたよねぇ・・・

結局【ハレ晴レユカイ】は1位になれませんでしたが、

劇中歌で平野綾が歌番組に出ていたので、ある意味成功と言えるかもしれませんが。

そんななんだか懐かしいとまで思ってしまう【ハレ晴レユカイ】ですが、

京アニのサイトでダンスの振り付け絵コンテが公開されており。

全部で32ページ、根性のある方は頑張ってマスターしてみてはどうでしょう(笑)

>>公式サイト

2006-09-19

[]2006年09月19日のもえメモ

LastUpDate 2006.09.19 23:55

■[PCゲーム][小説]『ひぐらしのなく頃に』大賞発表

以前投票の行われていた『ひぐらしのなく頃に』大賞が決定したようで。

大賞はTeraMさんの『贄流し』。

今冬にはドラマCD化もされるようです。

個人的にはらなさんの『罰ゲームは特効薬。』がいいなぁ、

・・・と思ってたんですが、これはアニメイト賞になってますねぇ。

投票の時は、作品の一部分しか読めませんでしたが、

10月31日に大賞と全受賞作品が掲載された本『ひぐらしのなく頃に 語咄し編』が出るようなので、

とりあえず買わなきゃなのですよ〜☆

>>ガンガンNET:『ひぐらしのなく頃に』特設ページ

[][]ドラゴンマガジン2006年10月号

神社でおみくじをひいたら凶だったりする今日この頃・・・

凶なんてあるんですね・・・

年はじめにひいたときは、たしか吉で下降運だったので、

あたってるっちゃあたってるんでしょうが、それにしてもねぇ・・・orz

DRAGON MAGAZINE (ドラゴンマガジン) 2006年 10月号 [雑誌]

DRAGON MAGAZINE (ドラゴンマガジン) 2006年 10月号 [雑誌]

まぁ何はともあれいつものように気になる連載のみピックアップ!

殺×愛きるらぶ

バッドエンドへ一直線な気がして仕方ないわけですが・・・

もし世界が救われる結末を迎えるとするならば、

きっと来夏あたりが死にそうな気がするんですよねぇ・・・

世界を救おうとするサクヤ対世界よりも密が生きていることを願う来夏みたいな。

今のところ世界を滅ぼすと決めている密ですがこれからどうなるのか・・・

 

■伝説の勇者の伝説

はたから見るとどう見てもライナが犯罪者・・・

かわいそかわいそなのですよ(笑)

 

■ご愁傷さま二ノ宮くん

占いなんて当たるも八卦、当たらぬも八卦・・・

悪い結果なんて信じなきゃいいんですよ(涙)

 

まぶらほ

これの感想を書こうと【せれぶ】と入力して変換したらセレ部に。

某女子高生マンガの陰謀でしょうか?!

それはともかく・・・さすがB組というお話で!

 

■つどうメイク・マイ・デイ

主要な登場人物が一通り揃いましたねぇ・・・。

気になるのはあの人の真意ですが・・・

 

■神代の島の魔法戦士

カガリたん萌え!!

感想にもなってないけど萌え!!!!!

最後が意味不明ですが、今月号はこんな感じで(笑)

小説新刊は『まぶらほ』の長編がでる模様。しかも最終巻。

短編と比べてかなり間隔が長いので、読み直さないと前の話覚えてないなぁ・・・

2006-09-18

[]たまには真面目な話でも書いてみよう?

ゲームやマンガなどで安易に表現されることの多い『死』ぬということ。

まぁ現実でも『死』なんて、いつかはやってくるものだし、

死んだ後なんて、死後の世界があるかどうかはともかくとして、

人間だって動物と何一つ変わらずただ朽ちていくだけ、そんなものでしかなく。

『そんなもの』なんて書くと語弊があるかもしれませんが、

だからこそ今を精一杯堪能して、そして死んで生きたいなぁ・・・なんて思うわけで。

まぁでも現実はそこまで甘くなく、

みんながみんな人生に満足して死んでいけるなんてことは到底なく、

中には誰にも気づかれることもなく一人死に、

腐って異臭がするようになってから発見される・・・なんてこともあるわけです。

そんな死体を片付ける『特殊清掃』の仕事をされている方のブログが、

今回紹介するこのブログ。

>>特殊清掃「戦う男たち」

たくさんのそういった現場を清掃されてきた方だけに、

書かれている内容はかなり考えさせられ、

また時にユーモア(ブラックだよなぁ・・・)をまじえて書かれているので、

かなり興味深いものがあります。

内容が内容だけにショッキングなものが多いですが、

一通り読み終えると、なんか人生について考えちゃいますよ(笑)

2006-09-17

[][]FFXI次回バージョンアップのお知らせ掲載(9/13)

次の大型バージョンアップは10月中旬にあるようで。

<公式サイトより>

現在開発検証を進めている次回バージョンアップは、10月中旬を予定しております。

次回バージョンアップでは、

アサルトエリア・ミッション・クエスト・モンスターの新規追加や、

ビシージにおける蛮族軍のレベル上限アップなど、

多岐に渡る仕様追加・変更が行なわれる予定です。

僕のサーバーではまだ魔笛は一度も取られてなかったりするわけですが、

『ビシージの蛮族軍のレベルの上限アップ』がくると、

さすがにそろそろ奪われちゃうんでしょうねぇ。

>>公式サイト

2006-09-16

[]『三者三葉』第4巻

帯に『葉子様のお父さんが帰ってくる!』なんて書いてあったので、

今回は葉子父との絡みがメインなのかっ?!なんて勝手に期待してたわけですが、

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・一話だけかよっ!みたいなオチをつけられたわけで(笑)

三者三葉 (4) (まんがタイムきららコミックス)

三者三葉 (4) (まんがタイムきららコミックス)

今回の個人的見所は、なんといっても葉子様!

ちょっとサプリを取ると過去の輝きを取り戻したり、

石を金に・・・なんてお父様が帰ってきたり、

そんなお父様を止めるためにちょっと拗ねてみたり!!

元お嬢様なのに・・・みたいな萌えが(笑)

2006-09-15

[]2006年09月15日のもえメモ

LastUpDate 2006.09.15 23:59

■[小説]『マリみて』新刊表紙画像公開

今回の表紙は祐巳瞳子のようで。

作者の名前に隠れてるけど、

祐巳がロザリオ握り締めてるのが、ちょっと意味深ですねぇ。

まぁでも今回はいろいろ考えるだけで終わって、

次の巻あたりでヴァレンタイン、その次で祥子の卒業ときて、

その前後あたりで祐巳の妹問題は決着がつくんじゃないかと予想してみたり。

>>まんが王倶楽部

2006-09-14

[]『信長の野望Online』開発本陣2006年9月13日版

【破天の章】まで特に何もいぢらないのかなぁ・・・なんて勝手に思ってたら、

けっこういろいろバージョンアップする計画を立ててるようで。

いつの間にか開発本陣が更新されており。

信長の野望 Online ~飛龍の章~

信長の野望 Online ~飛龍の章~

<開発本陣より>

■早馬の導入

お金を払って任意の目的地にワープできる機能のようで。

ただこれについては賛否両論かなりあり、

目的地に早くつけていいとか、ワープなんかできたら世界観が壊れるなどなど。

それにしても開発本陣にある『敵対国を通過する際に危険が伴う』っていう一文。

これが反対意見の人をかなり煽ってるような気が。

戦国なんだから敵対国で危ないのは当たり前だろっ!みたいな(笑)

 

■クエストボスの待ち時間短縮

今までは他の徒党と戦ってるクエストボスとは戦えなかったわけですが、

このバージョンアップで戦えるようになるようで。

以前に沸き時間の短縮が一応入っていましたが、

ボスによっては2時間戦って脱兎するのを狙って・・・なんて戦い方もするのに、

もっと早くにこの修正はして欲しかったですよねぇ(笑)

 

■怪我時間の短縮

『転生を受けた後の怪我状態は、

 転生を受けてすぐに戦闘に復帰できないようにするための仕様で、

 敵対PCに執拗に戦闘を仕掛け続ける弊害を抑止するためのものです。』

怪我時間が長いのは、

対人戦だけに限定すればいいと思うのですが、どうなんですかねぇ?

 

■付与石売却価格の調整

どんなに高い宝石を付けていようとも、

付与石の店売り価格は2貫だったわけですが、

付いてる付与によって買取価格がかわるようで。

これで少しは付与石作成のリスクは減るんでしょうかねぇ。

でもよほどの魅力器用装備を持っていない限り、

自分で作るよりは、他の人から買ったほうが安くいいのが手に入るんですけどね・・・

>>公式サイト

2006-09-13

[]2006年09月13日のもえメモ

LastUpDate 2006.09.13 01:10

■[ネットゲーム]『信長の野望Online』新拡張パック12月発売予定

けっこう前から、パッチの解析データや光栄の商標権の出願状況などから、

新拡張パックの噂は出ていましたが、

今回、とうとう正式に発表されたされたようで。

拡張パックのタイトルは【破天の章】。主な内容としては、

  • 新職業『傾奇者』
  • 新目録の追加(技能・生産ともに)
  • 上級者向けの新ダンジョンの追加
  • 戦闘への新要素の追加(戦闘ステージに四属性と地勢の概念を追加)
  • 初心者向けの新エリア【隠れ里】の追加
  • 楽市楽座(自分の屋敷内での自動販売機機能)の追加
  • モバイルで生産・採取・知行などができるサービスを開始

などなどけっこう盛りだくさんのようで。

これだけ見てると面白そうではありますが、【飛龍の章】の時のことがあるからねぇ。

・・・告知されてた要素が全て実装されるまで一年以上かかったことを考えると、

今回も12月に発売されたとしても、

全部の要素が楽しめるのは早くても来年の冬くらいと思った方がよさげ(笑)

>>IT.media+Dの記事より

2006-09-12

[]つなわたりvol.12(CIRCUSファンクラブ会報)

<収録内容>

■『ダ・カーポ アルティメットオープンキャンパスツアー』レポート

■最新情報『サーカスランド(仮)』

■特報『エターナルドラゴン〜冬花〜(仮)』

■サーカス通信つなわたり版

■4コママンガ『A.C.D.C.』

・・・他

ノーザンチームからファンタジーものが出るようでその特集が4ページほどあり。

ジャンルは特に書かれていないけれども、やっぱりADVかノベル系なんですかねぇ。

個人的にはRPGなんかで出して欲しいなぁ・・・なんて思ったりもするわけですが(笑)

『サーカスランド(仮)』の情報は、ミニゲーム二つの紹介のみで。

木に吊るし上げられた純一を助けるために弓で・・・って、

殺す気満々としか思えないミニゲームとか(笑)

2006-09-11

[]『ちょこっとヒメ』第1巻

一人暮らしなんかをしてると、ペットでも飼いたいなぁ・・・

なんて思ったりもするわけなのですが、

残念なことに、団地なので飼うわけにもいかず。

まぁ、みんなそんなこと無視してけっこう飼ってたりするんですけどね(笑)

ちょこっとヒメ 1 (ガンガンWINGコミックス)

ちょこっとヒメ 1 (ガンガンWINGコミックス)

なんか読んでるとネコが買いたくなってくるこの4コマ。

悲鳴のヒメちゃん大活躍です(笑)

ペットのネコとの日常(?)がメインですが、

イヌも出てくるし、何よりも擬人化ヒメたんがかなり可愛い感じで♪

癒し系ですねぇ・・・

2006-09-10

[]2006年09月10日のもえメモ

LastUpDate 2006.09.10 23:59

■[小説]『ゼロの使い魔外伝』が書籍化する模様。

携帯電話向けの小説サイトで連載されていた、

タバサが主役の『ゼロの使い魔』外伝が書籍化するようで。

パケ放題プランじゃないので、

携帯からなんて怖くてとても読めなかった僕としては嬉しい限り(笑)

>>最強☆読書生活

>>新刊案内(MF文庫J)

2006-09-09

[]2006年09月09日のもえメモ

LastUpDate 2006.09.09 23:59

■[アニメ]エヴァの新劇場版アニメが制作されるらしい・・・

いい加減しつこいと思うのですが、まだ根強い人気があるということでしょうか(笑)

今度の『新世紀版』では(前回までのものは『旧世紀版』になるようで)、

前作で描かれたなかった真実が描かれるようで、

謎ばっかりを残して終わった作品がきっちりと完結する・・・わけないよなぁ、きっと(笑)

4部作として作成されるようで、今のところの公開スケジュールは以下の通りのよう。

<公式サイトより>

公開スケジュール(予定)

2007年初夏ロードショー、

2008年陽春ロードショー

2008年初夏ロードショー

>>公式サイト

2006-09-08

[]2006年09月08日のもえメモ

LastUpDate 2006.09.08 23:59

■[小説]『マリア様がみてる 大きな扉 小さな鍵』あらすじ公開

まんが王倶楽部であらすじが紹介されており。

生徒会役員選挙が終わったリリアン女学園

瞳子が立候補した理由について、祐巳と乃梨子は考えていた。

一方、スキーから帰ってきた柏木は、祥子と話をする。

柏木は、祐巳と祥子のことを気にしていたが・・・。

いい加減、瞳子問題も解決するんじゃないかなぁ・・・とか勝手に思ってましたが、

なんかこのあらすじ見た感じではまだまだひっぱられそうですね(笑)

2006-09-07

[]ふと気がつけば『NHKにようこそ!』が全巻揃っt(以下略)

アニメを見てると何かと痛いこの作品。

自分自身の痛い現実を見てしまう可能性がかなり高いのは分かりきったことなのに、

怖いもの見たさで買ってしまうのは、やはり人間の性なのでしょうか。

この作品ってときどきFFXIネタもあるんですよねぇ。

3巻で出てくるのはどう見てもミスラだし、5巻で出てくるのはどう見てもタルタル・・・。

書かれているネタも、ネット恋愛とか実は中の人は・・・なんてよくある話だけに笑うに笑えねぇ、、、

笑えないといえば、5巻のタルタルのセリフもまた重く。

笑い飛ばせない現実(リアル)なんて存在しない・・・

『死ぬべき』という考えは幻想・妄想だ。

他人と交流するんだ、他の人が鏡となって君の妄想を吹き飛ばしてくれる。

でもね、この世に他人なんて存在しない。しょうがない事なんだ。

救いのあるセリフなのかと思えば、最後の一言で全て突き放されていて。

実際に引きこもってしまう人の心境ってこんな感じなのでしょうか。

たとえ辛いことがあったとしても、いつしかそれを乗り越えれることはわかっている。

死んでいい理由なんてどこにもないし、どんなことも誰かに相談すれば解決するかもしれない。

でも・・・相談できる"誰か"など自分の世界にはいない。そんな感じでしょうか。

まだ引きこもるほど追い込まれたことなんてない僕が考えたところで、

薄っぺらい戯言にしかならないわけですが・・・

何度でもやり直しのきく仮想(ゲーム)こそ笑い飛ばせないものなど存在しないわけで。

現実(リアル)こそ・・・すべて笑い飛ばせないやり直せないものだから。

だからこそ・・・後悔しない為に、

仮想世界なんかではなく現実世界最大限の努力が必要で。

どう縦読みしても何が言いたいのかわかりませんね・・・本当にありがとうございました。

NHKにようこそ! (1) (角川コミックス・エース)

NHKにようこそ! (1) (角川コミックス・エース)

それにしても・・・リアル猫娘が後ろにいたら僕ならゲームやめるけどなぁ(笑)

優しくないけど素晴らしい現実世界へようこそ!

2006-09-06

[]ふと気がつけば『マリみて』のラジオドラマが・・・!!!

ここのところ更新が遅れ気味で、メルマガに至ってはまったく発行できなかったりするのは、

すべてNHK=日本ひきこもり協会の陰謀であって、

決してサボってネトゲしてるわけではなく、

気がつけば狩人のレベルがもうちょっとでサポに使えるかなぁ・・・なんてことは、

あんまり・・・いえそんなにないと思いたいわけですがそういうことなんです。

とテンパったところで。

いつしか『マリ見て』のWEBラジオでしばらくなかったラジオドラマが復活しており。

8月11日に放送された第11回は『占い』に翻弄される祐巳のお話。

17日に放送された第12回は祐巳・乃梨子・瞳子の『四画関係』のお話。

31日の第13回は令ちゃんの妄想・・・いや、由乃さんのすばらしい人生設計?

ラジオドラマは毎回そうですが、本編と違って暴走しててすばらしいですよね・・・(笑)

>>WEBラジオ『マリア様がみてる』

2006-09-05

[]ふと気がつくと・・・『女子高生Girl's-High』が全巻揃ってたりする件。

アニメの『NHKにようこそ』で引きこもりの人は通販で買ってね、

なんて言ってたので、ええ、通販で買いましたとも、一気に全部。

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・どう考えても衝動買いです。本当にありがとうございまs(以下略)

ちなみに『NHKにようこそ』の方も、つい最近全巻衝動買いしてるわけですが、

それはまた別の日のお話・・・ということで。

「お金って寂しがり屋さんなの。

しっかりと捕まえておかないと、すぐにみんなのいるところに飛んでいっちゃうの。」

・・・誰が言ってたのかは覚えてませんが、身にしみる(涙)

そんな前置きはともかくとして、そろそろ本題へ(笑)

女子高生 1 新装版 (アクションコミックス)

女子高生 1 新装版 (アクションコミックス)

男なら・・・いやオタクなら誰もが幻想を抱いているであろう女子高。

だいたいイメージとして抱いているのは私立リリアン女学院あたりでしょうか(笑)

あんな世界現実にはありえねー・・・なんて思いつつも抱く幻想といった感じで。

そんなあなたの幻想を一発で砕いてくれるこの『女子高生Girls-High』。

まぁ誰も彼もがこんなのではないのでしょうけども、

実際にあるらしい事実がかなりギャグチックに描かれていて。

夢を打ち砕かれつつも(笑)ギャグとしてかなり楽しめる作品なのです。

アニメもやってたみたいなので、チェックしないとなぁ・・・・

>>アニメ公式サイト

ちなみに15日からGyaOで配信されるよう模様。

2006-09-04

[]FINAL FANTASY III

Amazonで注文したら珍しく発売日に届き・・・

ぼちぼちとプレイしながら、そろそろブログで紹介記事でも書かないとなぁ、

なんて思って早半月っ!!月日が経つのは早いものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・

ごめんなさい、サボってただけでした、、、

ファイナルファンタジーIII

ファイナルファンタジーIII

WSに移植される〜とかなんだかんだといろんな話があって、

かなり発売されるまでに待たされたこの作品。

元であるFC版は全然やったことないので、

個人的には新作って感じでプレイしているわけで。

<プロローグ>

そのグルガン族の男は静かに語った・・・

この大地震さえも単なる予兆に過ぎぬと

世界の光の源であるクリスタルを

地中深くに引きずり込み

魔物を生み出した大いなる震えさえも

これから起きることに比べれば

些細なことに過ぎない

それはとてつもなく大きく、深く、暗く

そして悲しい・・・

だが希望は失われてはいない

4つの魂が光に啓示を受けるであろう

そこから全てが始まり―――

昔の作品だからでしょうか、

シナリオにツッコミどころが多い気がするのは気のせいでしょうか(笑)

特にシドにはいろいろとツッコミたい!

主人公たちの○○の秘密をあっさりと明かしてくれるシド。

なんていうか無責任すぎでしょう、アレは(笑)

2006-09-03

[]『とりあえず伝説の勇者の伝説 権力のワンダーランド』第8巻

漂流しつつもローランドに帰ってきた最初の短編。

ローランドに帰ってきた、

ということは当然あの人の出番が増えてくるわけで!

長編ではいろいろやばげなことになってるあの人ですが、

短編ではただのいぢめっこのふりしたいぢられ役です。

表紙めくって一枚目の扉絵があの人でげんなりです。

意味がわからなくなってきたところで、今回収録されているお話のご紹介!

<目次より>

■ろすと・あいらんど

■きる・ざ・きんぐ

■いん・ざ・べっどるーむ

■みすてりあす・ろばー・ばんど

■すぺしゃる・れくちゃらーず

■たちくらみ伝勇伝 天才の流儀

書き下ろしはライナとゾーラの出会いのお話。

いかにしてライナが『ローランド最高の魔術師』と呼ばれるようになったか、

なんてのが描かれてたり。

・・・それはともかく、ゾーラって誰だっけ?(爆)

2006-09-02

[]『ぱにぽに』第9巻

ぱにぽに 9 (Gファンタジーコミックス)

ぱにぽに 9 (Gファンタジーコミックス)

もうすぐ二桁に突入しそうな『ぱにぽに』。

wikiで調べてみると、第1話の連載が2000年11月号らしいので、

もうかれこれ6年ですか・・・月日が経つのは早いもんですねぇ(笑)

それはともかく第9巻。

個人的な見所は、メダカ・番長・魔法少女。

いつまでも変わらないこのノリが好きです♪

感想になってませんね。本当にありがとうございましt(以下略)

2006-09-01

[]2006年09月01日のもえメモ

LastUpDate 2006.09.01 20:40 ADD:20:45

■[コンシューマ]『ひぐらしのなく頃に祭』予約受付開始

12月発売予定の『ひぐらしのなく頃に祭』の予約受付が始まったようで。

特典で何が付いてくるのかはまだ不明ですが、限定版があるようですねぇ・・・

ひぐらしのなく頃に祭 お持ち帰りぃ~セット(限定版)

ひぐらしのなく頃に祭 お持ち帰りぃ~セット(限定版)

・・・それにしてもAmazon、発売日2011年とかなってるんですが(笑)

 

■[アニメ][その他]SRDXシリーズで蒼星石がでるようで。

今月【水銀燈】が発売されますが、それにつづいて来月は【蒼星石】がでるようで。

掲載されている写真を見た感じ、これもかなりできがよさそうではありますが、

翠星石水銀燈(こっちはまだだけど)と二つも買ってしまった現状、

さすがに三つ目も買うのはなぁ・・・(笑)

SRDX ローゼンメイデン・トロイメント 蒼星石

SRDX ローゼンメイデン・トロイメント 蒼星石

そういえば今月は全長6インチの真紅がついた限定版コミックも出るようですね。

毎回限定版はCDケースとか変なのばっかだったので買わなかったのですが、

今回は買いかなぁ・・・ちょっと高いけど(涙)

Rozen Maiden (7) 初回限定版 (バーズコミックス)

Rozen Maiden (7) 初回限定版 (バーズコミックス)

 

UpDate 2006.09.01 19:00

■[小説]『マリア様がみてる』新刊情報掲載

10月に『マリみて』の新刊がでるようで。

タイトルは『マリア様がみてる 大きな扉 小さな鍵』。

くもりガラスの向こう側】→【仮面のアクトレス】ときての今回のこのタイトル。

とうとう瞳子がツンからデレに移行するのでしょうか!?

これで短編だったとしたら、いい加減引っ張りすぎですよね。

まぁ現時点でもかなり引っ張られてる感じがしますが(笑)

>>Webコバルト