Hatena::ブログ(Diary)

まこりんのつれづれなる日々 in はてな

まこりんのわがままなご意見のはてな出張所です。
ネタは芸能・アイドル・少女漫画などが中心。日記もその傾向。

2015-09-30 中森明菜「unfixable」

unfixable(初回限定盤)(DVD付)

unfixable(初回限定盤)(DVD付)

 歌詞の面で言えば、これ30年目の「飾りじゃないのよ涙は」だな。ふたりきりの車内での一幕に男女の関係隠喩されている。明菜は好きな男とのドライブでも、つねにサスペンスフルだ。

 今回はこう。車上のある一組の男女。男が車を運転し、女は助手席にいる。男の運転は荒っぽい、どうやら頭に血が上っているようだ。

 信号無視してアクセルベタ踏みし続ける男に、女は思わずサイドブレーキを引く。おいおい、これ下手したらクルマスピンするぞ。もしかしたらスピンしたかもしれない。緊張感ある一瞬。

 我を忘れて「unfixable」になっている男、それを女は冷徹眼差しで見つめている。女はその時、男の腹の底を見る。将来を確かめ合ったはずの男女のバッドコミュニケーション。このまま「unfixable」で突き進めば、破滅してしまうのかもしれない。 

 しかし女は「わたしはfixable」そう確信している。昔の明菜なら、ヤバめの男に引きずられて心中する筋立てとなるところだが、今の明菜は違う。ここがポイント生命力があるのだ。

 彼女は男とやり直すのか、あるいは男を捨てて自分だけでやっていくのか、それは明示されていない。ともあれ、そこにあるのが、クールで芯のある、そして何よりも、生き強い女の姿であることに変わりはない。

 もしこの擬似洋楽路線に、安室奈美恵モノマネ?と思うファンがいたとしたら、明菜をしっかり聞いてなかった証拠からね、反省しなさい。今回はざっくり言えば「不思議」+「Crosss my palm」+「Diva」。20歳過ぎから今までずっと明菜音楽でやりたいことのどまんなか本流だからね。

マヤ菜マヤ菜 2015/09/30 20:34 まこりんさん、僕も聞きました。よかった。
生きててよかったってこっちが思いました。
そう、クロスマイパームとクルーズ、この辺りを回顧しながら、
今風みたいな。ウルウルしました。
ツイッターも拝見してます!

uchya_xuchya_x 2015/10/01 14:12 はじめまして。
「新曲はミディアムバラード」と聞いていたものの、先に解禁になった「雨月」の方が王道バラードだったので、タイトル曲は何か仕掛けてくるとは思ってましたが、こんなのが出てくるとは。こっちの予想を軽く超えられてしまいました。

unfixableって、インスト版聴いたらまるっきり印象が違う、っていうか絶対バラードじゃねええ〜。サスペンス映画のサントラみたいなものになっててびっくりしましたわ。
このオケにあのヴォーカル載せるって発想どこからくるんだろう。ほんとにはかりしれん人だなぁ、と言うのが2日間聴いての感想です。

復帰後リリースした4曲の中では一番すきですね。

eitieiti 2015/10/01 21:15 今回のような曲を発表できると言う事は、彼女の環境が
凄く良くなっている・・・と考えています。
今回の歌を聴いて僕は無性に難破船の様な
ラブソングを歌って欲しくなりました。
(僕中では、難破船はラブソングなのです)
さ、次はフルアルバムですねw

2015-09-02 位打ちと佐野研二郎

 「位打ち」という言葉がある。貴族王族が、身分の下の者に身分不相応な地位を与え、自滅に追いやる手段のことを言う。

 後白河法皇が、壇ノ浦の戦いでの勝利の後の源義経従五位下検非違使少尉を与えたのが典型である。以降の彼の転落は、今更語るまでもない。

 人は誰しもおのれの器というものがあり、それ以上のものを注げば必ず溢れるわけだが、だからといって、すぐさまその器を大きくしようとしても、それは様々な知見や心の成長とともにゆるやかに大きくなるものであるから、かなわぬ話である。その時はただそのまま零すしかない。

 まだ経験の浅い未熟な者――つまり小さな器に、過大な権限や職責を与え、多くの人の嫉妬と注目を集めておき、その水が零れた後には、その失態をあざ笑い、精神的・社会的に追い落とす。それが位打ちである

 しかし、相手を陥れるために仕組んだ位打ちを目下の者が見事こなしてしまったならどうか、これはつまり抜擢であり、彼は一躍時の人、スターとなるわけである

 俗にいう「ピンチをチャンスとした」となるわけだが、これ逆もまた真であって「チャンスはピンチ」ともなる。

 全く善意でもって、周囲が大抜擢によるスターを――新たな神輿を仕立てるつもりでいたのが、当の彼がその地位に耐えうることが出来ず早々自滅してしまったらどうか。つまり意図せず周囲は彼を位打ちしたことになる。

 良かれと思ってドームコンサート、良かれと思って映画主役、良かれと思って飛び級、良かれと思ってコンテスト優勝、良かれと思って大規模融資、良かれと思って支店長エトセトラエトセトラ

 逆手となって位打ちとなるものが、最近非常に多いような気がする。少し前では韓流ブームがそうだった。佐野研二郎の一件もそのひとつという気がする。

 今回の件、オリンピックエンブレムデザイナーという大抜擢をきっかけとして、彼を大々的に売りだし、ブランド化させようという代理店的な企みが根底にあったのではなかろうか。

 彼の様々な剽窃も、デザイン業界のみの有名人であったなら、おそらくここまで暴露されることはなかったろう。しかし、彼もまた義経となる道を選んでしまった。

 もし身に余る栄誉が与えられたと思ったなら、細心の注意を払うべきである。相手に悪意があろうとなかろうと、それは自らを滅せしめる罠となるかもしれないのだから

まつまつ 2015/10/10 12:12 まこりんさん。

こんにちは。
久しぶりにまこりんさんの明菜さんレビューを読みたくなり覗きに来ました。
明菜さんのシングル&アルバムレビューのほうが更新されていなくて日記をクリックしてここにたどり着きました。
まこりんさんの明菜さんに対する視点がとても好きです。
ちなみに僕は雨月が好きですがまこりんさん個人的にどうでしょうか?
雨月に関するまこりんさんのレビューを是非とも読んでみたいです。

(^_^)

2015-01-12 年末年始の明菜様の件/「歌姫4」のジャケット

あけおめ

今年の年末年始は、完全に明菜祭りになりましたね。

放送二日前に紅白歌合戦サプライズ出演決定、大晦日当日の新曲Rojo -Tierra-」先行配信、んでいざ放映されたら「明菜どうなの?」と各所で侃々諤々。

twitterでも言ったけれども、わたしは、歌は大丈夫テレビとか舞台に出るにはまだ慣れが要るかなと、明菜は昔っから緊張しいだけれども、それがちょっと今回はさすがにきついかな、と。そんな印象(あ、あそこは赤のジャケットは着たほうが良かったかもよ、明菜様)。

はいえ、この明菜紅白に長年のファンの間でも賛否分かれたりして。メディアではまだ病が重い説とか、あれは口パクだったとか、都内で録画したとか、またまたゴシップ誌が調子に乗り出す始末。

んで、ここでNHKが緊急スペシャル中森明菜 歌姫復活」放送ですよ。映ったのはロスで全然元気な明菜様ですよ。精力的にレコーディングして衣装選びしてっていう。マジ、あのゴシップはなんだったのか。

そして「スタンダードナンバー」「長い間」の歌唱に感涙。さらさら放送翌日に「歌姫4」からスタンダードナンバー」「長い間」先行配信開始って。もうね、明菜NHKユニバーサルに周りは完全に踊らされまくりですよ。

悪いけれども、明菜ファン装ってイモを引いた人、今回多かったんじゃないかな。明菜がどういう人かよく観察している真のファンならわかるけれども、本気でない人、邪心がある人は馬脚現れたと思う。今回の件、どこの誰が何を言ったか、色々覚えておくといいと思うよ。

いや、こんなに戦略完璧に来るとは思わなかった、マジで軍師いるね、絶対

――と、して明菜にしてやられまくりな二週間ですが、「歌姫4」と「Rojo -Tierra-」のジャケットも告知ということで見てみたわけですが、「歌姫4」のジャケ写、これ本気?

この溢るる高速のサービスエリアで売っているコンピレーション感。……しかし、ここでディスるのは。孔明の罠か。今回色々仕掛けてっからなぁ。

多分、エッグベネディクト写真を使うというのは明菜アイデアと予想。「歌姫」駄菓子ジャケット写真で使ったような感じでっていう、あれに近い。

写真ももしかしたら、明菜撮影したものかもしれない。写真とるの趣味だしね。食べログ的な感じで「可愛い〜」パシャリ。ありうる。

はい書体やその配置などの細かいデザインは、これ、さすがに明菜意見ではないよね。よね。

f:id:wagamamakorin:20150112150459j:image:w200:left

エッグベネディクト写真を使うにしても、歌姫シリーズなら、こうだろ。ひさしぶりに偽ジャケット作ってみた

歌姫シリーズジャケットはやっぱり陽水さんの題字ありきでしょ。

はいえ。このカフェに流れるコンピレーションジャケット、何か種明かしがあるのか、ないのか。

NHKドキュメントで録音風景のあった桑田佳祐白い恋人たち」が曲目に入っていない所含めて、気になる所。今年はまだまだ明菜様に振り回されそうです。

あ、ちなみに「Rojo -Tierra-」の方は明菜らしいなと。明菜アートっちいぼやっとしてて何写っているのかわかんない写真、よくジャケットに使うもんね。

マヤ菜マヤ菜 2015/01/12 18:14 一番乗りだっ!通常盤も同じ画なんでしょうか?
裏ジャケとかでがっつり明菜画があったらいいなと思ってます。
MEBって面白いです。

emptyhouseemptyhouse 2015/01/12 23:01 よかった、よかった。
更新が滞ってたんで心配はしてたんですが・・・
明菜様とW復帰でWで実に目出度い。
やりたいこと、したいこと、山積みでしょ?まこりんさん?
明菜様のあれやこれやも始まるかもだし、続々とCDも出るでしょうしね。w
欲深い、欲深〜いマコリンさんになってくださいね。
枯れないでくださいよ・・・っと。失礼だったかなあ?

vivianvivian 2015/01/13 02:03 いつも楽しく拝見させてもらっています。私も完全に踊らされまくってまーす。

表現者としての中森明菜の力・本質を見抜くまこりんさんの眼は、「駅」論などを読んだときから全面的に信頼していますので、「歌は大丈夫」との紅白評にも共感していましたが、NHKの「歌姫復活」ですっかり溜飲が下がりました。

素の時の不器用な姿は、音楽にそれだけ集中できているからで、特別枠を与えられても、歌よりも前に出て自分を大きく見せるようなことは決してしない姿勢に、むしろ調子の良さを感じるべきでしょうね。
(「長い間」には完全にやられました)

それにしても、まこりんさんの復帰に合わせたような明菜の復活劇、あまりにも出来過ぎじゃないですか。

wagamamakorinwagamamakorin 2015/01/13 23:02 > 裏ジャケとかでがっつり明菜画

「歌姫」の1の時のようにこのパターンだと私は予想してます。

> 欲深〜いマコリンさんになってくださいね。

只今絶賛闘病貧乏中なので、物欲方面は穏やかに行こうとおもっております。

> NHKの「歌姫復活」ですっかり溜飲が下がりました。

明菜はいつまでたってもあることないこと言われまくって、可哀想ですよ。

通りすがり通りすがり 2015/01/14 01:14 「紅白歌合戦」や「SONGS」を制作したNHKのチーフ・プロデューサーは
柴崎哲也という人らしいので、この人が中森明菜をNHKの番組に出演させたんじゃないかな?

柴崎哲也は1968年生まれで、ちょうど80年代アイドルのファン世代だった人でしょう。
今は、中森明菜のファン世代がテレビ局の歌番組のチーフ・プロデューサー
になる時代になったということだと思います。

http://www.oricon.co.jp/special/47526/

74年生まれ74年生まれ 2015/01/14 19:56 お邪魔します。
紅白での明菜さんについて、何を言った、という意味で覚えておかなくてはいけないのは、つべにも上がっているマツコ氏のコメント。ディスるつもりはないけど、記録として書き起こしておきます。
「どうでしたかじゃないよね、明菜の復活は。いや、だから、どうだって聞かれちゃうともうさあ、難しい所よ。明菜ちゃんを語るっていうのは。皆、元気で良かったって語っているけど、あれ元気ではないわよ。明菜的には元気だったって話じゃない。この辺で歩いている人達に比べたら遥かに病んでいますよ」
「見た限りではギリギリ普通に生活できる位にはなったよね。私は好きだからそういう目で見ちゃうじゃない。平静さはないわよ。でも、生きていて良かった。ほんとそれだけ」
「あぁー、そんな無理しちゃダメ。もういいって。4年に1回くらいパチンコ台出してればいいんだって。いいの、もう!」
この発言に共感する明菜ファンもいるけど、私は『歌、聞いてないだろう!』と思いました。映像のインパクトを割り引いても【Rojo -Tierra-】の歌唱をちゃんと聴いていたら、このコメントは出ないと思います。
ちなみに、私は【Rojo -Tierra-】めっちゃ好きですよ。予約を済ませ、フラゲ購入する日を心待ちにしております。

紅 2015/01/15 13:48 以前MISIAが砂漠から中継で出演した時もボーカルがクリアなもんで口パクだと言われましたね。
ウーファー付きのいいスピーカーで聞けば風の音は入っておりミスってる箇所も判別できたそうですけど。NHKが培った技術力ナメんなよと。
今回の明菜さんもやはり音がクリアだからとか、歌ってる時に震えてるからという理由でまだ回復してない、だから口パクとか被せとか散々言われてて。あーた歌ってのは筋肉使いまくるでしょうがと小一時間問い詰めたい気持ちでしたけど。
特集は明菜さん本人の口から、まこりんさん等色んなファンが指摘してきた制作姿勢について話したのが大きかったなーと思いました。
毎度お馴染みいつもの明菜ちゃんがやれる人なら、もっと鷹揚とした懐メロ歌手になってるでしょう。でもそんな明菜さん、こちらも望みませんけれど。

wagamamakorinwagamamakorin 2015/02/01 02:40 > NHKのチーフ・プロデューサーは柴崎哲也という人らしいので、

昨年の紅白の仕掛けは彼によるところなのでしょうね。
出来はというと、紅白よりもザベスの豪華版の演出したんじゃないかという作りでしたけど。ザベス好きな私は楽しめましたが、紅白ファン的にはどうだったのかな。

> マツコ氏のコメント。

マツコさんはなぁ。明菜も好きは好きなのでしょうけれども、「明菜マニアのオカマ」というキャラづけでやっている部分なきにしもあらずなのがちょっと引っかかります。MCA時代以降の明菜のこと語らないですし。それこそマツコさんがやたらと当てこすりみたいな物言している小泉今日子と同質の、芸能界の立ち回りのひとつとして小芝居売ってるというか、利用している部分、ちょっと感じるようになっちゃいました。

> 砂漠から中継で出演した時もボーカルがクリアなもんで口パクだと言われましたね。

ある意味、賞賛されるべきことなのでしょうね。生喉からCD音質っていう。でも昔は、シングル盤よりむしろ歌番組の歌唱のほうが素晴らしい歌手なんて、明菜やジュリーはもちろん、岩崎宏美、布施明などなど、いっぱいいたんですけどもね。

74年生まれ74年生まれ 2015/05/10 08:41 SONGSスペシャル「中森明菜 歌姫復活」放送から5ヶ月経ちました。番組中のインタビューで触れていたオリジナルアルバムの概容は、未だ発表されず…明菜さん本人は「Rojo」に関して、レコチョク、紅白の反響を見て、10万枚以上売れると踏んでいたのかもしれません。それが、フタを開けたらオリコンデータで25372枚の売上にとどまったことに、失望したのかも。

wagamamakorinwagamamakorin 2015/05/23 03:32 シングル2.5万枚で「売れない」っていうのは、明菜に限らず今の音楽業界知らなすぎるんじゃないかな?そもそも世間はもはやシングルCDという媒体求めてないですし。わたしだって先に配信で買いましたよ。
健康問題とかリリースタイミングとか、色々あるんだと思いますよ。

2014-12-26 戻ってきました。/明菜様復活

約二ヶ月のご無沙汰です。まこりんです。

Twitterをご覧の方はご存知かと思いますが、この二ヶ月倒れてました。

病名・脳出血。発症は10/26午前六時頃。吃驚したよぅ、寝起き、立ち上がろうとしたら立ち上がれないでやんの。

ああ、これはアレか西城秀樹が罹ったというアレだよな。ピーンと来ましたね、ええ。

このまま意識無くしたら死ぬかもなぁと、とお〜い気持ちになりながら、救急搬送され、んでまぁ色々ありーの、退院11/28

まぁ、一ヶ月も入院していたので人間として使い物になるはずもなく、日常生活を送る体力・気力を養うのにまた一と月、現在は左半身麻痺からリハビリを通院で行っとります

なんとかこちらにもご報告できるかなあと思ったので戻ってきましたよ。と。

左手麻痺が一番強くでたので、今もタッチタイピングしんどいのですが、足とかしゃべりとかはそれなりに回復してる感じ?どうかな?ラッシュ新宿駅とかも、気合で何とかこなせるようになりました。

皆さんも塩分の摂り過ぎには気をつけましょうね。一度罹ると再発の恐怖に怯えながら恐る恐る生活するようになっちゃうし、汁物料理楽しめなくなりますよ?

――という、割とどうでもいい私的報告はいいとして。

明菜ですよ、明菜様ですよ。ついに復活の狼煙、上がりましたね。

着うた新曲Rojo -Tierra- 」聞きました?

ちろっと聞いた印象なのでリリース後ではまた違うかもしれないけれども、ワタシ的にはアリ。「VAMP」からDIVA」と到る明菜本来やりたい方向の延長線上にある曲だよね、これは。

声も綺麗にでているっぽいし――てか明菜の喉は「バラードベスト」あたりの頃を底に徐々に回復して、「DIVA」「Crazy Love」は絶好調には聞こえたんだよな、活動再開に足る覇気を感じた。

よしよし、楽しみだぞ。と思った矢先にボロボロ出てきたのが、真偽の不確かな芸能ゴシップ

「もう勘弁してくれよう」そう思った明菜ファンは多くなかったんじゃないかな。勝手面白がりやがって。こう言う取り沙汰され方、明菜は一番嫌いなのにさ。

出るのか出ないのかと今まさに話題紅白歌合戦もさ、私としては、明菜本人がその意志をもって出場するのなら喜んでみるけれども、外部からは見えない謎の芸能界力学に押されての出場なら、全然嬉しくないよ。

ぶっちゃけ紅白なんて芸能界伏魔殿魑魅魍魎跋扈してるわけですよ。この長い休業ってのもさ、芸能界のそういうところに明菜精神が擦り切れていったって、それは一面として確実にあるわけでしょ。

なんかもう、私としては売れても売れなくってもいいのよ、そりゃ売れて話題になったほうがいいかもだけれども、それよりまず、私人としての中森明菜精神と肉体の健全が保てること、それと芸能活動が両立しないなら復帰しなくていいと私は思うよ。

その次に、定期的な芸能活動――新曲リリースコンサートの開催ね。週刊誌ワイドショーで取り上げられて、テレビ露出積極的になり、話題になってヒットを、てのはもう最後最後でいいんですよ。

もうね、順序が逆。復帰早々また明菜芸能ゴロにむしられやしないかと私は戦々恐々ですよ。

芸能界、ろくなもんじゃないわね」なんてまた明菜様がお隠れになられたどう責任取ってくれるんですかっ。

静かに見守ってくださいよ、と。メディアの方にはお願いしたい是非。病み上がりの人間にひどいことしてくれないでよ、と。

明菜関連報道にプンスコするのであった。

嬉しいな嬉しいな 2014/12/31 23:25 今、紅白見ました。明菜ちゃん凄い緊張していたみたいで私もどきどきしながら見ていました。
力強い声が出て本当に嬉しかった。
前よりを少しふっくらしてたみたいで、それも嬉しかった。
最後にえが笑顔が見れて良かった。
あの明菜ちゃんの笑顔だった。

通りすがり通りすがり 2015/01/01 16:09 うちの父親は脳梗塞で半身不随になり、自宅は東京だけど、
長野県上田市鹿教湯温泉の鹿教湯病院(カケユビョウイン)
というところへ入院して、温泉療法でリハビリをしましたよ。
それで、ある程度体が動くようになりました。

とにかく、一生懸命にリハビリに努力しないと体は動くようにならないらしいです。

wagamamakorinwagamamakorin 2015/01/01 16:22 > 力強い声が出て本当に嬉しかった。

歌声は大丈夫だと私も思いました。明菜の気持ちも感じましたし。
体力とあとは慣れかな。コンサートや歌番組は勘が戻るの待ちましょう。

> 一生懸命にリハビリに努力しないと体は動くようにならないらしいです。

ですから、一生懸命リハビリしてますよ。

通りすがり 通りすがり 2015/01/03 22:06 なんか書き込めないようだったので、もう一度書き込みます。

NHKで中森明菜特集、「紅白」舞台裏やインタビューも

http://natalie.mu/music/news/135362

七海七海 2015/01/04 00:30 明菜の休業中の4年間は「いつ戻ってくるのか、元気なのか」とやきもきしてましたが、いざ復帰したら、それはそれでやきもき。もちろん元気で歌さえ歌ってくれればそれ以上言う事はないと分かっていながらも、やはりファンとしては周辺のもろもろが気になる。
最初は紅白に出るのか出ないのか、出るなら生か録画かと騒がれ、出てきたら(個人的には)なんだかいやにそっけない(明菜も紅白の司会者も。4年ぶりに出てきてそれ?)印象。
もちろん明菜の歌は良かったですけどね。
それ以上に訳分からないのが、NHKの囲い込み感。なんとなくNHKが明菜をNYに隔離したかのよう。(もちろん妄想です)。明菜のテレビ復帰第1弾をどこの局が勝ち取るかは恐らく視聴者が考える以上の熾烈な争奪戦だったと想像するが、それがまさかのNHKに取られるとは、他の局は思っても見なかったのでは?
そして今度は1月の明菜特番。これも散々「SONGS」のパート2と言われながら放映日さえ発表されずにやきもきしていたら、別枠で特番? 文句言う筋合いじゃないけど、なんだかいろんな事が裏で二転三転しているようで、その辺に明菜の事情が絡まっているとしたらやはりなにかすっきりしない。なんでこんなにいろんな事が急遽決定するんだろう?
それは置くとしても、1月末に出るはずのアルバムのレコーディングを、12月31日の時点でもまだ終わってないんだ。そういうものなんだろうか?そういうものなんでしょうね。
明菜がいなかった4年間の???はとりあえず彼女が現れた事で解消したけど、私の中ではまた新たな???生まれてしまった。

まこりんさんに答えてほしくて書いているのではありません。明菜の復帰が嬉しくてでもいろいろ思うことがあってどこかにひとこと書きたい、そして書くならやはりここに書きたいという事で書いたまでです。長々とお目汚し失礼しました。
最後になりましたが、まこりんさんも無事に戻ってきてくれて嬉しいです。

マヤ菜マヤ菜 2015/01/10 01:35 明菜は一生懸命頑張ってるファンにポジティブなメッセージを送りたいって言っていました。まこりんさんやまささんのことだと思います。明菜特集、カバー2曲がよかったです。
まこりんさんも僕も今年は明菜にいっぱい元気をもらいましょうね。

名無しの帽子屋名無しの帽子屋 2015/01/10 13:52 NHKの特番の明菜を見てると、これからもまだまだ大丈夫だなっていう感じで(もちろん、体調面さえ万全ならば、の話ですが・・・)一安心しました。そんな感じで、再始動した明菜サマですが、斉藤由貴もデビュー30周年で何やら動きがあるようですよ、まこりんも既に知っておられるかもしれませんが、30周年記念のコンサート+同時期にCDも発売予らしいです。
リハビリ等色々と大変だとは思いますが、明菜も再始動したことですし、またまこりんさんのテキストを読めればなぁと願わずにはいられません。

wagamamakorinwagamamakorin 2015/01/12 14:11 > NHKで中森明菜特集

すばらしかったですね。

> NHKの囲い込み感

とは言え現実的に考えて、歌手を歌手としてきちんと扱ってくれるテレビ局ってもはやNHKしかないので、ココでよかったなと思いますよ。

> まこりんさんやまささんのことだと思います。

それは違うと思いますよ。

> 斉藤由貴もデビュー30周年で何やら動きがあるようですよ、30周年記念のコンサート+同時期にCDも発売予らしいです。

私が入院してた隙に色々告知あったっぽいですね。ぐぬぬぬぬ。30周年記念コンサート、谷山浩子、崎谷健次郎、武部聡志、遊佐未森が日替わりゲストとか。行きたかったぁ。

2014-10-21 Kaho 「Every Hero」

Every Hero / Strong Alone

Every Hero / Strong Alone

 アルバム出てから判断しよっかなと思ったけれども、これ一枚っきりではや一年、音沙汰ないので今更ながら。河合奈保子の娘、14歳にして宇多田ヒカルプロデューサーに見出され、月9ドラマ主題歌デビュー――ってどんだけ鳴り物入りだよっていうデビューシングルだったわけだけれども、売上は御存知の通り空振り気味だったわけで、内容も宇多田ヒカルの亡霊が見えるばかりで、彼女個性は見えない。

 はっきり言って、声作ってると思うよ、コレ。宇多田チックな物真似スモ―キーボイスはやらされているだけと私は直感したね。なんか嘘くさくって聞き心地が悪いんだよ。喉を無理に締めたような声は聞いてるだけで呼吸困難になりそう。お母さんのイメージをダブらせるわけじゃないけれども、もっとしっかりと喉を開いて歌えば、まっすぐで綺麗な声出せるんじゃないかなぁ。

 自作である詞曲世界観も、どうよこれ。凡庸で、彼女リアルが感じられず、背伸びという印象しか残らない。宇多田の「Automatic」の恋人からメールに思わずパソコンモニター触れたら暖かかった的な、とは言わないまでも、オヤジ視点で言う「おお、これが最近若い娘っ子か」的ななんらかの新味がなんか私は欲しかったよ。堅苦しっくいえば、わたしは才ある若い魂に触れた時の清新な驚きをこの作品で得ることはなかったってこと。

 ま、14歳自作してこれってのでほうって思う人はいるだろうし、そういう人がこの曲のターゲットなのかもしらんけれどもさ、子供なんてすぐおっきくなっちゃうんだからね。安達祐実を辻・加護を見ろっていう。天才子役天才役者になるとは限らんわけで、低年齢なんて所詮期間限定の危うい武器芸能界という荒海を渡る櫂とはならんのですよ。

 総体的にこのシングルに関しては大人の思惑で促成デビューさせられたという印象しか受けない。河合奈保子で例えれば、デビューしてイキナリ売野の挑発路線やらされているようなっつうか。もっと身の丈にあったことやりなってば。

 12月放送した「Kahoオールナイトニッポン」を聞く限り本人まるで幼く素人子供そのものだし(――話し声は、素人時代小学生河合奈保子結構似ていた)、年齢的にもガッツリ就学中だろうからゆるゆるとした展開しかできないだろうし、本気で育成するつもりならあのタイミングでデビューさせなくって良かったんじゃないかな。

 正味なところ、五年経ってどうなっているかといったところだけれども、その時にチャンスが与えられるかというと、そこまで待てるのか、今の音楽業界。「芸能界記念受験してみました」で終わってしまう可能性もあるよね、これ。

 宇多田ヒカル河合奈保子というふたつの十字架を背負わされて、はたしてどうなるKahoちゃん。神田沙也加のごとく、七光りと周囲から舐められつつもしぶとく生き抜いて自分世界を作りあげられればいいんだろうけどね。

2014-10-12 MAX「情熱のZUMBA」

情熱のZUMBA

情熱のZUMBA

■ MAX平成EVEを目指せばいいんじゃないかな。


 「安室独立騒動でどうするどうなる2014年ライジングネタ第二弾。裏・安室奈美恵といってもいいMAX、今年のシングル情熱ZUMBA」をば紹介――って、なんでこれを9月リリースするかね。9月の海はクラゲの海だっつうの。バカッ。昨年、新宿二丁目を中心に絶大な支持といちびりを受けたシングルTacata'」の第二弾ってところなんだろうけれども、完全に時期を逸している。

 こういうシングルはさ、遅くても5月くらいにリリースして、梅雨明けからイオンモールの噴水広場とかでドブ板プロモーションしまくって、夏休み前にはシングル込みの夏向けコンピレーションなんかも出しちゃってさ、夏祭り盆踊り会場にMAX乱入!?みたいな企画とかもしちゃって(――先輩のダンシングヒーロー音頭のお株を奪い取るくらいの気迫を出しちゃっていいよ)、んで、千葉茨城海の家うんざりするくらい流れに流れまくって「もういいよ」と嫌気がさすところまでやってはじめてリリースした意味があるってものしょうがっ。

 多分来年も夏前後にこれ系の第三弾企画やると思うけれども、次は絶対に初夏リリースで、7月には新曲に合わせて「情熱ZUMBA」「Tacata'」「Festa」「Ride on Time」あたりも含めた夏向けラテンベストリリースするようにッ。――って、プロモーションダメ出しはいいとしておいて。

 M-1に関しては今回はぶっちゃけ「こなし」かな。「タカァタ」に比べて「ズンバズンバズバ」はインパクトはちょい減。ただ何度も同じ所をこすり続けていくのがこういう路線では大切なので、折れずに来年以降も是非続けていただきたいな。MAX面白ヘンテコシングル、間違っていないよ。こういう安っぽくて頭が悪そうな、よくいえば敷居の低いM-1一見さんに興味持ってもらって、ふとカップリングまでちゃんと聞いた時に「おおっ」と思わせるようになるといいよね。お安いノベルティーシンガーに見えて意外と実力派、ていう。今回のM-3「BOOM! BOOM! BOOM!」はそういう意味でもいい線いってるよ。

 ワタシ的には「CAT'S EYE」のカップリングだった「WONDER WOMAN returns」が表が完全に霞むレベルでムッチャかっこよかったので(――聞いてて、あ、彼女ら確かに安室とおんなじグループだったんだなって感じることができたっつうか、安室奈美恵音楽DNA的に全くおんなじだった、あの曲は)、あの路線、どうでしょ。コーラスワークもスリリングで決まってたし。

 表と裏をこの路線で突き進みつつ、もっとコーラスワークを磨き上げればMAX平成EVEになれるのではと私は思うな(――Eveってさ、超絶歌うまコーラストリオなのに、オリジナル楽曲がずっこけるレベルでひどいのが結構あるんだよね、オジンギャル連呼しまくってるタイトルからしてひどい「センチメンタルGALじゃ〜に〜」とかさ。カバーメドレーも激安な作りだし)。一回試しにカップリングとかでEVE代表曲「恋はパッション」(――これ久々に聞いてみたらAメロが完全に「Keep Me Hangin' On」でビビった)歌ってみ、沖縄繋がりだけではない何か似たものを感じると思うから

2014-10-11 荻野目洋子 「Dear Pop Singer」

■ 2014年版「ノンストッパー

 安室奈美恵所属事務所との契約でもめているらしい。ライジング・プロ(ヴィジョンファクトリー)から独立を画策しているとも噂されている――というこのタイミングでライジング創業アイドル荻野目洋子が久々にニューアルバムを出すなんて話を聞くと、どうも裏事情を勘ぐってしまうというか、ストライキ管理職が久々に現場に狩り出されたといったところなのかしらん、と余計なことまで考えてしまうが、内容はいい。

 30周年記念ということで、自身ヒット曲セルフカバーを中心としながらカバーオリジナル新曲も、という再始動にあたって極めて無難構成といえるが、徹底的にダンサブルなサウンドで統一しているのがいい。同窓会アルバムでよくあるアコースティックバージョンの「逃げ」は一切打っていない。かつての自分が築き上げたものに対してきちんと今の自分勝負している。

 むろん歌唱力も落ちていない。厳しく言えば1020代前半のボーカルと比べると声のアタックの強さはさすがに多少マイルドになった感はあるが、今でも十分戦える。カバーも「ホットスタッフ」「Lovin' You Baby」と間違いがない。

 変にコンセプチュアルになることなく、カバーシングル関係なく、ただひたすら踊れる曲をドサドサ詰め込みましたというわかりやすい作りは、かつての名盤「ノンストッパー」(87年のオリコン年間チャート一位作品)を想起させる。これこそ80年代ビートアイドル代表選手荻野目洋子世界であり、その後安室奈美恵MAXSPEED90年代に花開いたライジングアイドルポップの本質であり、源流。

 2001年結婚以降、パートタイム的にポチポチ歌ってはいものボサノバやらフォークやらと「それ、違うだろ」な作品ばかりだったオギノメがようやっと産休終えて戻ってきた。「荻野目洋子」が好きな方は是非な一枚。次は全曲オリジナルアルバムが聞きたいな。

マヤ菜マヤ菜 2014/10/12 18:32 荻野目ちゃんの今回のダンシング・ヒーローは超お気に入りです。昔のより今のがいいですよね。
この間、西城秀樹が思い出のメロディーかな?で歌ってましたけど、今のほうが断然よかった。
もう次は明菜様の番ですよね。

2014-04-27 「僕らの音楽」/小室哲哉特集から見えた妄想的華原朋美の将来

 見た? 見たよね? 2014.04.18放送「僕らの音楽」/小室哲哉特集。往年の小室ファミリーの数名が小室哲哉とともに出演し、コラボしたんだけれども、そのメンツが、TRFTMN鈴木亜美、そして「華原朋美」。フツーに自然に、さりげなく華原朋美がそこにいたのですよ。え、わたし小室ファミリーですよ!? なにか。みたいな。

 んでもって小室ピアノで「恋しさとせつなさと心強さと」歌っちゃうっていう。昔話とか司会者相手に語っちゃうっていう。去年のFNS歌謡祭のはりつめた雰囲気ふたりはどこへやら。あの時はさ、ホント和解の共演という形ではあったものの、小室哲哉が内心「勘弁してくれ」とばかりに及び腰というか、朋ちゃんにビビりまくリ、拒否りまくっているのが画面の向こうから、ひしひしと伝わっていたわけだけれども、今がこれですよ。

 フツーに華原朋美小室哲哉が馴染んでるのですね。前回が100パーセントのドン引きであったなら、今回は30パーセントくらいの軽い引きというか、根本的な部分で受け入れ始めてるよ、哲ちゃん。1996年からいきなりワープして、この映像見せられたら、「あ、二人はまだ続いてたのね。むしろ昔のラブラブバカップルぶりと比べるとお互いいい感じで萎れておしどり夫婦っぽいよ」とか思っちゃいかねない。番組内で撮影した二人のツーショット写真とかさ、ほんといい顔しててさ、しっとり馴染んで表情すらも似てきちゃってるまさに夫婦ふたり夫婦じゃないんだけども。

 「自分カバーアルバム宣伝で出演」というエクスキューズを用いながらも、着実に、ふたたび小室哲哉に食い込んでいってる華原朋美。そしてそれを受け入れつつある(ように見える)小室哲哉

 朋ちゃん恐ろしい子。思わず姫川亜弓ちゃうホント

 こりゃなし崩し的に小室哲哉朋ちゃん新曲もありうるな、てのはもちろん、朋ちゃんにとっての小室哲哉ってのは、音楽成功とか芸能界成功という部分のみで紐付けされているなんてちゃちな存在ではなく、自分幸福そのものなんだろうな、とも思ったり。朋ちゃんの心のなかでは男女の仲すらも超えつつあるというか。

 例えばさ、小室哲哉の家で、KEIKO介護を、朋ちゃんがしてたとしても、なんら不思議はないっていうか。いや、やりかねんよ、朋ちゃん。「歌お休みしてた時に兄の紹介でこういう事もやってたのでへっちゃらです」とかなんとか言ってさ。

 ここで安いレディコミや少女漫画なら笑顔で毒入り介護食を――てな展開だけれども、そういう鬼婆感は朋ちゃんにはまるでなく、むしろ1020年後小室哲哉夫婦介護朋ちゃんがしてもおかしくない。てか、わたしにはそんな絵が見えたよ。無害なストーカーというか、良く言えば守護天使みたいなノリで、いつまでもどこまでも小室哲哉の周りにいる朋ちゃん、ていう。

 シンガーとして芸能人としてというよりも、小室哲哉の隣にいる人として、の幸せを得るために順調に泥沼を突き進む朋ちゃんなのでした。

 略奪は無理として、小室夫妻の赦す範囲内で「近所に暮らしてる妙におせっかいな親戚のおばちゃん」のライン落ち着ければ、いいよね。それでもなお茨道だけれども。

マヤ菜マヤ菜 2014/08/27 21:22 この間の音楽の日かなんとかはなんか声ばかり張り上げてガッカリでした。デーモン閣下がわざと囁くように歌ったりしてセーブしようとしてるのにどんどんニコニコしながら張り上げて…。
これじゃTKの新曲はもらえそうにないような気がしました。合った曲を作ってくれるかもしれないけど。期待しすぎなのかな?

wagamamakorinwagamamakorin 2014/08/29 23:31 トモちゃんは、複雑な情感を出すのがそんなにうまくないんですよね。とはいえTKの新曲とかとはまた別問題だと思うますが。というか、TK新曲はワイドショー話題以外に得るものはないとわたしは思ってます。ぶっちゃけ復帰以降の小室、抜け殻ですし。いい曲書ける力残ってんのかね、と。過去の小室名曲を歌い継ぐってのが今のトモちゃんの天に託された使命なんじゃないかなーとわたしは思ってますよ。

マヤ菜マヤ菜 2014/08/31 20:57 感謝とか喜びとか、そんなことはトークで言い倒して歌とは別にしてほしいです。
MAXのZUMBA来ますね!明菜のもまだですし、まこりんさん、いっぱい書いてください。

マヤ菜マヤ菜 2014/09/01 11:46 今日ROSIER聞きました。難破船も悪くないなぁと思いましたけど、ROSIER聞いて鳥肌が立ちました。

2014-04-26 中森明菜、コンセプト別セレクションアルバム (妄想案)

前回のエントリーからの続き。ってわけでやってみた。

ワーナー権利帰属してある中森明菜の1982-1991の音源で、収録時間はCD1枚分ギリギリまで収録、知名度のあるシングル曲もほどほどに混ぜる、ってなノリで、ひとつ

f:id:wagamamakorin:20140426061217j:image:left

● Great Journey - AKINA Ethnic BEST -

ウイング赤い鳥逃げた/ロンリー・ジャーニーBABYLON/SAND BEIGE/椿姫ジュリアーナ/TANGO NOIR/ミロンギータ/最後カルメン処女伝説/AL-MAUJ/ジプシークイーンアサイラムサザンウインド/メランコリー・フェスタ/CARIBBEAN/ミ・アモーレドラマチック・エアポート

今年1月に出た「旅ベスト」わたしならこうするかな。異国情緒ただようかなってもののみで構成。「旅ベスト」と同じく「北ウイング」と「ドラマチックエアポート」で全体を挟む構成にあえてしてみたけれども(あのコンピ、それがやりたかっただけだろうし)、外してもいいかな。サウンド的に違う感じするし。





f:id:wagamamakorin:20140426061218j:image:left

● TEENAGE RESISTANCE - AKINA TSUPPARI BEST -

少女A/キャンセル条件反射/1/2の神話/X3(バイバイ)・ララバイヨコハマ・A・KU・MAダウンタウン・すと〜り〜/思春期/あいつはジョークさよならね/少しだけスキャンダルルネサンス/禁区/EASY/シャットアウト/これからNaturally/十戒Blue Misty RainOctober Storm/BLUE BAY STORY/飾りじゃないのよ涙は

井上陽水高中正義細野晴臣、大澤誉志幸、来生たかお売野雅勇伊達歩(伊集院静)……。豪華作家陣によって彩られた少女中森明菜の「戦い(レジスタンス)」の記録。》

コピーまで捏造してみた。これをなぜ企画しないのかわからない。絶対需要あるはず。いわゆるツッパリソング系統にある曲をまとめたコンピレーション明菜が10代の頃に発表したもののみで縛って構成。

f:id:wagamamakorin:20140426062441j:image:left

● Girl - Teenage Ballad BEST -

スローモーションあなたポートレートイマージュの翳り/セカンド・ラブ/温り/白い迷い/カタストロフィ雨傘/雨のレクイエムリフレイン/夏はざま/予感/バレリーナ/トワイライト/目を閉じて小旅行/SO LONG/ムーンライトレター/APRIL STARS


AKINA TSUPPARI BEST」と対になるバラードベスト。こちらも10代編ということで。泣きのバラードスローながらも明るい印象の曲とのバランスが難しいね。「ドライブ」が入らなった。いい場所が見つからなかったよ。



f:id:wagamamakorin:20140426063301j:image:left

● Woman - Twenties Ballad BEST -

ありふれた風景AGAINSOLITUDEOH NO,OH YES!/Fin/駅/約束/赤のエナメル/恋路/難破船/I MISSED "THE SHOCK"/Blue on Pink/LIAR/水に挿した花/乱火/雨が降ってた…/忘れて…

一方こちらは20代バラードベスト。この時期の明菜って、意外とズブスブの泣きのバラードってそんなに多くない。結果、ミディアムテンポグルーミーアーバンポップがメインになってしまったけれども、あえてわかりやすくタイトルバラードベストで押し通す。いい加減ちょっと無理が生じてきたかな。




f:id:wagamamakorin:20140426215006j:image:left

Fire Water - AKINA Sensual BEST -

ノンフィクションエクスタシーDESIRETATTOO/BLONDE/LA BOHEME/モナリザ清教徒/危ないMon Amor/二人静薔薇一夜/小悪魔/BILITIS/CRYSTAL HEAVENFIRE STARTER/So Mad/夢のふち/Jive

よしこれもやっちゃえ。上記四枚で漏れシングル曲を中心になんとか一枚の形に。ロックベストで行こうと思ったけれども、意外とそれ風のものの弾が揃わなかったので、テーマはセンシュアル=肉感的・官能的、と無理くりにまとめてみた。



 ――以上5枚のテーマベスト。お気づきの方いるやもしれませんが、アルバム不思議」「Cross My Palmから一曲も入れてません。あれは無理。異色すぎてどこにも入れられないよ。むしろ「不思議」は下手にこういうところに入れるより、ボーカル前に置き直したリミックスでまるまる一枚出し直して欲しいぞ、と。あと、シングルは全てなんとかつめたけれども(※ あ、「DEAR FRIEND」抜けてた。ま、いっか)「FAREWELL」「STAR PILOT」「瑠璃色の夜へ」「恋人のいる時間」などの佳曲が抜けてたりしてます。駄目じゃん。

 あと偽ジャケットシングルアルバム用のフォトセッションで、表ジャケに使わなかったものから流用。ワーナー倉庫のどっかに絶対あるはず。明菜のいい写真、ジャケ写以外にもいっぱいあるんだから、今度は眠ってるものを探して使ってよ、という意味合いを込めてあえて作ってみた。

 とはいえ、思いつきなのに、妙に時間かかってしまったぞ。しか本家をやっつけと罵りながら、だんだん自分選曲もやっつけ感が出てきたりして。うん……まあ、コンピレーション作りって簡単そうに見えて、けっこう大変なのかもね……。と、最後は妙にディスった相手に共感なんかしたりして。とにかく頑張っていいもの作ってお願い、ファンは期待してるんだから。とエール送って今回はおしまい

twtw 2014/04/27 19:42 この選曲なら納得。
全部買いますわ。

マヤ菜マヤ菜 2014/04/27 21:12 ロックといえば、ナイトメア悪夢が結構好きです。ファムファタルも全曲お気に入りですし。
そうなると分ける必要がなくなるんですけど。
ツッパリベストはとてもいい企画だと思います。瑠璃色も銀河伝説も入れていいと思います。
バラードは今の明菜がセルフしてくれたら買います。
明菜がこれからもまた歌いたいと思う曲なら歌ってほしいし聴きたいです。

twtw 2014/04/28 07:01 しかし松田聖子やZARDみたいに手を変え品を変え
編集盤を出しまくるであろうワーナー。
しかし明菜と森高千里とせいぜい浅香唯くらいの売れたアイドルにしか興味が無いらしく、それ以外の微妙な
売り上げのアイドルは放置orソニーのオーダーメイドに
委託。明菜もいいけど、畠田理恵や杉浦幸はどーにかw
でもわかりやすいシビアなワーナーが未だに売れるから
出す明菜様は素晴らしい!以前のMCA移籍時期の乱発ベストOnly Womanやロックコレクションなどのいわゆる嫌がらせベスト編集盤はそれなりにジャケとか
まだ、マシなセンスあったよなー。
と、最近の編集盤を見て思う。

wagamamakorinwagamamakorin 2014/04/28 11:54 > 瑠璃色も銀河伝説も入れていい

ツッパリでもバラードでも異国情緒でもないので、外してしまいました。アーリー・ベストってくくりなら、入れるべき曲ですよね。

> 微妙な売り上げのアイドルは放置orソニーのオーダーメイドに

武田久美子、倉沢淳美なんかはVIVIDから再発されてますよね。畠田や杉浦含めて、これらワーナーB級勢、オリジナルアルバム復刻は無理としても、他の大手メーカーなら一枚モノのシングルコレクションくらいはリリースしてると思うんですよね。ゴールデン☆ベスト的なやつでね。
90年代初期から半ばに起こった「CD選書/CD文庫」などの一枚1500-1800円の低価格オリジナルアルバム復刻ブームの時も、ワーナーが大手の最後発でしたし、アイテムも少なかった印象。
そんな社風にあってこれだけ明菜の復刻作品が途切れることなく出続けるってことはそれだけ売上が見込めるってことなんでしょうね。だったら、大切にリサイクルしろよ、とわたしは思いますが。

twtw 2014/04/29 08:00 VIVIDとかも他社に音源提供だけだから、割高だし、
ワーナーで90年代以降唯一?売れたアイドル広末涼子で
すらも割と最近まで放置していたワーナー。
なのに明菜は比較的格安で様々な編集盤が入手出来る訳で、ここは本気でいいものを出せばよいのに…。
ああ、ため息。
TSUTAYAで扱う変な廉価ベストもセカンドラブと
トワイライトのジャケを流用しているし、確かに
この編集者は『初期中森明菜』にしか興味は無さそう
(鋭いですよ!確かにその通り)ならまさに
メモワールをバージョンUPした二枚組、ティーンエイジベストを出せばいいのに…。ツッパリとバラード二枚組で。夏ベストならUNSTEADY LOVEかDREAMINGは
是非、欲しかった。

emptyhouseemptyhouse 2014/05/01 22:11 でも、やっぱりオリジナルの新曲を聴きたいなあ・・・と。
それが叶わぬ故のベストならDIVAとか00年代に焦点当てたものを・・・ワーナー飽きた。

ラパスラパス 2014/05/10 22:29 『Ethnic BEST』の選曲が素晴らし過ぎる!!これこそあたしが求めていたアルバムです!!さすがです!!
1曲目のイメージが強い「アサイラム」が後半に入ってるのが新鮮です。

「Bon Voyage」は明菜サマのイメージに合ってなかっただけで悪い曲ではないと思うんですけどね…ってかあたしは大好きです(笑)確かに2連続で収録されたのには驚きましたがね〜

林哲司好きとしては明菜版「September」な「涙の形のイヤリング」をどこかに入れていただきたかったけどどのテーマにも入らないですね!「October Storm」は大大大大大好きな曲なので入ってて嬉しいです!!ちなみにミポリンの同じく林哲司作品「スピード・ウェイ」は「October Storm」の妹分って感じがします。

wagamamakorinwagamamakorin 2014/05/20 20:51 > 明菜版「September」な「涙の形のイヤリング」

あっ、これ言われるまで気付きませんでした。確かにメロディーラインや構成がそっくり(――て、林哲司の曲はみんなそこそこ似ているのですが)。あと「駅」は「September」の10年後の世界かな?なんて思ったりもします。

2014-04-25 わたしはワーナーの中森明菜再発企画に一言物申したい。

 最近中森明菜の復帰コンサートの夢を見た。

 単独コンサートではなくって何かのイベントシークレットゲストってな感じで、サプライズでいきなり明菜様が舞台に登場して新曲歌唱するっていう。会場は横浜アリーナ幕張メッセあたりの大箱で、「おおっ今度の新曲こんな感じか。攻めてるな明菜様」と、驚いたところで夢から醒めた。

 目が覚めて、我ながら自分キモさに血が引いた。どんだけ明菜待ちわびてるねん。

 ――ま、でも、大なり小なり明菜の復活を待ちわびていると思うのですよ、ファンならば。何か動きがあったならば嬉しいし期待したいと思うはずですよ、ファンならば。 明菜がもう一度舞台に立ちたいと思った時に、うまく軌道に乗れるように色々と周りがサポートしてくれるようにと、祈っているわけですよ、ファンならば。

 だからね、過去作品のリイシューとか、コンピレーションとかも、基本ウェルカムでいたいわけですよ。そこからファンになる人もいるやもしれない。実店舗アイテムを置いてもらう、それだけでもプロモーションなわけですからシングルコレクションという縛りを外すと、ファンの間では名曲とうたわれながらも埋もれがちな曲なんかもうまく組み込めるしね。

 それは明菜に限らずね、キャリアの長いシンガーならばみんなそう思いますですよ。

 だが、ねぇ、ワーナーさん。1982年から1991年まで中森明菜所属していた旧ワーナー・パイオニア改め現在ワーナーミュージック・ジャパンさん。さすがにここ数年の明菜の再発関連アイテム、やっつけ過ぎやしませんかね。

 年頭に発売した「ドラマティック・エアポート-AKINA TRAVEL SELECTION-」で呆れたそれがさめやらぬ間に今度は「Burning Love情熱の夏ベスト〜」って。松田聖子の次はケツメイシ浜崎あゆみ二番煎じ企画ですかい。いや、さー、元々再発モノに関しては、明菜に限らず、他の大手、例えばソニービクター・キャニオンなんかと、比べると格段に企画力が弱いのがワーナーだってのは知ってるけどさ。ないよ。ない。

 聖子とかユーミンとかサザンとかチューブとか、アイドル勢でも早見優石川秀美ミポリンあたりなら、わかるよ、夏ベスト

 よりによって明菜は、ない。そもそも明菜自ら「いかにも夏向けっぽい曲が少ない」言うてますやん。中島みゆきの夏ベストとか、谷山浩子の夏ベストとか、鬼束ちひろの夏ベストとか、それレベルに、ない。曲の棚卸ししてみたらそんなのすぐわかるやないですかい。なんかこー、安易二番煎じ企画を立てないと死んでしまう病にでもかかっているのか、ワーナーさんは。

 リミックスベストLove Songs & Pop Songs」以降、これら一連の作品の企画/製作者って、たぶん同じなんだろうけれども、そもそもこれら、選曲も曲順もイチイチ雑だし。だいたい明菜80年代においても声質や歌唱法はもとよりオケの質感すらもアルバムごとにガンガン変わるので安易に曲順つぎはぎするとむちゃくちゃ聞き心地が悪くなるって、こんなの明菜ファンならば、常識レベルで知ってることだっての。てか、明菜まともに聞いてないっしょ、聞く気もないでしょ、テキトー仕事してるでしょ。と。

 ジャケットにしたって、なんすかあれ、シングル盤の画像データを引っ張ってきてフォトショかなんかで文字ちょいちょいって消してって。わしでもできるわ、こんなん。せめて、当時ジャケット用に撮影したものの別テイク持ってくるとか、なんかあるでしょ(以前のボックスCentury of Akina」にいっぱい収録してたやん。ネガなくしたんかい)。んで、それが作品にあっているならまだしも、むっちゃ似合ってないし。

 例えばだよ、この今度出る夏ベストにしてもこんなジャケットのほうがなんぼかいいと思うんですがね。

f:id:wagamamakorin:20140425213608j:image:left

 (←10分で作った偽ジャケット画像)

 もうね、わたしは釈然としない。しないんですよっ、ほんっとーにっ。

 ――と、ぷんすかしていたら。「だったら自分セレクションベスト案だしてみたらいいじゃない」と幻聴が聞こえたので、ちょっとやってみる(多分明日につづく)。

twtw 2014/04/27 19:40 いや、まこさん!このジャケなら、買うわ!
てかワーナーってセンスなさ過ぎ。

マヤ菜マヤ菜 2014/04/27 20:58 いいですね、このジャケット。
でも顔アップのほうが分かりやすいです^_^;
ワーナー後期〜の明菜が好きなので初期の歌が正直よく分からないんです。
でも旅よりいい気がします。まだまだ夏歌、漏れてますよね。

モナリザモナリザ 2014/04/28 10:19 こんにちは。素敵なジャケ写で、一瞬別テイク出すのかとか思っちゃいました。
明菜さん新曲の夢は普通に年3曲ほど出していた時でさえみていたので、今は拷問状態です。
私も明菜さんのマイ夏ベスト作りたいな。

wagamamakorinwagamamakorin 2014/04/28 11:50 元画像は「DEAR FRIEND」用フォトセッションからですが、夏で海でリゾートでっていう、まさに今回のコンセプト向けなんですよね。しかも時期が時期だけに資金が山ほどあったので、いい没写真が山ほどある。もったいないです。

> まだまだ夏歌、漏れてますよね。

「BLUE OCEAN」入ってないんですよね。貴重な夏向けソングなのに。「AGAIN」もないし。あと「DREAMING」なんかも夏のリゾートっぽいですね。知名度も名曲度も低い「Bon Voyage」を二連続で収録しなくていいからこの辺入れなさいな、と。そもそもタイトルに使っている「DESIRE」って夏歌なのかね、と。
なんとなくですが、今年の二枚のセレクションベストの編者(――ワーナー社員がテキトーに選んでいるとしても)、10代の明菜の曲の方が好きなんじゃないかな。「DESIRE」以降興味ないタイプ。そんな気がする。

ogijunogijun 2014/04/28 12:30 むしろ「谷山浩子の夏ベスト」を考えてみたくなりました。

wagamamakorinwagamamakorin 2014/04/29 18:35 > 谷山浩子の夏ベスト

真夏に粉雪が降る、なんていうう季節感完全崩壊した谷山さんの歌で夏ベストはたぶん無理です。SFベストとか妖怪ベスト、ストーカーベスト、バッドエンドベストなら作れると思いますが。って今思いつきで言ってみて思った。「谷山浩子/バッドエンドベスト」、いいかも。売り込み方によっては売れそう。古屋兎丸さんとかにジャケットイラスト書いてもらうの。

2014-03-11 佐藤隆 「青の時代」

青の時代

青の時代

 13.01.09発売。「石の枕」に続いて矢継ぎ早に発表。91年4月19日VHSで発売されたライブビデオ青の時代」のライブCD盤。これ、密かに待ってたっ。ライブビデオどっこにも見当たらなくって入手できなかったからさ。ビデオで収録を見合わせとなった「八月のメモワール」も入っとります

 収録は90年12月26日東京池袋サンシャイン劇場。アレンジは重久義明。弦とピアノベースにしたクラシカルヨーロピアンなサウンドメイクで、以前に発表した「アンプラグドライブ」の兄弟的作品と言っていいかな。こちらのほうが選曲がいわゆるベストセレクション的。代表曲がズラリと並んでおります。有名ドコロでは「マイ・クラシック」と「北京で朝食を」がないくらいかな。

 「石の枕」を完成させてから、ふっとこのアルバム制作を思いついたそうで、やっぱり、ビートリーな佐藤隆もいいけれどもヨーロピアン佐藤隆もいいよね、と、そういうことなのだろう。この行ったり来たりのバランスが彼の曲作りベースなんだろうな。

 この異国情緒路線に関しては、ぶっちゃけ彼の独壇場と言っていいわけで、女性では久保田早紀男性では佐藤隆80年代SSWでこの両者にかなう人いないんじゃなかろうか、っていうね。歌謡曲であるという前提を失うことなくそれでいて本格的に行くとなればどこまでもズブズブとのめり込むことができるのが、この二人の強みなのです。

 このライブ盤は、スタジオ録音盤よりも音はシンプルでありながらも、その世界はより深くより濃い。音の本質、核の部分にぐいぐいと迫っている。クラシックジャズ名盤にも近い、時代を超えたエバーグリーンな一枚といってもいい。「アンプラグドライブ」にグッと来たなら、是非モノ。佐藤隆の事よくく知らないなという人への入門編としてもいいんじゃないかな。オススメ

2014-03-08 柏原芳恵 「アンコール2」

 10.05.26発売。男性歌手カバーの第二弾。

 これ、デモ音源だろ。売り物にしていいサウンドちゃうオケがひどい。ざっくりで言えばカラオケボックスレベル、あるいは15年位前の個人サイトで流れるMIDIレベル。今日日、ニコ動にいる素人プロデューサーすら、DTMもっと分厚く凝った聞かせるサウンド作るわ。インディーメーカーはいえ程がある。レコードアーティストとしての矜持があるなら、これで吹きこむというのは、ない。

 なのに、切れるでもふて腐れるでも心を遮断するでもなく、それなりに心をこめて歌う柏原芳恵。んでもって結構うまいんだよ、これが。歌唱に関しては完全に水準以上いってる。

 とはいえそこに必死さ、凄絶さ、気迫というのは漂わない。フツーならばこんな企画、零落れても歌にしがみつくしかない元アイドルの四十女の憐れさや哀しみのようなものが立ち上がろうものですよ。でもないのよ、それすらも。

 柏原芳恵がなにを考えているのか、全く見えない。技量ある歌い手なのに、こんなしょぼいサウンドでやっつけカバーアルバムやらされて、決していいことではあるまいに、それが悲しいのか嬉しいのか、その単純なことが、聞いていてもまったく分からないのだ。エロティック写真集イメージビデオ仕事をこなすの彼女テンションはほとんどおんなじ。正体の見えない怪物性という面では、同期の松田聖子と同レベルにあるんじゃなかろうか。悪意ある都市伝説彼女の周りにはびこって消えないのは、彼女のこの怪物性に起因しているんだろう。

 濡れ濡れとして隠微な演歌・歌謡曲をほとんど本能で歌いこなすという、アイドル時代から変わらぬいつもの柏原芳恵ではあるが、周囲のやる気のなさ、志という点ではダントツに低い残念な一枚。30周年でこれかよ……。ノーモア・アンコール

紅 2014/03/11 17:42 いまは家入レオとかmiwaのようなオリコン上位に入るアーティストですらバンドを減らして打ち込みを増やしたりアレンジャーひとりでの演奏が中心となっているといいますから、
売り上げの見込みや他からの収入で補填できないとオケの充実性は厳しいものがあるのではないでしょうか。

ちーちゃんちーちゃん 2014/03/11 23:14 この記事とは関係ないんですが、『歌謡曲の砦』に掲載されているピンク・レディーの「ラスト・プリテンダー」を読んでふと思ったことがあります。舟木一夫の伝記によるとピンク・レディー解散コンサートのラストナンバーは舟木氏の自作歌のカバー「グッドバイ・ソング」だそうです。管理人さん曰く「史上最悪の解散コンサート」で阿久・都倉コンビの餞別歌「OH!」の後舟木一夫の歌を最期に選んだ2人、私的には当時どんどん落ちて迷っていたような舟木氏と、ぼろぼろになって次に行くような自分たちを重ねたのかなあと思います。

大熊大熊 2014/03/19 12:52 柏原芳恵さんって確か現在個人事務所で活躍中なんですよね。だからなのかアレンジにお金かけられなかったのかな、とも思いますし、どんな形であれCD出すことに力入れたのかもしれない。
都市伝説の件はこのネタがあったからここまでタレントとして生き延びれたのかも。そういう意味で彼女のグラビア写真はいい意味で面白いです。確かグラビア撮影も自分でしてるそうですよ。

wagamamakorinwagamamakorin 2014/03/27 23:20 > 売り上げの見込みや他からの収入で補填できないとオケの充実性は厳しい
> アレンジにお金かけられなかったのかな、とも思いますし、

話はズレるかもしれなませんが、近年のDTM(パソコンで作る打ち込み音楽のことね)の発達と広がりいうのは凄まじいものでして、ニコ動のあがっている趣味で作った音源にもクオリティー高いものがいっぱいあります。例えばコレ、わたしが好きなPの作品ですが、

● https://www.youtube.com/watch?v=GThAnKEXZVc (フルオーケストラ風にリアレンジした久石譲作曲の「王家の紋章」。原曲は20年以上前の音源なのでもっとペラっとした打ち込みシンセです)

ここまでフルオケと遜色ない音源を、パソコンの打ち込みで作ることも可能なのですよ。ぶっちゃけ音源作りに資金がなくっても才能と時間と技能があれば、かなりの部分フォローできるようになったとわたしは思ってます。豪華なスタジオ入ってうん百万かけて録音して、っていうそういうやり方でなくっても、最悪、パソコンで宅録でもやろうと思えばできる。
資金言うならば、そもそもピアノやギターの弾き語りでライブまわったりアルバム出しているアーティストはどうなるんだって話ですし。
それを「お金ないから仕方ないよね」と聞き手の客に言わせてしまうのはプロ失格かなとわたしは感じてしまいますね。このアルバムはスタッフにいいものを作ろうという気が感じられない。だからしょぼい。だったら売るなよ。それが率直なわたしの感想です。

wagamamakorinwagamamakorin 2014/03/27 23:27 > 舟木一夫「グッドバイ・ソング」

舟木一夫さん、この時期、PLとデイレクターの同じ岩崎宏美にも本名の上田成幸の名前で曲提供(「さ・よ・な・ら」)しているんですよね。
自殺未遂騒動以降公私ともに低迷しきっていた当時の彼を裏方として再起させようという意図が周囲にあったのかもしれませんね。

紅 2014/03/31 23:45 王家の紋章のテーマ聴きました。まさかのフルオケ。今のDTMってここまで迫力出せるんですね。
そして柏原さんも試聴しましたが、うーん。これはリズム隊は打ち込みで済ませましたってレベルではないです、確かに。
そういえばPerfumeのpuppy loveとかエレクトロワールドもバンド風で音が厚いけど当然DTMで、だけど生演奏と区別つかない人けっこういたので腕次第ってことですね。
制作費の減少はメジャーレーベルアーティストにも波及している問題ですが、
確かに安直で音数の少ない打ち込み(たいてい歌謡ハウスになる)として仕上げてしまうことは、精神論的ですが現場の甘えというか、模索が足りないとしか言えないです。

2014-03-07 佐藤隆 「石の枕」

石の枕

石の枕

 12.10.10発売。佐藤隆の久々の純然たるオリジナル・アルバム。前作のセルフカバーアルバム「En」はレコーディングアーティストとしてはまだ本調子はいえないかなぁと思ったけれども、これはいい。裏ジュリーと言ってもいいんじゃないかな。現在沢田研二が自主レーベルでやっている音楽と色彩はかなり近いんだよね。

 それはこの作品が、沢田とも関連の深い故・大口広司(ex.PYG テンプターズ)と故・中井國二(ザ・タイガースマネージャー)へのレクイエムという意味合いも多分に含んだ作品であるからというのもあるのだけれども、それ以上に、音楽に対する距離のとり方ってのがね、似ているな、と。

 コマーシャリズムとはまったくかけ離れたところで、ただひたすらいい音をいい歌を作っていこうっていうスタンス――ギター覚えたての少年のような、シンプルでまっすぐな音楽への愛があるんだよね。純朴であったかくってやさしい。老境に達した一人のミュージシャンの純情が面映い。

 サウンドコラージュ面白いコミカルな「クロマニヨンの女」が一転、自らの実存に迫ってシリアスタイトル作「石の枕」が今作のハイライトか。「俺は石の枕に眠る」この絶唱には乾いた死の臭がする。これは西行の「願わくば花の下にて春死なむその如月望月のころ」にも近い。

 そしてラストを飾る「みんな元気かい」。これは涙を禁じ得ない。もう空の上に行った奴も、生きているふりをしてるだけの奴も、「みんな元気かい」。やさしく肩を揺さぶられるかような生の応援歌だ。辛いことも苦しいこと色々あるけれども、生きている。せいいっぱい生きている。それでいいのだ。それだけでいいのだ。

 「桃色吐息」をはじめとしたヨーロピアンサウンドに傾倒していた頃の彼をイメージして聞くと、落差を感じてしまう人も多いだろうけれども、これが彼の到達点にして原点なのだろう。傑作といっていい。

74年生まれ74年生まれ 2014/03/08 09:43 CO-CoLO期のソバージュジュリーと「女神」の曲を手がけた佐藤さんが、20年以上経って、似たスタンスにたどり着いたことは、不思議というか、うれしいというか、興味深いことですね。
ただ、ジュリーの自主レーベル作品と聴き比べるなら、2010年のマキシシングル「涙色の空」までの作品をお勧めします。2012年以降の作品(もうすぐ、最新作をリリース)を、この記事の印象で買うと、間違いなく驚くでしょう。まぁ、ジュリーファンとしては、それはそれで悪くないとは思うのですが。

wagamamakorinwagamamakorin 2014/03/08 21:56 > 2012年以降の作品

聞いてますよ。震災・原発なマキシシングルも。山本太郎の応援演説もしてましたよね。
エコロなことやりだすのは、団塊周辺の手癖みたいなもんだと思うので、坂本龍一とか加藤登紀子とか。まぁわたしは全て話半分で受け流してますけどもね。作品とイズムは別、と。

2014-02-12 リスペクト?インスパイヤ?

うーん。野暮なことだし、随分昔に言ったようなことだと思うけれども、一応。

amazonレビューとか、2chとかの匿名掲示板とか、個人ブログSNSなどで、

「え? これ私の書いた文章でない!?」

と、思うことが。コピペなら一目瞭然ですけれども、すっごく似てっけどただの偶然で、私の自意識過剰かな―、どうかなー?なんてのもちらほら。インスパイヤ? 昔っから多いっちゃ多いんですけれども、いっとき収まった感がしてたのですが、また、増えてきた印象。「まこさんの新しいサイト?」なんて聞いてくる読者さんもいて紛らわしいので、一応言っておきます。

サイトダマテン移転したり、別名義複数サイト掛け持ちしてステマ展開みたいなこたやりません。

借りてるサーバーが店仕舞いするまでひとまずわたしはここにいますし、ここ以外のところには(ネットでは)あらわれません、きっと。せいぜい、いいなって思ったところにコメントで「こんにちは」する位なんじゃないかなぁ。その時も変な匿名とか使いませんよ。アノニマスってあんまりわたしの主義じゃない。全く別のことやるなら話は別ですけれどもね、ゲーム攻略サイトとかさ。おんなじ商品置いてるのに別屋号とか意味わからん

少なくとも音楽レビューネット上で発表する時に、このサイトから離れるってことはこれからしばらくないんじゃないかなぁ。

そんな精神力も体力もないっての。amaのレビューなんて書きませんってば。だったら自サイト更新するっての。

無論、これってパクリレベルだよね?みたいなのをみかけるのは私自身あまり気分がいいものではないので、書いてる方はもっと自分カラー見つけてほしいなと思うばかりですけれども、とはい音楽レビューする人は減ってほしくないので、私はひとまず生暖かく見守っています。好きでいてくれてるからインスパイヤするわけですし。ま、それで自分踏み台にして大ブレイクってなったら、話は別ですが。ま、とはいえ、インスパイヤしてる人はもっと頑張れ。

紅 2014/02/13 01:17 そういえばアマゾンレビューでWinkのレビュー改変して載せてる人いますね…。
他にはmomaさんという方のレビューサイトも数が膨大なためよく転載を見ます。
Twitterが台頭してからリンクが共有されたり、またそこで発生しているちょっとした言論空間的なもの(アイドル論やJ-POP論など)に触発されたのか、語りたがりな方が増えてきた印象です。
まあ、TwitterはTwitterでパクツイ問題があるみたいですが。

twtw 2014/02/14 09:23 某ブログはマジでまこさんが変名で書いてんのかと
思ったわw

でもリスペクトされてるのはいいんじゃない?
ま、オリジナリティは無いけどさ。

wagamamakorinwagamamakorin 2014/02/16 23:24 > momaさんという方のレビューサイトも数が膨大なためよく転載を見ます。

やっぱり他のサイトさんでもあることなのですね。まあ、ネットってそういう場といえばそういうものなのかもしれないですけど。語るのはいいですけれども、それが借り物だったら意味無いじゃんと思ったり。

> リスペクトされてるのはいいんじゃない?

何事も手習いの最初はものまねからはいるものですからね。だから、あまり強く言うつもりはないんですけれど、見ている人が勘違いすると困っちゃうんですよね。

おせんちゃんおせんちゃん 2014/03/04 09:46 「リスペクト」「インスパイヤ」なんか懐かしい響きでしたw。
インスパイヤの達人さん達もすっかり下火になっちゃいましたね。
「リスペクト」「インスパイヤ」され続けてるまこりんさんは凄いです。
まこりんさんの書く巧みな文章が大好きなので(音楽レビュー含めなんでも)
自サイト更新もお願いします。お願いします〜。

wagamamakorinwagamamakorin 2014/03/05 23:59 >「リスペクト」「インスパイヤ」なんか懐かしい響きでしたw。

む。もう死語だったですか、これ。
うちも準明菜様ファンサイトみたいなものなので、どうも明菜様がお出ましにならないと、ね。ま、でもそろそろ冬眠から出てきますよ。