リュッケルトの詩による5つの歌曲

今日は「リュッケルトの詩による5つの歌曲」です。これはマーラーの作品の中でも最も素直な幸福感にあふれていると思います。ちょうどアルマと婚約・結婚した頃なので、全てにその幸福感が現れているように思います。

nf Lieder nach Rückert

--

1 Ich atmet' einen linden Duft!

--

Ich atmet' einen linden Duft!

Im Zimmer stand

Ein Zweig der Linde,

Ein Angebinde

Von lieber Hand.

Wie lieblich war der Lindenduft!

--

Wie lieblich ist der Lindenduft!

Das Lindenreis

Brachst du gelinde!

Ich atme leis

Im Duft der Linde

Der Liebe linden Duft.

リュッケルトの詩による5つの歌曲

--

1 ぼくはやわらかな香りを吸い込んだ

--

ぼくは、やわらかな香りを吸い込んだ!

部屋にあるのは

菩提樹の枝。

ぼくの恋人が

手ずから渡してくれた贈り物。

ああ・・・なんとかぐわしい菩提樹の香り!

--

なんとかぐわしい香りだろう!

きみがやさしく手折った

菩提樹小枝は!

ぼくはそっと吸い込む・・・

菩提樹を通して

きみのやさしい愛の香りを。

2 Blicke mir nicht in die Lieder!

--

Blicke mir nicht in die Lieder!

Meine Augen schlag' ich nieder,

Wie ertappt auf böser Tat.

Selber darf ich nicht getrauen,

Ihrem Wachsen zuzuschauen.

Deine Neugier ist Verrat!

--

Bienen, wenn sie Zellen bauen,

Lassen auch nicht zu sich schauen,

Schauen selber auch nicht zu.

Wann die reichen Honigwaben

Sie zu Tag gefördert haben,

Dann vor allen nasche du!

2 あたしの詩集をのぞかないでよ

--

あたしの詩集をのぞかないでよ!

まるでいたずらしている所を見つかったように、

思わずうつむいちゃうわ。

自分自身でだって、

どんなふうだったか見る気がしないのよ。

じろじろ見たりするのは反則よ!

--

巣を作る蜜蜂だって、

その中をのぞかれたくはないし、

自分自身でだって見たりしないわ。

でも蜜があふれてきて、

日の目を見るようになったなら、

どうか真っ先に味わってちょうだいね!

3 Ich bin der Welt abhanden gekommen,

--

Ich bin der Welt abhanden gekommen,

Mit der ich sonst viele Zeit verdorben,

Sie hat so lange von mir nichts vernommen,

Sie mag wohl glauben, ich sei gestorben.

--

Es ist mir auch gar nichts daran gelegen,

Ob sie mich für gestorben hält,

Ich kann auch gar nichts sagen dagegen,

Denn wirklich bin ich gestorben der Welt.

--

Ich bin gestorben dem Weltgewimmel,

Und ruh' in einem stillen Gebiet.

Ich leb' allein in mir und meinem Himmel,

In meinem Lieben, in meinem Lied.

3 もはやこの世に私はいない

--

もはやこの世に私はいない・・・

思えばずいぶん時間を無駄にしたものだ。

世間では、もう長いこと私の消息を聞いていないから、

きっと私は死んだと思っているだろうなあ。

--

どうでもいいじゃないか・・・

私を死んだと思っていたところで。

何か言うべきことがあろうか・・・

世間にとっては死んだも同然なのだから。

--

世の空騒ぎから見れば死んだも同じ・・・

静かな場所に休んでいる。

ひとりぼっちで生きている・・・私の空に・・・

私の愛に・・・そして私の詩(うた)に・・・。

4 Liebst du um Schönheit

--

Liebst du um Schönheit,

O nicht mich liebe!

Liebe die Sonne,

Sie trägt ein gold'nes Haar!

--

Liebst du um Jugend,

O nicht mich liebe!

Liebe den Frühling,

Der jung ist jedes Jahr!

--

Liebst du um Schätze,

O nicht mich liebe.

Liebe die Meerfrau,

Die hat viel Perlen klar.

--

Liebst du um Liebe,

O ja, mich liebe!

Liebe mich immer,

Dich lieb' ich immerdar.

4 美しいから愛するの?

--

あたしが美しいから愛するの?

それなら、いっそ愛さないでよ!

お日さまでも愛したらどう?

よほど美しい金髪じゃない!

--

あたしが若いから愛するの?

それなら、いっそ愛さないでよ!

春を愛すればいいじゃない?

季節が巡るたびに若いんだから!

--

あたしがお金持ちだから愛するの?

それなら、いっそ愛さないでよ!

乙姫様でも愛したらどうなの?

きれいな真珠をたくさん持ってるはずよ!

--

愛そのもののゆえに愛するの?

それなら・・・愛してくれてもいいわ!

ずっと愛してね・・・

あたしもずうっと愛し続けてあげるから。

5 Um Mitternacht

--

Um Mitternacht

Hab' ich gewacht

Und aufgeblickt zum Himmel;

Kein Stern vom Sterngewimmel

Hat mir gelacht

Um Mitternacht.

--

Um Mitternacht

Hab' ich gedacht

Hinaus in dunkle Schranken.

Es hat kein Lichtgedanken

Mir Trost gebracht

Um Mitternacht.

--

Um Mitternacht

Nahm ich in acht

Die Schläge meines Herzens;

Ein einz'ger Puls des Schmerzes

War angefacht

Um Mitternacht.

--

Um Mitternacht

Kämpft' ich die Schlacht,

O Menschheit, deiner Leiden;

Nicht konnt' ich sie entscheiden

Mit meiner Macht

Um Mitternacht.

--

Um Mitternacht

Hab' ich die Macht

In deine Hand gegeben!

Herr! über Tod und Leben

Du hältst die Wacht

Um Mitternacht!

5 真夜中に

--

真夜中に・・・

ぼくは目覚めた。

そして天を仰いだけれど、

数え切れない星たちは、

誰一人としてぼくに微笑んではくれなかった。

真夜中に・・・

--

真夜中に

ぼくは想った・・・。

暗い宇宙の涯(はて)のことを。

でも、心が明るい思いに

照らされることはなかった・・・

真夜中に・・・

--

真夜中に

ぼくは気づいた・・・

打ちやまぬ胸の鼓動を・・・

ひとたび悩みの鼓動が打てば、

ぼくはそれに抗うことができなかった。

真夜中に。

--

真夜中に・・・

ぼくは戦った。

ああ・・・人間の苦悩と戦ってみたけど、

ぼくの力では

どうしようもなかった・・・

真夜中に。

--

真夜中に

ぼくは全ての力を委ねた・・・

あなたの手に!

主よ!生死をすべるお方!

あなたは見ておられる・・・

この真夜中でも!

コメント
0件
トラックバック
0件
ブックマーク
0 users
wagnerianchan
wagnerianchan