Hatena::ブログ(Diary)

Poetisme nocturne

2017-02-21 このエントリーを含むブックマーク

ラリー・コリエルが亡くなった


はじめて観たのは、30数年前、五反田の簡易保険ホールでのことだった。

友人がどういうわけかタダ券をもっていて、それにお呼ばれしたかっこうだった。


開演時間が迫っても広いホールの客席は、どうしたのだろうというくらいガラガラだった。


ラリー・コリエルは夜で、たしか昼間も別のコンサートがあったはず。

友人は昼からそれもみていたが、そのうちに気分が悪くなったという。


こちらが到着した頃には明らかに具合が悪そうで、夜のコンサートのあいだはロビーの、トイレの近くで過ごしていた。

多少気にはなったけれど、本人も大丈夫というので、こちらは客席でコンサートが始まるのを待っていた。


その頃ラリー・コリエルはギター1本でオーケストラ曲を演奏するというようなことを試みていた。

その日の演目はストラヴィンスキイの「火の鳥」だった。

ギター1本で「火の鳥」。


結局、客席は埋まらず、コリエルがギターケースをもってステージにあらわれたときは、なんだか申し訳ないような、いたたまれないような妙な気分になったのを覚えている。


たしかギターはオベーションだった。

チューニングをしながら、客席がまばらなことについて、たしか冗談か何かをいっていたと思う。


演奏をはじめると、ガラガラの客席にギターの音が静かに鳴り響いた。

PAがあったのかどうかは覚えていない。

記憶にあるのはアコースティック・ギターの生音。


当時は有名なラリー・コリエルがみられれば、とりあえずよくて、正直なところ、この試みがいまひとつピンときていなかった。


でも、客席はガラガラなのにすごくていねいに演奏している姿がとても印象に残った。

その日からラリー・コリエルは自分にとっては特別なギタリストになった。


演奏が終わると、大きな音がするようにできるだけ強く拍手をした。


グロッキー状態の友人はちゃんとアパートの部屋まで送り届けてあげたので、義理は果たしたと思う。

病院に行くようにといったところ、翌日になって、きのうが嘘のようにすっきりしていると電話をかけてきたっけ。


いまラリー・コリエルの「火の鳥」を調べてみたけれど、どうもCDは入手困難のようだ……。

また聴いてみたい。


そのラリー・コリエルが亡くなったことを今日ネットニュースで知った。

なんだかとても残念な気がする。


どうぞ安らかにお眠りください。

Connection: close