wakatonoの戯れメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

たわいもないこと(日々の妄想とも言う)をつらつらと書いてます。断じて壊れメモではありません。ましてや「穢れメモ」でも爛れメモでもありません(涙)。
が、時により一つのことを掘り下げる傾向が見られるので、article数は少ないカモ。
ちなみにSlashdot Japanの日記もあります。個人的な連絡がある方はwakatono@todo.gr.jpまで("@"は2バイト文字になってるんで、てけとうに書き直してください)。GnuPG公開鍵はこちら

他のあたり:PFSEC - Systems Platform and Securityアマゾンのレビュー

強いWindowsの基本 WebDAVシステム構築ガイド(萌えバナーその1)
WebDAVシステム構築ガイドの方のバナーの絵柄は、内容とは何の関係もありません(汗)
アクセス探偵IHARA

おとなり日記はこちら

2008-11-22 そういや超負債^H^H^H調布祭w

行けたらベースでw

[]勉強会ブームだったのか…であれば、ブームを乗り越えるのが今後の課題かな? 勉強会ブームだったのか…であれば、ブームを乗り越えるのが今後の課題かな?を含むブックマーク 勉強会ブームだったのか…であれば、ブームを乗り越えるのが今後の課題かな?のブックマークコメント

よしおかさんの日記(http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/20081115#p1)を見て思う。

最近はちょっと、あちこち出られてないので的外れかもしれないけど…もしホントにブームなんだとしたら、

  • そのブームはなぜ巻き起こったのか
  • ブームの中心にいるのは何だろう
  • ブームが過ぎ去りし後に残るのは何?

というあたりが気になる。

確かに「体裁気にしないでやろうよ」と、オレなんかも以前から言ってはいるけど、なぜに「ブーム」といわせしめるだけの状況になったのか?というあたりがオレは気になる。

なぜ気になるのか…そういう性格だからw

実はブームでもなんでもなく、id:hanazukin さんのIT勉強会カレンダーを見たら「なんだ、多いじゃん」という状況が、(気がついたら)ブームともいえる状況を作っていたのかもしれないし、地域で問題意識を持った人たちが増えた結果なのかもしれない。

ただ、IT業界があまりよいイメージをもって見られていない現状を勘案すると、その原動力がどこにあるのか?というあたりがすげぇ気になる。

個人的に思うことはただ1つで、「やってる人たちはマイペースでできる範囲でがんばってほしい」ということだけ。確かに勉強会は参加するのは楽しいし、運営するのも楽しいんだけど、やれる範囲で継続していけないと、どうしても長続きしないてのがネックなんだわさ。

そういうオレも、1つ勉強会みたいなものを立ち上げてる(セキュばながそれだったりする)けど、基本的にオレがやろうとしないと動かないw

でも、やれればやりたいし、オレならばな視点もちっとはあると思ってるのでw、そういうネタが出てきたらやりたいなぁ、というのが正直なところ。

もしかしたら、ブームじゃなくってこれが定常的な姿なのかもしれない。もしそうだとしたら、楽しい状況になっているw

[]無理は禁物、マイペースマイペースw 無理は禁物、マイペースマイペースwを含むブックマーク 無理は禁物、マイペースマイペースwのブックマークコメント

エントリもひとつ。

勉強会は楽しいし、やれればいいし、やれること自体はすごいしすばらしいんだけど、それを支えるのは参加する人や運営する人たちの熱意。なので、ヤにならない程度にがんばってほしい。あと、続ける熱意や自信がなくなることもあるかもしれないけど、そんなときは休めばいいし、無理して続けるほどのものでもない、と思ってる。

あくまでマイペース、自分自身ができる範囲でできればいい。

たかが勉強会じゃないか。やるならばしっかりまじめに運営する(そして参加する)けど、そういう気にならないならば、休んでぼーっとしたっていいじゃないか。

taraijpntaraijpn 2008/11/22 04:15 IT勉強会カレンダーによるイベント情報の顕在化がもたらす影響、を考えると、例えば比較として「じゃあパソコン通信が流行していた20年前に日本で『オフ会』ってのがどれくらい開催されてたのか?」とか、「ケットコム ( http://ketto.com/ ) なんかを見てると即売会やらイベントやらも多いんだけど即売会ブーム・イベントブームってのは聞いたことがないなあ」などといったことが思いつきますね。

前者については「パソコン通信ブーム」みたいなものは確かにあったので、それに包含されていたのではないかと思います。
後者については、即売会に参加する層の数というのが、昨今のライトなオタクさんの増加に対してまだまだ少なく、話題性としてはインパクトに欠けるのかな、といったところでしょうか。一般性も薄いですし。。

2008-11-19 風邪ー

休みたいけど、打ち合わせなんて因果なモンがあると休めないのですorz

[][]MSによる無償のセキュリティ対策提供のお知らせ(2009年後半〜)リテール版OneCareの提供終了(2009年6月30日)のお知らせ MSによる無償のセキュリティ対策提供のお知らせ(2009年後半〜)&リテール版OneCareの提供終了(2009年6月30日)のお知らせを含むブックマーク MSによる無償のセキュリティ対策提供のお知らせ(2009年後半〜)&リテール版OneCareの提供終了(2009年6月30日)のお知らせのブックマークコメント

我が家のマシン数台にはOneCareが入ってたりするので、ちょっと痛い…。

提供終了となる製品には、Windows Live OneCare for Server も含まれる模様(Q&Aより)。

無償のセキュリティ対策ツールはMorroと呼ばれてるみたいだけど、ざっと見る限りは、以下のような感じ。

  • 今のOneCareから「サークル管理」「デフラグ」「バックアップ」というものがなくなるイメージ(セキュリティ対策にフォーカス)
  • 小さく軽くなる(We hear from consumers that they need core malware protection in low-bandwidth scenarios, or that will run on less powerful machines. That's why we will design “Morro” to have a smaller footprint and to use fewer computing resources.)

前者はいいとしてw、後者は今の状態でも「ホントに仕事してるのか?w」というくらい軽いので、何をどうやってるのかがちょっと見もの。

なお、ForeFrontには影響ないみたい。

参考:米Microsoftが来年にも無料のマルウェア対策機能を提供開始(Internet Watchの記事)

[][]上記の措置が実行に移された場合の他社への影響を妄想してみた 上記の措置が実行に移された場合の他社への影響を妄想してみたを含むブックマーク 上記の措置が実行に移された場合の他社への影響を妄想してみたのブックマークコメント

MSが出張ってくることで、コンシューマ(個人利用者)向けのウィルススキャナやファイアウォールの市場が侵食される可能性が高いので、ちょっと他社の経営状況とかも見てみた。

Trend Micro IR Fact Sheetを見ると、収益構造が(おーざっぱではあるけど)わかる。

これによると、

ということで、コンシューマとスモールミディアムの一部がダメージを受ける計算に。

面白いのは、OneCareが出たところでトレンドマイクロ自体は増収増益(2006年12月度と2007年12月度を比較)になってるわけで、これがマーケット拡大によるものなのか、それとも単純に他社のシェアを奪った結果なのかはよくわからんけど、まぁこうなってたり。

ソフトウェアの付加価値で勝負する、て考え方もあって、たとえばUIをわかりやすくするとか誤検知を減らすとかいうあたりも含まれるので、実はあまり大勢に影響はないんじゃないか?という考え方もできる。

とはいえ、おそらくセキュリティソフトウェア(コンシューマ向け)を出しているベンダは、このままじゃダメで、来たるMorro旋風に備えるにあたっては、

  • 値下げ
  • 機能拡充/見直し

ってあたりを迫られるだろうなぁ。

2008-11-18 国外逃亡したい…

別に日本語以外の自然言語*1に堪能というわけではないのだけど、日本以外のところの空気は時々吸いたくなる…。

[]国際線「燃油特別付加運賃」の改定を申請@JAL 国際線「燃油特別付加運賃」の改定を申請@JALを含むブックマーク 国際線「燃油特別付加運賃」の改定を申請@JALのブックマークコメント

いわゆるサーチャージの改定だけど、今回は(珍しくw)値下げの方向だったり。

ANAも値下げしてます

例を挙げると、以下のような感じ。1区間分だから、往復だと倍付けで効いてくる。北米往復で22000円違ってくるのはでかいなぁ。

  • 北米・欧州・中東・オセアニア:33000円(〜2008年12月31日発券分)→22000円(2009年1月1日〜2009年3月31日発券分)
  • 中国・台湾・香港:10500円(〜2008年12月31日発券分)→6000円(2009年1月1日〜2009年3月31日発券分)

燃油サーチャージ(Wikipedia)をふとみたのだけど、シンガポールケロシン市況価格平均を指標にして、サーチャージの額決めてたのね。WTI価格を指標にしてるとばかり思いこんでた(汗

もっとも、JALにしてもANAにしても、サーチャージ高すぎという指摘はあるんで、もう少し安くならないかなぁ…とは思う次第。

[][]長かった夏が、やっと終わったかなぁー 長かった夏が、やっと終わったかなぁーを含むブックマーク 長かった夏が、やっと終わったかなぁーのブックマークコメント

セキュリティ&プログラミングキャンプ2008U-20プログラミングコンテスト情報化月間でのプロコンワークショップ、そしてその事後打ち合わせ、という感じで、やぁっと一息つけた感じ。

コミケットの参加も(オンタイムはほとんど一瞬だけという)悲しい状況ではありましたが、そうした甲斐はありました*2

本務のほうも、やっと軌道に乗っけた*3という感じで、まだまだ予断は許しませんがw

[]U-20プロコンワークショップ、どうやって進行のネタを仕込んだか? U-20プロコンワークショップ、どうやって進行のネタを仕込んだか?を含むブックマーク U-20プロコンワークショップ、どうやって進行のネタを仕込んだか?のブックマークコメント

一部で妙にウケてた気がしないでもないプロコンワークショップですが、U-20プロコンワークショップの概要だけでは、どう仕込んだか?が見えない気がしたので、勝手に補足。

  • ディスカッションの進行を仰せつかったのがすべてのトリガ
  • 19人(受賞作品の関係者)+3名(過去の受賞者)+9人(審査委員)全員を一度に語らせるのは無理ぽ
  • 参加者全員は(団体作品もあるので)無理にしても、「自分らも参加してる」と感じてほしかった
  • 個人参加はその当人を、団体参加はその場で(話をしてくれそうな人を)指名
  • 「若手(参加者)+先人(審査委員)で、思うところを語ってもらう」というスタイルを取りたかった
  • 当然だけど、そこにいる参加者の方々に、何か持ってってもらいたかった

こういう感じのトピックが頭に浮かんで、ライトニングディスカッションとでもいうような手法を使ったわけです。南治さんを巻き込んだのは、なんか楽しんでもらえそう&楽しくなりそうだったから。つうか、巻き込まれてくれてありがとうございますー><

以下、要求条件ですが…

  • 持ち時間は1時間ちょい
  • 登場人物は(複数人いるグループは、そこから一人チョイスするとしても)23人*4

ものすごくアバウトですw

ここから、上記のような意図(というか意思)をもって、かつトラッドなパネルの形式を踏襲しようとすると

  • 登壇は5人が理想だよねぇ
  • テーマを考えれば、もう少し多くてもいける(というよりは、作品のジャンルが若干偏ってるから、テーマの選び方によっては登壇人数が多くなっちゃうか)
  • 人数考えると、テーマ4つくらいかなぁ

という感じになるわけで。

あまり無理やり感を出したくなかったので、受賞作品に沿ったテーマを3つ+過去の受賞者が共通して語れる(&今回の受賞者に役立つ)テーマを1つ、という感じでFIX。

ピンポイントにテーマを絞ることで、面白い発言を引き出せればと思ったものもあれば(楽しいプログラミング(言語))、少しテーマを広めに取りつつ、現役のゲーム開発者とのやりとりを楽しんでもらえればと思ったものもあるし(楽しいゲーム開発)、アバウトなようでいてそれなりに(足りない)アタマを使った結果です(汗

結果として、情報化月間の記念行事の中では(相応に)盛り上がったほうになるんじゃないかなー、とか(勝手に)自画自賛していたりw

もともと情報化月間の参加者層としては、プロコンワークショップの参加者は平均年齢低めなんですが、そんくらいあってもいいんじゃないかなー、とか思ってたり。

反省は、あまり客席にお話を振り切れなかった点だけど、これは次回以降の課題ですかね*5

あと、本当は事前に「各登壇者にテーマを伝えて、話す内容を考えてもらう」のが筋だと思うのですが、それをやれる時間的余裕があまりなく、結果として登壇者の人の力量に(ある程度)お任せすることになっちゃいました*6。水準以上の論客が多かったのもあって助かりましたが、ここも反省点かな*7

*1:こういっとかないと、機械語とかCとか言われそうだからw

*2:でないと、俺がかわいそうですorz

*3:青息吐息状態ではありますが

*4:実際は、オレは進行役なので22人が登壇

*5:またお役目を拝命することになればだけどw

*6:審査委員な方々に対しては、直前ではありますが簡単にテーマを(説明できる人には)説明してましたが

*7:思考が高速回転&最適化計算してました@当日

2008-11-13 また月が変わっちゃった(汗)

いかんいかん(ぁ

[]渡米の際の手続きが2009年1月12日から大幅に変わる模様〜ESTA*1の導入 渡米の際の手続きが2009年1月12日から大幅に変わる模様〜ESTA*1の導入を含むブックマーク 渡米の際の手続きが2009年1月12日から大幅に変わる模様〜ESTA*1の導入のブックマークコメント

いつ行くことになるかわからんのでメモ。

要約すると

  • 2009年1月12日から、I-94Wと同等の内容を「事前にESTA使って申請」が必要(外務省のページでは、ESTAの本格導入、という表現を使っている)
  • 米国に滞在する以外には、他国にいくために米国を経由する場合にもこれは必要(ブラジル行くためにJFK寄る場合にも、という意味かな)
  • 一度申請・認可されたらその有効期限は2年。ただし、パスポートの有効期限がこれより前の場合は、そちらの有効期限まで
  • あくまでVWP(Visa Waiver Program(ビザ免除プログラム))による査証免除者が対象なので、ビザ持ってる人は対象外
  • 2009年1月12日までは、ESTAによる申請は任意。I-94Wが必須だが、ESTAの申請を行うことを「推奨」する
  • 2009年1月12日からは、ESTAによる申請は「強制」(本格導入)する。I-94Wは廃止する
  • 米国を経由して他国に行くような(例:NY経由サンパウロ行きとかの)乗り継ぎの際にも、ESTAによる申請は必須(2009年1月12日から)

という感じ。

ちなみに手続きの費用は無料で、環境持ってないとか自分じゃ(英語できないから)無理、とかいう場合には、かわりに誰かに代行してもらうのもあり。

なんかやーな感じwなので、1/12をまたぐ日程での渡米とか、1/12近傍での米国着/経由の日程とかは、注意したほうがよさそうですね。システムトラブルとかに巻き込まれそう…。

以下、補足。

今の出入国カード(I-94W)との関係は、以下のとおり。

ちなみに文中VWPは、の略で、日本も加盟してたり。

ESTA and the I-94W

Q: If a VWP traveler has received ESTA approval, does he or she also need to fill out an I-94W?

A: The implementation of the ESTA program will allow DHS to eventually eliminate the requirement that VWP travelers complete an I-94W prior to being admitted to the United States. After Jan. 12, 2009, a VWP traveler with a valid ESTA will not be required to complete the paper Form I-94W when arriving on a carrier that is capable of receiving and validating messages pertaining to the traveler’s ESTA status as part of the traveler’s boarding status. Travelers on carriers without this capability will still be required to complete the paper Form I-94W. Until ESTA is mandatory, however, all VWP travelers applying for admission at a U.S. port of entry, including those VWP travelers who possess a voluntary ESTA approval, must still present the Form I-94W to U.S. Customs and Border Protection.

特に注意しなきゃいけないのは、Frequently Asked Questions About ESTA中の"Who Needs to Apply for an ESTA?"のところにある、以下の内容かな。

Q: Do nationals or citizens of countries that participate in the VWP require an ESTA if they are only transiting the United States en route to another country?

A: Yes. The United States no longer has a Transit Without Visa program, so eligible nationals or citizens of countries that participate in the VWP will require either an ESTA or a visa to transit the United States. If a traveler is only planning to transit through the United States en route to another country, when he or she completes the ESTA application, the traveler should enter the words "In Transit" and his or her final destination location in the address lines under the heading "Address While In The United States".


参考:米国へ渡航される方へ:ESTA(エスタ)に申請してください外務省のサイト内)

[][]電子渡航認証(ESTA)に関する注意事項 電子渡航認証(ESTA)に関する注意事項を含むブックマーク 電子渡航認証(ESTA)に関する注意事項のブックマークコメント

読んどいたほうが吉。旅行代理店の人が入力するのはグレーだけど、確認しながらやる分にはまだいいんじゃないかなー(根拠なし)。

  • ESTAは無料で利用できるよ
  • 勝手にESTA情報とか申請書提出代行で料金取る人たちもいるけど、うちが認可してるわけじゃないからね
  • そういうサービス使っても、ESTA認可の可能性が変わることはないよ

*1:Electronic System for Travel Authorizationの略

0000 | 00 | 01 |
2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2011 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 |
2013 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2014 | 03 | 06 | 08 |
2015 | 02 | 04 | 08 | 10 |
2016 | 02 | 03 | 04 | 07 | 08 | 10 |
2017 | 05 | 07 |
hacker emblem
ページビュー
1900835
Connection: close