ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Team 若ゼミ Diary (Since 2015)

2019-01-09

オックスフォード通信(288/77)About Time


久々に映画 About Time を観ました (Netflix)

一番好きない映画は?と聞かれたら、最近ではこの映画をあげると思います。よく見るとロンドンの風景がたくさんでてくるということもありますし、主演のRachel McAdams や父親役のBill Nighy が好きだと言うこともありますが、テーマがとてもしっくりくるところが一番いいのだと思います。

映画の最後の方でDadがTimにHappinessの法則を教えるシーンがあります。その一、毎日を普通通りに生きること、第二、その毎日を2回目は楽しく何かに気づきながら生きること。そしてTimはそれを統合して、タイムトラベルをしなくても、人は人と一緒に毎日をタイムトラベルしている、その貴重な時間をまるで2回目の人生のように丁寧に生きることこそが人生のHappinessである悟ります。

私は他の人から見ると、人以上に楽しく生き生きと生きているように見えるかもしれません。正直なところ、そのような実感はないのですが、この映画を観て、Timが悟ったのと同じ事を考えながら生きてきていると思いました。

人生に後悔することはないのですが、悲しく思うことはあります。2年前、義理の母を亡くしたこと、昨年父を亡くしたこと、そして今日、14年間家族として一緒に生きてきた愛犬のマルが虹の橋を渡りました。正直なところ小さい頃から犬が嫌いだった私にとってはじめて可愛いと思える犬でした。赤ちゃんのころにやって来たというのが良かったのか、愛らしいビーグル犬というのが良かったのか、いずれにせよ自信をもって愛犬といえるマルでした。

イギリスに来ることが決まった際に本当は飛行機の中で死んでもいいから連れてこようと思ったのですが、検疫が半年もあることを知って、一緒に来ることを断念しました。幸い、自宅から車で40分のところにある「老犬ホームのアン」さんに預かって頂くことができました。そこは老犬ばかりが預けられているいわば犬の老人ホームなのですが、冷暖房完備で一日に何度もランに出して頂き、24時間態勢で面倒を見てもらってきました。

2年前の夏に一度立てなくなりもう駄目かと思ってからの奇跡の回復を見せたマルでしたが、腎臓が悪くなっていて、昨年の9月に一度危篤状態に陥りました。この時はもう駄目だと思い、大阪に住む子ども達にもお見舞いというか会いに行ってもらったことがありました。獣医さんには腎臓のこの数値で生きていることが奇跡と言われながらそこから奇跡的に毎日を生きてきていました。あんさんは、入所している犬たちの写真やビデオをFacebookに毎日紹介してくださっていたので、その写真をオックスフォードでみるのが日課として楽しみにしてきていました(特に妻)。

年も明け、いよいよ帰国が視野に入ってきましたので、どうやって迎えに行こうかと話をしはじめていました。すると丁度本日、アンさんから朝はご飯を食べたけれど夕方は寝たままで食べないと連絡がありました。

2年前に死にかけた際にもご飯だけは食べていましたので、ビーグル犬がご飯を食べないことの重大さは良く認識していました。その連絡があってしばらく経って、せめて動画を送ってもらうように頼もうと言っている際に、日本時間の夜7:50に息を引き取ったとの連絡がありました。

朝には立ってご飯を食べていたので犬としては理想的なピンコロなのかもしれません(縁起でもないですが私も天界に帰る時にはこのパターンがいいです)。眠ったまま苦しむこともなく、最後に大きく2度息を吸って虹の橋(この表現アンさんのマネをしています)に向かったそうです。アンさんからは誰に迷惑をかけることもなく大往生だっと言って頂きました。

家族として一緒に楽しい経験をしてきただけに悲しみはひとしおです。特に、その場にいられず外国でその報を聞く方が辛さが増すのだと思います。できればその場にいてやりたかったと思うのは正直なところです。

このブログがアップされる頃、アンさんが京都北白川の動物霊園に連れて行って荼毘に付して頂くことになっています。アンさんには本当にお世話になりました。アンさんのところで手厚く面倒を見てもらわなければ、また他のワンコとも交流しなければこんなに長生きはできなかっと思います。マルも犬冥利に尽きると思います。老犬ホームあんさんに心から感謝しています。

About Time のように一緒に生き生きと人生を楽しめてきたのもマルのおかげだったと思っています。若ゼミでいうと4期生の頃からですので本当に長い人生を一緒に生きてきたと思います。時々生意気で逆ギレすることもありましたが、それも今となってはいい思い出です。今はマルに感謝の言葉しか見当たりません。変な言い方ですが、でも、またどこかで会えることと思っています。

マル、ありがとう!

老犬ホームアンさんのHPにある動画

(2019.1.9)

★今回の教訓:時間はあっという間に過ぎ去ってしまう。だからこそ楽しく大切に生きたい。
f:id:wakazemi:20170604181801j:image

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証